!

病院選びの本

斜視を治してくれる病院、という考えで参考にした病院選びの本です。私は”病院選びの本”に載っている全ての病院が、本の説明通りの理由で選ばれたとは思っていません。何故なら、旧帝大を基本とする日本の昔からの病院構造を考えると、トップの大学病院とそのジッツや系列病院が優先的に掲載されているのでは?という疑問も残るからです。それでもこれらの本を読んだのは、一般に公開されている医療機関の情報が少なくて、病院選びに悩んだからです。

そしてこの種の本が読まれた時、本そのものが病院の宣伝効果となり、足を運ぶ斜視患者が増えるかもしれない、斜視の症例が集まり医師や診療科全体の治療レベルが上がるかもしれない、とも思いました。でもまぁ、あまりに忙しすぎると、患者をさばくことに追われて症例をまとめる時間までなさそうな気もしますが。。

病院選びの本

書籍名 詳細
週刊朝日 臨時創刊
手術数でわかるいい病院全国ランキング2003
この本は偶然入った書店で購入。
朝日出版社 2003年3月発行 480円
日本全国病院ランキング
 
株式会社 宝島社
1994年10月発行 1994年11月第二刷 780円
医者がすすめる専門病院
関西版

 
 

株式会社ライフ企画
平成9年9月第1版第1刷発行
平成10年9月第2刷発行 2800円
#東京都版や各県版なども有り。
この本の紹介ページ
全国病院番付(上巻)

 

 

株式会社アスペクト
1999年10月発行 1200円
#病状別で上巻と下巻が有り。斜視は上巻に載っています。

 

紹介した”病院選びの本”は、1冊を除き全て図書館で借りました。

眼科学の本や斜視の専門書も、病院選びに使えます。
これらの本に載っている文献から病院名を見れば、地域は予想できますね。
医師の読む本の中で、斜視について書いている先生がいる眼科=斜視に力を入れている=斜視患者が集まる。症例も豊富で医師や視能訓練士も慣れている。という流れが大なり小なりあるのではないかと思います。その先生が眼科の部長などトップにいれば、なおさらかもしれません。

又、病院選びをする時は、視能訓練士(ORT)が何人かいる病院を選びましょう。
視能訓練士は、国家資格をもった医療技術者です。
検査の道具や機械がどんなに素晴らしい物でも、それを扱う側の能力が欠けていたために、不正確な検査が正しいデータとして扱われて治療や手術が行われたら。。。

#書庫蔵の"病院選びと検査"も参考にして下さい。現役視能訓練士さんの貴重な意見があり、斜視治療をする眼科選びの参考になります。

”自分にとっての良い病院・信頼出来る医師”というのは、実際に病院に足を運ぶことで見つかります。他の患者や眼科の雰囲気、視能訓練士の検査の様子を肌で感じ、医師の診察や検査を受ける。そして症状の説明や治療方針等を聞くことで、初めてベストが見つかると思います。病院選びの際は、最低でも2ヶ所は行かれると、比較が出来るので良いかと思います。

まずは行動しましょう。

斜視治療アール