!

内斜視カルテ

内斜視カルテ

内斜視 Page1:内斜視発症からの記録(生後6ヶ月〜)
内斜視 Page2:内斜視手術からの記録(1歳3ヶ月〜)
内斜視 Page3:手術後10ヵ月経過以降の記録(2歳1ヶ月〜)
Page4:再手術からの記録(3歳2ヶ月〜)

 

内斜視カルテp2 内斜視手術からの記録

2003.6/5 内斜視の手術のため入院(兵庫県立こども病院)

  • 麻酔科医の説明。
  • 夕方4時30分と夜寝る前8時の計2回、目薬パニマイシンを点眼。
  • 手術前の最後のミルクは朝方AM 4時で終り。
    午前4時以降は、水・麦茶以外の食事や飲み物は禁止。

1歳3ヶ月(2003.6/6) 内斜視の手術当日。内直筋後転を両目に行う。

  • 手術当日の為、朝から検温は2回も有り。
  • 午前 9時 セルシンサンを飲む(少し眠くなる粉薬)。飲んだ後はふらついて転んで危険なので、抱っこや座って遊ばせる。
  • 午前 10時 息子が手術室に入る。
  • 午前 10時15分 息子の先生が手術室に入る。
  • 午前 10時55分 内斜視の手術が終了し息子の先生の説明。
  • 説明後20分位して息子が手術室から出てきた。
    眼が見える様にと両目共にガーゼの真ん中に穴が開いていた。
  • S p02(サーチレーション)モニターと点滴(水分補給などの目的)を付けていた。
  • 午後4時頃 息子が完全に目覚める。検温、モニターが外れる。
    手術後初めて口にしたのはお茶。夜ご飯とミルクは、吐くことがあるので腹6分目位が良いと、別の眼科医E先生からアドバイスがあり従う。食後点滴が外れる。
  • 午後8時頃 息子の顔から30cm位の距離の、私の手の平の上の赤いマグネットを息子は取ろうとしたが、手の伸びた位置はマグネットより左に5cm位ずれていた。
    この出来事をE先生に話すと、”これだけ両目にガーゼがついてると穴が開いてると言っても見ずらいしよくありますよ”との話。

6/7 内斜視手術の翌日

  • 目薬の点眼開始(パニマイシン1日4回・フルメトロン朝晩の1日2回)。
  • 飲み薬を1日3回。
  • 入浴の代わりに、体拭きと半身浴。
  • 午前 10時頃 E先生の病室での診察でガーゼが外れる。
    綺麗な充血で傷口も綺麗だし問題ない。目を細かく診るという機械を手に持っていたが、目薬を点眼した後で当然息子はぐずって出来なかった。
    逆の順番でやってくれれば良かったのに。。
    #息子は内斜視手術の為、両目の黒目の内側の白目部分が充血していた。
    充血と言っても私達がたまにある普通の充血とは全然違う。
    血で塗られた様な真っ赤な充血。

診察時E先生へ質問
質問:寄り目の練習が両眼視機能に効果があるとネットで見た
E先生:内斜視は寄せる力が強いから寄り目の練習はしないで下さい。
外斜視とかの子はいいけど。

質問:融像する機械で練習すれば両眼視機能を得やすいと本で読んだ
E先生:医学的に有効だという論文は無い。効いた子もいれば効かない子もいるというレベルなので、病院では販売していない。でも欲しいということであれば、通販で売ってる業者もあるのでそれは自由にいいですよ。(というような内容)

6/8 病院で過ごす。

  • 息子はプレールームで元気に遊んで過ごす。いつも1日2・3回排便をするが、その代わりに下痢とたまに鼻水で、風邪ぎみっぽい。

6/9 退院日

内斜位の状態。シノプトで測った斜視角は0〜1度。プリズムでは4〜6プリズム。
測定上ほぼ真正面で、外には向いていない。
どの程度両目を使っているかというのは、今後の検査で分かる。

  • 午前中、外来で視能訓練士による眼位の確認と、他角的斜視角の検査(プリズムバーとシノプトなど)。
  • 野村先生の診察(ライトを当てて片目を手で隠してカバーテスト。プリズムに似たレンズが並んでるものも使ってたような気もする)。
  • 目薬(パニマイシン・フルメトロン)を受け取り退院。
    自宅でも次回の診察日(9日後)まで、パニマイシンは1日4回・フルメトロンは朝晩の1日2回点眼との指示。
  • 体調:風邪っぽい。

#退院後、38.5度位の熱が2日程出た。看護婦さんに聞くと、全身麻酔をすると体調が変わりやすいから風邪を引きやすいとの話。


退院後初の外来(退院後9日目) --2003.6/18 

野村先生の診察
・両眼視している。今の状態は内斜位。
シノプトで測った斜視角は8〜10度(プラス8〜10度)で、プリズムでは4〜6プリズム。
シノプトで8〜10度と言われると大きいような気がするかもしれないが、分離して測っているので内斜視の場合は多少大きく出るってだけ。

  • 視能訓練士による眼位の確認と、他角的斜視角の検査(プリズムバーとシノプト)。
  • 視能訓練士:目のズレはほとんど無い。
  • 野村先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり。プリズムに似たレンズが並んでるものも使ってたような気もする)。
  • フルメトロンとパニマイシン1本ずつ処方。2週間位点眼すること。無くなったら終りでいい。

診察時、野村先生に質問--
質問:手術後の斜視角が0〜1度で、今回8〜10度というのは斜視角が広がっているの?
先生:広がってるというより、多少中に入ってる方が今後の筋肉のバランスを考えると丁度良いし、検査の仕方によっても8〜10になることはある。
今の状態は”斜位斜視”で、今は両眼視してることの方が多い。
両目で見てる時はピタッと両眼視しているが、たまにひょっと内側に寄る。
手元を集中して見ようとすると中に入るかもしれない。
だから今の状態は斜位と斜視が混在した、”内斜位〜内斜視”。
今の息子の眼位は理想的な眼位で素晴らしい。

質問:入院中、斜視の手術をした子のママ達と話をしたが、他3人は皆手術前にアトロピンで検査していないので、もちろんアトロピンの効き目が残ってる状態での手術ではないと言っていた。息子がアトロピンの効果が残ってる状態で斜視の手術になったのは、先生が指示を出してないのに手術日を決めた時に話した先生がアトロピンを処方したのか、手術日の空きが無い関係か、それとも他に理由があっての判断か?
先生:アトロピンは、最終的に屈折量が本当に無いかを診るために必要で出した。
アトロピンの効果が残ってる状態でも手術には影響しないし、問題がないと判断した。

質問:今息子が両眼視してるのは、アトロピンの効果が残ってて余計な調節力が働いてないからで、アトロピンの効果が消えたら斜視角が広がるということは?
先生:アトロピンの効果でそこまでの影響が出ることは無い。
息子くんの斜視が調節性のものであれば、もっと遠視が強いはず。
だが息子くんには遠視が無いから、調節の要素は無い。
その点で今後手術の結果が変わることは無いが、今後の経過や発達の中で、プリズムの眼鏡など修正は出てくるかもしれない。

#シノプトで測った場合、内斜視はプラス、外斜視はマイナスで表現します。


 1歳4ヶ月(手術後1ヶ月と10日目) --2003.7/16

野村先生の診察
・両眼視している。今の状態は正常な状態で”斜位斜視”。
眼の位置はほぼ真正面で、眼位は良い。シノプトで測った斜視角は10度位(プラス10)で変わりないが、プリズムでは正常の状態。前回の診察ではたまにずれて斜視が出たが、そういった面では今回の方が良い。

・産まれた時、もともと中枢はあり問題なく成長してきたが、外転神経麻痺で一時的に機能しなくなって、寄り目の状態が強くなった。だが、もともと産まれつきある程度持ってるので、手術して眼の位置が良くなって、今、両眼視を使っている。
斜位の状態は今後の発達で変わってくる。

・左右の視力差をこの時期に診ておかないといけないから、夏休みに入って混むので2ヵ月後に視力検査。

  • 視能訓練士による眼位の確認と、他角的斜視角の検査(プリズムバーとシノプト)。
  • 野村先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり。プリズムに似たレンズが並んでるものも使ってたような気もする)。

診察時、先生に質問--
質問:
中枢の左右の不均等は解消されたの?
先生:それは今後の発達を待たないといけない。斜視じゃない子も息子も皆、今は中枢が発達途中にある。

質問:今後、今の”斜位斜視”が完治して私達の様な普通の目になることはある?
先生:可能性はある。

質問:内斜視の手術後、4年位して外斜視になることもあると本で読んだ。
内斜視の手術後に息子の眼は外に向いてなかったのだから、息子の場合は外に向く可能性は無いと思っていいの?
先生:その外に向く話は、両眼視が出来ていない場合。
斜視の手術をしたら当然外に向くこともあるが、手術しなくても外に向くことがある。
筋肉のバランスが崩れて斜視が良くなったのかなと思うと、しばらくして今度は外に向くこともある。筋肉のバランスが成長の中で変わってずれることはあるが、その場合は両眼視していない場合。息子がそうなる可能性は非常に少ない。

質問:前回の診察の時、近くの物を見る時にずれることがあるかもしれない、という話だったが、指先を使って近くの物で遊ぶおもちゃは良くないの?
先生:その話は、集中しすぎると中にぐっと入ってずれることはあるかもしれないけど、それは一時的なものであって、むしろ両目を使って両目でものを見たり手元のものを見るのは良いこと。

質問:内斜視の手術後から今までずっとだが、外で右目をつぶって見ることがある。
先生:その時は視線がずれてる。目には「効き目」があるから、効き目じゃない方が眩しいってだけ。


息子が風邪をひき、たまに眼が外に向くことが2日位続いた時の経過。
8/9
 
熱39〜40度と下痢3回位。検査はしていないが夏風邪(アデノウィルス)。
8/10 朝平熱。昼39度。夕方42度。座薬入れても40度。下痢3回位。
8/11

 
 
 

1日中40〜41度。下痢3回位。水分は取れているが食欲無し。
1日中ほとんど眠りっぱなし。
#たまに眼が外に向いてる様に見えた。焦点が合っていなかった。旦那も同じことを言った。1日中眼がボーットして力が無く、私を見てるのかどこを見てるか分からない。
8/12

 

 

昼から平熱。水分は取れているが食欲無し。
座らせても後ろにバタンと倒れる。全く歩けない。
1日中ほとんど眠りっぱなし。
#たまに眼が外に向いてるように見えた。焦点が合ってなかった。旦那も同じことを言った。1日中眼がボーットして力が無く、私を見てるのかどこを見てるか分からない。
8/13
-14
8/12と同じ状態。眼は力が無く、たまにどこを見てるか分からない時があったが、外に向くことは無い。
8/15
 
 
食欲出てくる。1日中ほとんど眠りっぱなし。
座れるようになったが、歩くとちどり足でふらついて転ぶ。
眼は力が無く、たまにどこを見てるか分からない時があったが、外に向くことは無い。
8/16 眼に力が戻り普通に戻った。歩く事が上手く出来ない以外は回復。
 
8/17からは少しずつ普通にあるける様になり元気に遊び、そのまま回復へ。
小児科の診断:風邪の後の急性小脳失調症。2ヶ月に1回位こういう子が来る。こないだ来た子は1週間経っても立てなくて歩けなかった。息子くんは回復が早い。後遺症は残さず治る。

1歳5ヶ月急きょ受診(手術後2ヶ月) --2003.8/20

野村先生の診察
・両眼視している。シノプトで測った斜視角は3〜4度。プリズムでは正位。

  • 視能訓練士による眼位の確認と、他角的斜視角の検査(プリズムバーとシノプト)。
  • 先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり。プリズムに似たレンズが並んでるものも使ってたような気もする)。

診察時、先生に質問
質問:たまに片目が外に向いた様に見えた2日間が今後に影響しないか?
先生:
熱のせいでしょう。両眼視してるし外にも向いてない。
回復も早いしその2日間は今後に影響しない。


9/3 A病院の脳外科受診。6ヶ月ぶりの頭部CT検査。

  • 水腫というか水の量はあまり変わらないが、悪化してないし脳も成長している。
    脳外科的な経過観察・定期通院は終了。
  • 外傷や頭を激しくゆする様なことがなければ、今後出血とか水腫の心配は無い。
    もし何か症状が出て脳外科に来る時の目安としては、普段私達ママが見ない危ないけいれんを起こした時や、反り返ったりする時、てんかん、育児書の成長の目安とかけ離れておかしいと思った時でいいとの話。

1歳6ヶ月(手術後3ヶ月) --2003.9/10

野村先生の診察
・両眼視している。シノプトで測った斜視角は0度。プリズムでは正位。

  • 視能訓練士による眼位の確認と他角的斜視角の検査(プリズムバーとシノプト)。
  • 別の医師F先生による視力検査(PL)
  • 先生の診察(ライトを当てて片目を手で隠したりして、プリズムに似たレンズが並んでるものも使ってたような気もする)。
  • 視力は両目・右・左ともに0.075〜0.1。この0.1というのは、大人で言う0.3に該当するからこの年齢では正常。

#PLって、乳幼児でも黒と白のストライプを反射的に見るから視力検査になるんだよね。息子がアイパッチでぐずって泣いて機嫌悪い状態での検査が難しいのは解るし、F先生ががんばってくれたのも解る。だけど、ストライプの幅が切り替わる度に、クマの絵が片抜きしてある棒をストライプの裏からトントンやってた。息子は、ストライプというよりクマを見たって感じだった。F先生はきちんと測れていたのかな?どうなんでしょうか。

診察時、先生に質問
質問:家の中でもたまに右目をつぶる時がある。
先生:時々右目をつぶるのは障害が残ってるからかもしれないが、頻度が多くなければ今後の成長もあるし両眼視してるので問題無い。


 

#前回の診察時、右目をつぶる頻度の話が出たので気になった。
息子と一緒に遊んだり、自然な様子で冷静に観察すると、右目をつぶるのは笑う時と泣く時だけ。外で右目をつぶる時は正面から陽が当たってる時位。

#11/4にインフルエンザの予防接種をした。

 


1歳8ヶ月(手術後5ヶ月) --2003.11/5

野村先生の診察
・両眼視している。外斜位の状態。シノプトで測った斜視角は0度。
プリズムでは25プリズム付近。

  • 視能訓練士による眼位の確認と、他角的斜視角の検査(プリズムバーとシノプト)。
  • 先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
  • 両眼視している。今の息子の状態は外斜位。寄り目というより、ちょっと外にずれる傾向があるが、成長期だし集中すれば検査でも斜視角は0度。
  • 家とかで見てたら、正面見てる時でちょっと片目が外に遊ぶことがあるかもしれないが、検査で誘発したら出てくるので、気にしなくてもいいかもしれない。(私は気付かなかった)。外斜位っていうのは、程度の差はあるが皆多少はある。
    寝てる間は緊張が解けて眼の向きは外に向いているから、外斜位は皆ある。

診察時、先生に質問--
質問:手術ではどれ位動かしたの?
先生:6mm。リンブとフチャクブの間が4.5mmで、リンブが10.5mmゆるめたから、
差としては6mm。

質問:手術の糸はどうなってるの?
先生:抜けてるしとけてる。

質問:たまに充血が気になる。たまに黒目内側の白目部分が眼の形に添って充血してたり、全体がうっすらと充血してたり。
先生:手術してるから、手術したことがない人の眼と比べたら若干充血が出るかもしれないけど、充血は綺麗。多少疲れたりするとある程度は目立つから、それは何年て単位で見た方がいい。何年後かには大分目立たなくなるけど、手術して傷作ってる訳だから、全く傷がなかったかの様な傷跡にはならない。だけど、息子くんはかなり綺麗な方。

質問:寄り目の練習は必要?
先生:今はしなくていい。

質問:息子の今の状態は、皆ある外斜位と同じなの?
先生:それもあるし、年齢層の両眼の見方だから、手術もしてるし元々ぐっと寄ってるのを戻してるのもあるから、当然成長の段階で普通の子供より不安定なことがあってもいいと思う。でも、もともと潜在的に両方の目で見る力はあると思うから、心配要らないと思う。
そして基本的な条件として、眼位は揃ってる。

質問:今は眼位の検査しかしていないが、両眼視しているっていうのは眼位が揃ってることからの予想なの?
先生:そうです。でもこれだけ眼の位置が安定してるっていうのは、ある程度両眼で融像して見てないと有り得ないことなので、自信持っていいと思う。
#検査時、視能訓練士に同じ事を質問した時も、「両眼視してると思いますよ。してますよ。私達も沢山の子供達診てますから。両眼視してます」の様なお返事を頂いた。

質問:眼位は完全に安定したの?
先生:それはまだ不安定。でも、一生懸命我慢して両眼で見てるのは本人が融像して両眼で見てるからなので、安心していいと思う。


 

息子の首の傾けについて

息子は、内斜視になってすぐではなく、内斜視になって6・7ヶ月経過した頃より、歩きながら首を傾けることが始まった。始めは、片目を手で一瞬隠したり、家具や壁などで片目だけ隠れる状態で私を見てくる、そういったことがたまにあった位だった。
それがその後、首をたまに傾けるようになった(常時ではなく、たまに)。
首を傾けると言っても、座ってる時ではなく、歩きながら首を傾けていた。
だけどそのうち、たまに腰から上の上半身を思いっきり傾けて歩くことも出てきた。
そしてこれらの頻度が少しずつ増えていったが、斜視の手術後は、気が付くと首を傾けて歩くことがなくなってた。普段も首を傾けることは全くない。
首の傾けについては特に気にしていなかったので、手術をして翌日とかすぐになくなったのか、しばらくしてからなくなったのかは良く分からない。でも、内斜視の手術をしてから首を傾けることがなくなった、ということだけは確かな事実。

 


1歳10ヶ月(手術後7ヶ月) --2004. 1月中旬

野村先生の診察
・両眼視している。シノプトで測った斜視角は0度で、すごく外れた時は35度(マイナス35度)。外れると言っても内斜視にはならない。ボーッとした時に外に外れることはある。もし3年位して手術が必要になったら内側に戻す。だが今は必要ない。

  • 視能訓練士による眼位の確認と他角的斜視角の検査(プリズムバーとシノプト)。
    シノプト:右も左も車を入れた / プリズム:プリズムを当てて見たり、プリズムごしにライトを当てて片目を黒い紙で隠して見たりしていた。
  • 先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)

#シノプトの後、毎回視能訓練士さんが「出来た!」と言っていたんですが、それは息子が動かずにじ〜っとシノプトの中を覗いているので、斜視角がすぐに計れたという意味でした。

診察時、先生に質問--

質問:手術前は気にしていなかったから分からないけど、手術後から今までずっとだけど息子は手元の物を見るときは両目とも寄る。前回そう見えるだけって言われたけど、事実そうなってる。
先生:斜視じゃない人でも、大人でも、誰でも手元の物を見るときは寄り目っぽくなる。子供の場合は余計そう見えるけど心配ない。内側には外れないし、そう見えるだけ。
誰でも手元の物を見るときに寄るのと同じ。

質問:来月5日程サイパンに行く予定。手術の傷口だが、プールの水とか海水、日差しは大丈夫?
先生:傷口はしっかりしてるから大丈夫。

質問:息子は生後6ヶ月の頃、A病院でアイパッチを使い始めてから、素人の私が見ても交代視してる眼位が現れた。子供の眼帯で両眼視が妨げられるという話を聞くが、息子の斜視はアイパッチによって起こった可能性は?
アイパッチを始めなければ、外転神経麻痺が2〜3日で自然に治ったように、斜視も一時的なものとして自然に治った可能性は?
先生:アイパッチをしていたのは2〜3時間のパートタイムであり、終日何十時間も何日もしていた訳ではないので、アイパッチによって両眼視が崩れた訳ではない。

内斜視カルテP1へ  内斜視カルテP3へ

 

斜視治療アール