斜視治療アール

内斜視カルテ

Page1:内斜視発症からの記録(生後6ヶ月〜)
内斜視 Page2:内斜視手術からの記録(1歳3ヶ月〜)
内斜視 Page3:手術後10ヵ月経過以降の記録(2歳1ヶ月〜)
Page4:再手術からの記録(3歳2ヶ月〜)

 

内斜視カルテP4 再手術からの記録

3歳2ヶ月(手術後1年11ヶ月) 再手術のため入院(帝京)--2005. 5月

入院中(手術前)
坂上先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
・今、短い時間で診てる限りでは外れっぱなし。
近くを見てる時はいっけん揃っているように見えるが外れている。(その時タイミングよく、息子が手に持っていた買ったばかりのオモチャで遊び始めて、その様子を見て)本当にほんの一瞬揃う(真っ直ぐにもなる)けど、本当に一瞬。手術は両目の外直筋後転。

林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
・輻輳という内寄せが今も時々見られる。今診てても真っ直ぐにもなっている。
角度は、とっても外れる時とそうでもない時とある。
どっちか片目だけが上に上がるという上下斜視は外傷でも起こるが、外傷やケガでDVDになることはない。交代性上斜位(DVD)は上下斜視の中でも特別なもの。
内斜視の手術後の経過や、片目を隠すと片目が上がるという交代性上斜位があることから考えると、外傷で斜視になったのではないと思う、おそらくだけど。
 
・手術は本来なら内直筋を戻せばよいが、局部麻酔の大人とは違って全身麻酔だし、外直筋後転の方が定量性が高い。外直筋後転より、内直筋を戻す手術の方が術後に交代性上斜位がでやすい。

高橋先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
・交代性上斜位は、眼位を真っ直ぐな位置に保つことが多いが、ふとした時にどちらかの目が上転する。人によって症例によって違うので何とも言えないが、常に上下にずれるわけではない。検査をすれば上がるが、常に基盤が上下にずれている訳ではない。
水平の基盤は真っ直ぐだけど片方隠すと上に上がる。

診察時、林先生に質問--
質問:
気になる写真を持参した。この写真は、「目標物が何もない状態で、目だけ上方向を見させた写真」で、右目は真上を見ているようだが左目は内側に寄っている写真)。
先生:目の動きは問題ないので、右目の外の動きが悪い訳ではない。
上を見ていて一生懸命見ようとして内斜視の状態(内に寄ってる)だけ。
輻輳という内寄せが今も時々見られる。今診てても真っ直ぐにもなっている。
角度は、とっても外れる時とそうでもない時とある。

質問:今手術をしなかったら考えられる経過は?
先生:恒常性外斜視になるケースもある。と言っても、どちらか片目が外に向くという形で、昔の息子くん(内斜視だった頃)のように、両目ともに内側に寄ってるように見える外側バージョンのような形にはならない。
外斜視の角度が広がるケースもあるし、今の状態で上下のズレが目立ってくるケースもある(というような内容)。

質問:手術をする事で上下のズレが斜位ではなく、斜視という形で出てくる事は?
先生:そういうケースもあるが、今のようにカバーテストで出たり、片目で見た時にふと出たりする可能性がある。

手術内容:両目の外直筋後転を7mmずつおこなった。

・退院前の林先生の診察:目の位置は真っ直ぐとのこと。
 
高橋先生の説明
白目が真っ赤になってボコッと膨れているのは、白目の下に血液が溜まっているから。これは自然に吸収される。
・目薬(パニマイシン・クラビット)を受け取り退院。次回診察日まで、パニマイシン・クラビットともに1日4回点眼との指示。石鹸などが目に入った時は抗菌剤(クラビット)を1滴たらすようにとの指示。

退院後初の外来(再手術後7日目)

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査、カバーテスト。
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・眼位は良い。上下のズレも出ていない。検査上の他角的斜視角は分度器で言うマイナス2度だが、光を当てたら真っ直ぐでズレはない。
    カバーテストで隠しても上下ズレでない。
    右で見た時に左が上にくるのが2度・左で見た時は右目が上に上がるズレはなし。目の位置がピッタリってことを確認できる。

3歳3ヶ月(再手術後3週間)--2005.6月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査(魚と花)、カバーテスト。
  • 坂上先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
  • 光を当てたら真っ直ぐでズレはない。
    検査での他角的斜視角:マイナス3度、上に2度。
  • 視力:右0.7 , 左0.6
     
  • 気になったことを質問した。
    「顔を動かさずに、両目だけ右を向かせた時の目」を正面から見た時の、左目の外側の端、「顔を動かさずに、両目だけ左を向かせて正面から見た時の目」の右目の外側の端が、ボコボコとなって膨らんで、その部分がピンク色になっている。そのボコボコとした部分が、正面からも見えることが私は気になった。
    林先生:(顕微鏡で見て)ボコッというのは心配なタイプではないし、2〜3ヶ月で治る。ピンク色の部分も徐々に治る。

3歳4ヶ月(手術後6週間)--2005.7月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査、カバーテスト。
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・光を当てたら真っ直ぐでズレはない。検査での他角的斜視角:マイナス6度 / 右目で見たら左目が上に7度上がり、左目で見たら右目が2度上がる。
    ・視力:右0.7 , 左0.4

3歳6ヶ月(手術後3ヶ月頃)--2005.9月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査、カバーテスト。
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・光を当てたら真っ直ぐでズレはない。検査での他角的斜視角:右目で見ると左目がマイナス1度・左目で見ると右目がマイナス2度 / 右目で見ると左目が上に7〜8度位・左目で見ると右目が上に2度位あがる。
    ・視力:右0.6〜0.7 , 左0.6(いつも右目からなので今回は左目から検査)

3歳9ヶ月(再手術後6ヶ月頃)--2005.12月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査、カバーテスト。
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・光を当てたら真っ直ぐでズレはない。検査での他角的斜視角:マイナス1〜2度 / 右目で見ると左目が上に6度位・左目で見ると右目が上に2度位あがる。
    ・視力:左右ともに0.6

4歳1ヶ月(再手術後10ヶ月頃)--2006.4月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査、カバーテスト、視力検査(ランドルト環)。
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・光を当てたら真っ直ぐでズレはない。検査での他角的斜視角:プラス0〜1度 / 右目で見ると左目が上に5〜6度位・左目で見ると右目が上に1〜2度位あがる。
    ・視力:左右ともに0.6

4歳3ヶ月(再手術後1年1ヶ月頃)--2006.6月
・帝京の定期検診の3日位前。
風邪で鼻水が長引いた頃に目やにが出てきたので、自宅近くの普通の眼科を受診。
この時、ランドルト環とオートレフケラトメーターをやった(検査用目薬など無し)。

[近所の眼科医 メモ書きより]
0.6
(0.9 +0.25D
乱-1.75D A180度)
0.5
(0.7 -0.25D
乱-1.0D A180度)

数字やアルファベットがちょっと読みにくかったのですが、こんな感じのメモでした。このメモについて話の内容は、
・裸眼で右0.6・左0.5 /補正視力が右0.9・左0.7
・右目の+0.25Dは遠視の事。左は乱視があるけど、視力が伸びているので眼鏡は必要無い。

4歳3ヶ月(再手術後1年1ヶ月頃)--2006.6月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査(魚と花/車と車庫/2枚合わせると耳としっぽがあるネコになるスライド)、カバーテスト、ステレオフライ(ハエ)、視力検査(ランドルト環)及び、サイプレジンを点眼して何かの機械を覗いての検査。
     
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・光を当てたら真っ直ぐでズレはない。検査での他角的斜視角:内斜視(プラス)1〜2度(右で見たら1度・左で見たら2度)。右目で見ると左目が上に5度位上がり、左目で見ると右目が上に2度位あがる。
    ・視力:右0.4(乱視のレンズ入れて0.9)  , 左0.9  
     右:乱視プラス1.25 / 左:乱視プラス0.75
    ・視力が0.9。視力が順調に発達しているから眼鏡は要らない状態。
    次の受診は6ヵ月後。

4歳9ヶ月(再手術後1年7ヶ月頃)--2006.12月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査など(ライオンと花/車と車庫/2枚合わせると耳としっぽがあるネコになるスライド)、カバーテスト、ステレオフライ(ハエ)、視力検査(ランドルト環)。
     
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・光を当てたら真っ直ぐでズレはない。検査での他角的斜視角:内斜視(プラス)3度。右目で見ると左目が上に8度位上がり、左目で見ると目が上に3度位あがる。
    ・視力:乱視レンズ入れて0.8(右0.8, 左0.8 ,両眼0.8)、裸眼0.6〜0.7
    乱視は、右:1.25 / 左:0.75
    ・大まかな立体視はあるが、しっかりしたものはなさそう。でも日常生活には支障はない。視力の発達はゆっくりした子もいるし、個人差もある。(というような内容)。
    次回の検診は5歳のお誕生日が過ぎてから。

5歳1ヶ月(再手術後1年11ヶ月頃)--2007.4月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査など(金魚と花/車と車庫/2枚合わせるとねずみになるスライド)、カバーテスト、ステレオフライ(ハエ)、視力検査(ランドルト環)。
     
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・光を当てたら真っ直ぐでズレはない。検査では、右目で見ると左目が4度内側に寄って6度上がり、左目で見ると右目が4度内側に寄って4度上がる。
    ・視力:右0.8 / 左1.0    乱視:右:1.25 / 左:0.75
    ・視力も伸びているし、乱視もこれ位なら大丈夫。(というような内容)。
    次回の検診は10月。

5歳8ヶ月(再手術後2年6ヶ月頃)--2007.11月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査など(ライオンとスーパーマン/車と車庫/お花を持ってるうさぎとしっぽのついているうさぎで、2枚合わせるとうさぎになるスライド)、カバーテスト、ステレオフライ(ハエ)、視力検査(ランドルト環)。
  • アールさんが感じたこと:息子がステレオフライをするところを見ていたら、サークルの1番目は飛び出てるのがわかって答えていたが、他はよくわかっていない反応だった。
     
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・光を当てたら真っ直ぐでズレはない。検査では、右目で見るとプラス1度、左目で見るとプラス2度上がる。
    ・視力:右0.7, 左0.9   乱視は、近視性の乱視が少しある。矯正すると1.0
    ・視力も伸びているし、乱視もこれ位なら大丈夫。同時に見る力はしっかりある。立体的に見るのは難しい。(というような内容)。次回の検診は小学校1年生の夏。

6歳5ヶ月(再手術後3年3ヶ月頃)--2008.8月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査、カバーテスト、ステレオフライ(ハエ)、視力検査(ランドルト環)。
     
  • アールさんが感じたこと:シノプトをしている時の息子の様子は、今までよりも理解が進んでいるようだった。ステレオフライをするところを見ていたら、ハエの下にある[R]と[L]について、「今、(Rが)消えた」「今、(Lが)消えた」と言っていたので、どちらかが消えたり出てきたりしているのかもしれないと思った。
    力を入れて見ようとすると片方が消えるのかな??サークルの1番目の1つだけ飛び出しているのは、飛び出すというより横にズレていると感じているようだった。
     
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・目の位置は真っすぐ。検査では、右目で見るとプラス6度、左目で見るとプラス4度内側に寄る。
    ・視力:右0.5, 左0.9   乱視は、近視性の乱視が少しある。矯正すると1.0
    ・視力も伸びているし、乱視もこれ位なら大丈夫。
    今後、黒板の字が見えにくいなど困ることになった場合は眼鏡も考える。
    両眼視もしている。目に力が入った時?に目が寄ることもある。(というような内容)。次回の検診は春休み頃。

7歳0ヶ月(再手術後3年10ヶ月頃)--2009.3月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査、カバーテスト、ステレオフライ(ハエ)、視力検査(ランドルト環)。シノプトは、金魚と花・車と車庫・2枚合わせて完成となるうさぎ
     
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・目の位置は真っ直ぐ。検査では、右目で見ると左目が4度内側に寄って2度上がる、左目で見ると右目が4度内側に寄って3度上がる。
    ・右左両目で1.0 , 近視性乱視のレンズ入れて右左両目で1.2。
    ・次回の検診は夏。

7歳5ヶ月(再手術後4年3ヶ月頃)--2009.8月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査、カバーテスト、ステレオフライ(ハエ)、視力検査(ランドルト環)。シノプトは、金魚と花・車と車庫・2枚合わせて完成となる猫。
     
  • 息子の様子:ステレオフライ(ハエ)の下にある四角(LとR)では、Lと書かれている四角には「何か書かれている」、Rと書かれている方の四角には「何もない」と答えていた。
     
  • 林先生の診察(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)
    ・目の位置は真っ直ぐ。検査では、右目で見ると左目が4度内側に寄って5度上がる、左目で見ると右目が4度内側に寄って4度上がる。
    ・シノプトでは同時視がとれているし、融像域がとれている。
    ・視力は、右0.9 , 左1.0    近視性乱視のレンズ入れて右左両目で1.2。
    ・次回の検診は半年後ごろ。

8歳0ヶ月(再手術後4年10ヶ月後頃)--2010.3月

  • 視能訓練士によるシノプトで他角的斜視角の検査、カバーテスト、視力検査(ランドルト環)。シノプトは、金魚と花・車と車庫・2枚合わせて完成となるウサギ。
     
  • 林先生の診察:(ライトを当てたりカバーテストや目の動きをみたり)、眼位の写真を撮影し、電子カルテに転送。
    ・目の位置は真っ直ぐ。検査では、右目で見ると左目が2度上がって内側に寄る(プラス2度)、左目で見ると右目が1度上がって内側に寄る(プラス1度)。融像域はマイナス3度〜プラス25度で平均的だから問題なし。
    ・視力:裸眼で右0.9 , 左1.0  乱視だけの度数は右マイナス1.25,左0.5で前回と同じ。次回の検診は1年後。

9歳3ヶ月(再手術後6年1ヶ月後頃)--2011.6月

  • 視能訓練士によるオートレフケラトメーター、シノプトで他角的斜視角の検査、カバーテスト、視力検査(ランドルト環)。シノプトは、金魚と花・車と車庫・2枚合わせて完成となるネコ。
       
  • 林先生の診察:眼位の写真を撮影し、電子カルテに転送。
    ・目の位置は真っ直ぐ。検査の値では、右目で見ると左目が4度(+4)内側に寄って5度上がり、左目で見ると右目が4度内側に寄って3度上がる。
    検査の値だから気にしなくても大丈夫。
    ・視力:裸眼で右0.3 , 左0.6 
    矯正視力(近視性乱視のレンズ入れて)が右1.0で左1.2。
    ・視力について、今は左目が0.6出てるから裸眼でも大丈夫だけど、黒板が見えにくいなど本人が訴えるようなら眼鏡を作ってもよい。
    目は定期健診で診て、眼鏡に関しては通いやすいところがよい。
    その時々で状態が変わることも含めて考えると、作る時になってから近所の眼科など通いやすいところで計測して作った方がいい。
    0.3位になってしまったら眼鏡がいい。(というような内容)。

9歳8ヶ月(再手術後6年6ヶ月後頃)--2011.11月

  • ものもらいができて、近所の個人でやってる眼科へ。
  • 息子の視力検査も依頼した。
    息子くん、1ヶ月ほど前から、テレビを見るときに目を細めることがある。本人は、「目を細めても見え方は変わらない」と言う。あと最近、「教室の中央より後ろよりの席で、平仮名の「あ」と「お」の区別がつかないことがあった」と言っていた。
  • 裸眼で右0.15 , 左0.5    矯正視力だと右1.2 , 左1.5 近視で軽い乱視もある。
  • この視力検査の時に、数分眼鏡をかけたらしい。検査後に、「目が痛い」と言っていた。
     
  • 診察中に受けた説明:眼鏡を作った方がいい。視力が低いと言っても2通りある。
    1つ目は、生まれつきの弱視などで 1.0のレンズなどで矯正しても、0.1位しか視力が出ないケース。この場合は眼鏡が必要。
    2つ目は、視力の根の部分がしっかり育ってるから、裸眼視力が低くてもレンズを入れれば1.0や1.5が出るケース。この子は、視力の基本となる部分がしっかりと育ってる。眼位はまっすぐ。今までは斜視の治療で眼位が中心になっていたかもしれないが、これからは視力を考えるべき。24時間眼鏡をかけなくてもいい。運動をする時などはとってもいい。だけど授業中はつけた方がいい。矯正視力が出るのに、裸眼で目に負担をかけなくてもいい。暑くなったら扇風機をつけるように、快適に過ごせるように調整してあげる意味で、眼鏡を使った方がいい。
    近視の場合、長い年月でみると視力は下がっていく。
    この子は違うが、ものすごく近視が強くなると自然に出血することもある。
    ものもらいも数日で治るから、そしたら計測して眼鏡を作ることを勧める。(というような内容)。

9歳8ヶ月(再手術後6年6ヶ月後頃)--2011.11月

上記の眼科(近所の眼科)を訪れた翌日。
夕方、買い物ついでにブラリと近所の眼鏡屋さんに行った。子供用の眼鏡は、どれもレンズが小さくて細いものばかりだった。
こんな小さなレンズじゃ、黒板とノートの往復で眼鏡のフチがじゃまになるんじゃない?レンズ通さないで見ちゃうんじゃない?不便そう。と感じた。

  • 裸眼の視力検査をした。正面の鏡に映された平仮名を答える、というタイプの視力検査。右が0.1で左が0.3
     
  • 眼鏡屋さんのお話: 子供の眼鏡は、昔は丸いレンズや大きなレンズが多かったが、最近は小さなレンズの眼鏡が主流。今はどこの眼鏡やさんでも、そういったタイプしか置いてない。
    近視で視力が低い状態で過ごす時間が長くなると、いざ眼鏡をかけた時に頭痛がする子もいる。だから眼鏡にも慣れさせた方がいい。
    視力検査をランドルト環ですると、乱視のある子は特定の角度だとバッチリ読めて、視力に関係なく答えられることがある。だから平仮名の言葉を読むタイプの方が、ごまかしが効かないのでよい。

9歳8ヶ月(再手術後6年6ヶ月後頃)--2011.11月

  • 視能訓練士によるシノプトで、他角的斜視角の検査とカバーテスト、視力検査(ランドルト環)。シノプトは、車と車庫・2枚合わせて完成となるネコ。
  • その後、サイプレジンについての説明を受けて点眼。1時間後に検査。
    ・「目玉の大きさをみる機械」を覗いての検査。
    ・屈折検査(遠視・近視・乱視がどれだけあるか)
     
  • 林先生の診察
    ・眼位は真っ直ぐ。視力は裸眼で右0.3  , 左0.7 矯正視力は右1.2 , 左1.2
    検査の値は前回と変わらない。今回、乱視は出てない。
    視力については裸眼でも大丈夫だけど、本人も見づらいことがあるようだし眼鏡を作りましょう。近視が進んだのは成長に伴ったもので、斜視とは関係ない。
     
    ・数日前に近所の眼科で測った値(裸眼で右0.15 , 左0.5    矯正視力だと右1.2 , 左1.5 )については、今日よりも少し強く出てる。
     
    眼鏡っていうのは、高い所にあるものを取りにくい時に、台に乗って取るのと同じようなもの。だから眼鏡をかけたり外したりすることが、目に悪影響ということはない。
    眼鏡をかけたら近視が進んだという話を、成長期から眼鏡をかけてきた人から聞くが、そういうことはない。身長が伸びるのと同じで、目玉の大きさも成長して大きくなる。そしてそのことで、近視が進む。だから近視が治ることはない。
    遠視の子は目玉が小さい。(というような内容)。
    目薬の効き目が取れてる一週間後に眼鏡合わせ。

     
  • アールさんの視点(目薬):サイプレジン点眼直後から、息子の瞳孔が開いてた(黒目の中央の黒い部分が、黒目いっぱいに広がっていた)。病院からの帰宅時は、とにかく眩しがって目を細めて歩いていた。息子の声は、

    点眼直後から:
    ・とにかく眩しい。
    ・私の手が、赤ちゃんの手のように小さく見える。
    ・私の読んでいた雑誌が、点眼前は普通に読めたのに、今はぼやけて読めない。
    見え方が変な感じがする。読もうとすると気持ち悪くなる。
     
    夕食時の声:
    ・目の前に置かれている茶わんが、ぼやけて見える。
    テーブルの少し先(40cm位先)は普通に見える。
     
    翌朝の声:
    ・マンガ本を見ると、昨日よりはましだけど見え方が変な感じ。
     
    学校から帰宅後の声:
    ・眩しかった。昨日よりはましだけど、教科書とか読もうとすると、見え方が変な感じがした。
     
    ・息子くん、夜になり宿題をする。変な見え方はなくなったけど、まだ少し眩しい。
    息子のノートをみる限りでは、宿題の漢字や計算はいつも通り。テレビを見る時は、ここ最近のように、目を細めたりしていた。

眼鏡合わせ当日:

  • 1段階下げたレンズ:息子くん、きついとの声。
    2段階下げたレンズ:息子くん、まだきついと言い、2〜3分で涙が出てきた。
    結果、2段階下げたが組み合わせを変えた。左目が素のレンズではない組み合わせ。
     
  • 林先生の診察:眼鏡の処方箋を受け取る。
    眼鏡をかけて、0.9位で見えるレンズ。
    目玉の成長は、身長が伸びるのと同じで個々で違う。

 

10歳4ヶ月(再手術後7年2ヶ月後頃)--2012.7月

  • 視能訓練士によるシノプトで、他角的斜視角の検査とカバーテスト、視力検査(ランドルト環)など。
    ・屈折検査(遠視・近視・乱視がどれだけあるか)。
    ・学校の健康診断の視力受診結果票を持参。
     
  • 林先生の診察
    ・眼位は真っ直ぐ。検査の値では、右目で見ると、左目が4度(+4)内側に寄って5度上がり、左目で見ると、右目が3度(+3)内側に寄って3度上がる。
    ・視力は裸眼で右0.3  , 左0.3 矯正視力は右1.2 , 左1.2
    ・近視は気にならないレベル。眼位は良好。卒業。

兵庫こども病院の野村先生・帝京大学病院の林先生はじめ諸先生方、両病院の視能訓練士の皆様、今までお世話になりました。
息子は斜視を意識することなく、健やかに成長しています。

本当にありがとうございました。

 

 

 

質問:あなたが斜視になったらどうしますか?

斜視治療アール