!

斜視の手術

内斜視の手術 ページ一覧 !斜視の手術方法  !斜視手術に向けて(兵庫県立こども病院)  !手術後の過ごし方  !内斜視の手術日記  再手術

 

息子の再手術。

1度目の手術の後、息子は良好な眼位を得た。
視能訓練士も医師も、これだけ正常な眼位を維持出来るのは両眼視してる証拠だと言った。あの頃は経過観察して斜視とはバイバイだと思ってた。

でも日を追うにつれてたまに外に外れることが出てきて、それは間歇性外斜視となった。その「たまに外へ外れる角度」は、どんどん大きくなっていった。それでも、何ヶ月もの間ずっと1日のほとんどの時間で正位を維持していたから安心してた。この状態を維持して欲しいって願った。でも、その後は外れる頻度が増えた。

再手術の話が出て怖くなった。
1度目の手術をする前に、再手術をするケースもあるという話は聞いてたけど、他人事のように聞いてた。それは可能性の話であって、まさかこんなに短期間でそのケースに息子が該当するなんて思ってなかった。その頃、私は息子が両眼視してる証拠をあやふやなものではなく、はっきりとした形で確かめたかった。他の件で飛び込みで入った斜視外来。ここでラングステレオテストをした。結果3つとも見えていて、こういう時は両眼視してるって医師や視能訓練士に言われた。やっぱりって思ったし嬉しかった。何とか今の状態を維持して欲しいって願った。でもその願いも届かなかった。そしてまた外れる頻度が増えていった。

そして、やはり再手術をしてあげた方が良いという医師の話。
1度目の手術の時は、これで治るっていうストレートで前向きな気持ちだけで挑めた。だけど2度目の手術となると簡単に気持ちが切り替えられない。だって息子はまだたったの3年しか生きてないのに。まだママに甘えてくれる年齢だし、ちっちゃい体で一生懸命お話してる年齢だよ。こんなに短いサークルでまた再手術になったらどうする?そう思うと怖かった。

でも息子はほぼ恒常性外斜視の状態。このままだと良い刺激は届かない。だけど再手術をすれば変わる。良い眼位になる事で24時間のトレーニングになる。良い刺激が届けば良い両眼視につながる事も考えられる。良い眼位が維持出来る事も考えられる。何もしなければ何も変わらない。息子のためにも、やれる事はやってあげたいと思った。旦那もそうだった。良くなるための再出発だと思って再手術を決めた。

だけど手術前検査ではDVDがある事がわかった。
この再手術によって上下のズレが目立つ可能性もある。
でもそれはやってみないと分からない。

ショックだった。だって、再手術を決めたのは息子に両眼視の出来る目にしてあげたいっていう思いから。そしてその事によって、良い眼位を長期維持させてあげたいっていう願いがあるからなのに。なのに、その再手術によって今度は上下のズレが目立つ可能性があるなんて。息子は1歳の時に手術がんばったんだよ。初詣でもご祈祷でもいつも願ってた。なのにその後も私達の願いは届かなかった。それだけじゃなくて、今度は上下のズレ。もうどうしていいのかわからなかったし、本当に疲れてた。でも今何もしなければ何も変わらない。今は視機能が成長している年齢。斜視は見た目の問題でイジメにつながるケースもある病気。息子が斜視という事で心に傷を作ることは避けてあげたい。
だから再手術を決めた。

そして今、息子の再手術が終った。
心配してた上下のズレは出てない。

今の眼位のまま成長して欲しい。
今の眼位を生涯維持していて欲しい。
でも、そんな当たり前の事が息子にとっては贅沢な願いなの?
息子は小さい体で2度もがんばったよ。
でもそれが贅沢っていうなら、
せめて大人になるまで良い眼位を維持していて欲しい。

この手術が、この日が息子の目が正常に成長する誕生日であって欲しい。

 

斜視治療アール