!

斜視の情報

斜視の情報 目に効く栄養素  !!斜視診察  !斜視外来の初診  !斜視の本  !知育おもちゃ

 

斜視診察-通りすがりのお医者様

内斜視カルテでは、息子の斜視治療の経過と重要なポイントで関わった眼科医の診察を客観的に1症例として書いていますが、このページでは通りすがり的に関わった医師との話を書いていきます。
 

アール 斜視が気になるんですけど。
小児科医 (ペンライトを当てて)斜視は無いですね。

息子の斜視は全く分からない感じで全然気になっていませんでしたが、1歳半検診(斜視手術から3ヵ月後)で、試しに斜視が気になると訴えてみました。簡単なやりとりでした。私が住む市の1歳6ヶ月検診では、小児科医と歯科医だけで眼科医はいないので、斜視かどうかを見たのは小児科医です。あの時のペンライトの当て方は、今まで息子を診てもらった計5人の眼科医の診察とは明らかに違いました。カバーテストもしていないし、目の動きの確認もありませんでした。あんな見方では見逃される子は絶対にいる。今こうしてる間にも見逃されてる子がいるかもしれない。1歳6ヶ月検診では、虫歯等の確認で歯科医がいるんだし、斜視の早期発見て意味合いもあるんだから、小児科医ではなく子供の斜視に慣れている眼科医や視能訓練士が診るべきだと思った。

アール 斜視の心配があるんですけどどうですか?
小児科医 斜視には見えないけど。

息子が1歳5ヶ月の時(斜視手術から2ヵ月後)。息子の斜視は全く分からなくて全然気になっていませんでしたが、試しに斜視が気になると訴えてみました。

息子が風邪を引いて、ある病院の小児科に行った時の話です。先生はペンライトではなく、のどを診る時に使う大きいライトを手に持ち、「家でこうやってライトをあてて、反射がずれてるかどうかで斜視かどうかは簡単に分かりますよ」と言った。でも私は心の中で、素人のママがライト当てた所で斜視ってそんな簡単に見分けられないよ。って思った。カバーテストもありませんでした。

先生は、大きいライトを手に持つ前にデスクを見渡していたので、ペンライトがなかったので大きなライトを使ったんだと思います。その後、お腹などの触診の後に、再度「斜視には見えないけどなぁ」と言われたので、斜視の手術をした事、今は斜位斜視で両眼視をしていて斜視角が10度と言われている事を話すと、「斜視角が10度位なら目立たないからねぇ」と言って斜視の説明が始まりました。

その説明の中で小児科の先生は、「斜視の手術は小学生位になったらもうしません。それは、今までの見方がその子にとっては普通であって慣れている見方なので、小学生になって手術をすると変な見え方になって生活に支障が出るからです。」と言った。この小児科の先生は、おそらく複視が出る事を話していたんだと思います。説明を聞く限りでは、斜視角や斜視の状態・外見的な問題等で斜視の手術が年齢を問わず行われている事はご存知ない様でした。

そして風邪をひいて3日目に再度受診した際に、座らせてもバタンと倒れる事や目が外にたまに向く事が2日ほど続いた事を話しました。この時に診て下さったのは別の小児科医でした。眼が外に向いた2日間について質問もしましたが、「座れなかったりするのは高熱が続いてるせいで心配ないでしょう。他の病気もあっていろいろ心配になるかもしれないけど、まぁ今回の風邪は〜〜」という感じで風邪の説明に入り、斜視の説明には触れませんでした。ライトを当てる事もカバーテストもありませんでした。

子供の眼と言っても、斜視に関して詳しい小児科医は少ない様な気がします。もしかしたら沢山いるかもしれませんが、私はまだ出会った事はありません。

アール 斜視も分類するといろいろあると思うんですけど息子はどのタイプですか?
小児科医
 
(ペンライトを当てて)調節性内斜視です。でも僕は専門ではないので眼科の先生とちょっと違う事を言う時もあるかもしれませんが、

息子が生後9ヶ月頃、予防接種の為に受診した総合病院の小児科での話です。この小児科医は斜視と遠視の関連性の説明をしてくれました。ペンライトを当てた時、眼の動きは見ていましたがカバーテストはしていません。

その後、A病院の診察日に担当医師に、小児科医から調節性内斜視と言われた話をすると、ライトやレンズなどで診て「見た感じ遠視は無さそうな感じ」 との事。実際、その後B病院、C病院で調節麻痺の目薬(サイプレジン・アトロピン)点眼後の検査でも「遠視は無い」 との事。この小児科医の先生は本人も認めていますが、専門ではないので斜視や遠視の話に違う部分があるかもしれないという本人の認識より前に、息子の斜視の診察を誤っています。

小児科医1人目
アール 眼が昨日から寄ってる感じがして旦那も今日寄ってるって言うので、眼が寄る斜頚とか思って一応来てみたんですけど。
#当時の私は斜視の知識も無く、育児書で読んだ斜視という名前もうろ覚えだった。
小児科医 斜視の事ですか?
アール そう、それです!どうですか?
小児科医 (ペンライトを当て診察して)斜視ですね。眼科で詳しく診て貰いましょう。

息子が斜視になった頃の話。
眼が寄って見える様な気がしたので、旦那とほんとに気軽な気持ちで、いつも予防接種を受けていた総合病院の小児科を受診しました。カバーテストはしていません。この時、小児科の先生にベッドから転落した話を何気なく話したら、カルテに書いている様でした。そして眼科医が外転神経麻痺に気付き、一応MRIを撮りました。その後私が本で調べた所、「斜視で実績のある病院」に、この病院の名前が載っている本もありました。

つくづく思う。この時の小児科医が、斜視って気付いてくれて本当に良かった。
だってこの時の息子は、明らかに交代視をしている様な眼位になることは全く無くて、私達夫婦がちょっと寄ってる?って思う程度。外に出ても、誰かにえ?って顔をされることもなく、自然な感じで寄り方はそれほど強くはなかった。偽斜視って間違われなくて本当に良かった。眼科に廻してくれて本当に良かった。この小児科医の判断や行動には本当に感謝しています。

 

お子さんが斜視かなぁと心配になったら眼科!出来れば小児眼科や斜視外来のある専門の眼科・病院で診てもらいましょう!

斜視治療アール