!

斜視の情報

斜視の情報 目に効く栄養素  !斜視診察  !斜視外来の初診  !!斜視の本  !知育おもちゃ

 

斜視の本

斜視について書かれている専門誌や書籍。斜視や治療内容を理解するために何度も読んだ本を紹介します。

 

斜視 専門誌
斜視 Q&A101
-斜視のお子様をお持ちの保護者の方々へ-
オススメ!

この本は、イギリスの小児眼科医であるDavid Taylor先生らが書かれた、「斜視の子供を持つ保護者を対象として出版された本」がもとになっており、日本小児眼科学会理事の瀧畑 能子先生が訳されました。表紙裏の”はじめに”という部分を読むと、斜視は外見的な問題もあるからでしょうか、どこの国でも深刻に悩まれる親御さんや子供達が多いように思います。そして目次をざーっと見ると、よく見かける質問だなぁ。という内容がざざざ〜っと並んでいます。

サブタイトルにもあるように、この本は私達親を対象としています。子供が病気になると、子供の病気について書かれている育児書とかサッと見ることってありますよね。そんな感じでこの本が家庭に置いてあれば、新たに沸いた疑問だとか不安なことがあっても、子供の病気の本のようにサッと読めるし安心。というタイプの本です。金額もお手頃ですし、お勧めです!
メディカル葵出版より\1,050 紹介ページ(参照リンク:メディカル葵出版) ISBN4-89635-226-2

 

斜視の本 眼科ケア 2003年3月号

斜視の特集ページには詳しい説明があり、この一冊で斜視の事が大体理解できます。又、両眼視野の図をもとに融像や抑制について書かれているページ等もあり内容が充実しています。持ち歩いたので表紙が曲がってます(^^;
メディカ出版より\1,800 (メディカ出版
ISBN4-8404-0701-0

 
 

 
眼科ケア 2005年7月号

斜視の訓練(視能訓練)について書かれたページが参考になりました(5ページ分)。抑制除去訓練は聞いた事がありますが、生理的複視訓練・フレーミングカード・ステレオグラムカードなどの訓練の存在はこの本を読んで初めて知りました。とても参考になりました。他にも”IT眼症の検査”というページでは、眼位や両眼視・輻輳近点検査等について書かれたページもあります(7ページ分)。
メディカ出版より\1,800(参照リンク:メディカ出版
ISBN4-8404-1368-1

 
斜視の本 小児看護 2002年12月号

帝京で斜視手術を受けた子供の事例が紹介されていて、手術前検査からの流れなどが載っています。「ホント、このままだった!」と感じました。帝京で手術を予定されている方は特に参考になると思います(11ページ分)。他の特集ページでも斜視について触れられていて参考になりました。
へるす出版より\1,200 紹介ページ(参照リンク:へるす出版

 

 
斜視の本他

眼科ケア 2003年10月号
遮蔽訓練のエッセイが参考になりました。又、眼球偏位の検査で使うHessチャートの詳しい説明も載っていますが、Hessチャートを見た事もした事もないからか、私にはちょっと難しいです(^^; 特集ページの眼科救急も、救急場面での検査や診察の話があるので参考になりました。この号では”斜視治療アール”も紹介されました。

眼科ケア 2003年11月号
大型弱視鏡(シノプト)の詳しい説明が解りやすくて参考になりました。

 

斜視 専門書
 
斜視情報-斜視の本 小児眼科・診療の最前線

斜視や両眼視について、複数の項目で書かれているので参考になります。出版されたのが割と最近という事もあり、以前書店で立ち読みした時から気になっていました。そしてついに息子の再手術が決まった頃に買ってしまいました。斜視手術から1ヶ月後の予後・4年後の予後という感じで、斜視の種類ごとに斜視角等を基準とした細かいデータもあります。
編集 山本節 2003年 金原出版より(8,800円) 紹介ページ(参照リンク:金原出版) ISBN4-307-35110-x

斜視情報-斜視の本 図書館でコピーをした本です。どの本も内容が濃くてとても勉強になりますが、専門書なので難しい部分もあります。又、これらの本は専門書なので一般的な図書館には置いてありません。私は京大の医学図書館に行きました。私が行った時に眼科学の棚にあった本の中から、手元に置いておきたいと思った書籍7冊を選び、息子の状態や検査等を理解するために必要だと思ったページをコピー。当時息子は内斜視の手術後だったので、内斜視のページを中心にコピーしました。皆さんの近くにも、大学付属の図書館など一般でも利用できる施設があるかもしれません。
 
斜視の本-詳細(写真右から順に紹介)

斜視・弱視診療アトラス 改訂第2版
丸尾敏夫/久保田伸枝 共著 1986年 金原出版より(13,000円)
斜視の情報が満載です。一冊丸ごと斜視の情報と言っても過言ではありません。どのページをコピーしようか迷いました。それ位、斜視や検査についての情報が充実していました。最も多くコピーを取った本です。

現代の眼科学 第2版
編者 田中直彦/所敬 1985年 金原出版より(6,800円)
大型弱視鏡・プリズムによる検査の写真・正切スカラの写真、Hirschberg法のイラスト等があります。両眼視機能の異常について書かれているページが勉強になりました。

眼科診療プラクティス 32.眼疾患診療ガイド
編者 丸尾敏夫/本田孔士/臼井正彦/田野保雄 1997年 文光堂より(24,000円)
この本には後天内斜視の説明が載っていました。又、斜視の種類も細かく分類されて説明があるので勉強になりました。

標準眼科学
編者 清水弘一/野寄喜美春/糸井素一 1982年 医学書院より(5,500円)
斜視の手術である後転法・前転法(筋短縮術)の手術手順が図と文章で解説されていて解りやすいです。

図説眼科鑑別診断 第1巻・主訴からみた鑑別診断
編者 東郁郎/山本節 1987年 メジカルビュー社より(25,000円)
斜視と複視について書かれたページが勉強になりました。

眼科 検査・診断のコツと落とし穴 Part2
編者 小暮文雄/湖崎克/林文彦 1996年 中山書院より(10,000円)
外転制限・外転神経麻痺について書かれたページが勉強になりました。

眼科治療のコツと落とし穴
編者 小暮文雄/林文彦/三宅謙作 1995年 中山書店より(13,000円)
目薬(瞳孔薬)について書かれたページが参考になりました。

 
息子の状態等を知りたい、息子の斜視治療に対して行われる医療行為を理解したい、と思い医学図書館へ行きました。各書籍は見開き1枚でコピーして、コピーコーナーに備え付けのペーパーカッターで真ん中からカットし、A4用紙が入るファイルにまとめました。京大医学図書館のコピー代は1枚35円で割高だったので2,000円近くかかりました。 斜視情報-斜視の本まとめ
ただ、どの本も少し古い物なので、情報の記述に古い内容が含まれている部分もあるかもしれませんが、とても勉強になります。

あたらしい眼科 vol.13 臨時増刊号 1996
この本の中で、息子の主治医の先生(帝京・林先生)が交代性上斜位について書かれています。とても参考になります。
あたらしい眼科 バックナンバーのページ
(参照リンク:メディカル葵出版

 


京都大学医学図書館 (参照リンク:京都大学医学図書館)

斜視治療アール