!

斜視の情報

斜視の情報 目に効く栄養素  !斜視診察  !!斜視外来の初診  !斜視の本  !知育おもちゃ

 

斜視外来の初診

斜視外来・小児眼科外来の初診の流れ3病院を比較。
2度目以降の外来の内容や視能訓練士の検査は、斜視の症状等で個人差があるかもしれませんが、初めて斜視外来や小児眼科を受診する時や、他病院の治療が気になる時など参考にして下さい。
 

1.

視能訓練士による斜視の問診と眼の観察

2.

視能訓練士による視力検査と眼の動き等の確認(TAC)

3.

看護婦によるサイプレジン点眼

4.
 

医師の問診と診察。ベットに子供を下ろし斜視の検査(屈折検査の検影法など)の間外で待つ。

5.
 

呼ばれて診察室に戻る。医師の診察。長細い枠の中にレンズの様なものが並んでる物で目を診たり、ライトを当てて目の動きを見たりする。

小児眼科の外来2度目の受診時は、看護婦さんの問診(視能訓練士の姿が見えなかったので、たまたま看護婦さんだったかもしれない。初診時の視能訓練士の方が上手)の後、医師の診察。検査は無く、長細い枠の中にレンズの様な物が並んでる物やライトで目の動きなどを診ていた。

 

斜視外来2

1.
 

担当医と眼科部長の診察。検査は無く、長細い枠の中にレンズの様な物が並んでる物や、レンズみたいな物を使ったり、ライトを当てて目の動き等を診察。

斜視外来2度目からは担当医が診察。初診と診察内容は同じだが眼科部長も毎回息子を観察して話を聞いてくれる。サイプレジン点眼とTACは視能訓練士が行うが眼の動きを診るだけ。TACに関しては、明らかに他病院の視能訓練士と比べると慣れていないように見えた。

 

斜視外来3

1.

斜視の状態について細かく質問がある問診表に記入。
2. 担当医師の問診と診察。
3.
 
オートレフケラトメーターシノプト=大型弱視鏡、プリズムなどで視能訓練士による検査。
4. 医師による視力検査と目の動きなどの確認(PL)。
5. 担当医師の診察。

小児眼科の外来2度目の受診時の1週間前から自宅で朝夜2回アトロピンを点眼した。受診当日の検査は無く、医師の診察で長細い枠の中にレンズの様な物が並んでる物や、レンズみたいな丸い物などやライト等で眼を診察。ランドルト環が出来る年齢の子の視力検査は看護婦がしていた。

 

 

3件とも子供の斜視患者が多い病院なので、外来は混んでいて待ち時間は同じ位でしたが、検査方法には違いがあり、診察の流れや担当者にも違いが見られました。

 

斜視治療アール