.!
home病院くちコミ情報INDEX関東

[関東]

 

 

東京医科歯科大学医学部附属病院 (東京都)

!病院のサイト

  • 4歳の間欠性外斜視の娘を持つ、ミシカズナネといいます。
    昨日一人で順天堂大学病院にいってきました。やはり、順天堂大学病院には図書室すらないそうです。でも、せっかく行ったのだからそれであきらめるわけにはいかないと、お隣の、東京医科歯科大学にもお邪魔してみました。そしたら、病院には図書室はないが、大学の学生さんが使う図書室なら一般の人でも入れるということでした。大学病院とは別棟の1号棟の3階に図書室があり、入り口で名前と住所を記入していれてもらうことができました。
    眼科の医学書もたくさんあって、私は、10冊ほど目をとおして、必要なところだけコピーして帰りました。少しほんの古さが気になりますが、情報量は十分でした。検査の内容や名前も詳しく書いてあったので、いろいろな疑問が一気に解決できました。もし御茶ノ水付近の病院に通院されている方は一度行ってみるといいですよ。(情報提供者:ミシカズナネさん- 2006/05/19他 掲示板より)
     
  • 斜視・弱視外来 毎週火曜日14時〜
    初診時の症状:1歳頃から片目の黒目が内側に寄るようになった
    初診時の年齢:1歳6ヶ月

    [初診]
    受付:月〜金曜日の午前中
    検査内容:ペンライトで黒目の動きをみる・プリズムで眼位のズレをみる・検影法で屈折検査・照明を消してペンライト等の検査(他にもあったかもしれません) 
    検査は暗室にて照明をつけて行いました。まだ1歳6ヶ月と小さかった為、気が散らないように暗室にしたようです。
    診察:まず「予診担当医」の診察を受け、斜視弱視外来に通う事を決めてもらい、その方針でいいか「初診担当医」の診察を受けて確認してもらいました。その後、次回の斜視弱視外来の予約をとってもらいました。
    ・私は木曜日に行きました。待合室にはたくさん患者さんがいましたが、さほど待たずに検査・診察を受けられました。10時頃初診受付で手続きをして、すべて終わったのは昼前でした。

    [毎回の検査内容]
    ペンライトで黒目の動きをみる・プリズムで眼位のズレをみる・森実ドットカードで視力検査(視力検査は2歳以降)
    ・2歳以降、検査は暗室ではなく他の患者さんと一緒の検査室で行うようになりまし
    た。
    ・上記以外に、頭部CT検査・アトロピン点眼をしての屈折検査・瞳孔間測定・カバーテスト・眼位の角度を測るためのシノプトフォアなどの検査もしましたが、毎回ではありません。いつ頃から目が寄るようになったか調べるため、生後すぐからの写真を提出しました。

    [毎回の診察内容]
    医師がライトやぬいぐるみを使って目と目の動きの様子をみてから、検査結果・これからの診療予定等を説明。

    [眼科待合の様子]
    斜視弱視外来に来ている子どもと一般外来に来ている大人を合わせて20名ぐらいの人がいつも待合室のソファに座っています。おもちゃ・本等はないので子ども達は自前のおもちゃで遊んでます。

    [混み具合]
    予約時間より早めに行けば、あまり待たずに済みます。
    一般外来の患者さんがたくさん待っている割には、すぐ検査・診察してもらえます。
    大きい病院なので会計は並んで待つこともあります。

    [その他]
    JR中央線の御茶ノ水駅からとても近いです(徒歩数分)。
    斜視弱視外来にはいつも何人かの子ども達が来ています。
    視能訓練士の方は子ども慣れしているので検査はスムーズです。
    頭部内に異常がないか調べるためにCT検査をする事等、丁寧に検査をしてもらえます。医師の説明は簡潔で診察時間は短いですが、こちらの質問には丁寧に答えてもらえます。斜視弱視外来の医師はここ半年ぐらいの間は同じ方です。
    眼科のすぐ近くに親子一緒に入れるトイレと授乳室(おむつ替えベッドあり)がある
    ので子ども連れには便利です。
    (情報提供者:Hさん - 2004/5月 メールより)
東京医科大学病院 (東京都)
!病院のサイト
  • 現在4歳になる娘は両目内斜視で生後8ヶ月から東京医大に通院しています。

    『デュアン症候群』ではないかという疑いもあるそうですがまだ正確には原因がわかっていません。毎回検査をしていますが毎回違う先生で、行く度に言われる事が違います。手術を勧める先生やそうでない方・・。どちらを信用していいのかわからず、他の病院にも診察をして頂こうかと考えております。

    うちの娘の担当の先生も最初は毛塚先生でした。
    毎回検査後、先生の診察になると思うのですが、毎回違う先生です。毛塚先生もおととしくらいに診察して頂いてからは診てもらっていません。

    手術も難しい手術になるのでやりたくないとおっしゃる先生や、前回に診察してくださった先生は両眼視のことも考えて6歳位までには手術をしたほうがいいとおっしゃっていました。(情報提供者:なつ母さん - 2008/02/13他 掲示板より)
     
  • 我が家の娘はもうすぐ3歳になるのですが、1歳半から東京医大に通院しています。3ヶ月か半年おきです。最初は、下斜筋過動ということでしたが、前回の検診では上斜筋麻痺だと言われました。

    東京医大は子供の患者が少ないような気がするので、その点で私もかなり不安に思っていて、散々悩んだ末、先日、帝京にも診てもらいました。ですが、帝京はあくまでもセカンドオピニオン扱いのようにされてあまりいい印象を持ちませんでした。とにかく、忙しそうで。。。
    東京医大の先生はわりあい親身に診てくれる方ですので、正直どこで手術するべきが悩んでいるままでです。

    毎回先生が違うというのは、ちょっとおかしいですね。どういうシステムなんでしょうね。。。うちは、近所の眼科の先生から、最初から紹介されたのが、毛塚先生だったんですけど。(情報提供者:あすかさん - 2008/02/20他 掲示板より)
     
  • 娘の付き添いで1度だけ病院に行きました。病院は新宿駅から徒歩で7,8分と通院しやすい場所に建っていました。眼科には、斜視と弱視の窓口が一般と別にありました。患者さんは乳幼児からご高齢者までさまざまでした。

    検査に1時間半ぐらいかかり、その後診察でした。検査途中に検査担当者(看護士?訓練士?)から、治療方針の希望を聞かれました。午後からレンズ治療の申込があり、16時ぐらいまでかかりました。

    斜視を研究?(はっきりとはしないのですが、確かそんな事を言っていました)しているチームがあると担当の医師が話してくれました。娘は、その担当医師が来られる時だけ予約を入れるようになったようです。でも3回目の診察は違う先生だったと言っていました。(情報提供者:マザーさん(大人の方の治療) - 2004/06/27他 掲示板より)
東京医科大学 八王子医療センター (東京都)
病院のサイト
  • まず、眼科にかかる前に、CTを取って脳の異常を調べました。そして、アトロピンの点眼を1週間した結果、遠視からくる調節性内斜視 という診断を受け1歳から眼鏡を使用し始めました。

    検査:ポラロイド写真で撮影。プリズム、気球をのぞく検査(検査名がわかりません^^;)←もちろんできず。視能士さんがぬいぐるみを持ちながらペンライトを当てる。ペンライトをちかちかさせる。

    診察:眼鏡をかけたまま、照明を暗くして、眼球にライトを当てる。レンズで眼球を覗く。→だいたい決まって「このまま眼鏡をがんばってかけてくれればそれでよい」。途中プリズム膜にもチャレンジしたけれど続かず断念。
     
    以降上記の繰り返し。

    片目づつレンズを覗いて2つの絵をひとつにする検査。
    3歳過ぎに蝶・犬・魚・からすのカードでの視力検査。
    3歳半以降ランドルト環の検査になる。

    外待合室は一般の方と一緒なので、混んでいるけれど、椅子は充分に用意されているので、座って待っていることが出来ます。毎回必ず予約をするのだけれど、時間はあってないようなもので、待つときは1時間以上待ちます。
    初診は予約の合間に入れてくれますが、時間がかかることを覚悟の上で。
    なお、斜視担当の先生は土曜日なので、土曜日にかかることをお勧めします。担当医がいないときに、白内障担当の先生に斜視かどうか確認されたお子さんが、4〜5人に押さえつけられた上、母親は外で待っていて・・・と言われたそうです。

    視能士さんは5〜6名在籍していて、どの方もお子さんには慣れてはいるものの、やはり検査がスムーズにいかないと、気まずい雰囲気になる気が・・・。正直もう少しフォローしてもらえるとこちらとしては気が楽になるのですが・・・。
    (情報提供者:なんぺいさん - 2004/12月 メールより)
国立成育医療センター (東京都)

!病院のサイト

  • 成育医療センターはかなり激混みだと、近所の眼科の先生に言われました。(情報提供者:あすかさん - 2008/02/20 掲示板より)
     
  • 主治医の紹介で国立成育医療センターに数ヶ月通院の後に手術しました。
    術後また元の主治医のところに通院する予定になっています。
    病院ですが、新しい病院で子供ばかりなので様々な配慮が感じられました。
    東京近郊のみならず全国から来ているようでした。病棟は1フロアにプレイルームが2箇所、外遊びスペースもあります。プレイルームにはおもちゃ、絵本とビデオがありました。病室のベッドにはそれぞれ液晶テレビが付いていて地上派の他に子供専用チャンネルもあり見放題でした。うちの子は手術直前までと翌日以降もずっとプレイルームで元気に遊んでいました(結果、夜寝る時以外は病室に殆どいませんでした)。活発に動いていたせいか食事の量が少し足りなかったようです。
    病棟内への飲食持込は禁止です。外来に呼ばれる以外入院患者は病棟から出られず、付き添う人の食事は病棟から出て食べに行かなければならないので、付き添う人の食事時間の確保に工夫が要りました。
    完全看護なので親の付き添いは不要ですが、希望すれば病室の簡易ベッドで泊まれるようでした。
    (情報提供者:nouyaさん - 2005/04/28 掲示板より)
     
  • セカンドに国立成育病院に行くことにしました。あの病院はなんでも半年待ちだそうですがその後経過を見ながら予約を入れていきたいと思います。
    (情報提供者:ミント君さん - 2004/05/15 掲示板より)

     
  • 私の娘も斜視で症状や治療について、私たち親が納得できる説明をしてくれる病院を探すのに大変苦労しました。たどりついたのが世田谷の国立小児病院です。
    4歳半くらい時、手術をうけました。(情報提供者:ぴょんさん - 2004/02/06 掲示板より)
    #国立小児病院と国立大蔵病院が統合され、平成14年3月に国立成育医療センターが開設しました
     
  • 間歇性外斜視だと診断されたのですが、視力も偏りがなく正常に発達しているとの事で、経過観察でいいでしょうと言われました。
    しかし今日の定期検診では、前回とは違う先生に「3歳から5歳の間に手術をしたほうが良いでしょう」と言われました。
    検査結果の説明もなく、いきなり「手術」と言われたのでとても疑問を抱いています。こちらから今日の検査結果(結果は両目とも同じ視力)や手術の必要性を聞いてみたのですが、的を得た答えが返って来ませんでした。
    まだ2歳になったばかりの娘に全身麻酔をし、手術を受けさせるのはとても不安でなりません。娘が通っている病院は国立小児病院の中にある眼科です。ですから曜日によって先生が違うのです。(情報提供者:ぴいちさん - 2003/12/15他 掲示板より)

帝京大学医学部付属病院 (東京都)

!病院のサイト

  • 娘が2年ほど前に、帝京で斜視の手術を受けました。術後、1週間後、3ヶ月後、1年後、と経過を見てもらいにかよっていました。そしてまた一年後、に来るようにとのことで、今回予約を取ろうとしたのですが、主治医だった坂上先生が退官されたとのことで、坂上先生には見てもらえないようなことをいわれました(予約を取る際)。

    私たちも昨年行った時は、10時ころの予約で12時ころには帰れました。
    近所の眼科を受診して、斜視なら帝京に行ったほうが良いといわれ、遠くの病院だったので結構迷ったのですが、受診してみて坂上先生がとても丁寧に説明してくださり、安心できたので、手術をしてみようと思ってしたりしたので、今回見てもらえなくなるのはとてもショックです。

    予約が1カ月前からだったことをしらず、夏休みの予約は取れませんでした。9月に予約が取れたので、行ってきます。(情報提供者:アユママさん - 2009/8月 掲示板より)
     
  • うちの娘も4年前に斜視の手術を帝京で受けて、今週定期検査に行きました。斜視・弱視の予約は火曜日の午前は林先生のみで今までないような混雑でした。確かに以前は木曜日にも予約できましたよね。
    新築の病院の待合室はとてもきれいでしたが、液晶パネルには途中から待ち時間「90分遅れ」「混雑中」(これは90分以上の場合に出ている?)の表示が出っぱなしで。ディズニーランドの待ち時間のようで娘も私もくたくたになりました。
    いつも9時半か10時の予約で大体、帰りは遅くとも12時頃には十条駅に着いていましたが今週は14時でした。お昼も病院内のローソンで買ってきたお弁当です。病院内にはきれいなフードコートやドトールもできていました。

    HPで見ると坂上先生は午後の特別外来のみのようですね。以前、丸尾先生と久保田先生が担当されていた時間帯です。
    同じ時期に手術した友人も、坂上先生の予約はできないと言われたそうです。また、予約が1ヶ月前からになったのを知らず(以前は10日前?)夏休みの再診の予約はもういっぱいでとれなかったと言っておりました。

    ちなみに特に問題なく4年経過して来年以降は「もし、気になることがあれば」とのことで定期検査は行かなくてもいいそうです。

    林先生は本当に優しくて娘にも丁寧に説明をしてくださります。中学に入ってコンタクトをしたくてたまらない娘が「コンタクトしてもいいですか?」と聞いたときなども、私は「診察こんなにこんでいるし斜視とは関係ないこと聞かなくても…」と思いましたが、先生は丁寧に眼の模型で角膜のことなどをやさしく説明してくださいました。
    今まで大学病院の先生は「こわくてつっけんどな先生」が多かったので(関係者の方いたら失礼ですみません)かなりイメージかわりました。
    (情報提供者:ひろみさん - 2009/8月 掲示板より)
     
  • うちの娘は,小学生の時に帝京で手術しました。うちはたまたま地元の眼科の先生が小児眼科・弱視斜視に詳しく帝京大医学部出身だったので,帝京大学病院に通いました。

    帝京は斜視外来の先生が減ったため,以前よりもこんでいます。予約を取っても混んでいたので「待ち時間3時間,診察3分」状態。実際に手術について詳しく聞いたのは手術をすることになってからでしょうか。あの込んでいる状況では,先生の方からお話をじっくりする診察というのは大学病院ではなかなか難しいかと思いました。
    夏休みの手術希望だったので,その予約を取るのに始発電車に乗って朝から並びました。もちろん,先生や看護師さんはやさしい方も多く(眼科は子どもやお年寄りも多いせいか他の科に比べると特に),手術,入院については斜視に実績のある病院なので安心しておまかせできました。(情報提供者:ひろみさん - 2010/3月 掲示板より)
     
  • 先日、斜視の手術を帝京大学でしました。40歳を過ぎています。丸尾眼科で帝京大学を紹介され(そのとき初めてデュアン症候群と診断)手術に至ったわけです。

    林先生は非常に注意深く、丁寧にお話をしてくださり、全ての不安が吹きとびました。3泊4日間の入院+手術で7万円でした。(但し、帝京大学は入院時に保証金として5万円前納します。勿論退院時に相殺してくれます。入院時には4人部屋で差額ベッド代は3500円程度だとおもいました。勿論個室もありますが差額ベッド代は倍以上に跳ね上がります)

    また、抜糸後にORTの女性の方に
    「なんだ、まだ位置が完全にまっすぐじゃないじゃない。正面からずれてるわ」と心無く言われましたが、デュアン症候群ではそれが精一杯でこれ以上できないくらいに手術しました、と言われていたので、傷つきはしませんでした。

    丸尾眼科で受けたときに即座に丸尾先生にデュアン症候群といわれました。丸尾眼科で斜視の手術も手がけていますが、一緒に丸尾先生といらっしゃった女医の先生が「デュアン症候群の斜視の手術は私は嫌だ」
    とはっきりおっしゃっていたので(笑)帝京の林先生を紹介された次第です。女医さんは確かに手術実績もキャリアもある方だと感じました。
    一緒にいらした丸尾先生が
    「帝京で手術してもらいなさい、見掛けは良くなるから」
    といったようなことを重ねておっしゃっていたので私自身はそのときはとにかく治したい一心だったので、立ち止まりはありませんでした。
    手術時も特にリスクがあるということは帝京の林先生もおっしゃられていませんでした。ただ、外転はしませんよ、と念は押されました。

    何でも聞いてください、と林先生には言われていました。帝京の先生は皆さん丁寧に説明して下さいます。(情報提供者:はっぴいさん - 2008/07/08他 掲示板より)
     

  • 娘はもうすぐ3歳になるのですが、1歳半から東京医大に通院しています。東京医大は子供の患者が少ないような気がするので、その点で私もかなり不安に思っていて、散々悩んだ末、先日、帝京にも診てもらいました。ですが、帝京はあくまでもセカンドオピニオン扱いのようにされてあまりいい印象を持ちませんでした。とにかく、忙しそうで。。。

    東京医大の先生はわりあい親身に診てくれる方ですので、正直どこで手術するべきが悩んでいるままでです。うちは、東京医大を紹介された眼科とは、別の近所の眼科に行って、帝京に紹介状を書いてもらいました。

    帝京は、かなり待ってくたくたになりましたが、最後には坂上先生に通されて、きちんと診断結果を説明していただけました。(情報提供者:あすかさん - 2008/02/20他 掲示板より)
     
  • 息子は、6ヶ月検診で先天性内斜視といわれて、最初、他の大学病院を紹介されたのですが、セカンドオピニオンで帝京を受診し、1歳4ヶ月の時に手術をしました。現在2歳ちょうどです。坂上先生の術前検診。今日も、帝京で検診でしたが以前より待たなくなった気がします。(情報提供者:がんぺーママさん - 2008/07/01 掲示板より)
     
  • 最初帝京大学病院で、初診で丸尾先生に「手術だね!」といっていただき、(早い!ほかの病院では半年以上検査検査だったのに・・・今まで通ったのは何だったの?状態です。)

    半年待ちで坂上助教授に執刀して頂きました。帝京は3泊4日の入院です。
    2日目の午後に手術なので二日目の昼食は絶食。
    午前10時〜は飲み物も禁止です。

    手術は先生が優しく声掛けを何度もしてくださって、しかも(人によって痛みの感じ方はさまざまだと思いますが)ほとんど痛くありませんでした!
    先生が何度も声を掛けてくださって周りにいる助手の先生方も皆さんとても優しくリラックスできるようにしてくださったので、不安が消えました・・・(笑)
    点眼麻酔でも十分効いたので痛みがほとんどなかったのかもしれません。

    その後の看護師さんのケアもすばらしく、先生陣もすばらしく、すこし遠いですが帝京でやっていただいて本当〜〜〜〜に良かった!!と思います。

    私の場合は下斜筋を移動したりしたので「痛いよ〜鈍痛みたいなかんじだよ」と坂上先生には言われ、病棟の先生には「全身麻酔になるかも」といわれていたのですが結局局部だと、眼の位置の調整をしながら手術できるそうで局部でやろうということになりました。

    手術前、結構手術室の前で待ったのですが、看護師さんもリラックスさせてくれました。二日目は術後は食べたり飲んだりOKですよ。
    安静にしなければいけないこともないので自由にうごけます。
    痛ければ痛み止めをナースステーションでもらうよう言われました。
    結構1日目、3日目、4日目、(ほとんどですが笑)ヒマでしたよ〜。
    (情報提供者:kayphex さん - 2007/10/26他 掲示板より)
     

  • 私もkayphexさんと全く同じスケジュール・同じ先生による手術を来週受けます。私の場合、半年前手術が決定した際も、全身麻酔にするか局所麻酔するかで 随分説明を受けました。

    私も、先生に「手術中、目の位置を確認できる・見え方の確認もできる」と言われ看護師さんにも相談し結局局所麻酔にしました。(情報提供者:みよよさん - 2007/10/29他 掲示板より)
     

  • 乳児内斜視の1歳0ヶ月の娘の母です。8ヶ月のときから近くの病院で治療を開始しましたが、担当の医師が病に倒れたため、帝京大学に紹介状を書いてもらいました。先日、帝京大学の初診を受け、手術が必要との診断を受け、「今日は手術の予約を入れて帰ってください」と言われ、一番早く予約が入る、来年6月に予約を入れました。その後、受付で手術の日程について説明をうけると、5月に術前検査や診察があるとのことでしたが、それまでは一切、診察はないと言われました。手術をすることが決まってしまえば、診察はないそうです。つまり、今から手術まで7ヶ月以上も何もしないで待つことになるわけです。

    娘は先日、坂上先生に診ていただいきましたが、さすが経験豊富なベテランの先生という印象を受け、通院に時間はかかりますが、手術は帝京でお願いしたいと思いました。ただ、手術が8ヶ月待ちであること(乳児斜視の場合は手術は早い方がいいと、これまで通っていた病院で言われていました)や、手術前の精密検査まで検査・診察が一切ないことへの不安、混んでいるためスタッフの対応がとても事務的な印象を受けたことなどから、正直なところ、未だに帝京にしていいものかどうか迷っています。(情報提供者:みっちゃんさん- 2007/10/10他 掲示板より)
     

  • 私は、今年の9月23日に帝京で手術しました。手術をするのであれば、その間に検査しても数値が変わってしまうこともあるので、術前検査の時に調べた最新データを元にして手術をするとの事でした。(経過を見て手術するかどうか決めるというのであれば別かもしれませんが。)

    私の場合は、約三週間前に事前検査をして、二週間前に検査データを元に教授診察をして説明に納得できたのでそのまま手術しました。(ちなみに説明も執刀医も林助教授でした。)(情報提供者:あんちゃんさん- 2007/10/10 掲示板より)
     
  • この春 丸尾眼科を受診し、帝京大学医学部付属病院の先生を紹介されて行き手術が決まりました。 先生や看護師さんも話しやすい感じでした。(情報提供者:みよよさん- 2007/09/06 掲示板より)
     
  • 今日、今行っている眼科から紹介状を頂き、さっき初診の予約をしました。初診は10月2日午後になりました。紹介状を頂いた眼科の先生に丸尾先生に診てもらうようにと言われ、予約をすると午後だけと言われたので1時30分に予約を入れました。(情報提供者:めいさん - 2007/09/04他 掲示板より)
     
  • うちの場合は初診の時、受付後わりとすぐに呼ばれ、問診と眼の動きを見る簡単な検査をしました。その後1時間ほど待ってから先生の診察になりました。(予約時間から1時間以上はたっていました)
    診察の後、目薬をさして眼底検査がありました。
    手術は予約して半年位待ちますよ。うちは2月初めに予約しましたが、その時点で一番早い手術日は9月でした。ちょうど夏休み時期の予約が始まっており、まだ2才弱ならあえて夏休み期間に手術受ける必要もないだろうから、7・8月は避けてほしい、という事情もあったようですが。

    待合廊下は9時頃はまだ空いていますが、10時頃になると子供さんとその付き添いの方、また大人の患者さんでいっぱいになります。私は紹介状を書いてくれた地元の目医者さんから
    「大学病院は予約時間が遅くなればなるほど、どんどん診察がずれ込んで遅くなるから、予約時間は早い方が良いですよ」
    と言われたので、毎回9時の予約をとってがんばって通っています。
    それでも会計が終わるのは早くて11時頃になっちゃいます。
    2歳弱の娘のみんのすけは飽きてしまい、機嫌取るのが大変です。でも仕方ないですねぇ。。。9時前に着くと、待合廊下で朝食代わりなのかパンを食べているお子さんもいますよ!(ちなみに本館2階に売店としてローソンが入ってます。眼科から近いです)

    先生や看護師さんも話しやすい感じだと私も思いました。先生は質問にも穏やかに答えて下さってます。(情報提供者:みんのすけママさん - 2007/09/07 掲示板より)
     
  • 我が子(現在高1)も斜視で3歳から8年間市原にある帝京大学市原病院に通っていました。そこで2回手術をしました。だだし今は市原病院では斜視の手術は扱っていないようで 手術が必要なときは本院の帝京大学病院を紹介してくれるみたいです。うちもしばらく行っていないのでくわしくはわかりませんが木更津からは近いので一応参考までに・・・。(情報提供者:ゆうさん - 2007/07/10 掲示板より)
     
  • 私が帝京病院に行った時、丸尾眼科の先生が居て、若い女医さんの診断で良いか診てもらったんです。無駄な言葉の少ない、物腰の温かい感じの方でしたよ。帝京では担当してくれた女医さんも疑問点などは、淡々と私が解るまで詳しく教えてくれました。(情報提供者:真実の木さん - 2007/07/03 掲示板より)
     
  • 間歇性外斜視の手術を帝京大でする5歳の子の母です。先日、手術前の検診に行ってきました。

    まず先生の検診で、目線がまったく、ずれないことで、先生も、全然ずれていないけど・・・という話になりました。集中してると全然ずれないんです。と言うと、もうお父さんお母さんの判断です。とのことでした。
    先生はどう思われますか?とお伺いしたところ、しなくてもいいんじゃない?といってくださいました。先生からは、見た目だけの問題です、と言われました。でもこの子は見た目、悪くないですよね、と。

    間歇性外斜視はリラックスしたとき、眠いとき、風邪ひいたときとかに外れるのが特徴で、そういうのって家にいるときなんですよね。
    だからそれ以外のときに外れるようになったら、手術して直したほうが見た目がいいとのことでした。 助教授にはっきりと、手術はやめましょう、と言っていただきました。

    今まで地元→井上眼科→順天堂→帝京と沢山かかりましたが、順天堂では小学校入学まえにはしておいたほうがいい、との一点だったので、やっぱりセカンドオピニオンというか、帝京に行ってよかったと思っています。

    あと、今は全身麻酔では角度を予想して手術する方法だけれども、帝京ではしっかりした子なら10歳から局所麻酔で手術ができるそうです(普通のところなら15歳からしかできないそうです)。
    そうすると眼の位置を確認しながらできるので術後の経過がいいそうです。
    だから、うちの子は本人が気になって、10歳になっていて、角度もひどかったりしたら、そのときに手術を考えようということになりました。(情報提供者:とぼさん - 2007/07/20 掲示板より)
     
  • 私の娘も5月に上斜筋麻痺の手術を帝京大学付属病院で受けました。坂上助教授が手術をしてくださいました。今住んでいる近くに小児の斜視専門医がなかったので近所の眼科に勧められ他県ですが、受診しました。一度の診察で手術を決めました。それは、術数や斜視の権威と聞いていたこともありましたが、何より坂上助教授が穏和で質問にも丁寧に答えてくれて任せられると思ったからです。(情報提供者:現蕨さん - 2007/07/17 掲示板より)
      
  • 以前、2歳の娘の間歇性外斜視が進んできたような気がして、こちらに投稿させて頂き皆さんにアドバイスをもらったものです。最初にみて頂いた病院では、当時一才半位だった為「検査ができないので3歳になったらいらっしゃい」と言われたのですが、3歳になるまで不安な気持ちを抱えたままとても待つ気にはなれず、思い切って病院を変え、帝京大学病院に行ってきました。

    私たちは、紹介状をもらって、電話で朝一を予約していったので、すぐに順番がきました。検査の間の待ち時間もあったのですが、小さなお子さんが多かったので、娘は同じ位の子達に気を取られて、退屈しないで、少しもぐずらずに上機嫌で、助かりました。
    最初に暗いお部屋に通されて、女性の方に、これまでの経過や既往症を聞かれました。その後、正式な検査をいろいろとしました。若い女性の方で、うまく娘をおだてたり褒めたりして下さって、最初に斜視の角度などをみてもらいました。
    視力検査は片目を遮断した眼鏡のようなものをかけて、大人用のCの代わり「魚」や「からす」の形を言い当てる物でした。
    娘が眼鏡をいやがると思ったのですが、ちょうど隣に4歳位の女の子が同じ眼鏡をかけて検査していたので、「お友達もかけてるよ」というと、抵抗なくかけてくれました。最初は、なかなか口に出して、「魚」や「からす」などの名前を言えなかったのですが、検査の方が「少し、廊下で予習してから、また後でやりましょう」とおっしゃったので、そうさせて頂いて、その後なんとか半分くらいは大きな声で言えました。
    その後、あごを乗せて、中の絵を覗き込む機械で検査もしたのですが、
    中の絵の「車庫に車が入ってるか、入ってないか」は、まだ娘にはよくわからなかったようです。

    その後、坂上先生の診察がありました。

    私は全身麻酔に不安があったので、局所麻酔ができる年齢についても聞いてみましたが、一般的には15歳で帝京では10歳という事です。
    間歇性外斜視は、手術を急がなくていい分、親の判断にゆだねられるという難しさもあると思いました。会計もすぐすみ、朝9時の予約で行って11時には病院を出ました。

    次回は半年後という事で、定期的に見てもらえるのは親としても安心ですし、子供も、検査に慣れるという意味で、転院したのは正解でした。まだまだ不安だらけですが、娘と毎日を楽しみつつ、しっかり斜視とも向き合って行こうと思います。
    (情報提供者:イオさん - 2006/03/28 掲示板より)
     
  • 息子のサードオピニオンとして帝京大学にいってきました。
    以下私の感じた感想を書きます。あまりいい感じを受けなかったので
    正直に書きますがお許しください。あくまで私が感じた個人的な感想です。

    紹介状なしでかなりの時間がかかり親子で疲れ果ててしまいました。
    それに助教授の診察を受けられず、何だか納得できないまま終わってしまいました。検査をしたあと、高橋先生という女性の先生がいろいろと詳しく話してくれましたが、どうも私とは相性が合わないようです。今後もあの先生にみてもらうならもう行きたくないと思ってしまいました。

    帝京はいわゆる大学病院という雰囲気ですね。ごめんなさい。
    私自身昔大学病院で手術・入院して、その時のことで、もともと大学病院にいい感情を持っていないんです。眼科はみんな真っ暗な部屋で大部屋のようになっていてびっくりしました。診察の様子もすべて筒抜けなんですね。

    最後に一番残念だったことを…
    検査のための目薬を訓練士さんがさそうとしたのですが、目薬大嫌いで怖がりの息子は、強引にさそうとした訓練士さんに抵抗して大泣きしてさせませんでした。
    結局看護婦さんがさしてくれましたが、まぶたがひっくりかえり大泣きして、目薬恐怖症になってしまいました(涙)これからアトロピンを家でやらなければならないのに…たまたま訓練士さんが強引な方だったのかもしれませんし息子の抵抗もひどかったので息子も悪いんです。ただ順天堂の看護婦さんはあっという間にさして、息子も泣かずにいたので成長したなと思っていたのですが、そうではなく看護婦さんがうまかったんだと思います。

    あのあと電話で聞いたところ、予約すれば助教授の診察を受けられると言われました。どうしようかと思ったのですがせっかくのこの機会にと思い、予約しました。
    (情報提供者:ごまこさん - 2005/11/04他 掲示板より)
     
  • 私が以前帝京に電話した時は親切な対応をしていただきました。斜視の術数では日本一だし、丸尾先生は斜視の権威でらっしゃる。私も時間が許せば、セカンドオピニオンで診ていただきたいくらいです。娘がこども医療センターの治療を卒業したら、帝京で診てもらおうと思っています。
    (情報提供者:あーみんさん - 2005/09/05 掲示板より)
     
  • うちは10ヶ月で斜視とわかり、現在5歳になる息子(次男)がいます。
    転勤族で、まず、大阪医科大学を受診しました。でも、ここはアトロピン軟膏をもらって、1ヶ月に一回受診するという形で、治療としては正しいのでしょうが私のようなめんどくさがりには、効果があるのかないのかわからないので合わないように感じました。
    その後、東京に転勤して、たまたま帝京大学が自転車でいける距離だったのでそこにしました。ここは、期間を区切ってアイパッチ、アトロピン点眼液と治療していきました。先生もまったりと、しかもしっかり説明してくださるので私にはすごくよかったです。下の子供が生まれることもあり、無理をいい、手術も何とか予定に入れてくださり、幼稚園に入園する前にすませました。0・1以下だった視力もなんとか0.5ぐらいまで見えるようになりました。
    ちなみに、帝京病院はすごく私にはあいました。待ち時間が長いなどの意見もありましたが、初診と手術前ぐらいです。きっちり、予約をとるとあまり待ちませんよ。
    (情報提供者:ミッキーさん - 2005/07/12 掲示板より)
     
  • 先日丸尾眼科に行った来たご報告をさせていただきましたが、そこで紹介されて帝京に行ってきました。

    帝京の受診
    1)初診は受付で紹介状を渡して診察券をもらい、眼科受付へ
    2)眼科問診→検査→助教授診察→次回予約→会計
    うちは9時半の予約でしたが、坂上先生とお話できたのはなんと12時すぎでしたー。疲れました。。。なんだかんだで病院を出たのは13時です。
    結局手術することにしましたが、直近でも11月下旬の予約とのことでした。

    付き添いは2人部屋か個室といわれたのですが、自費の室料が2人部屋で7350円、個室だと安いほうでも12500円くらいかかります。
    (情報提供者:あやこさん - 2005/06/08 掲示板より)

     

  • 管理人のアールです。引越しをしまして現在息子が通っています。
    東京の病院でどこがよいのか、今まで通院していた兵庫県立こども病院の野村先生に意見を求めた際に、帝京を勧められました。また、お世話になっていた視能訓練士の方に相談した際も、帝京は信頼出来るというようなお話でした。
    検査や診察などの詳細はサイト内各ページで読めます。

    帝京の眼科ですが、検査室はいくつもあるようです。
    転院したばかりでまだ把握していませんが、診察室・ランドルト環がある視力検査をする部屋・シノプトなどがある部屋・屈折異常がないかどうかをみる手動の機械(ローデンストック)が数台並んでいる部屋があります。診察室は大〜きな部屋で、医師のデスクが沢山並んでいる感じです。電気が消されていて薄暗いです。
    1番の診察室は個室っぽい感じで、初診時は助教授の坂上先生がいらっしゃいましたが、他の先生が使われることもあるようです。
    (情報提供者:管理人アール これを書いたのは、前後の投稿から予想すると2005年だったと思います。)
     
  • うちの娘、乳児性内斜視?で帝京大で1歳4ヶ月の時に手術をしました。今娘は2歳7ヶ月。入院は、3泊4日で、付き添いは基本的に不可ということでしたが、まだ小さい子ということで泊まらせてくれました。さすがに最後の夜はお風呂に入りたくて(笑)姉に来てもらって、娘にご飯を食べさせて貰ってる間、近くの銭湯に行ってきてました(笑)同室の子は幼稚園生でしたが、やはりお母さんと泊まってました。
    (情報提供者:mieさん - 2005/5/6 掲示板より)
     
  • 4歳の娘が内斜視です。地元の医者には小児眼科専門ではないので手術希望なら帝京大学へ紹介状を書くと言れました。
    (情報提供者:たゆうさん - 2005/4/26 掲示板より)
     
  • 帝京は斜視手術の実績では群を抜いているようですよ。私も眼科医の友人に斜視を治したいと相談したら「帝京大学」を勧められ受診。帝京で2回手術を受けました。もう1年半〜2年前になりますが、覚えている範囲でお答え致します。病棟内にはそんなに広くはないですが、プレイルーム(カーペット敷きでおもちゃで遊べる空間)がありました。
    (情報提供者:anonymityさん(大人の方の治療) - 2005/4/26他 掲示板より)

     
  • 帝京大ですが、かなり混んでいますよ。お年寄りも多いですし、子供も多いと思います。子供には両親が付いてくる人もいるので、とにかく人がワンサカ多くて、待合のイスに座れない時もあります。
    最近は予約を取らないと診察は受けられないのですが、予約をとってもかなり待ちます。検査と検査の間もすごく待たされました。手術まで半年待ちというのも、今では当たり前みたいですよ。
    (情報提供者:さくらこさん(大人の方の治療) - 2005/4/20 掲示板より)
     
  • 現在小4の娘は小学校入学と同時に間歇性斜視とわかりました。近くの眼科で帝京大学病院を紹介していただき検査をしましたが色々考えて別の病院を探しました。(情報提供者:ももさん - 2005/2/21 掲示板より)
     
  • こちらの病院はセカンドです。でも今は今後ずっとこちらでお世話になろうと思っています。(情報提供者:ザワさん - 2004/11/9 掲示板より)
     
  • 帝京大病院の斜視外来に行きました。来年5月までは手術の予約がいっぱいで、そのうえ夏休みの手術は3月にならないと予約ができないとの事です。詳しい検査は、手術日が決まってから行うそうです。(手術しない場合は、次回の診察は春休みになっています)また、初診だけで決めてしまっていいものかとも考えてしまいます。帝京大は、実際に親切・丁寧で信頼できる病院だと実感しているのですが、地元の大学病院や他の斜視外来も受診したほうがいいのかなと。。。

    7歳の娘が間欠性外斜視です。寄り眼の訓練に関してですが、主治医に尋ねましたが特に必要ないとのことでした。「眼筋は、腕の筋肉と違って自分で鍛えられる筋肉ではないので、やっても意味がない。」だそうです。

    [初診の様子]
    私達親子は紹介状が無かったので、まず電話で問合せをしました。
    紹介状がなくても受診可能で、斜視外来は火曜日と木曜日の午前中、8時半〜できれば10時半頃までには初診受付けを済ませてくださいとのことでした。(その後、眼科外来には数回電話しましたが、いつも丁寧に答えて下さいました。)

    朝一で受付けが済ませられるよう自宅を出発、病院には8時に到着しました。その時点での順番待ちは3番でしたが、8時から始まる再診受付けにはずら〜と人が並んでいました。初診受付けを済ませて眼科外来の受付けに行くと、既に十数人ぐらい廊下の長椅子に座っていました。

    [眼科外来での受付けを済ませてからの流れ]
    1) 問診・・・・・・・どのような症状で受診したかを簡単に聞かれました。
    2) 主治医の診察・・・ここで詳しく今までの経過を説明しました。
    3)検査・・・・・・・まず視力検査をし、その後暗室での検査を受けました。1年生の娘は一人で検査を受けましたが、内容については「わからない」の一言…。当日確認すればよかったと反省。次回の検査は必ず同伴するぞ!と心に固く誓っています。
    4)主治医の診察・・・検査結果を見ての診察と、簡単な説明を受けました。分かりやすく説明するためだと思うのですが、専門用語はなかったです。
    5)助教授の診察・・・助教授が主治医の説明を聞きながら娘の眼を診察しました。こちらの質問にも答えて下さいました。
    6)主治医の説明・・・診断名・治療方針・手術などの説明を聞いて終了しました。
     
    初診受付けを早く済ませたせいか、助教授の診察を待つ時間が少し長かったと感じる程度で、その他はとてもスムーズに進みました。会計も12時半までには済みました。また、希望者の多い夏休みの手術に関しては、3月から予約を受付けるので、2月下旬になったら電話で予約開始日を確認して下さいとのことでした。主治医の診察を受けて「手術をするなら予約をして下さい」と許可のでている現時点での話しです。(情報提供者:そそりんさん - 2004/11/7他 掲示板より)
     

  • 帝京大学付属病院にもう4年近く通っていますが。
    これまでに先生が3回も変わりました。どういう斜視かもハッキリわからないし、カルテだけでどこまで伝わっているのか、この病院でいいのか不安です。帝京の眼科ですが、電話予約で予約していくといつもどうりです。とわ言っても、いつも混雑しています。10時の予約だと終わるのが1〜2時です。いつもこの位時間がかかるので、子供は飽きてしまい。最後には、疲れ果ててしまいます
    (情報提供者:ひめかずさん - 2004/07/27他 掲示板より)
     
  • 息子は先天性動眼神経麻痺で右側の眼瞼下垂と外斜視があります。
    私は青森県在住ですが、地元の眼科では小児眼科はみれないので、日赤病院を紹介されました。しかし、日赤病院も小児眼科は専門ではないらしく、担当医には「んー、わからないなー。」としか言われませんでした。(病名が判る前です)それで紹介されたのが、帝京大学病院でした。
    帝京大学病院といえば、カリスマ教授の丸尾先生がいるということで、せっかくなので、丸尾先生に診ていただきました。さすがカリスマと呼ばれるだけあって、動眼神経麻痺という病名も、すぐに教えてくれました。
    うちも手術がきまりました。そのとき病院から育成医療の申請を言われたので、今書類を揃えているところです。うち乳幼児医療は償還払いですので、一度自分達で医療費を払わなくてはいけません。帝京では、入院時保証金として5万円ださなくてはいけないらしいです。(退院時それから費用を差し引いた分は返金されるようですが)そのほか、付き添いの布団代、食事代、子供が小さいので付き添うのですが、そうすると個室か2人部屋になります。
    (情報提供者:じゅんままさん - 2004/07/3 掲示板より)
     
  • 帝京大学へ通うお友達もいますが、やはり何時間も待った上に飽きて混雑した中では検査できないとの話を聞いて行くのをやめました。
    (情報提供者:のんちゃんままさん - 2004/07/3 掲示板より)
     
  • 初診の予約は最初に行った眼科からすぐに取れました。私どもは9時半の予約でしたので9時10分頃に行き、初診受付、診察、検査、坂上先生の診察、会計などで合計2時間30分程度でした。12時には十条駅に戻れました。
    初診の診察は6番の部屋で担当の先生がライトを当て、「ずっとお母さんは気が付きませんでしたか」(あちこちで何度も言われるとさすがに辛いです。)など聞かれ、その後は廊下の長イスで待ちます。
    その後、検査専門の女性に誘導され視力検査。一斉に6〜7人入れる広い検査室3番の部屋です。再び長イスで待ちます。
    別の部屋で検査。この後は子どもからの聞き取りです。
    1 車庫と車の絵が右と左から出てきてうまく車庫に入るようにレバーを動かす。
    2 耳のないネコとしっぽのないネコが出てくるので、耳としっぽがあるようにレバーを動かす。
    その後待つこと約1時間で坂上先生(助教授)の診察でした。他の方の感想にもあるように、穏やかでわかりやすい説明です。さすがに大学病院なので後方では「研修」と名札を付けた若い医学生さん2名が直立不動状態で立っておりました。先生もライトをあてて「ほら、この状態では◯◯だね」と解説しておりました。
    検査自体はスムーズに進みましたが、待つ場所が廊下であったり、部屋の前のイスであったり。間違えて先生の診察する部屋の前の長イスに座っていて「まだ呼んでいません。外のイスで待ってください」と言われる方もいたり、どこで待っていいのか考えてしまうほど大混雑です。幼稚園〜小学生低学年とご年配の方が多いです。

    なお、手術に関しては現在11月頃までいっぱい。春休みの予約は冬から、夏休みの予約は春以降とのことです。(他の方への説明を横で聞いていたので多少違っていたらごめんなさい)皆さん、部活、受験、発表会などの都合に合わせて予約をとっているようです。

    検査にもよりますが、そんなに診察の時間かかりませんでした。点眼して待つ検査があったりすると時間がかかると思います。お子さんが多いのでお子さんへの対応は比較的慣れているように見えました。検査の担当は若い女性の方が多かったです。確かに混んでいるので「まだ呼んでませんよ!」「ここではなくて廊下で待ってください!」と言われたり、本当にどこで待っていて次は何するの?と最初は訳わからなかったです。ちなみに手術の予約について何度か電話で問い合わせをしたとき、眼科外来の方はとても丁寧でした。

    ちなみに十条駅からは行きはタクシーで行きましたが帰りは歩いてみました。うまく抜け道を使うと子どもでも十分歩ける距離です。サンデーサン、ジョリパスタ、ケンタッキーが大通り沿いに。駅前にはマック、ミスドもあります。
    最初に診察を受けた眼科はさいたま市の「大竹眼科医院」といいます。HPもあります。3件目で初めて斜視をずばりと診察したお医者さんです。帝京大出身で斜視について詳しい女の先生です。検査も一通りしていただきました。
    (情報提供者:ひろみさん - 2004/6/25他 掲示板より)
     

  • わたしたちはもともと千葉県に住んでいて、東京に近い方だったので近所の眼科で帝京を紹介されました。栃木の自治医科大も小児眼科が有名だけれど帝京の方が近いということで。

    [初診時の検査や様子]
    9時ころ受付をすませ、1時間くらいでよばれました。 大きな暗い部屋に通され、若い先生に普段の様子や気になることを聞かれ、ペンライトで眼位を調べられました。 検査中、わたしには娘の眼が寄っているようにみえましたが、「えー、よってますかねえ」と分からなかったようで、「もしや娘は斜視ではない?」と期待してしまいました。(余談です。)
    若い女の先生だったので娘も慣れるかと思いましたが、また廊下待合で待つように言われ、初診の先生だとあとでわかりました。
    まもなく呼ばれ、娘だけ預けるように言われました。サイプレジンをさされたようでした。処置室から聞こえる娘の大泣き声に、母、つられ泣き。
    1時間後(多分)に検査すると告げられ、病院内を散歩しました。
    そのうち娘は眠くなってしまったらしく、ぐずり始め、検査の時間は大変でした。教授先生に、「明日朝一で来てもらってもいいが、せっかくだから昼寝したあとでもいいからがんばって検査しよう」 と優しい言葉をいただきました。結局、子供好きする訓練士さんに助けられ検査はできました。双眼鏡のようなものを覗いて、遠視度などを検査したのでしょうか。お昼過ぎに主治医の先生の診察になり、 検査の結果、強度の遠視があり、それによる調節性内斜視だろうということでした。これは、最初に行った近所の眼科での診断と同じく、娘は同じ検査をしたようです。
    そして教授先生の部屋に通され、「遠視が相当強いね、こりゃずっと眼鏡だね」と言われました。自然と涙がこぼれてしまう私にさばさばした先生は「泣くようなこたあない」と笑っておられました。それがかえって良かったです。
    そして、教授が主治医に指導らしきことを言って、また主治医の机にもどりました。そして早速、眼鏡をつくるように言われました。
    勉強不足の私たちがあれこれ同じことを何回も質問することに対し主治医は「んー、だから。。」のような顔をしながらも、きちんと答えてくれました。
    そして、2週間後くらいに再診の予約を入れましたが、どの日もいっぱいで日にちと時間を選ぶのが大変だったことを覚えています。
        
    [毎回の検査内容や診察内容]
     2回目は眼鏡をかけようとしない娘に対する対策について、主治医、教授、訓練士、看護師、がそれぞれ一生懸命に私たちにアドバイスをくれました。温かみを感じました。眼鏡をかけるようになった後の診察では、主治医のペンライトでの黒目の位置の検査だけで「眼鏡で位置が良くなってるので、このままがんばって」というだけの日が何回かあり、1時間以上かけて来たのに。。
    とも思いましたが、しようがありませんね。
    前回は視力検査をしてもらいました。蝶や犬などの絵のコピーをもらって、1歳半頃には言えるようになっていたのですが、「まだまだ」と言われていたのを2才になったので思い切って言ってみたら、前の教授とは違う方でしたが「おー、じゃあやってみよう」と快く検査させてもらいました。やはり娘には集中力がないのと、緊張で結果はさんざんでしたが、訓練士の方も嫌な顔ひとつせず、結果をみた教授も、「よくやったけど、本当の視力はもっといいはずだね」と、無理を言って検査してもらったにもかかわらず、この時も温かい対応でした。

    [待合の様子や混み具合]
    待合廊下の通路に沿って両側にずらーっと並んでいて、患者さんや付き添いの方たちでいーっぱいです。 眼科の廊下だけでは足らずにわたしたちは、隣の科のベンチに座って待つことが多いです。名前を呼ばれて診察室に向かう時は、花道をとおるようでみなさんの視線を痛いほど感じます。。。
    診察室は大きく、十人くらいの先生方の机がならんでいて(初診室とはまた別にあります)、そこにも待合ベンチがあり、順番が近い人はそこに通されますが、全員は座れません。幼児からお年寄りまで色々な症状らしきひとがいますが、目立つのは30〜60歳の人のような気が。。。 
    娘の視力検査を担当した訓練士さんたちは優しかったのですが、待合のベンチに座って待っていると、そこには10台くらいシノプトらしき機械があって他の人の検査を後ろから一緒にうけている感じになるのですが、小学生の男の子と母親、そしてイライラした訓練士さんがやってきて検査を始めました。イライラ訓練士さんは、「目をつぶらないで! つぶったら検査できないの!」と怒っており、多分その男の子が要領が悪くてもう限界だったのかもしれないけれどかなりかわいそうでした。毎回、予約をいれますが、1ヶ月先くらいだと混み混みです。2ヶ月くらい先であれば10時台がとれて、10時予約だと10時半くらいによばれることが多いです。11時予約だと診察はお昼すぎてしまうかも。
     
    [眼科の雰囲気]
    大きい病院の眼科のわりには温かみがあると思いました。
    子供慣れしているような気がします。
#ぽむぽむさんからは、病院でもらい、自宅で視力検査の練習に使っている蝶カード等の写真も送って頂きました。ありがとうございます。

(情報提供者:ぽむぽむさん - 2004/5月 メールより)

視力検査の自宅練習用カード
  • 帝京に通院し始めて1年4か月が経過しました。
    私の執刀医は坂上助教授でした。穏やかで、本当に優しい先生です。人一倍、痛がりだったので、大変気を遣ってくださいました。 本当に申し訳ないくらいでした。
    一緒に立ち会ってくれた、主治医の先生も、術中に優しく肩を叩いて励ましてくれ、 辛いながらも安心できました。本当に感謝です。みんな良い方ばかりです。去年は、斜視の手術の場合3泊4日が原則です....って言われました。
    (情報提供者:MKさん(大人)- 2004/05/23 掲示板より)
     
  • 先週火曜日午前、板橋区の帝京大学病院に行ってきました。
    斜視外来は火曜、木曜の午後なんですが、担当している丸尾教授の「丸尾病院」で紹介状を頂いたところ、同じく斜視外来の坂上助教授宛で、火曜午前だったので電話で予約をして行きました。
    10時予約で10分前に行き、初診受付で受付し、 眼科がある2階へ。廊下にある椅子はほとんど満員で立っている人もいました。ほどなく問診のため呼ばれましたが斜視には詳しくない先生らしく「私は詳しくないので細かいことは助教授に聞いてね」と。その後、視力検査、眼位検査、融像検査などをして、つぎに坂上教授の検査だったんですが、そこから結構待たされました。
    検査を待っているのは小さい赤ちゃんから年配の女性まで様々で、注意してみると やはり斜視の方が多いようでした。改めて斜視で治療にきている人はたくさんいて自分だけじゃないんだ、と実感しました。

    実際に診察してもらうと、坂上助教授はとても話しやすく良い先生でした。私の質問にもきちんと答えてくれましたし。色々お話を聞いて、私の場合ショックで頭の中が真っ白になり固まっていると、先生のほうから
    「今すぐ決められなければ決心がついてからでいいよ。なんと言ってもあなた27年間も待ったんだから!」と慰めてくれました。思い切って手術の予約をしてきました。でもさすが大学病院、9月まで空いてないそうです。夏休みに子供の手術がたくさん入ってるからだそうです。手術までに、一回はもっと詳しい眼の検査、もう一回は身体検査で通院します。ちなみに原則3泊4日の入院だそうです。
    (情報提供者:みんみんさん(大人)- 2004/05/23 掲示板より)
     
  • 実は母は帝京の眼科に通っています。
    5年前に網膜剥離など患い近所の眼科から帝京を紹介してもらいました。2ヶ月間入院、2度手術しました。でも物が歪んで見えたり真ん中はすっぽり抜けていて見えないようです・・・
    手術中の会話を母は覚えていて、それを聞いてしまったので帝京に行くのをためらっています。耳を疑うような会話ばかりでここにはとても書けません。
    (情報提供者:みんみんさん(大人の方の治療)- 2004/05/04 掲示板より)

     
  • 娘は4歳。前にえらそうな先生に手術といきなり言われ、動揺してしたくない、と言ってしまったのですが、今は考え直してもう一度診察を希望しました。担当の先生が変わって、ちょっと話しにくいと思っていたのですが、どんな種類の斜視かきいてみました。次回助教授の診察で、詳しい説明を聞けるとのこと。
    1才の頃から眼科に行ってますが、3時間も病院にいると子供は飽きてしまうので、検査を受けるのに親も精神的にくたくたで、先生に何を聞くのか忘れてしまうのが今までの常でした。何度も病院に行っているのにやっと病名がわかりました。どうも担当の先生との相性が悪いのか、私がはっきり聞かなかったからか・・・
     
    (情報提供者:すじたろうさん- 2004/04/11他 掲示板より)
丸尾眼科 (東京都)(東京都新宿区高田馬場3-3-1 ユニオン駅前ビル3F)
!病院のサイト
  • 私は今年1月と6月に丸尾眼科で斜視の手術を受けました。
    1月の手術は木曜日でした。手術後、通院は毎日するわけではなく、手術翌日の金曜日、そして次の週の月曜日、受診するように指示がありました。
    6月の手術は土曜日でした。翌日の日曜日、翌週の木曜日に受診しました。
    手術後1週間で抜糸となりますが、その間の通院は2回のようです。もちろん、何かあればいつでも受診してくださいね、とは言われていましたけれど・・・(^^;)。
    手術後の日程はあくまでも私個人が指示されたもので、手術された方共通のものかどうかは分かりませんが、参考になさってください。
    なお丸尾眼科では丸尾先生、久保田先生お二人の先生が一緒に手術をなさいます。(情報提供者:ひまわりの種さん- 2009/10月 掲示板より)
     
     
  • うちの娘は,小学生の時に帝京で手術しました。丸尾眼科はテリー伊藤さんの手術で有名になって最近は特に混み合っているようですね。
    (情報提供者:ひろみさん- 2010/3月 掲示板より)

     
  • 1歳10ヶ月の息子の眼を東京の丸尾眼科で診て頂き、間欠性外斜視という診断を受けました。混み合っているためか、なかなかこちらの話もゆっくり聞いていただけませんでした。バタバタとしていてとっても聞けるような雰囲気でもなく・・・・・。
    手術は、帝京大学病院に回していただけるようです。手術は腕のいい病院を選択したいので、このまま丸尾眼科でお世話になり帝京で手術していただくことになると思います。(情報提供者:ほっぺさん- 2010/3月 掲示板より)
     
  • 先日、斜視の手術を帝京大学でしました。40歳を過ぎています。丸尾眼科で受けたときに即座に丸尾先生にデュアン症候群といわれました。丸尾眼科で斜視の手術も手がけていますが、一緒に丸尾先生といらっしゃった女医の先生が「デュアン症候群の斜視の手術は私は嫌だ」
    とはっきりおっしゃっていたので(笑)帝京の林先生を紹介された次第です。女医さんは確かに手術実績もキャリアもある方だと感じました。
    一緒にいらした丸尾先生が
    「帝京で手術してもらいなさい、見掛けは良くなるから」
    といったようなことを重ねておっしゃっていたので私自身はそのときはとにかく治したい一心だったので、立ち止まりはありませんでした。手術時も特にリスクがあるということは帝京の林先生もおっしゃられていませんでした。ただ、外転はしませんよ、と念は押されました。(情報提供者:はっぴいさん - 2008/07/08他 掲示板より)
     
  • 丸尾眼科、私も以前受診しました。丸尾先生や久保田先生はとてもにこやかで、不安な気持ちがとても和らぎますよね。丸尾眼科は入院設備がないため、両目だと帰りや次の日の検診など1人では無理そうですしね。
    でもとってもホッとできる先生ですし、スタッフの方も優しいのですごく安心できる病院だという印象は強いです。(情報提供者:あいさん- 2008/01/30他 掲示板より)
     
  • この春 丸尾眼科を受診し、帝京大学医学部付属病院の先生を紹介されて行き手術が決まりました。先生や看護師さんも話しやすい感じでした。(情報提供者:みよよさん- 2007/09/06 掲示板より)
     
  • 現在3才2ヶ月の息子が丸尾先生のところで動眼神経麻痺と言われました。群馬大学医学部付属病院では「ダブル・エレベーター・パルシー」と診断され、手術を早くするように言われましたが、担当医(おそらく執刀医)の先生は、その病気の手術はまだしたことがないといわれ、その先生にお願いするのをためらっていたところです。この掲示板を見て、早速高田馬場の「丸尾眼科」で丸尾先生の診断を受けてきました。結果は、さきほどの「ダブルエレベーターパルシー」ではなく、動眼神経麻痺とのこと、でも、手術の話はしていただけませんでした。
    (情報提供者:たっくんさん- 2007/02/17 掲示板より)
     
  • 私も先週丸尾眼科で手術を受けました。丸尾病院はいい病院だと思います(^^)最初に訪れた時はあまりにこじんまりした病院でビックリしましたが、担当して下さった先生やスタッフのみなさんの雰囲気で「ここなら大丈夫!」と確信し、手術を受けてみて鏡に、ずれのない真っ直ぐな眼差しの自分が映るのを見てその確信に間違いはなかったと思っています。(情報提供者:smileさん(大人の方の治療)- 2007/07/16 掲示板より)
     
  • 検査は、初診の時だけでしたよ。
    私も、視力検査と、気球の絵を見る検査、左右の絵を重ねる検査しかしてません。術前2週間前の時は、改めてペンライトで斜視の状態を見ていただく位で、あとは先生とのお話しでした。聞いた質問には丁寧に答えてくださいます。(情報提供者:ま。さん(大人の方の治療)- 2007/07/15 掲示板より)
     
  • 今日、私も丸尾眼科を受診してきました☆丸尾先生に診て貰えました。
    さすがに貫禄があり、めちゃめちゃ緊張してしまいました★
    手術は勧められたというより、「どうしますか?(手術の)予約しておきますか?」と問われて、私の意志で決めました。
    せれなさんやたなさんは手術を"勧められた"と書かれていたので、あれー?と思いました。今は、丸尾眼科に受診できて、手術が(かなり先ですが…)出来るということが分かり、一安心しています。今日も、臨時で手術日を増やした(?)から12月に空きがありますよ、と言われてる方がいましたが、それも私の時には埋まってしまったようで通常通りに1月の最終日になりました★

    検査って視力検査と、あともう一つ…
    左右の目で違う絵を見る検査?しかやらなかったんですが
    (情報提供者:亜紀さん(大人)- 2007/07/12他 掲示板より)
     

  • 丸尾眼科で受診してきました。初診で手術を勧めて頂きました。
    やはり手術希望者が多い様で、年明けの予約となりました。結構、簡単な検査で決まってしまい驚きました。アットホームな雰囲気の病院でしたよー
    少し肩の荷がおりました。
    そうそう、病院から電話があって、手術日が11月になりました。
    キャンセルや日程調整で空きが出来たようで。
    (情報提供者:たなさん(大人)- 2007/07/07 掲示板より)
     
  • 5月末に丸尾眼科で診察していただきました。
    初診で手術を勧められました。手術は早くても10月にならないとできないと言われました。テリーさんの手術で患者さんも増えたから仕方ないですね。(情報提供者:せれなさん(大人の方の治療)- 2007/07/03 掲示板より)
     
  • 私は36歳で両目のかなりひどい間欠性外斜視でした。たぶんこの2、3年でひどくなったような気がします。当初、井上眼科に検査しにいきましたが、あまりの混みようにうんざりして、昨年10月下旬に東京の高田馬場の丸尾眼科で初診し、たまたま手術に空きがあったため、12月末に手術することにしました。当日は点眼麻酔を3度し、手術に臨みました。片目に5分ずつでしたので、10分ほどで終了しました。麻酔のおかげでほとんど痛みはありません。手術後30分ほどで電車で帰宅(所要40分)しました。なお手術費は負担率3割で28000円くらい、手術前の健康診断や手術前後の診察を合わせて2万円はかかっていないと思います。
    丸尾眼科はとてもおすすめですが、手術後の翌日、3日目、1週間後、2週間後、1ヶ月後と通院しなければならないので、お近くでよい病院が有れば、そちらの方がよいかもしれませんね。(情報提供者:こうちゃんママさん(大人)- 2007/01/23 掲示板より)

     

  • 私のように大人の斜視で悩んでいる人の役に立てればと私が手術した話を書きます。丸尾眼科に行った時は他の眼科で精神的に疲れていましたが、丸尾先生に診察してもらい「それならうちで手術なさい」と笑顔で言われて、この先生だ!と思い約4カ月後に間歇性外斜視の手術をしました。手術までは確か一度か二度通院し、先生達が何_動かすか話していました。手術は6人?くらいでしたでしょうか?診察台の上に横になり金具?を目にはめ、丸尾先生が執刀してくださいます。手術の間は女医先生や検査してくれる女性が優しく励ましてくれました。

    励まされるって凄い心強かったです。丸尾先生も話し掛けてくださったりで、30分くらいで多分無事終わりました。それから30分くらい待ち合い室で休んで帰りました。次の日とその次の日にまた通院しました。それから月に一度くらい通院し、再手術を決めましたが訳あってキャンセルしてしまいました(すみません) 戻りは多少でましたが、何より丸尾眼科を受診した事、素晴らしい先生方やスタッフの皆さんに納得出来る治療をして頂いた事が私にとって1番でした。
    (情報提供者:しのぶさん(大人の方の治療)- 2006/06/14他 掲示板より)
     

  • 娘が御茶ノ水の井上眼科に定期検査で3〜4ヶ月おきに通院しています。
    皆さんと同じく神埼先生なのですが、優しい反面ちょっと頼りない印象もあり、眼科の看護士をしている友人に相談したところ、帝京大学病院の名誉教授であった丸尾敏夫先生(新宿区高田馬場の丸尾眼科の木曜日午前のみ専門外来)が多分日本で3本の指に入る程の名医と言われ受診してみました。予約は要りませんでした。普通に視力検査や簡単な検査をしてからいざ診察室で丸尾先生に診察していただきました。

    もし斜視などでお悩みの方は一度丸尾眼科へ診察されてみてはいかがでしょうか?名誉教授というだけあって高齢の先生ですので、色んな事例の症状をみて来られたと思いますし、セカンドとして意見を聞くだけでも心強かったです。
    (情報提供者:ともともさん- 2006/02/07 掲示板より)
     
  • 4歳の外斜視の娘がいる者です。

    <丸尾眼科>
    受付:初診も再診も予約がないので、受付順になります。初診は簡単な問診票を書きます。受付の方はキビキビしていて感じが良かったです。
    待合:椅子が12個並んでいるだけの待合室で、どんどん患者がやってくるのでいつもいっぱい状態でした。大人用には週刊誌や雑誌が並んでいましたが、小さい子向けの本などはなかったです。
    トイレは待合室の端っこに男女共用のがありました。
    診察1:検査前に1回丸尾先生に診ていただきました。ニコニコと「はいいらっしゃーい」という感じで、リラックスできましたよ。
    検査:検査も担当の方(女性でした)は慣れた感じで、うちの娘はリラックスして検査できたので、いつもより上手にできたような気がします。
    診察2:検査を踏まえての診断。手術は子供のため、帝京大学病院の坂上先生を紹介していただきました。
    会計:初診で検査して紹介状をいただいて4290円でした。
    所要時間:10:15に受付をしてから会計が終わるまでちょうど1時間で終わりました。早いですよね。

    結果的に他の眼科に行ってみてよかったです。ずっと疑問を持ち続けながらの受診では意味がないので、納得のいく診断をしていただけて本当に良かったです。
    今後は帝京大学に私も娘と通うことになります。

    さて、帝京には初回は主人も休暇を取っていってきます。
    初診は朝早い時間の予約とのことで、S先生の予約は9時半でした。
    (情報提供者:あやこさん- 2005/05/26他 掲示板より)
     
  • 娘が今日、丸尾眼科に行って来ました。検査も他の大学病院で行っている事を話したら、簡単な検査だけで先生の診察となったそうです。

    書庫蔵で丸尾眼科を受診した方とはちょっとイメージが違っていたように娘からは聞きました。手術も「自由判断?」と言う感じでは無く、勧められたようです。娘は入院希望を問われなかった為、丸尾眼科での年内手術予約をしてしまったようです。
    悩む時間も無く帰宅してきたようです。今日、丸尾眼科の手術システムを見てみました。全身麻酔が必要な場合や子供は入院設備のある帝京大学へ行くそうです。

    娘が再度診察に行きました。
    丸尾眼科は、木曜日の午前中が斜視の診察日となりますが、今回はコンタクト治療の事で診察を受けるため土曜日に行ったようです。病院内も木曜日ほど混雑していなくて、診察も余裕をもって診ていただき質問もできたようです。
    (情報提供者:マザーさん(大人の方の治療)- 2004/07/22他 掲示板より)
     
  • 丸尾眼科に行ってまいりました。結果、手術が出来る事が分かりました。予約待ちで、手術は年明けになるそうです。
    (情報提供者:yukaさん(大人の方の治療)- 2004/07/22 掲示板より) 
     
  • 今日、高田の馬場にある「丸尾眼科」に行ってきました。
    どこの病院に行こうかかなり迷いましたが、ひとまず書籍もたくさん出されているし、帝京大学で斜視外来も担当なさってるし、名誉教授だし(?)・・・ちょうど木曜が斜視外来ということもあってとにかく行ってみよう!と。

    駅近くのビルの2階なのでかなりスペースは狭いですが、皆さんベテランな感じでとても落ち着けましたよ。

    最初に視力検査と斜視角度を測り、実際に丸尾先生の診察へ。
    気難しい感じの先生かと思いきや、とってもにこやかで感じの良い先生でした。お話の最中、気がつくと隣に同じく名誉教授の久保田先生が座っていて、丸尾先生に「角度は何度ですか?」とたずねられました。「20度」と丸尾先生が答えると、すかさず「それじゃあ手術したほうがいいわね〜」とおっしゃいました^^;

    その後「両眼視機能を見ましょう」ということになり、特殊なめがねをかけて大きなハエの写真を見せられ、どこが浮き上がってるかを質問されました。検査の結果、普通の人が10なら、私は8くらいの両眼視機能があるそうです。(ホッ)
    ただ丸尾眼科は入院設備はないので、入院希望なら帝京を紹介すると言われました。(情報提供者:みんみんさん(大人)- 2004/05/06 掲示板より) 
東京女子医科大学病院 (東京都)
!病院のサイト
  • 図書館で借りた本に「2001年度関東のお勧め病院」という本(コピーなのでタイトル間違ってるかもです;)があって、「斜視・弱視・屈折異常に実績のある病院」のページがあるのですが、気になるコメントがありました。
    「東京女子医大病院−未熟児に起きやすい斜視・弱視の治療」です。
    得意とする診療内容が↑なのです。
    (情報提供者:みんみんさん(大人の方)- 2004/05/16 掲示板より) 
慶応義塾大学病院 (東京都)
!病院のサイト
  • 9月で4才になる娘さんが生後8ヶ月頃より慶応義塾大学病院の斜視外来に通院していたそうです。この斜視外来は今年の3月で閉鎖し、4月からなくなったそうです。

    [初診時の検査や様子]
    質問用紙の紙を渡され、いつ頃からどの様な症状になったか等を記載しました。その後、先生と対面し暗い部屋の中でライトを照らして、目の寄り具合等の検査をしました。もう少し詳しい検査をすると言われ、お母さんは中に入らないで外で待っているように言われたので、どの様な検査だったのか分からないのですが・・・小さいベッドみたいな物に寝かされゴムバンドみたいな物で固定されて検査をしていました。この検査で、斜視という事が判明し次回からは斜視の専門の先生に診て頂く事になりました。

    [毎回の検査や診察内容]
    慶応義塾大学病院の斜視の先生は、他の病院から来てくださる先生でしたので、専門の先生が来る前に検査をします。検査をしてくれるのはスタッフ?の方だと思います。(医者や看護婦には見えませんでした)検査の内容ですが、望遠鏡みたいな物を覗いて風船をみたりする検査と、片目を隠しライトを照らして目の寄り具合を調べたり、動物のカードで少しづつ絵が小さくなっていくのを、どこまで分かるかと言う検査でした。その後、専門の先生の診察なのですが5分ぐらいで終わってしまいます。スタッフの方が検査した内容を確認して、ライトで目を照らし、「頑張って眼鏡掛けましょうね」と言われて終わりでした。

    [待合の様子や混み具合]
    斜視の専門外来は第2・第4金曜日の午後1時半からです。予約制ですので、すごい混んでいるといった事はありませんが、専門の先生が来る時間が決まっていないので待ち時間はとても長いです。
    初診で掛かる場合、受付が10時半までだったと思います。私達の場合は、朝の8時半頃に病院に行き受付をしましたが、呼ばれたのは昼過ぎでした。

    [眼科の雰囲気]
    とにかく色々な患者さんが多いいです。スタッフの方も多く雰囲気は悪くないと思います。(情報提供者:もえママさん- 2004/05/08他 掲示板より) 

順天堂大学医学部附属順天堂医院 (東京都)
!病院のサイト
  • うちも順天堂にいっていましたが、混雑具合は一緒です。
    予約はしてもその時間に見てもらえることはないです。
    前の時間からの人が先ですがそれがつまっていたら、どんどん遅くなっていきます。それは帝京にいってもどこに行っても同じですので、うちは、一番早い時間に予約していました。(情報提供者:とぼさん- 2007/07/20 掲示板より)
     
  • 30代半ばの生まれつき内斜視の者です。順天堂大学医学部附属順天堂医院へ13年ぶりに受診してきました。そして、とてもがっかりして帰ってきました。

    順天堂大学へは、ものごころつくまえから通院しており、20年以上定期的に検診をうけてきましたし、3歳と14歳の時に手術もしました。ですが、13年前に6ヶ月以上受診しないと、毎回初診料がかかってしまうシステムになったことをきっかけに通院をやめてしまいました。

    今回13年ぶりに病院を訪ねたのは、幼い時から通っていたことで、先生から詳しく話をきいていなかったので、自分の斜視の状態がどの程度のものなのか、知りたいと思ったからです。しかし、カルテの半分が既に処分されていて、両眼視の訓練をうけたかどうか、初回の手術の状況など詳しくわかりませんでした。

    今回、説明してくださったDrは、
    私「立体視や深視力はこれからなんとかなりませんか?」
    Dr「無理です、小学校入学前までに訓練しないと」
    私「幼い時から通っていましたが、立体視の訓練をうけた記憶がないのですが?」
    Dr「それはやっても無駄と判断したからでしょう。」
    私「私の斜視の程度はどのくらいのものなのですか?」
    Dr「13年前は15度で、今は20度だから、あまり変わりないですよ。見た目普通にしていれば目立たないし、何も問題ないんじゃない?手術の回数をすればよりよくなるものではないし、逆に悪い結果になることもあるからね。」
    私「プリズムの眼鏡などで、矯正するという話をきいたことがあるのですが、」
    Dr「プリズムの眼鏡は縦にたくさん線が入っていて、普通にかけられるようなものではないですよ。かけても両目で見る力が身につくことはないです。」
    私「13年前、年に1回の検診だと、毎回初診料がかかると会計の方から聞き、通院をやめてしまいましたが、実は先生の指示があれば、初診料はかからないそうですね。」
    Dr「斜視の手術結果は、術後半年で決まるので、ダラダラ通院しても本来意味ないんですよ。」

    結局、20年間も先生の指示どうり、定期的に通っていたことを否定され、斜視について詳しい説明がないまま帰ってきました。

    この病院の小児眼科にはとてもよいDrがいらっしゃるようですし、私が子供のころは、斜視の検査専門のベテランおばあちゃん先生がいらして、毎回楽しく検査していただいたのを覚えています。が、現在一般の外来には斜視専門医はいらっしゃらないのか、今回私を診察してくださったDrは、はっきり話してくださるのはよいですが、説明など丁寧さにかけているように思いました。

    順天堂には、もう一度受診し、あらかじめ聞きたいことをメモしていきました。
    Drもそれなりに答えてくれましたが、あまり、協力的ではありませんでした。
    結局カルテは重要な部分は処分されていないようで、じっくり読むつもりがないだけだったようです。ですから、しつこく聞くことで、知りたかったことが、だいたいわかりました。初診時の病名や、簡単な手術内容。2回目の手術をしたことで、内斜視から外斜視になったことなどです。(情報提供者:もとママさん- 2007/06/12他 掲示板より)
     

  • つい先日順天堂で入院手術してきました。うちの子も下が8ヶ月、母乳です
    うちは運良く病院の近くに親戚の家があり、夜はそこに母親と下の子と祖母を泊めてもらい、病院には父親に泊まってもらいました
    病室は最初「母子同室」の4人部屋の予定でしたが、なんと、父親は泊まれないと、入院当日に聞き、急遽個室に変更してもらいました。 男性はダメなんだそうです。たまたま個室があいていたからよかったけど、もしあいてなかったら、母親か祖母に病院にとまってもらうことになってしまい、授乳のこともあるし大変でした。順天堂練馬病院でしたが、8ヶ月の弟も小児病棟には入れてくれませんでした。だから個室で家族ですごすことはできません
    だから、昼間弟を見てもらうため祖母も一緒にきてもらわなければなりませんでした。やはりなるべく両親とも手術する上の子についててあげたかったから
    昼間は祖母に病院付近をふらふらベビーカーで散歩したり、病院内のカフェスペースみたいなとこで待っててもらったりして、ちょこちょこ授乳しにいきました(情報提供者:なみへーさん- 2007/09/08 掲示板より)
     
  • 4歳の間欠性外斜視の娘を持つ、ミシカズナネといいます。
    今年の3月から金町の杉田眼科を受診後、初めて今週の水曜日に順天堂大学の眼科を受診してきました。やはり、小学校入学前に手術したほうがいいと、主治医の藤巻Drからお話がありました。いろいろ質問したかったのですが、娘も私も待つのに疲れて思うようにきけませんでした。

    ところで、昨日一人で順天堂大学病院にいってきました。図書館があるか、早く調べたかったので。やはり、順天堂大学病院には図書室すらないそうです。
    でも、せっかく行ったのだからそれであきらめるわけにはいかないと、お隣の、東京医科歯科大学にもお邪魔してみました。そしたら、病院には図書室はないが、大学の学生さんが使う図書室なら一般の人でも入れるということでした。
    (情報提供者:ミシカズナネさん- 2006/05/19他 掲示板より)
     
  • 息子が時々変な目の動きをするので、念の為きちんと斜視検査をしてもらおうと順天堂に電話をしてみました。掲示板には火曜日午前中が小児斜視初診と書いてありましたが、電話で聞いたところ、火曜日と金曜日は斜視の手術があるのでそれ以外でくるように、と言われました。忙しいせいかぶっきらぼうで早口だったので、通院はしていません。(情報提供者:2913さん- 2006/03/13 掲示板より)
     
  • 5歳の調節性内斜視の息子の母です。

    先日セカンドオピニオンのつもりで順天堂に行ってきました。さすがに大学病院で混雑していました。9時に行きすべて終了したのが13時過ぎでした。

    診察ですが、私が期待しすぎてしまったせいか
    思っていたよりすっきりしなかったという感じでした。
    結局今通院している病院と診断は同じでした。

    検査については、両眼視の検査などわりとくわしくやってもらいました。

    順天堂も病院の雰囲気は大学病院としては明るいし
    スタッフの方も親切だし、いい病院だとは思うのですが、私としては、これから順天堂に通院しようと納得できる感じではなく、ますます他の病院にも行ってみようかと思っています。

    あくまで私の感想です。私自身迷ったり考えたりするところがあって
    こんな投稿になってしまいすみません。

    私は今回藤巻先生に見ていただきました。
    順天堂での検査ですが、私も初めて行ったのでよく覚えてないのですが
    息子の場合は最初にその視力検査を受けて、医師の診察を受けて、
    次にそのランドルト環の検査とは別な部屋で、両眼視の検査を受けました。
    検査の名前がよくわからなくてうまく説明できないのですが
    ハエの羽をつかむテストや、緑と赤のめがねをかけて両目が見えているかというテスト、シノプトや斜視の角度の確認、あと3Dの絵みたいなものを見えるかというテストもやっていました。

    検査の時ですが、ふだん通院している病院では子供だけでやっています。でも今回は見ていいですかと確認して全部見ていました。息子の場合私がいて集中できない部分もあるのですがどうしても確かめたかったので。

    息子の場合は調節性内斜視で2年めがねをかけているのですが
    めがねをかけても斜視が目立つようになり心配になってセカンドオピニオンのつもりで他の病院に行ってきました。
    (情報提供者:ごまこさん- 2005/10/22他 掲示板より)
     
  • うちの娘も調節性内斜視で、6歳。うちは幼稚園の眼科検診で斜視と言われて1年前から通院しています。 恥ずかしいほど何も知らなくて・・・ 遠視の数値とか斜視の角度とか何も知らないんです。最初の診察の時から教えてもらってないし

    私は初診の時に 「待合室でお待ち下さい」と言われたので検査のことがよくわかりません。私は、自宅からの通院が便利だし、今 不満に思う所もないので順天堂に通院していますが、他の病院のことは、やっぱり気になります。

    藤巻先生は3人目の担当医です、代わられてから2回目ですが今までで1番説明がわかりやすく、質問しやすいかなと思います。

    11番の検査室は ランドルト環の検査ではなく、奥の部屋です。先日の検査ではランドルト環とあごを乗せて両目で覗く(キティちゃんが出てくるそうです)だけでした。 11番での検査は毎回しないので次回は絶対 付いていきます!
    (情報提供者:アメさん- 2005/08/25他 掲示板より) 
     
  • セカンドに行ったので、今日はその報告です♪
    いろいろ調べた結果、順天堂の眼科に行きました!
    <初診>
    順天堂のHPに、斜視の初診は火曜日の午前中とあったので14日の10時頃行きました。初診受付でまず時間がかかり、眼科の受付は10時30分頃。初めに、河野Dr.の診察を受け、視能訓練士の視力検査があり、サイプレジンをして昼食。午後から女性Dr.の診察を受け終了。会計終了したのが、15時過ぎてたかな。

    通院している井上眼科から紹介状をもらわずに行きましたが、全体的に感じよかったです。というか、井上眼科とこうも違うの?!って正直思いました。というのも、視能訓練士から「わざわざ来たんだから、しっかり検査して結果をだそう」っていうのを感じたからです。井上眼科では見たこと無い道具(透明で定規のように長く、目にかざして測定してた。角度の測定? 等々)をいくつも使って、詳細に検査して下さいました(初診のせい?!)。井上眼科の視能訓練士は子供慣れしてるとも言えますが、私は順天堂の視能訓練士の手際の良さがすごく新鮮でした。

    女性Dr.からは、今日の検査結果だけで判断は難しいこと・井上眼科での診察は妥当であると思う・もし良ければ順天堂でもアトロピン点眼後の検査をしたいこと、もし乳児性内斜視であれば2歳以降に手術が必要であること、を話されました。私は、確定ではないけれど手術が必要かもしれないとの今後の話をしてくれたことや視能訓練士の手際の良さで、順天堂に通院しようと思い話をしました。すると、順天堂・眼科のトップのDr.である藤巻Dr.に診てもらった方がいいと言われ、予約を取りました。

    <2回目>
    24日の15時の予約で行きました。順天堂は、2回目以降は午後の診察で、予約は受付の予約であって診察の予約ではなく、この日は2時間待ちでした・・。
    息子が超ぐずって、挙げ句の果てに寝てしまったこともあってか、藤巻Dr.には初診ってこともあってか、診察だけで終わりました。尚、会計終了したのは18時半頃でした。

    息子のこれまでの写真を見せたり(20度はあるね〜と言われた・・)カルテを見て、1歳以前の発症=乳児性内斜視の疑いが強いこと・そうなら2歳半位で手術をすること・ある眼科医の子供が生後4ヶ月位で手術をして治った例があるが、学会では、どこをどれくらい調節するなど視力検査等しっかりした上での手術が主流であること・井上眼科の診断と順天堂の診断はほぼ変わらないこと、の話がありました。もし順天堂をかかりつけにするなら、経過を見つつ視力検査の結果を集めて時期が来たら手術をするとの事でした。
    私が、井上眼科で原因など問いつめたらハッキリ言われなかったと話してみました。すると、斜視は大きく純粋な斜視とダウン症や脳など他の病気からきてる斜視と2つに分けられるが、純粋な斜視は遺伝からきてるかもしれないし、これは調べられない=原因はわからない、とハッキリ教えてくれました。
    余談ですが、2時間以上待たされたため、順天堂に今後は通院したいが待ち時間が長くて・・と話したら、今日は妊娠中のDr.が体調が悪く欠勤したためにいつも以上に待ち時間が長かった・普段はこんなんではない・今日は申し訳ない、とこれもハッキリ答えてくれました。
    息子の診察の段階で18時を過ぎ、あと10人ほど患者さんが待ってたようですが、一つ一つの説明をきっちりじっくりしてくれ、私が質問してもしっかり納得するまで説明してくれました。
    結果、今後は順天堂にかかる事に決め、来月予約を取ってきました。

    だらだら書いてしまいましたが、セカンドに行ってみて良かった!まず、この一言です!!そして二言目は、信頼するDr.(病院)にかかろう!ですね。

    井上眼科は、子供の受診が多いし待ち時間も短いですが、順天堂の藤巻Dr.のように、ハッキリすっきり話をしてくれなかった。また、いつ行っても時間に追われてる感じで、じっくり話が出来なかったし話をしてくれなかった。だから順天堂は、実に気持ちが良かったです!
    また、看護士の応対も非常に良かった!普通は人間ですから、混み合ってたり診察に時間がかかってるとDr.や看護士もイライラしてくると思います。しかし看護士から「あと3番目です、お待たせして申し訳ございません」とか、診察後に「今日はお待たせして申し訳ありませんでした。」と丁寧に心を込めて、深々とお辞儀までされました。

    いや〜、病院によってホント違うんですねー。しかし、井上眼科も歴史ある病院だし素晴らしいDr.だと思います。たまたま私とは相性が合わなかったのだと思います。だから、もし井上眼科に通院されてる方がいらしたら、ホント私の個人的な感想なので、気になさらないでください。

    順天堂の眼科トップの藤巻Dr.と書きましたが、順天堂のHPをみたらトップではなかったような・・・。斜視については、順天堂の中でトップなのかな〜と私は解釈しています。
    (情報提供者:ハルさん- 2005/06/29他 掲示板より) 
     

  • 母と内科の病院に行きました。そこの医師も親身になってくれ、その場では順天堂とか、順天堂をでた先生が良いのでは?と言われましたが、そこの医師が、よさそうな病院を紹介してくれるとのお話をいただきました。その医師には私の親戚なども、その症状にあう良い病院をいくつか紹介してくれていたので、母も私も今回を気に手術を考えようかと前向きに考えています。
    (情報提供者:にゃんこさん(大人の方の治療)- 2004/06/19 掲示板より) 
杉田眼科 (東京都金町)
  • 4歳の娘のほうが3歳ぐらいからたまに左目が外にむしてしまう斜視です。
    13日に初めて東京都の金町にある杉田眼科に行ってきました。杉田眼科では月曜日の午後に順天堂大学の藤巻Drが斜視を見てくれます。なかなかスタッフも子供慣れしていて、飴玉や絵本などもそろえられててよかったです。ただ、詳しい検査や手術は杉田眼科ではできないので、順天堂を紹介するといわれました。最後に藤巻Drに何か質問はと聞かれ、思わず何がわからないかもわからないです。と答えてしまいました。(情報提供者:ミシカズナネさん- 2006/03/16 掲示板より)
東京慈恵会医科大学附属病院 (東京都)
!病院のサイト
  • 東京慈恵医大病院で 手術します。ついに・・と言いますか、来月7日に、5歳の娘の間歇性外斜視の手術が決まりました。
    入院は、麻酔科の診察を 入院前に予約を入れていただいたので、1日短縮して3泊4日のです。初めての手術ですので、付き添う予定です。(情報提供者:yuimamaさん- 2007/07/19 掲示板より)
     
  • 娘が新橋にある慈恵医大に斜視で通院しています。近いうち手術も受けることになると思うのですが、病院に関する評判や情報を知りません・・・。
    (情報提供者:うさこさん- 2005/09/01 掲示板より)
     
  • 私は岩槻(埼玉県)の小児医療センターに通っていますが(娘が)、今度先生が都内の慈恵医大に移られるそうで、2ヶ月に一度程度の受診なので付いていこうかと思います(情報提供者:パセリさん- 2004/08/27他 掲示板より)
     
  • 東京の慈恵大病院の斜弱外来です。
    最初は町医者に行ってだいたいの検査はしていただいたのですが、そこの先生が慈恵大出身の先生であった事もあり、紹介をしてくれ今に至っています。うちの子は2年生の女の子で、昨年頃からたまに本人が「目が寄り目になっちゃう」と言い、その間隔も今では1日おきに寄り目になります。本当に確実に1日おきなのです。「周期斜視」と言うようですね。また、「隔日性内斜視」とも言うそうです。先生は今までに同じ症状の子を見たのは2〜3人ほどしかいないそうです。ほとんど確実に、定期的に斜視になる日とならない日がある患者さんはめったにいないそうです。一番多いのは外斜視の人だと言っていました。
     
    病院では斜視になっている時の写真や画像などを持ってくるように言われ、今までの経緯を問診、視力検査、目薬検査から眼底、眼圧検査、3D検査、ペンライト等の検査を経てようやく最近メガネを作ったところです。

    病院へ行くと同じような患者さんが大人から子供までたくさん来ていて少し勇気づけられます。一通りの検査が終わり、まれに目は頭の中から来ることもあるという事を聞いて、MRIの頭の検査も念のためしてきました。
    (情報提供者:ザワさん- 2004/06/30 掲示板より) 
杏林大学病院 (東京都)
病院のサイト
  • 現在1才11か月の娘が、6か月検診で斜視の疑いがあると杏林大学病院を紹介され、現在も通院中です。(情報提供者:ゆきてぃむさん- 2005/01/25 掲示板より) 
井上眼科 (東京都)
病院のサイト
  • 井上眼科病院にて2008年5月に両目外斜視の手術をした感想です。
    当時36才、重度の外斜視(20代半ばから段々と斜視が悪化)

    1.まず、初診から手術まで9ヶ月間も間があり、術後は半年間で約3回の検診です。
    2.手術は両目で40分位 16:00入院〜18:00手術開始〜9:00退院
    3.費用は3割負担で\65,000位

    感想
    今となっては良き思いでとなっておりますが正直、相当痛いです!!今まで味わった事のない痛みに手術中何度も心が折れそうになりました。なので点眼麻酔より全身麻酔をお勧めします。ちなみに悩みましたが手術はして良かったと思ってます。
    (情報提供者:ぷよんさん- 2010/3月 掲示板より)
     
  • 子供は4月から小学校です。現在、西葛西の井上さんに通っています。数ヶ月に一回通院で様子をみてます(間欠性外斜視)。
    (情報提供者:母さん- 2008/01/19 掲示板より)
     
  • 私は、時期ははっきりしませんが、多分中学生くらいのときからの斜視です。井上眼科クリニックには早速予約を入れて行きました。
    ただ、斜視の専門の先生は1人しかいないのか、待っている患者さんが大勢いて、質問したいことを沢山用意して行ったのに殆ど尋ねることが出来ず、診察はあっという間に終わってしまいました。次回は3月に手術前の血液検査、6月に手術です。
    しかし、不安を沢山抱えたまま手術を受けるのは何だか怖すぎます。
    (情報提供者:ミコさん- 2007/12/26 掲示板より)
     
  • 井上眼科で友人が白内障の手術をしました。白内障と斜視の手術は違いますが、井上眼科はいまひとつ、というのが彼のコメントです。
    眼科としては有名だけど、医師の対応がいまいち、それにちょっと金儲け的なところがある、ということを言っていました。斜視はまた別かもしれませんが、ご参考までに。(情報提供者:ネドベドさん- 2007/12/27 掲示板より)
     
  • 私は36歳で両目のかなりひどい間欠性外斜視でした。たぶんこの2、3年でひどくなったような気がします。当初、井上眼科に検査しにいきましたが、あまりの混みようにうんざりしました。(情報提供者:こうちゃんママさん- 2007/01/23 掲示板より)
     
  • 埼玉県に住んでいる者です。五歳の長女は、乱視・遠視・左目が外斜視です。
    昨年夏から、御茶ノ水の井上眼科に通院しています。
    今の担当は勝海先生という方です。

    昨夏、幼稚園の視力検査で指摘され、慌てて受診した時は、裸眼で視力は右目は0.4、左目は0.1ほど・・・
    その後、メガネとアイパッチで、メガネをかければ右1.2、左は1.0まで出るようになりました。視力はかなり揃ってきたのですが、斜視は改善されません。

    そして今日、診察を受けた時、2〜3m先のものは二つに見えているのではないか・・・と言われました。アイパッチ(毎日一時間)を一日置きにして、寄り目にする訓練を始めましょう・・とも言われました。
    早速、小さなお人形がついたペンを購入して、顔に近づけてみると途中から左目は外に外れてしまいます。(情報提供者:月桜さん- 2007/05/18 掲示板より)
     
  • 現在6ヶ月で先天性内斜視と診断された息子を持つ母です。
    さて現在2つ病院に行って、御茶ノ水の井上眼科に先日行って来ました。若倉先生に診ていただきました。とてもよくしていただけたという印象です。
    もう一つは大学病院なのですが、現在迷っています。
    まだ、6ヶ月ということもあって検査をしようにもなかなかうまくいきません。機械を覗くって言ったって嫌がって覗きません。そんなんで、遠視があるのか近視があるのかがはっきりとしません。そして、まだ井上眼科に決めたわけではなく、まだ迷っています。井上眼科の方では、院長先生の前に女性ドクターが診てくださいましたが、皆さんのおっしゃってる方ではないとしても、断然院長の方がよかったです。
    (情報提供者:ケイコさん- 2006/07/7他 掲示板より)
     
  • うちの娘も井上眼科に通いだして2年ちかくになるところです。うちは千葉の東邦佐倉病院からこちらの病院へ変わったのですが今のところ不満はなく経過観察をずっと続けています。
    私も同じ女性のドクターで、「優しくてお母さんに評判の良い」という噂を聞いていたのですが、実際の印象は少し頼りない気もしていました。こちらが求めるようなはっきりとした診断もなく、経過観察を続けていくという方針に不安もありましたが、その後もいくつか眼科を回っても同じ診断だったので、子供が怖がらずに診察できる雰囲気と、検査技師の方が子供慣れしている様子が気に入りこのままこちらで通院を続けていくつもりでいます。
    女性ドクターが退職されてからまだ1回しか通院していないので、他の先生の評判なども分かりませんが来月に診察した時にまた注意深くみてこようと思ってます。
    (情報提供者:ともともさん- 2006/07/12 掲示板より)
     
  • 現在井上眼科に通院していて、このままでいいのだろうか?と疑問に思ったり迷ったりしているんです。最近めがねをかけていても斜視になることがあり
    また両目で少しずつ差が出てきたりしています。
    井上眼科では様子見と言われていますが何となくはっきりとしなくて、私も納得いかないんです。それに両眼視のことや家で出来る訓練やカイロスコープのことなど何か今できることがあったらやりたいと思いきいてみたのですがどれもはっきりとは返答がありませんでした。

    うちは担当が神崎先生です。子供に対しては泣いたりしていてもよく見てくれているのでよかったと思っていたのですが、最近めがねをかけても斜視になっていて不安になってきたんです。
    (情報提供者:ごまこさん- 2005/07/12 掲示板より)

     

  • 本日、御茶ノ水の井上眼科医院に行って来ました。
    診療のメニューは
    1)視能訓練士による問診
    2)視能訓練士による視力検査
    3)医師による問診
    4)視能訓練士によるその他検査、眼の動き等の確認
    5)医師による眼の動き等の確認、今後の説明

    次回は手術についてお話をするとの事でした。小学・中学・高校の時の写真を持ってきて下さいと言われました。いつ頃から症状が出たのかを調べたいそうです。

    御茶ノ水の井上眼科病院で両眼の手術をしました。
    ・今回は1泊2日でした。
    ・手術前に一通り検査をし、2時間前に気持ちを落ち着かせる薬を飲みました。
    ・車椅子で病室に戻り、病室にて過ごす。
    ・翌日は軽い検査、担当医師によるチェック、他の2人によるチェックをし、退院
    ・4日後に一通りの検査と担当医師によるチェック
    ・1週間後に抜糸
    ・術後3日は化膿止めの抗生物質を服用
    ・1か月後に担当医師のチェックがある予定
    といった感じです。こちらはいつも混んでいて、みなさん忙しいみたいですが、気になることは納得いくまで聞き、どうでもいい事は流してしまえばイイ事なのかなと思いました。(情報提供者:でんぼさん(大人の方の治療)- 2005/04/20他 掲示板より)
     

  • 1歳1ヶ月の息子のママ。息子が6ヶ月位に、目が寄ってるかな・・と思い始め、御茶ノ水にある井上眼科病院(小児眼科専門の方:井上眼科病院附属 駿河台診療所)に通院しています。
    初めての受診の時、医師から「目は寄っているね・・」と言われたものの“斜視”とは言われなかった為、私のほうから「目が寄ってるという事は斜視なんでしょうか?」と聞き「そうですね」との返答がありました。
    2回目の受診の時は、あらかじめ数日前から点眼をしておき、当日検査をしました。その後は、丸いシマシマのカードを使った検査や機械をのぞいての検査などしています。
    先日の検査では息子が1歳になったこともあり眼鏡をかけてみましたが、目の位置が正常に戻らなかったためすぐに眼鏡を作るには至らず、結局経過を見ることになりました。この時、息子の斜視の原因が何からきてるのか・今後の治療法などを聞いたのですが、原因についてはハッキリした返答がなく、治療法についても「手術は全身麻酔のため2歳にならないとできないし、余り小さいうちに手術をすると大きくなってからずれることがある。眼鏡は今回は位置が改善されないようなので、次回またやってみましょう」と話がありました。

    西葛西にも小児眼科の診療所が昨年オープンしたようです。セカンドとは関係なく、こちらの方が自宅から近いので、こちらに移れるものか一度相談しようかと思っています。ちなみに、「西葛西 井上眼科こどもクリニック」というみたいです。
     (情報提供者:ハルさん- 2005/03/03他 掲示板より)
     
  • 現在小4の娘が通っているのはお茶の水にある井上眼科で眼科専門で小児眼科もあります(井上眼科病院附属 駿河台診療所)。3〜4ヶ月の定期検診をする以外たまに寄り目の練習を自宅でする程度です。娘の担当医は神崎先生という女医さんです。井上眼科は病院自体はとても忙しそうでしたが、聞きたいことは丁寧に教えてくださいました。また看護士さんたちが本当に皆さんやさしくて娘も嬉しかったようです。(情報提供者:ももさん- 2005/02/21 掲示板より)
昭和大学病院附属東病院 (東京都)
病院のサイト
  • 3歳児健診用に送られてくる視力検査のセットで右目があまりよく見えていないらしいことがわかり昭和和大学付属東病院に行きました。初診は、紹介状もなくいきなり行きましたが9時過ぎに受付をして11時前に会計を終えられました。

    初診4/12→(アトロピン点眼5日間)→再診4/19(メガネ決定)→メガネ受取4/25→検診5/17の流れで昨日は3回目の通院でした。

    2回目の時に3時間待ちの末に検査と診察各1分程度という気が遠くなるような内容だった上に満足な説明が受けられず、昨日の検診はとても気が重かったです。いやいや病院に行くと、前回ほどの混雑はなく、予約通りの時間(15時)に検査に呼ばれ、検査も30分以上時間を掛けてやってもらえました。

    検査後30分くらいで診察に呼ばれ、前回とは違う先生でこれまた非常にカンジがよく、2回目の通院で挫折しなくてよかった・・・と心底思いました。

    しかしながら「メガネをしっかりかけて治していきましょう」との説明に終始。
    斜視の種類や説明などの話はありませんでした。質問はいくつかしたけれど、細かい説明までは求められなかった小心者です^^;

    今後については、先生の方から「予約はどうしますか?」と聞いてもらえたので自宅に近い東邦大学医療センターを希望したところ「では紹介状を書きます」と快諾していただけました。

    何事もきめつけてしまうのはよくないですよね。わかっちゃいるけど・・・・
    2回目の通院では緊張の中、不安と恐怖だけが植えつけられてしまった印象でした。。とにかく病院の印象も桁違いによくなったし、行ってみたいと思っていた病院にも紹介状つきで診てもらえるし。少し気が楽になりました。

    診察内容について書けていなかったので補足として加えます。

    ★初診
    初診は細かく検査していただけたような印象がありました。
    まずは視力検査で鳥、犬、魚、蝶の絵の視力検査と字ひとつ視力表、検影法?、レフケラトメーター?など

    診察ではアトロピン検査と言われ、5日間点眼後に受診となりました。
    9時すぎに受付をして11時前には会計を終えられました。

    ★2回目
    14:00の予約だったので13:00に受付を済ませましたが呼ばれたのが14:30すぎでした。検査はレフケラトメーター(?)のみ。

    その後検査をしてくれた人が「治療用のメガネをかけてもらうようになります」と言いに来ました。「遠視ですか?斜視もありますか?」との問いかけには「先生の診察で聞いてください」とのこと。
    呼ばれるまで待つように言われました。

    診察してもらえたのは16:00過ぎで、先生が椅子に座るなり
    「処方箋書くので本日中にメガネ作ってくださいね」と言われ
    「こちら(病院)で作ってもらえるのですか?」と聞くと
    「メガネ屋で。どこでも作れます」と言われました。
    「遠視ですか?」の問いには「そうです。」
    「斜視ですか?」の問いには「お母さん、こういう目を斜視っていうんだよ」と言われてしまいました。

    ★3回目
    前回ほどの混雑はなく、15時の予約で14時半に受付を済ませ、15時に検査に呼ばれました。字ひとつ視力表がメインで、あとは検影法と、立体的に見えるかどうかの検査?でした。
    ハエの絵をメガネを掛けて見るのと、砂のようなカードの中に星や月、車などがあるのが見えるかどうか。極小の字ひとつ視力表などもありました。
    診察は30分後くらいに呼ばれ、病院を出たのは16時半でした。
    (情報提供者:こまみんさん- 2006/05/18他 掲示板より)

都立府中病院 (東京都)
  • 最近になって娘の目が斜視ではないかと思い、インターネットを見るうちこのサイトにたどりつきました。とりあえずまずは診てもらおうと思い、東京府中市にある都立府中病院に電話しました。斜視弱視外来があるということですが、初診予約はGW明けまで一杯とのこと。(初診は週一。)
    (情報提供者:えとろさん- 2006/04/13 掲示板より)
若葉眼科病院(東京都)
  • 東京都大田区にある若葉眼科病院の院長先生が斜視の専門でいらっしゃいます。HPをのぞいてみてくださいね。(情報提供者:下妻ものがたりさん- 2008/01/28 掲示板より)
  • 生後3ヶ月で斜視と診断された4歳の子供です。筑波大に定期的に通っています。以前丸尾先生から手術は必要ないと担当医あてに手紙を書いてくださっていたのですが、子供の状態は日々変わっているので一年前の状態はあてにならない。と強気で言われました。こちらが検査の結果について質問しても「手術」の一言ですませてしまう、この担当医を信頼するということはどうしてもできず、どうしたらいいものか考えてしまいます。(情報提供者:ちびママさん- 2009/12月 掲示板より)
北里大学病院 (神奈川県)
病院のサイト
  • 3歳の発達遅滞の娘がいます。1歳の健診で「外斜視」と診断され2歳くらいから北里大学病院に通っていました。娘は発達に遅れがありますのでなかなか視力検査がうまくできなくて、経過観察のまま1年ほど経ちました。担当医も何度か変わってそのたびに言われることも違うし、待ち時間も長く子供が待てないこと、視力検査がきちんとできないことなどから今年1月に「神奈川こども医療センター」の方に病院を変えました。(情報提供者:kopiyoさん- 2005/05/14 掲示板より)
神奈川県立こども医療センター (神奈川県)  
!病院のサイト
  • 実は1年前、高校進学を機に次女の斜視治療がとりあえず終了となりました。
    生後5ヶ月で斜視がわかり、8ヶ月から15年以上、横浜市のこども医療センターに通っておりましたが、高校進学を控え、眼の状態も安定しているということで、
    「もう今回で終了です。本センターの斜視治療は、中学卒業を一つの目安としておりますので。長い間お疲れ様でした」と先生から言われました。
    最後の診察の日、病院を出たときはすでにあたりは暗くなっており、それも相俟って子供も私も感慨深いものがありました(子供は帰りがけ、建物の写メを撮っていました)。

    ラッキーな面もあったとは思いますが、ここまでこられたことに病院の先生やスタッフの方々をはじめ、皆様に感謝したいと思います。
    (情報提供者:ネドベドさん- 2010/4月 掲示板より)
     
  • カイロスコープの訓練は横浜のこども医療センターでされているということを聞いたことがあります。(情報提供者:通りすがりさん- 2011/7月 掲示板より)
     
  • 神奈川こども医療センターの術前検査。 乳児性内斜視の娘(1歳9ヶ月)が10月10日に手術をうけます。手術と入院の詳しい話が術前検診でやっと聞けた。
    こどもへの愛情と工夫がいっぱいだった。
    術後につける金属の眼帯を嫌がらずにできるように、術前に売店で購入して、好きな色のリボンを付けて毎日ちょっとの時間からいろんな場面で練習するように、そして、最後は本番のようにテープでしっかり留めて一時間以上していられるようにと言う話。

    あとは、眼帯はずし予防に、肘を曲がらないよう抑制するベルトを、好きな布で手作りするように、手書きのレシピ。一緒に布を買いに行って作ったら、張り切って試着してくれた。肘あてや眼帯を人形で練習するのもおすすめらしく、人形のレシピも。

    どらちゃんの入院物語、という写真絵本も見せてくれたら、プレイルームとか、入院病棟の入り口がかわいい。手術室の入り口なんて、ディズニーランドのアトラクションのようで、カラフルかわいらしく、中に入ってみたい気分が盛り上がる。今回一緒に病院に行った夫は「この病院は疲れないね」といっていた。(情報提供者:みつさん- 2008/09/29 掲示板より)
     
  • 現在、鹿児島に住んでいるのですがなかなか3歳未満での手術をしている病院がなく、前回情報提供をお願いした者です。あれから、いろいろ探した結果やはり神奈川のこども医療センターに紹介状を書いてもらい、早速5月に受診しました。
    初診の先生には、『なんで鹿児島から?九州にもあるんじゃないですか?』と言われ『どこでしょうか?』と聞くと『知りませんけど・・・』と冷たく答えられすごくショックでしたが、両眼視獲得までの方針が私達の考えと一致していたので、ぜひお願いしてみていただくことにしました。
    それから、右目が寄りやすいとのことで大体均等に交代視ができないと手術は不可能と言われ、アイパッチを毎日30分開始して、7月に再診したときに一番早い11月の手術を予約しました。そして、この間9月の再診でもだいぶアイパッチの成果がでているとのことで、予定通り手術です。(情報提供者:ユウさん- 2007/09/29 掲示板より)
     
  • 7歳の娘がいるマロンです。ついに16日に入院、17日に手術、18日に退院してきました。あっという間の2泊3日でしたが、神奈川こども医療センターで夏休みという事もありすごい混み様でした!!同じ4人部屋にまったく同じ予定のお子さんがいて娘も私も心強く嬉しかったです。

    ここは検診時も担当の先生は決まっていません。モチロン執刀医も違います。まだ3歳〜とか小さい時はその日の機嫌もありますし、先生によっておっしゃる事も違うので悩んだ事もありましたが小児眼科専門、手術件数も多い、成長につれ娘の検査も安定してきたという点で手術をお願いしました。

    ただ、手術までの道のりは意外に波乱万丈で。。。
    9月に手術決定→キャンセル待ちで7月に変更→手術1週間前に執刀医が倒れる→手術日程白紙に戻る→1週間後再手術が別の執刀医で8月17日に決定、検査、手術説明とバタバタで突入した感じでした。それでも頑張れたのは、手術説明時にしつこく質問した事と看護師さんとのコミニケーションだと思います。今はとても満足しています。(情報提供者:マロンさん- 2007/08/19他 掲示板より)
     

  • 我が子3歳男児も手術を受けました。 今日で術後5日目です。我が子は4南で赤ちゃんが多かったです。 こども医療センターの入り口が変わりましたよ! 売店に向かう通路の途中に入り口が出来ました。 (情報提供者:み〜ママさん- 2007/08/19他 掲示板より)
     
  • はじめまして。偶然辿り着いた視能訓練士です。
    (書き込みに勇気が要りましたが (^-^;) )

    横浜に限らず、全国的に医師から斜視・弱視は敬遠されがちです。よって、皆さんから情報を寄せられている病院が『頑張って残っている』と言うのが現状です。逆を言えば、有名になっているから手を抜けない、抜かない病院でしょう。

    横浜なら、混んでいると判っていても『こども医療センター』をお勧めします。以前、横浜で勤務していた時はここへ紹介していました。手術になりそうだと判断した場合や他の病気を持っている子供さんは特に注意が必要ですので。
    (事前に、お菓子やおもちゃの準備と1日潰す覚悟でお願いします、との断りを入れるとぐったりされるお母さんもいましたが。)

    参考にはならないかも知れませんが、内部からの意見として。
    必ず、必ず、セカンドオピニオンを求めてください。たとえ有名な病院だったとしても、同じ病院内の他の医師の意見も聞いてみてください。しっかり説明してくれる医師は必ず居ます。そして、その説明に納得してから本格的に通院するようお勧めします。
    また、お子さんと『ウマの合う』視能訓練士を見つけることも重要です。視能訓練士が何人もいる施設なら、指名してみてはいかがでしょうか?(人が変わるとやる気を出す場合も多々あります。)

    最終診断を下すのは医師ですが、診断を下すための正しい結果を引き出せるかどうかは検査員にかかっていますので。

    病院では聞きにくいことも沢山あると思いますが、負けずにしつこく聞いて頂いて問題ありません。お子さんの大事な体のことですから。
    (情報提供者:スーさん- 2006/06/29 掲示板より)
     
  • 横浜の斜視専門のある眼科って何処でしょうか?
    紹介状が必要でも構いませんので知りたいです。
    こども医療センターは担当医制では無いのでその時の先生によって診断内容が変わってしまったりするし、中々予約が入れられないので困る事もあるんです。
    私の子は斜視で両眼視も立体視も無いし、目の事では本当に悩んでいます
    (情報提供者:雪子姫さん- 2006/06/27 掲示板より)
     
  • うちの場合、こども医療センターは、東戸塚からバスを利用しています(所要時間15分程度)。東戸塚からだとタクシーでも1100円前後だと思います。

    以前、こども医療センターにいた先生が横浜市大病院に移られましたが、その先生が体調を崩され、一時小児眼科の外来自体がお休みになっていたようです。
    市大病院のHPを見ると、現在は月に何回か斜視外来を設けているようですが(ご確認下さい)、担当医はこども医療センターにいた方ではないです。

    横浜ではないですが、藤沢市民病院もこども医療センターから行った眼科の先生がいらっしゃるので、小児眼科は大丈夫なようです。
    (こども医療センターから移った友達がいます。ただしこの先生の専門が斜視かどうかはわかりません。友達のお子さんは弱視です)

    娘は先天性内斜視で、横浜のこども医療センターにかれこれ12年近く通っています。たしかに、こども医療センターは、担当医制は敷いていませんが、うちの娘の場合、初診から手術まで(およそ半年間)はずっと同じ先生(執刀医)の診察でした。おそらく手術の感覚を見ていらしたのだと思います。その後は違う先生のことが多いですが、それは状態が安定しているからだといいほうに考えています。
    完璧ではないですが、うちの娘がなんとか両眼視できるようになったのは、こども医療センターのおかげかな、とは思っています。
    また最近、新しい病棟が出来て、待ち時間はずいぶん短縮されています。
    (情報提供者:ネドベドさん-2回目- 2006/06/12他 掲示板より)
     
  • 6歳の長女は、横浜南共済で白内障の摘出手術を受けました。その後、少し離れたところに引っ越しをしましたが、2ヶ月に1度の診察でしたので通院していました。ところが、今度は金井先生がこども医療センターへ移動されることになり、やむを得ず地元の系列病院に紹介状を書いてもらいました。
    (情報提供者:かもめの春さん- 2006/02/02 掲示板より)
     
  • お陰様でこども医療センターで診ていただいてます。
    以前の病院も斜視では有名だったのですが、子供の扱い方、医師の診察に対する姿勢、診断等、こんなに違うものなの?という感じです。思い切って転院して本当に良かったです。(情報提供者:あーみんさん- 2005/09/05 掲示板より)
     
  • 3歳の発達遅滞の娘がいます。
    「神奈川こども医療センター」の担当の先生には二回目の診察で「両方とも近くを見るときに目の位置がずれているので両眼視できていないと思います。手術しましょう」と言われました。それからすぐ手術の日、それに伴う検査や説明の日程が組まれました。

    入院は二泊三日でした。
    手術の曜日が決まっているので眼科だけで娘をふくめて同じ日に5人入院しました。同じ仲間のようでとても心強かったです。

    手術前日 尿検査、採血(指先からちょっとだけ)を受けてから眼科で診察を受けます。入院する子供が呼ばれ、まとまって病室に案内されます。病室でオリエンテーション、問診、身長体重、血圧など測定。後は自由に過ごします。面会は22時まで。

    手術当日 年齢の低い子供から順に30分おきくらいに手術が組まれていました。手術の進行具合で若干のずれがありました。うちは二番目で8時半に手術室に入りました。朝から絶食、水分は朝6時半まで可。7時に麻酔の前のシロップを飲みますが娘は嫌がって飲みませんでした。手術室に入って出てくるまで約1時間半。手術後すぐ吐いたようです。回復室で麻酔を覚ましてから出てきます。娘は眠って出てきました。目が覚めて水分が摂れたら食事ができます。おしっこが出たら点滴も取れました。肘が曲がらないように(患部に手を持っていかないため)関節帯というものをつけています。眠るときにはつけておくようにします。起きている時は手で触らないように言い聞かせておくことができればはずしていいそうです。

    退院 朝9時にまず医事課で予約券を返却(入院時に預かってもらう)してもらい眼科の診察を受けます。先生が点眼と軟膏のつけ方を教えてくれます。退院して二日後に外来で診察があります。
    支払いは育成医療を使いました。

    「神奈川こども医療センター」はスタッフがとても親切でこどもだけでなく親にも気配りがされてるような気がします。(情報提供者:kopiyoさん- 2005/05/14 掲示板より)
     
  • 神奈川在住ですが、先天性内斜視の10歳の娘は、横浜市南区の子ども医療センターに通院しています。娘の友達で同じ病院に通っていた弱視のお子さんがいたのですが、そのお子さんは3年前に藤沢市民病院に移りました。以前、医療センターにいた先生が藤沢市民病院にいらっしゃるから、市民病院に転院してはどうか、と言われたのだそうです(医療センターがすごく込むため、待ち時間が少ないほうがいいのではないか、と言われたとか)。そのお子さんは斜視ではないですが、順調に直っていまはグラフオフされています。
    (情報提供者:ネドベドさん- 2004/11/04 掲示板より)
     
  • 我が子(5歳)が手術を行うことになりました。神奈川県こども医療センターにかかっておりますが、安心してお任せをしています。ドクターもしっかりと説明をしてくれますし検査も、子供の様子にあわせて対応してくれます。手術は左目を行うということで、あて金を買い、着ける練習を家で行います。

    [手術について]
    近所の眼科でも手術はできませんので、こども医療センターに紹介でということでした。手術は3日間の入院で約1時間程度のものでした。手術時間は、手術室に入って出てくるまで約1時間30分でした。
    手術当日は、朝から絶食、その後、安定剤を投薬し約1時間後に手術開始でした。子供は手術室に入り、自分の名前を告げ、全身麻酔開始まで記憶があるそうです。全身麻酔が覚めるまで少し時間がかかり、意識が戻った後は吐き気を伴いましたが、痛み止めの効果かそれほど痛みはないようです。今は、あて金で保護をしています。来週、眼科受診です。

    今回の手術で思ったことは、受診した神奈川県こども医療センターの医師(眼科・麻酔科・内科)の方々の診察が非常に丁寧で患者の不安を取るために、忙しいなか時間を割いていただき安心することができたということです。今まで、いろいろな病院を受診していますが、このような対応は初めてでした。
    (情報提供者:マービーさん- 2004/08/10他 掲示板より)
     
  • 私の次男、ピー君は神奈川県立こども医療センターの眼科に通院しています。我が家も近所の総合病院の眼科からこども医療センターに転院しました。

    こども医療センターと言うだけ有って本当にこどもの事(病気)をわかって下さるし詳しいのは事実ですが中には『癖』の有る先生もいらっしゃるのでその辺もおわかりの上転院なさるのもよろしいかと思います。しかしこども医療センターはご存知かも知れませんが必ず現病院の紹介状がいるのでこちらから転院を希望する場合ははっきり今の主治医に『神奈川県立こども医療センターに紹介状をお願いします』とお願いしなくてはなりません。紹介状を送ってからも診察まで数ヶ月待つので(緊急時を除いて)転院をお考えなら早い方が良いと思います。我が家も2ヶ月待ちました。

    [入院について]
    月曜日に入院し火曜日に内斜視の手術、水曜日に退院し今日術後の診察に行って来ました。術後は良好の様です。こども医療センター(神奈川県)術後は1ヶ月くらい週に1度経過を見るようです。
    (情報提供者:ピーママさん- 2004/07/02他 掲示板より)
     
  • 細かい説明は何も受けてないのに、手術の予定を組まれ・・・。
    検査は、視力検査とあごをのせて覗く検査と透明の定規に丸が沢山ついたものとライトを使った検査をしてますが。細かいデータは視力検査のみしか知らされてません。いつも混んでいて、流れ作業のような診察で説明も少なく、お医者さんと良いコミュニケションがとれてません。慌しく終わってしまします。今度、行ったら、術式の決定と説明なのでそれまでには少しでもしらべないと。

    こども医療センター(神奈川)に、入院しました。
    1日目はオリエンテーション、麻酔科の先生の話
    2日目はオペ
    3日目は9時退院
    というスケジュールでした。

    はじめてのお泊りでしたが、看護婦さんも子供に慣れているかたばかりで安心してまかせて帰ることができました。プレイルーム、アニメビデオ、おやつなどあり子供のための病院でよかったです。オペ室の入り口までアンパンマンの絵がありましたよ。(情報提供者:けいこママさん- 2004/06/12他 掲示板より) 

横浜市立大学附属病院 (神奈川県)
病院のサイト
  • 以前、こども医療センターにいた先生が横浜市大病院に移られましたが、その先生が体調を崩され、一時小児眼科の外来自体がお休みになっていたようです。
    市大病院のHPを見ると、現在は月に何回か斜視外来を設けているようですが(ご確認下さい)、担当医はこども医療センターにいた方ではないです。
    (情報提供者:ネドベドさん-2回目- 2006/06/12他 掲示板より)
藤沢市民病院 (神奈川県)
!病院のサイト
  • 神奈川在住ですが、先天性内斜視の10歳の娘は、横浜市南区の子ども医療センターに通院しています。娘の友達で同じ病院に通っていた弱視のお子さんがいたのですが、そのお子さんは3年前に藤沢市民病院に移りました。以前、医療センターにいた先生が藤沢市民病院にいらっしゃるから、市民病院に転院してはどうか、と言われたのだそうです(医療センターがすごく込むため、待ち時間が少ないほうがいいのではないか、と言われたとか)。そのお子さんは斜視ではないですが、順調に直っていまはグラフオフされていますので、けっして信頼できない病院ではないと思います。(情報提供者:ネドベドさん- 2004/11/04 掲示板より)
     
  • 神奈川に住んでいて、5才の娘を持つ父親です。娘が3才の時に外斜視が発覚し、町医者へかよっていたのですが、そこでは手術は出来ないため、このたび藤沢市民病院を紹介されました。
    (情報提供者:5歳の娘の父親です(神奈川)さん- 2004/11/03 掲示板より)
上岡眼科 (神奈川県)(神奈川県秦野市にある上岡眼科)
  • 私は30代後半の女性です。
    私の友人で小学校低学年のときに手術をし、治った方がいらっしゃいます。神奈川県西部の秦野市にある上岡眼科(漢字が間違ってるかもしれないです。)だったと思うのですが、かなり積極的に見ていただけるそうです。もし、そちらのほうにお住まいでしたら、一度お調べになるものいいかなと思いまして、書かせていただきました。上岡眼科ですが、住所は秦野市今泉だったと思います。駅のそばだったと記憶しています。(情報提供者:さくらこさん- 2004/12/3他 掲示板より)
     
  • 先月、3歳2ヶ月の息子を家から一番近い眼科に連れて行きました。
    神奈川県秦野市の上岡眼科というところですが、『斜視・弱視外来』が土曜日午後にあるようです。その時は先生とゆっくりお話できますよと言われました。12月に予約を入れてきました。
    普通の診療時間は混んでいます。斜視外来があって良かった〜と思いました。その眼科で手術できるのかとか、そういう話はしていません。それから、病院ではなかなか斜視の状態を見ることが出来ないので、斜視の時の写真を撮ってきて下さいと言われました。(情報提供者:yukiさん- 2004/10/31 掲示板より) 
横浜相鉄ビル眼科医院 (神奈川県)
病院のサイト
  • 私は横浜の相鉄眼科に今通院中です。先生は時間がかかっても最後まで話を聞いてくれる信頼できる病院だと思いますよ。(情報提供者:ままこさん(大人の方の治療) - 2007/10/26 掲示板より)
     
  • 今日(8月10日)に午前中に斜視手術を受けてきました。
    女医さんが担当してくれて、とても丁寧にやってくれた気がします。こちらの夏休みにあわせて、わざわざ自分の休みの日に僕の手術をやっていただけました。
    (情報提供者:34歳男性さん(大人の方の治療) - 2005/08/10 掲示板より)
山梨県甲府市立病院 (山梨県)

!病院のサイト

  • 間歇性外斜視の今8才の息子さんの斜視手術。
     
    [入院]
    子供は錠剤1個飲むだけであの痛い筋肉注射はされませんでした(ほっ)。入院中は簡易ベッドで付き添い可でした(ほっx2)。手術室へは1時に行き、部屋へは4時に帰ってきました。

    手術した病院は(山梨県の)甲府市立病院です。あと、全身麻酔時に使う(気体の)薬に子供用としてイチゴ味、メロン味、オレンジ味。息子はイチゴ味を麻酔科の先生に予約していました。(実際はオレンジ味だった?そうです。) うちの息子は本当に注射大嫌いな超痛がりの怖がりやさんです。その息子があんな入院だと、もう一度入院してもOK、というからびっくりです。

    [病院の様子]
    予約なので混雑は全くありませんでした。先生が若いですし、まだ、名医、ということもないのでしょうが(失礼ですが)、子供は大変なじみ易かったようです。
    小学生の子供はだいたい全身麻酔で親付き添いだそうです。
    入院中1度も注射はしなかったです。点滴は手術中に使っていた針をそのまま残しておくので、刺す痛みがなく、点滴は後にも先にも当日1回で終わりました。主は頻繁に目薬をさすだけです。
    (情報提供者:ピポママさん- 2004/04/15他 掲示板より) 
東邦大学医学部附属佐倉病院 (千葉県)
病院のサイト
  • うちの娘も間歇性外斜視と診断されて現在は井上眼科に定期検査で3〜4ヶ月おきに通院しています。最初に気付いたのは生後6ヶ月頃で、1歳過ぎた頃に近所の眼科で眼底検査をしましたが異常なく、経過をみると言われましたが親としては心配で千葉県の東邦大学佐倉病院へ行きました。まだ小さいので視力検査や他の検査ができない為「病院へ慣れる」ということを優先に半年ごとくらいに特にはっきりとした診察もないまま通院しました。

    女医さんでしたので子供も怖がらずに徐々に慣れましたが大学病院ということもあり、待ち時間が長く、毎回検査技師さんが違うので検査方法も違い、また検査室もかなり狭いので色んな人が前を横切ったりするため子供もなかなか集中出来ずにいました。(情報提供者:ともともさん- 2006/02/07 掲示板より)
     
  • 先日定期検診?に行ってきました。
    いつもなら一番最後の時間帯(16時)の予約で、訓練士の方や担当医の先生と色々お話をする事が出来るのですが、この日は14時予約で、まだ午前中の方が大勢いる状態で・・・

    うちの子がお世話になっている、千葉県佐倉市にある
    東邦大学付属佐倉病院では、抑制除去訓練を行っていました。
    訓練士の先生に確認したので間違いないです!
    私はこの掲示板に出会うまで、抑制除去訓練という言葉を知りませんでしたので、先生方に言われるがまま?今まできていたわけで。何も疑問に思いもせず通院治療を受けていました。皆さんからすれば無責任な親でしかないのかもしれませんが、お世話になってる先生方はとても信頼でき、不安なことは丁寧に教えてくれるし・・・
    全てを任せっきりでしたので、毎回どのようなチェックをしているのか正直わかりません。検眼室の中には、親は最後に説明を受ける時にしか入らないので。

    今までの自宅訓練は、抑制除去訓練が出来ない頃は、ひたすら毎日アイパッチをしてました。1日8時間、片側ずつ交代で。小学校1年の途中まででした。その後抑制除去訓練へとかわりました。赤・緑メガネを使う訓練からステップアップしていく訳で。どちらにキチンと見えてるのかをチェックしながら行っていました。詳しくは子供と思い出しながら後日報告しますね。

    私の周りにも斜視のお友達が何人かいますが、初診時は手術の話が出ていたのに、アイパッチをまじめにやっていて、3年ほどかかりましたが完治した方がいます。うちも期待してアイパッチを頑張ったんですけどね。アイパッチも結構バカに出来ない訓練なんですね。
    (情報提供者:みかママさん- 2005/07/27 掲示板より)
千葉県こども病院 (千葉県)
!病院のサイト
  • 浦安市に住んでいるのでディズニーの近くです。
    千葉県こども病院ですね。木更津から大きい病院では千葉県こども病院が一番有名だとおもいます。私の通っている個人の眼科でも千葉県こども病院へも紹介状出していた気がします。(情報提供者:悩める高校生さん- 2007/07/10 掲示板より)
     
  • 二才の子がいるのですが、かかりつけの病院から、千葉県立こども病院を紹介されました。(情報提供者:チクタクさん- 2004/05/23 掲示板より)
東京慈恵会医科大学附属柏病院 (千葉県)
!病院のサイト
  • 娘は2歳半くらいの頃から首を傾けるようになって、地元の慈恵医大の眼科に通っています。うちの子が通っているのは慈恵医大附属柏病院です。他の病院の眼科から紹介されていきました。

    小児専門の検査技師がいるという話をきいていましたが、実際はとても混んでいるし、後ろで人が沢山まっているところで、3人並んで検査するので、子供がリラックスして検査できる環境ではないです。
    娘の場合、初めて行ったときは割と優しい検査技師の方で娘のペースに合わせてくれましたが、2回目に行ったときは「3歳くらいになれば練習すればできるはず。手で示してくれないと時間がかかって仕方がない。」とか言われ、さっさと検査を切り上げられてしまい、怖い口調に娘は萎縮してできるものもできなくなるし、散々でした。
    別に病院を中傷するつもりは全くありませんが、事実そうだったのです。
    これから少しでも娘の斜視を治してくれる病院を真剣に探して行きたいと思います。
    (情報提供者:あやこさん- 2004/06/9 掲示板より)
松戸市こども発達センター (千葉県)
  • 私の娘は超未熟児で産まれ、未熟児網膜症は治療せずに済む程度だったのですが、遠視が強く内斜視があります。
    身体面知的面とも遅れがあり、眼科の検査は一般病院では「検査できません。方向を指差せるようになったら来てください」と言われていました。
    そんな時、リハビリを受けるために行った千葉の松戸市こども発達センターの眼科を受診しました。検査をしていただいた視能訓練士さんは障害児に慣れていて、今まで全くできなかった機械を覗き込む検査や縞々の検査を楽しく笑いながら行う事ができたのです。
    でもせっかく検査ができても眼科の先生は常勤ではなく、他の病院から月に何度か来ているとの事で障害児どころか子供への理解も今ひとつ…せっかく検査を上手く受けられたのに、医師がこれではどうにもならないと困惑してしまって…。 松戸市こども発達センターに来ている先生は、松戸市立病院の先生です。特に子供専門の先生ではなく、お人柄は良さそうなのですが一般的な話しか分からない様子でした。 (情報提供者:のんちゃんままさん- 2004/07/3 掲示板より)
かわばた眼科 (千葉県)
病院のサイト
  • 千葉県在住。以前は他県に住んでいたのでかわばた眼科に行き始めたのは小学校2・3年からでしょうか。斜視(外斜視)だという事実を知らされたのは幼稚園生のころです。今は、家で2本の鉛筆を使ったトレーニングと寄り目のトレーニングをやっています。そして、3ヶ月に1度かわばた眼科に行っています。今のところ、極端な弱視になるわけでもありません。でも、この歳になると外斜視なので学校で睨んでると思われたりします。先日、定期健診でかわばた眼科に行ったところ「外れる時は外れるけど戻るときは戻るから、戻すことが難しくなったらでも手術はいいよ。」みたいな事を言われました。(情報提供者:悩める高校生さん- 2007/02/04 掲示板より)
     
  • 浦安のかわばた眼科へ行ってきました。
    りんと、眼窩底吹き抜け骨折の長男の予後の検診と、老眼鏡が合わなくなってきた夫の三人の受診をお願いしました。朝1番に並んで、帰宅は、4時でしたが、満足のいく受診でした。伺ってよかったです。
    予想以上の出来事が三人分起こりましたが、三人分の丁寧な愛のある検査と先生からのわかりやすいご説明を得ることができました。
    りんは、立体に物が見えているかの検査と視力検査などを受け、散瞳して、診察を受けていました。次回、何の検査を受けたのか、ちゃんと聞いてこなくっちゃ。今週また検査の予定です。
    長男にも視力は正常なものの、遠視が見つかり、予定としては、二人で、遠視矯正の目的でめがねをかけることになるかもしれないそうです。吹き抜け骨折の複視はほぼ戻っており、一安心でしたが、長男は視機能検査を予約することとなりました。予約は来年春になりそうです。需要がかなり多いようですね。夫は、めがねの処方箋を書いていただく軽い気持ちでしたが、緑内障の可能性を発見していただき、再受診の予定です。
    今日は、予測しないことがつぎつぎに起こり、まだ頭の整理ができていないようです。信頼できる先生とスタッフでした。伺ってよかったです。 
    (情報提供者:りん母さん- 2005/10/03 掲示板より)
水戸赤十字病院 (茨城県)
病院のサイト
  • 茨城に住んでいる1歳3ヶ月になる息子の母親です。
    息子は、生後8ヶ月で先天性内斜視と診断され地元の水戸赤十字病院での手術を今月末予定しています。
    内斜視とわかってから、アイパッチを始め、月に一度くらいのペースで通院してきました。しかし、手術前の検査はレントゲン、心電図、血液&尿検査のみで、眼の細かい検査は行っていません。
    まだ小さいので視力等が測れないので仕方のないことなのでしょうか?ですがとても不安です。県内で手術を行っている病院は限られています。
    (情報提供者:モミーさん- 2005/05/20 掲示板より)
埼玉県立小児医療センター (埼玉県)
!病院のサイト
  • 生後すぐから斜視が気になり3ヶ月くらいで間欠性外斜視(上も)と言われ、半年おきに埼玉小児医療センターに通っていました。今2歳5ヶ月です。小学校入学前頃に手術しましょうと言われていましたが、前回の検診で「両目で見る時間が減ってきているようなので手術を急ぎましょう」といわれました
    小児医療センターで手術だと、約10ヶ月待ちの状態なので、練馬の順天堂大学病院に紹介状を書いてもらいました(情報提供者:なみへーさん- 2007/07/18 掲示板より)
     
  • 私は岩槻の小児医療センターに通っていますが(娘が)、今度先生が都内の慈恵医大に移られるそうで、2ヶ月に一度程度の受診なので付いていこうかと思うのですが、(今までの病院には後継で斜視に詳しい先生がいらっしゃるか解らないそうで...先生が転勤してしまうので、県内で斜視専門に見てくれるところを教えて下さったのは、所沢の防衛医大と、越谷の独協医大でした。越谷の方はわりと有名なようです。(情報提供者:パセリさん- 2004/08/27他 掲示板より)
防衛医科大学校病院 (埼玉県)
!病院のサイト
  • 私は岩槻の小児医療センターに通っていますが(娘が)、今度そこでお世話になっている先生が転勤してしまうので、県内で斜視専門に見てくれるところを教えて下さったのは、所沢の防衛医大と、越谷の独協医大でした。越谷の方はわりと有名なようです。(情報提供者:パセリさん- 2004/08/27 掲示板より)
獨協医科大学越谷病院 (埼玉県)
!病院のサイト
  • 私は岩槻の小児医療センターに通っていますが(娘が)、今度そこでお世話になっている先生が転勤してしまうので、県内で斜視専門に見てくれるところを教えて下さったのは、所沢の防衛医大と、越谷の独協医大でした。越谷の方はわりと有名なようです。(情報提供者:パセリさん- 2004/08/27 掲示板より)
群馬大学医学部附属病院 (群馬県)
病院のサイト
  • 娘のあき(5歳3ヶ月)は1歳の時から群馬大学付属病院の眼科外来に通っています。

    あきの主治医は斜視専門の池田先生(女性)と東京から来る下田先生(男性)2人です。*名前いれていいのかな?*
    普段は池田先生に診察してもらっています。
    あきの目の手術をした時も2人の先生に担当してもらいました。

    群馬大学付属病院はかなり大きい病院で、受付ロビーは3階まで吹き抜け、ピアノとか置いてあって正午になると演奏が始まります。

    斜視・弱視の専門外来は主に月曜日と金曜日です。
    初診は紹介状、保険証、診療申込書を記入し窓口へ持っていきます。
    2回目以降(再診)は受診券を再診受付機に挿入、予約確認の上、書類を診療窓口に持っていきます。(再診から完全予約制になります)

    眼科外来は患者さんが多い為、午前の予約でも午後まで掛かってしまう事があります。またお子さんは退屈すると思うので、本やおもちゃを持って行ったほうがいいと思います。(プレイ・ルームはありません)
    食事はレストラン、食堂、喫茶コーナー、コンビ二、などで食べれます。。。

    目の手術はおもに火曜日です。
    斜視の場合は、月曜日に入院し午後から目薬、夜手術の説明、火曜日に手術、水曜日に退院というのが一般的です。また子供の手術が優先になります。あきも朝1番の手術でした。

    最初の頃は10時の予約が多かったですね。ただ駐車場が混んでいてクルマがなかなか止められないことが多いので、30分位早く行かないとだめででした。現在は、幼稚園に通っているので、午後2時とか3時に予約入れています。

    初診はやはり時間が掛かります。 いろいろな検査を一通り行うからですね。
    軽い麻酔をかけて、MRIも受けました。(情報提供者:あきのパパさん- 2007/08/29他 掲示板より)
     

  • 現在3才2ヶ月の息子が丸尾先生のところで動眼神経麻痺と言われました。群馬大学医学部付属病院では「ダブル・エレベーター・パルシー」と診断され、手術を早くするように言われましたが、担当医(おそらく執刀医)の先生は、その病気の手術はまだしたことがないといわれ、その先生にお願いするのをためらっていたところです。この掲示板を見て、早速高田馬場の「丸尾眼科」で丸尾先生の診断を受けてきました。結果は、さきほどの「ダブルエレベーターパルシー」ではなく、動眼神経麻痺とのこと、でも、手術の話はしていただけませんでした。(情報提供者:たっくんさん- 2007/02/17 掲示板より)
     
  • 娘のあき(三才三ヶ月)は群馬大学医学部付属病院の眼科に通っています。
    ・斜視・弱視の専門外来は月曜日と金曜日。
    ・初診は保険証、紹介状、診療申込書を記入し窓口へ、再診は受診券を再診受付機に挿入し画面を押す。(再診から完全予約制)
    ・他の診療科は午前中にほとんど終わりますが、眼科は患者さんが多い為か午後までかかります。一日がかりと思ってください。お子さんは退屈すると思うので、本やおもちゃを持っていったほうがいいと思います。
    ・食事は喫茶コーナー、食堂、レストラン、コンビ二、4ヶ所でとれます。(レストランで食事、隣の席に看護師さんや先生がいたりして!!)
    ・目の手術は火曜日。斜視の場合、月曜日に入院し午後から目薬、火曜日に手術、水曜日に退院というのが一般的。
    ・眼科病棟は南病棟9階。
    (情報提供者:あきのパパさん- 2005/09/08 掲示板より)
病院選びの本より関東の病院情報
  • 図書館で借りた「2001年度関東お勧め病院100」という本(タイトルは定かではないです^^;)の中に「斜視・弱視・屈折異常」のページがあります。

    ランキングの基準は
    1)早期発見の実績
    2)眼位ずれの矯正治療内容
    3)手術成績
    4)視能訓練士の充実
    だそうです

    一応1位から10位まで。
    1位 慶応義塾大学病院(今は斜視外来は閉鎖したようですが・・)
    2位 北里大学病院
    3位 帝京大学病院
    4位 東京大学医学部付属病院
    5位 順天堂大学病院
    6位 東京医科歯科大学病院
    7位 防衛医科大学校病院
    8位 国立小児病院
    9位 東京逓信病院
    10位 井上眼科病院
    でした。一位の慶応の斜視外来が閉鎖されたという情報がこのHPでカキコされていたので、どこまでこのランキングを信用できるか??ですので、一応ご参考までにという事で^^(情報提供者:みんみんさん- 2004/05/16 掲示板より)

home >病院くちコミ情報INDEX >関東

!