!
home >病院くちコミ情報INDEX >近畿

[近畿]

 

京都府立医科大学附属病院 (京都府)

!病院のサイト

  • 3歳前の子供と斜視外来に行きました。眼科は4階で待合の椅子はお年寄りが多かったのですが、うちの子と同じ位の斜視の子供や眼鏡をかけた子供も常に5人位はいました。初診の様子を書きます。1週間位前に眼科外来へ電話をした所、斜視外来は毎週金曜日なので9時半にくるよう言われました。外来の受け付けで診察券を出して待ち時間を聞いた所、予約制ではなく受付順というお話。9時半に眼科外来で受け付けをして視能訓練士さんの検査まで1時間20分待ちでした。

    検査内容は、風船が見えるという検査や両眼視機能の検査など(他にもありました)をしましたが子供に慣れている印象を受けました。視能訓練士さんの検査後、医師の診察までやはり1時間20分程待ちました。溝部先生という女医さんで、とても丁寧な診察でした。溝部先生の診察中の検査内容は、眼底検査や視能訓練士さんと同じように目の動きをみたり。他にも沢山検査をしました。

    会計を済ませて病院を出たのは1時半頃。待ち時間は長かったですが、今まで病院は何箇所か行きましたが、こんなに丁寧にみて下さった先生は初めてです。病院では、自宅で視力検査の練習に使うようにと、ランドルト環の書いてある紙を頂きました。この紙のコピーを1枚取り、ダンボールに貼り付けたものを2セット作り、同じ方向に向ける練習を自宅でしています。溝部先生は月に2回だけ斜視外来の日に府立に来ているだけで、普段は長岡京市の済生会京都府病院にいるということでした。府立は予約が出来ませんが、済生会京都府病院の斜視外来は時間予約制ということでした。
    (情報提供者:yuuさん - 2004/12月 メールより)
     
  • 府立は待ち時間が長いと聞いたことがありますし、おもちゃや絵本、お菓子など持参されると良いですね。(情報提供者:メイシーさん - 2004/04/20 掲示板より)
済生会京都府病院 (京都府)
!病院のサイト
  • 3歳前の子供と京都府立医科大学附属病院の斜視外来の日に行った時に、溝部先生という女医さんにみて頂きましたが、とても丁寧にみてくださいました。
    待ち時間は長かったですが、今まで病院は何箇所か行きましたが、こんなに丁寧に診て下さった先生は初めてです。溝部先生は月に2回だけ斜視外来の日に府立に来ているだけで、普段は長岡京市の済生会京都府病院にいらっしゃるということでした。府立は予約が出来ませんが、済生会京都府病院の斜視外来は時間予約制ということでした。(情報提供者:yuuさん - 2004/12月 メールより)
バプテスト眼科クリニック (京都府)

!病院のサイト

  • 6歳の男の子の母です。息子は3歳くらいから外斜視でずっと経過観察をしていましたが、昨年に手術をしました。私も手術に際して信頼のおける病院をずいぶん、探しました。そして、左京区にあるバプテスト眼科クリニックで受けましたが、こちらは京都でもかなり有名な眼科専門の病院らしいです。斜視外来でお世話になりました。

     バプテスト眼科は京都府立医科大学などから有名な先生も来られているようで眼科のいろんな疾病に詳しい専門の先生もおられるようですよ。 

     現在、ちょうど術後1年になりますが、経過も良好でいい状態を維持していけるように今も定期検診に通院しています。
    (情報提供者:まーみママさん - 2007/11/15 掲示板より)
     
  • 手術することが決定になりました。息子はまだ2歳の為、個室で2泊3日の入院です。手術の入院は病院の指示で2泊3日ですので退院時私が一人で連れて帰るのは不安ですが・・・。

    私は自分の地元で病院を2件行った後にパブテストに行きました。
    息子はパブテストの中島先生にお世話になっています。

    前の病院では眼科診察の時に色々と大変で、質問も出来る状態ではなかったのですが、初診時に先生の方から「何でも質問してくださいね。」と笑顔で言われて安心した覚えがあります。

    手術が決まった時も診察が終わった後、聞きたいことがあった時、もう一度診察室でお話を聞かせてもらいましたが、わかりやすく説明してもらいました。だから納得して先生に手術をお願いすることが出来るのだと思います。

    また検査でも息子の出来るペースに合わせて検査の方がして下さっているので、息子も嫌がらずにしてくれるし、「イヤイヤ」期で検査が思うように進まない時も「みんなこんな時期があるからゆっくりやっていきましょう」と言われたり、少し成長して出来る検査が増えた時も褒めてくださったり・・・。と親も子も嬉しい状態でした。

    評判は正直わかりませんが、私は中島先生も検査の方も信頼しています。(いろいろとあって私は結構医者不信の人ですが・・・)

    ただ別のことでかかっている病院に不信感があり、相談した人に言われたのが「患者も医者も人間だから相性はあるよ。」ということです。私たち家族にはいいけれど・・・。ということもあるので一度行かれてはどうですか?病院の感じとしては、明るくて優しい感じです。検査の方もほとんどは女性で子供たちもたくさん来ています。

    パブテスト眼科には中島先生とは別に斜視外来があります。(多分、木曜日だったと思うのですが・・・)一度行く前に電話で確認してください。中島先生は斜視だけの先生ではないと思います。
    (情報提供者:秀さん - 2005/09/25他 掲示板より)
     

  • 毎週木曜日の午後に斜視外来があります。
    先生は北川厚子先生という女医さんです。
    この先生は以前は京都市立病院にいらっしゃいましたが数年前に山科で北川眼科を開業されました。ですのでバブテスト以外では北川眼科の斜視外来の日に受診することも可能です。ただ北川眼科は日帰り手術しかできないので全身麻酔、入院が必要な子供の手術は北川眼科で受診していても手術はバブテストで行われます。

    [初診時の検査や様子]
    初診は1歳三ヶ月でした。(間歇性外斜視で三,四ヶ月ごとの受診)
    検査は検査室で検査士さんがなさいます(ほとんどが女性の検査士さんでみなさん子供に優しいです。)

    検査内容は、白黒のシマシマのボード・ペンライトで眼を見る・斜視の角度を測るなどでした。

    検査室での検査の後,北川先生の部屋へ呼ばれ先生の受診があります。
    実際の検査は検査室で終わってるので先生の部屋では先生がカルテを見ながら子供の目の様子を見たり、私の質問と先生のお答えが主になります。もちろん、必要に応じて先生も検査をなさいます。先生の部屋にも検査に必要な器具はあります。

    [毎回の検査や診察内容]
    斜視角を計る検査は毎回ですが、年齢が上がるにつれて検査もだんだん複雑になっていきます。幼いときからやっていた検査を順番に書いてみました。(先生がなさった検査もあります。)

    1 白黒シマシマボード

    2 うさぎのカード(うさぎのイラストが書かれたカードが何枚かあり、うさぎの目がだんだん小さくなって最後にはちっちゃな点くらいになります。うさぎの目はどこか子供に聞きます。)

    3 輪通し (知恵の輪みたいな感じなんですが、片方の穴にもう片方の棒を通させます。両眼視や立体視を調べてるみたいです。両目でやるときより片目でやる時のほうが下手なら、ちゃんと両眼視できてるという判断。)

    4 ステレオフライテスト

    5 同じく特殊な眼鏡をかけてどの動物が飛び出てるか、どの丸が飛び出てるか子供に言わせる検査

    6 視力検査  通称 ”同じのどれ?”
    (子供に四つのイラストが書いてあるカードを持たせ、検査士さんが離れたところで四つのうちのどれかと同じイラストを見せます。子供は見せられたイラストが手元にあるどのイラストと同じかを言います。検査士さんが見せるイラストはだんだん小さくなります。)

    うちはまだできませんが、もうちょっと大きい子供はランドルト環検査をしています。

    [待合の様子や混み具合]
    予約制なので待ち時間はほとんどありません。
    早いときは診察券を出したと同時に検査室入り、遅くても30分も待ちません。この予約は電話でいつでも変更可能です。前日にドタキャンしても翌週に予約を入れてもらうこともできます。翌週でなくても三週間後でも一ヵ月後でも大丈夫で、予約に関しては非常に楽です。

    [眼科の雰囲気]
    新しくて診察室も病室もきれいです。

    [その他感じている事など]
    手術の場合、子供は個室(バス,トレイ付きの部屋もあり。)
    親の付き添いも可能です。
    (情報提供者:あやさん - 2004/5月 メールより)
ささもと眼科 (京都府)
病院のサイト
  • 一年以上前に当時2歳の娘の眼が気になり、小児眼科の医師を訪ねて「3歳半ぐらいになったら、もう一度来なさい」と言われ、今日、3歳5カ月で受診してきました。やはり、間歇性外斜視と診断されました。まだ視力検査は、ふざけたり集中力が持続せず、ハッキリとはできていないので半年後にもう一度受診します。
    今は、特に治療とかも無いので「経過観察」だけだそうです。「斜視外来」もあるので半年後には、検査も詳しくして頂けるとこの事でした。

    娘がお世話になり、これからもお世話になるつもりの病院は
    京都市の「ささもと眼科」です。

    京都市立病院の眼科部長だった先生の病院で、大型ショッピングセンター「ダイヤモンドシティ・ハナ」内にあります。
    偶然、義母の知合いに眼科の看護士さんがおられて信頼のおける先生が開業されるのを聞いてお世話になった次第です。検査して下さる方(何とお呼びして良いのかわからないのですが検査技師さんでしょうか?)も、とても親切で娘をリラックスさせて下さり、先生も、とても温和で質問にも丁寧にお答え頂きました。

    またショッピングセンターに併設されている性質上、休日でも受診可能ですので平日都合のつきにくい方には便利だと思います。月水金の3時からは斜視外来もされていて、娘は今度こちらの時間帯でお世話になるつもりです。
    もし、手術とかになった場合は、どのように対応されるのかは判りませんので安易にお薦めできるかどうかは判らないのですが(判りましたら、また報告します)参考になれば幸いです。(情報提供者:すみあんさん - 2005/10/17他 掲示板より)

北川眼科クリニック (京都府)
  • 滋賀県在住の者です。私の子供も、2歳の時に、間欠性外斜視だと診断され昨年6歳の時に、手術を受けました。

    私の場合は、先生の人柄、治療・手術方法等を考慮して京都山科にある北川眼科クリニックを選びました。(そこには手術が出来ないので、手術はバプテスト眼科クリニックにて。)(情報提供者:キップコップさん - 2008/10/05 掲示板より)
近畿大学医学部堺病院 (大阪府)
  • 両眼視の訓練を受けたくて担当医(残念ながら、斜視専門医ではありません)に相談したところ、「近畿大学医学部堺病院」を紹介されました。
    早速予約してみましたが、電話受付で「両眼視の訓練を希望しています」と伝えたところ、2回聞き返されてしまいました・・・。

昨日病院に問い合わせたところ、両眼視の訓練は行っているが専門の訓練士さんは常在ではないから詳しくは説明できない、明日来るのでもう一度かけ直してくださいとの回答でした。(情報提供者:ゆうたママさん - 2011/07/21他 掲示板より)
  • 近大堺は訓練に精通したORTの方がいらっしゃると聞いたことがありますよ。論文もたくさん出されているようです。(情報提供者:通りすがりさん - 2011/07/26 掲示板より)
大阪府立母子保健総合医療センター (大阪府)
!病院のサイト
  • 間歇性外斜視の5歳の娘をもつ母です。11月14日、大阪の母子医療センターで手術を受け、16日退院してきたばかりです。

    うちの娘の場合、外来の担当医は眼科部長の先生でしたが、手術・入院となったら、若い先生が担当になりました。外来と病棟で担当が替わるのは、大きな病院では、まああることかな、と思います。入院中見たところでは、部長先生は、担当患者は持っておられないようでした。手術前の診察、回診はしていただけました。
    手術は、実際の所どなたが執刀されたのか分からないんですが、少なくとも立会いはされてると思います。母子センターでは今、眼科の先生は3人いらっしゃいますので、外来の担当医が部長先生以外の先生ならば、手術・入院となったとき、そのままだと思いますが、外来が部長先生のときは、担当医が替わることになると思います。術後の検診の後は一ヵ月後です。ちなみに、病棟担当の若い先生と部長先生、両方の診察がありました。
    (情報提供者:六花さん - 2005/11/17他 掲示板より)
     
  • 娘が大阪の母子医療センターに通っています。
    担当の先生はとても若く、私の質問には答えてくれますが、あまり納得のいかない(あまり詳しくは答えない)感じです。それと母子センターにも他にベテランの先生もおられるので、担当を変えてもらうことも考えたりもします。
    (情報提供者:リーフさん - 2005/10/26 掲示板より)
     
  • 大阪の母子センターは娘が手術しました。
    参考までに。紹介状をもらったら電話予約します。普通で3ヶ月待ち。夏休みとかかぶってしまうともっとかかるかも。今、予約して7月ぐらいだと思います。
    診察して手術の予約を先生が入れてくれることになった場合。普通の斜視(緊急を要しないもの)の場合は1年待ちぐらい。早めにした方がいい場合で半年待ちぐらいです。(情報提供者:たまさん - 2005/04/22 掲示板より)
     
  • シンガポールの医師が日本人医師を何人か紹介してくれましたが、そのお一人が大阪母子保健総合医療センターにいらっしゃる方でした。お目にかかったことがないので、何とも言えなくて申し訳ないのすが、気になっていました。
    (情報提供者:サラさん - 2005/04/22 掲示板より)
     
  • 眼科医の病院を受診し、必要時に関西では大阪の母子医療センターを紹介しますよ・・・と医師からのお話でした(情報提供者:Yママさん - 2005/04/21他 掲示板より)
     
  • 大阪だと母子保険総合医療センターもお子さんの患者さんが多かったと思います。(情報提供者:しぇるさん - 2004/09/30 掲示板より)
     
  • 私の住んでいる所は和歌山県です。地元の小児科(個人病院です)の先生は大阪の母子医療センターもいいって言ってました
    (情報提供者:新米ママさん - 2004/05/24 掲示板より)
大阪市立総合医療センター (大阪府)

!病院のサイト

  • 私は、3年前に大阪市立総合医療センターで横山連小児眼科部長先生に手術をしていただきました。間欠性外斜視という病気でした。その後は、経過も順調で半年に1回横山部長の経過観察を受けています。大人の斜視にも結構熱心に取り組まれているのでかなり信頼の置ける先生です。
    (情報提供者:裕治さん - 2010/8月 掲示板より)
     
  • 八月に七歳になった娘が、内斜視の手術を受けることになりました。病院は大阪市総合医療センターです。昨年11月に初めて受診し(地元眼科の紹介)、六月に三度目の検診で「視力が落ちてきてるから、出来るだけ早く(半年以内の)手術を受けたほうがいい」と言われました。
    手術のキャンセル待ちを頼んでいたところ、昨日病院から「来月はどうか」と連絡が来ました。ただし、執刀医が担当医ではなく、知らない先生なのです。
    電話ではあわててつい了解してしまいましたが、後から医師が変わることに不安を覚え、ネットを検索していた所こちらにたどり着きました。書庫の中には『先生によって術後の経過も違う』といったお話もあり、やはり担当医に手術してもらいたい・・・。(担当医はこのサイトにも書かれていた横山先生です。)明日病院に担当医だとどのくらい先になるか聞いてみますが、『急いだほうがいい』といわれても待つべきでしょうか?また、同じ病院で横山先生以外の先生に診てもらっているという方はいらっしゃいませんか?(情報提供者:ののははさん - 2007/08/30 掲示板より)
     
  • 先日大阪市立総合医療センターへ診察に行ってまいりました。10時予約で主人と9時に家を出発しましたが、診察して頂いたのはナント午後1時過ぎ…うーん、疲りた(笑)

    交代性内斜視との診断がつきました。
    中には自然治癒するお子さんもいらっしゃるそうですが、息子の場合角度?が、30度もあるらしくまず手術が必要でしょうとの事でした。通常かなり待つらしいのですが、至急扱いで4〜5ヶ月先の手術の予定にしましょうと言われ入院手続きだけして帰宅しました。
    現在息子は丸5ヶ月、手術予定の頃はまだ1歳にも満たない程です。
    全身麻酔の恐怖やらでおろおろするばかりですが、早い段階できちんとすれば良い結果が出るからねと先生も言って下さり、斜視が判明した頃程のパニックはありません。(情報提供者:みかるさん - 2005/10/06 掲示板より)
     
  • 2歳8ヶ月の娘が内斜視で、大阪市立総合医療センターでもうすぐ手術です。

    風邪で近所で評判の内科にかかった時に、『風邪よりも、斜視の方が気になる』とすぐに紹介状を書いて下さり予約まで取って頂きました。とても信頼できる先生なのですが、よい病院か分からないので、未熟児検診を受けていた市民病院で医療センターを紹介して頂いたが、他の病院でも見てもらった方がよいのか聞いて見たら、医療センターならよい病院だから大丈夫と言われました。小児内科で聞いても、近所の眼科できいても医療センターは斜視ではいい病院みたいですよ。そのかわり、すごく患者数が多いので手術も1年待ちなんです。

    病院はとても近代的で綺麗で大きいです。予約時間から受診終了まで3時間くらいかかります。訓練士の方が3・4人、看護士の方が3人ぐらいで先生の部屋は二部屋あります。手術の予約をしてから一年かかりましたよ。

    私は斜視について何も知らないまま病院に行ったので、検査も何をしているのか分からないし、先生にも何を質問すればいいのか分からなくて、家に帰って疑問だらけになってしまいました。
    初診の時、先生は必要最小限しか話されなかったので、ある程度聞きたい事をメモして行かれる方がよいと思われます。(質問すれば説明して下さいましたので。)
    (情報提供者:るいさん - 2005/07/05他
     掲示板より)
     
     
  • 頭痛も頻繁にあるのと今後の手術の事もあり、眼科医院から大阪市立総合医療センターを紹介して頂きました、くちコミ情報でも何件かありますよネ。小児眼科が専門であるのと、設備・技術の面でも安心できますとの事です。予約も医院の方でとってくれました。詳しく検査をして今後の事を決めていこうと思います。
    (情報提供者:みゆママさん - 2005/07/05 掲示板より)
     
  • 大阪は大阪市立総合医療センターにも小児眼科がありますよね。紹介状はいらないようです。(情報提供者:モモやんさん - 2004/09/30 掲示板より)
     
  • 大阪市立総合医療センターで横山先生に見て頂いております。子供は横山先生に見ていただいておりますが、診察室は先生の他に医師か視能訓練士の方か分かりませんが、もう1人白衣を着た方もいつもいらっしゃいます。その方は診察の内容を聞いているという感じで、助手のように次の受信日を決める時など、必要に応じてパソコン操作をしたりしています。子供は生まれつきの内斜視だと思うのですが、手術は2歳前までには行う予定です。斜視のお子さんも沢山いて混んでいますが、先生はこちらの質問に丁寧に答えて下さいます。
    (情報提供者:大阪のママさん - 2004/04/18 掲示板より)
     
  • 娘は大阪市立総合医療センターで診て頂いています。
    自分の実家から近いので現在通っていますが、看護師とは違う白衣(?)を着ている方が検査をしてくれますので、おそらく視能訓練士だと思うんですが何人もいますよ。 いつも2〜3人かそれ以上(?)はいたと思います。
    (情報提供者:パパごんさん - 2004/01/21 掲示板より)

関西医科大学付属病院 (大阪府)

  • 1歳〜6歳まで通ったのは関西医科大学です。そして今回転院したのは大阪医科大学です。どちらも眼科が有名らしいです。二つの病院は規模から言うと関西医科大の方が大きいかな?ずっとこちらに通っていて大阪医科大はまだ一度しか行ってないだけに私としては雰囲気は関西医科大の方がいいです。と言うか慣れてるだけかな?

    関西医科大は数年前に二階だった眼科を一階に持ってきてなんだか眼科がメイン的に思えるほどです。待合にはいつもたくさん人がいますが予約制なのでそんなには待たされないです。でも初診の時はさすがに待たされました。時間は忘れましたが朝一に行って午前中いっぱいかかったと思います。初診の時は1歳半ぐらいだったのでほとんど検査らしい検査は出来ず、家でとったずれてる写真を見せたりしました。一応した検査は、点眼で瞳孔を開いてみるのと覗くと気球がみえるものです。その後は視力検査、気球、眼鏡をかけて羽をつかむ、物差しのようなものでずれをはかるなどが毎回でそれをもとに先生の診察でした。人から指摘されてないか、ずれる頻度が増えていないかと聞かれ、特に変わりがなかったので6才まで経過観察だったんです。担当の先生は斜視、弱視専門の女の先生で話はしやすかったです。(情報提供者:うのちんさん - 2004/05/9他 掲示板より)

大阪医科大学付属病院 (大阪府)
!病院のサイト
  • うちは10ヶ月で斜視とわかり、現在5歳になる息子(次男)がいます。
    転勤族で、まず、大阪医科大学を受診しました。でも、ここはアトロピン軟膏をもらって、1ヶ月に一回受診するという形で、治療としては正しいのでしょうが私のようなめんどくさがりには、効果があるのかないのかわからないので合わないように感じました。(情報提供者:ミッキーさん - 2005/07/12 掲示板より)
     
  • 1歳3ヶ月の娘がいます。4ヶ月の検診で内斜視の診断をされました。現在2箇所の病院で、どちらで治療をするべきか迷っています。
    ちなみに、病院は総合医療センターの小児眼科と、大阪医科大病院です。
    医療センターでは最初から1歳6ヶ月すぎれば手術をしましょう、と言われていて、一応11月に手術予定です。
    医科大ではメガネをして1年ほど経過を見てメガネで直れば手術はしないと言われています。メガネをかけないと、先には進めないと言われました。
    (情報提供者:あやたんママさん - 2005/05/20 掲示板より)
     
  • 私は大阪在住ではないので、あくまで参考程度に・・・
    10月に多府県の眼科から紹介されて高槻の大阪医科大学付属病院にて斜視の手術を受けました。ココでは基本的に小児以外は斜視は局所麻酔で行い、外来手術(入院をしない)との説明でした。私は多府県に住んでいる関係で3泊4日の入院でした。病院は古いですが、スタッフ等親切でよかったです。ただ、やはり大きな病院の部類ですので混んでいます。(どこでもそうかもしれませんね)
    (情報提供者:ぷよよんさん(大人の方の治療) - 2004/12/12 掲示板より)
     
  • 1歳〜6歳まで通ったのは関西医科大学です。そして今回転院したのは大阪医科大学です。どちらも眼科が有名らしいです。そして大阪医科大学の方は手術療法を積極的にすすめるようです。二つの病院は規模から言うと関西医科大の方が大きいかな?ずっとこちらに通っていて大阪医科大はまだ一度しか行ってないだけに私としては雰囲気は関西医科大の方がいいです。と言うか慣れてるだけかな?

    大阪医科大は家から近いところにあり、小児科など近所の病院に通っていて重症になったらそこに回されます。眼科も有名らしく友達のお子さんが弱視で通っていますが成果が出ているようです。
    初診は紹介状があったせいか、たまたまか運良く驚くほどの速さで済みました。まあ、娘も6才になり検査もスムーズに出来たからだと思います。検査は娘だけが入ったので見ていませんが、聞く限りではほとんど同じような感じみたいです。診察は予約制ですが聞くところによると3時間遅れとかあるようです。先生は男の先生でもちろん斜視、弱視専門です。広く小児眼科も専門みたいで近辺の目の悪い子供達がこの先生のところへ来るようで待合は子供が多いです。待たされるのをみんな知っているのか時間をつぶせる物を持って来ていました。この間は初めてだったこともあり、先生とは話しにくかったです。聞きやすいと言えば関西医科大の方でした。
    (情報提供者:うのちんさん - 2004/05/9他 掲示板より)

大阪大学医学部附属病院 (大阪府)
!病院のサイト
  • 今日、大阪大学医学部付属病院に診察に行ってきました。予約ナシ・紹介状ナシでしたか、待ち時間は3時間ほど、思ったより早く終わりました。詳しい検査は2週間後、アトロピンを点眼した後に検査します。疑問に思っていたことが、今日解決して、すっきりしました。先生も、子供の相手に慣れていて、とても話しやすい先生でしたよ。(情報提供者:双子ママさん - 2005/11/15 掲示板より)
     
  • 阪大病院の斜視専門の先生は、私も一度お話ししたことがありますが、確かに丁寧で良い印象の先生でした。お子さんの患者さんが少ない・・とのことでしたが、私が聞いた限りでは阪大病院に通っているお子さん、結構いますよー。
    (情報提供者:しぇるさん - 2004/09/30 掲示板より)
     
  • 娘が斜視で、現在大阪大学付属病院の眼科で診療を受けています。ちょうど2歳を超えた今年の初夏に結膜炎で近所の眼科を受診したところ、なるべく早く専門外来を受けるようにとのことで、阪大病院の眼科を紹介してもらいました。

    一度目は外来診察ということで、約3人のドクターに診て貰ったそうです。アイパッチを毎日3時間つけることになりました。
    それから2ヶ月後の受診で、生後すぐの斜視の写真と現在の写真を持参し、瞳孔を開く目薬を5日間点眼してから再度受診したところ、生まれつきの斜視なので手術をしましょう、と言われました。
    手術の日程はまだ決まっていませんが、10月下旬にもういちど受診をして、詳しく決めるようで、入院は5日間くらいになるとのことです。麻酔や手術の方法など詳しいことについては、次回の診察時にお話されるとのことです。

    すぐ下に赤ん坊がいることもあり、阪大の受診はいつも夫に連れて行ってもらっています。直接病院へ私が出向いていないこともあり、夫から聞く話で不安に感じたのは、子供の患者さんが全然いないそうなのです。前回の診察では、予約診療で時間を設定されているのにもかかわらず2時間も待たされ、診療はわずか15分。院内感染の事故もつい最近あったばかりなので、この期に及んで、病院を変えたほうがいいのだろうか、と思い始めてしまいました。

    阪大病院は、主治医の先生が斜視の専門医ということです。直接話をした夫によると、丁寧な対応で良い先生のようです。最初に診ていただいたドクターの3人の中には、“こどもの診察に不慣れ?”と思われる方もおられたようで心配もありました。『まっすぐ前を向け!』と威圧するような物言いで、娘がすっかり怖がって泣いてしまったそうなのです。(幸い、主治医の先生は優しいのですが)
    (情報提供者:文さん - 2004/09/29他 掲示板より)
大阪市立大学医学部付属病院
  • 歯科医です。最近老眼気味で億劫です。
    斜位から斜視への移行しつつあり、めがねの処方箋、定期検査とサードオピニオンを兼ねて、昨年末、大阪市立大学医学部付属病院受診。ほかの診療科も市の総合医療センターとの相互乗り入れしているので、もしかしてと思い、一般外来で聞くと斜視外来ありますとのことでした。大学のHPにも書いてませんが、、、。木曜日午後、総合センターより行列は短いようです。穴場です。
    視能訓練士2名以上、検査慣れしている看護師2名以上、カバーテストなど一通り、出来てます。先生は、、ううーん、よー判らん。私の視力が安定していないのかも。
    (情報提供者:nanasisanさん - 2009/3月 掲示板より)
湖崎眼科 (大阪府)(大阪府大阪市阿倍野区)
  • 今月末に内斜視の手術を受けるものです。
    場所は大阪市阿倍野区の湖崎眼科です。料金は15000円ほどと聞いています。(手術方法が違いますので目安に・・・。)日帰りできますが、木曜が手術日、金曜、土曜、月曜、木曜と診察があります。
    (情報提供者:フェニックスさん (大人) - 2008/10月 掲示板より)
     
  • 小学1年で医大で1回、2年で京都の個人病院で2回、23才で大阪の湖崎眼科で最後の手術を受けました。何度も手術して、10才で治らないと言われていたけど、その13年後でも治すことができたので、焦らずいいお医者さんを探して頑張ってください!湖崎眼科はほとんど斜視専門のような病院で、小さなお子さんが沢山いました。年配の方もいました。この病院の先生が言うには、手術は早い方がいいとのことです。湖崎眼科は梅田で診察しても手術は阿倍野です(^−^)
    両院ともとても親切で、手術も必ず院長先生がついてやってくれますし、安心できました☆斜視は年齢が早ければ早いほど治りがいいと言われました。
    (情報提供者:シホさん - 2007/02/17他 掲示板より)
     
  • 初め保健所の紹介で湖崎先生を初診。ペンライトを当てられ「乳児内斜視…手術が必要になるがウチでは2歳でするよ」と斜視の言葉も意味も分からない私は泣く泣くアイパッチの使用の説明を看護婦さんに根気良くしようと励まされ帰りました。次回3ヶ月後の予約。

    待てない思いで親戚に聞いた兵庫こども病院へTELして院長山本先生が出られて「廻っている眼科で診てあげよう」と西崎眼科へ行きました。眼底検査は異常なし、アイパッチ使用。ウブレチド眼滴で筋肉調整しよう。月に1度の診察だったので3回目の時に、「あまり効果がないようだから手術に向けて兵庫こども病院か大阪に住んでいる私が通える大阪総合医療センターを紹介しようか」の話になったと言う事です。

    そんな状況で、湖崎眼科2回目診察。眼滴の事を伝えると「やめなさい。かえって悪くなる。主治医は私だ」とビックリ!しました。後その時一緒にいた主人が手術の時期を確認するように聞き、「ウチでは2歳だが、1歳までなどで超早期手術するのと2歳でするのとは超早期の方が状態が良いかな〜早くしたいなら紹介状を書いてあげるよ」って、じゃあ早い方がいいんじゃないと思ってしまいました。主人は手術に対応できるには2歳位がいいんじゃないか?と。とにかく眼滴をやめ、アイパッチだけし3週間が立つ現在です。

    2つの眼科をかけもった事で、どちらの先生も信頼してるゆえ、混乱し悩み不安になったしだいです。(情報提供者:えみママさん - 2006/03/17 掲示板より)
     
  • もうじき三歳になる娘は一年ちょっと前から湖崎眼科に通っています。九ヶ月頃から視線が合わないなと思い、小児科や保健所の健診で斜視ではと尋ねましたが大丈夫と相手にしてもらえませんでした。でもご近所の方に指摘され湖崎眼科を教えてもらいました。初診では右目が間欠性外斜視なので声かけをするなどして潜伏期を増やすようにといわれました。その後半年に一度の診察でしたが今年の四月から三カ月おきの診察になっています。湖崎先生はいい方だと思うのですが、質問しづらいのです。眼鏡も近視でなのか遠視でなのかわかりません。又セカンドオピニオンとしてどちらか診察を受けたほうがいいのか(主人はそうしたらと言います)迷っています。(情報提供者:まなびーさん - 2005/09/12 掲示板より)
     
  • 私が16日に手術を受ける病院は阿倍野区にある湖崎眼科です。看護婦さんもしっかりされているので安心ですよ。私も信頼してオペを受けることにしました。(情報提供者:ありんこさん(大人の方の治療) - 2004/12/12 掲示板より)
     
  • 病院を3箇所受診しまして、その3箇所目が湖崎眼科です。湖崎先生には眼鏡の必要は言われてません。2箇所目の大学病院での指示です。湖崎オプティカルは指定なんですよねぇ。残念です。湖崎先生は私は少し苦手なタイプでした。
    (情報提供者:あやかママさん - 2004/10/03 掲示板より)
     
  • 湖崎先生のお名前、斜視で検索していて何件か見つけました。はるばる遠方から通院・手術される方もおられるそうですね。
    (情報提供者:文さん - 2004/10/01 掲示板より)
     
  • うちの息子も湖崎眼科に通っています(^^)
    アクティの分院はまだありますよ〜〜。ちなみに本院は、阿倍野区にあります。湖崎先生も、ボーイさんが診ていただいていた頃に比べれば、お年は召されていると思いますが、まだまだ現役でがんばっておられますよ(^▽^)♪

    うちは大阪の湖崎眼科にかかっていますが、そちらの指定の眼鏡店では0歳児の眼鏡も扱っていますよ!大阪第一ビル1階にある、「湖崎オプティカル」です。湖崎眼科指定店ということで、幼児用眼鏡はセルフレームばかりでしたが、先日お店に行ったら、湖崎先生がとうとうメタルフレームにも着手(?)なさったらしく、かわいいメタルフレームの眼鏡も並んでました(^^)オリジナルブランドとおっしゃってた気もしますが・・ちょっと記憶が不確かですー。こちらは0歳のお子さんもたくさんいらっしゃるお店ですから、梅田に出る時にでもちょっと覗いてみて下さい〜
    湖崎オプティカル 大阪駅前第一ビル1階 06-6348-0504
    (情報提供者:しぇるさん - 2004/06/28他 掲示板より)
     

  • 現在23歳の男です。幼稚園の時手術しました。しかし小学生の高学年の頃になるとまた斜視が戻ってしまいました。そして今度は斜視の名医と呼ばれる、「湖崎眼科」という所に行きました。すると診察するなり「手術しましょう!」と言われました。その時は何が何だか分かりませんでした。
    そして小6の夏休みに自身2度目の内斜視の手術をしました。前回は全身麻酔だったのですが、今回は局部麻酔の手術でした。
    湖崎眼科はアクティ大阪という所にありまして(今まだあるのかな?)凄く狭かった印象があるんです。。(情報提供者:ボーイさん - 2004/06/25他 掲示板より)
近江眼科 (大阪府)(大阪府大阪市西区江戸堀1-24-18)
!病院のサイト
  • 私は、現在41歳で、幼少の頃、大阪の近江眼科という所で、斜視の手術を受けました。その後、30年位は関東地方に住んでおりますが、斜視以外の事由で眼科を受診して「近江眼科で斜視の手術をしました」と言うと、「いい病院で手術されましたね」というような反応がかえってきます。一つの眼科だけではないですよ。どの眼科に受診しても、同じような反応でした。
    しかも、私は「大阪の」とは言っていないのに、お医者様の方から「あの大阪の近江眼科ですね。」と仰います。きっと、かなりいい病院なのではないかと思います。
    (情報提供者:ちゃいさん - 2007/05/22 掲示板より)
     
  • 娘が大阪市西区にある近江眼科でお世話になっています。自宅近くの眼科で近江眼科江戸堀診療所を紹介していただき近江眼科に通院しています。12月17日、小学1年生の娘の全身麻酔での日帰り手術(右目のみ)が予定どおり行われ、無事に終わりました。

    [手術について]
    毎週金曜日の午前中に住友病院の日帰り手術センターへ近江先生が行って、日帰りで手術をしているそうです。
    手術の説明や、手術前後の注意点等も聞き、8月31日に住友病院で手術の日が12月17日に決定しました。手術まで日があるので、一ヶ月に一回近江眼科を受診することと、家で寄り目の練習を続けることを言われました。
    その後、12月6日に住友病院で術前検査、15日に住友病院で小児科受診と日帰り手術センターでの面談(手術前日〜当日〜翌日の注意点や経過などの話)がありました。
    12月16日はいつもどおりに過ごし、夕食は20時までに終わり、飲み物は寝る前までOKでした。当日は朝食を食べずに病院へ向かいました。8時15分頃着いて日帰り手術センターへ。手術衣に着替えて体温、血圧測定、洗顔、トイレをすませて看護師さんと手術室へ入りました。手術は9時からで、麻酔を含め1時間余りで終わりました。手術室から右目に眼帯をして出てきました。手術後2時間は食事は出来ず、16時前に眼帯が取れて、目薬と飲み薬の処方を受けて、無事退院となりました。そして翌日、近江眼科受診しました。
    (情報提供者:きゆみさん - 2004/12/13他 掲示板より)
     
  • 近江眼科も先生の腕はいいらしいです。眼科医の知り合いが言っていました。近江眼科ですが、きゆみさんの娘さんの通院されている近江眼科と同じです。近江先生をよく知る眼科医のいとこが話していたので、きっと大丈夫ですよ!!
    (情報提供者:ありんこさん(大人の方の治療) - 2004/12/12他 掲示板より)
多根記念眼科病院 (大阪府)
  • 多根記念眼科ですがORTの方はとても素晴らしいです。(教育が凄くしっかりされています)ただ、訓練をしているかどうかはわかりませんが・・・
    (情報提供者:通りすがりさん - 2011/7月 掲示板より)
     
  • 知人の紹介で、母親が納得するまで、訓練をしてくださる病院にいきました。そこの先生は混んでいるのにもかかわらずじっくり説明してくださいました。
    ハイビジョンの目とアナログ(斜視の方の目)だと、いいほうの目でしかみない。だから、手術をしてもきっといいほうの目でしか見ないだろうから訓練はやったほうがよい。もう少し訓練をしてからでも手術は遅くないだろう。とのことでした。

    しばらく、そこで訓練をしてみようかと思います。
    その病院は、多根記念眼科病院 です。

    ホームページも出ていますので詳しくはネットで調べてみてください。大阪ドームのすぐそばで、電車だとちょっと距離がありますが、バスも出ていますし、駐車場もあります。水曜日の午後が小児眼科をやっています。ほかの病院にいっていたこと、紹介状がないセカンド(サード)オピニオンであることを前もって伝えてもすごく丁寧に検査してくださいました。ただ、やはり初診には時間がかかりました。
    (情報提供者:転勤族さん - 2005/11/07他 掲示板より)
西眼科(大阪府)
  • もう、何年前になるでしょうか、幼稚園、小学校のときに、大阪の病院で手術しました。 その筋では腕のいい病院だそうで、今はやたら立派なビルになってますが(苦笑 病院は、大阪環状線の玉造駅近くにある、「西眼科」というところです。 (情報提供者:GENさん - 2007/11/15 掲示板より)
和歌山県立医科大学付属病院 (和歌山県)
!病院のサイト
  • 私の住んでいる所は和歌山県です ですので和歌山医大です 最初は地元の総合病院に行った所医大からの派遣の先生でしたので多分地元の総合病院は医大系列でしょう 和歌山医大に紹介状を書いていただいた時子供の斜視専門の先生をお願いしたところ医大の白井先生(女性の方です)を紹介して頂きました

    [初診の様子]
    この医大は初診から予約が入れれます 専用の電話番号に電話して 名前住所生年月日等聞かれますが予約が入れれて いい病院だなって思いました  初診の検査は点眼して眼底を調べました その時点眼の説明が無かったので 2回目の点眼の時看護婦さんに聞いて初めて分かりました(あと目がまぶしくなるのも言ってもらえなく 此方から聞きました)あと遠視などの検査をしました子供が小さい為検査はできませんでした 検査は先生がガラスの三角柱みたいな物で子供の目を見るのが主でした 

    [待合や眼科の様子]
    待合室はいつも混んでます 脳外科が隣なので どちらの患者か分からないですが眼科の感じは すこし中待合も混んでいて ベビーカー等では入れませんね 機械が多く少し通りにくい感じです でも白井先生はさすがに子供なれしてて看護婦(先生についている)の方もおもちゃなどで目線を上手に検査しやすいようにしてくれます あと2回は脳外科で見てもらいましたが目の筋肉の話は詳しく丁寧に教えてくれました(眼科の先生からの説明はなかったので助かりました) 総合して 私からなんでも聞かないといけないなって思いました。
    (情報提供者:新米ママさん - 2004/05/24 掲示板より)
和歌山労災病院 (和歌山県)
!病院のサイト
  • 和歌山の労災病院を勧めていただいたのは和歌山県田辺市の山西眼科の先生です ここに行く前に電話をしましたら 7時はら病院は空いてるので保険書か紙に名前など書いて診察箱に入れて8時半に電話してから病院に来ていいとのことでした子供はまだ8ヶ月でしたので助かりました 田辺には 紀南病院や国立病院がありますが 結局他の病院から先生を呼んだりするので 行くなら労災がいいって言ってました 山西眼科では 私の子供は手術できないからって言われました(子供が小さいから麻酔をしないといけないから うちでは無理ですって言われました)山西先生に医大に通院している話をしましたので あと行くなら労災がいいでしょうって言ってました (情報提供者:新米ママさん - 2004/05/30他 掲示板より)
新宮市立医療センター (和歌山県)
!病院のサイト
  • 息子が乳幼児検診(5ヶ月のとき)で指摘され、紹介された和歌山県内の医療センターの眼科に行ってきました。息子は現在7ヶ月です。生後2-3ヶ月くらいから左目が少し内側によっている気がしていましたが、最近は以前よりは気にならない程度になってきています。

    昨日見てもらった病院は、うちから一番近い(と言っても車で1時間半以上かかります)総合病院の新宮医療センターです。眼科の先生は一人だけでした。すべて終わるのに4時間かかったので疲れました。診察では最初に先生と話をしました。乳幼児健診で指摘されたこと、2−3ヶ月ごろから気になっていることを話すと、「そんな早くから斜視にはならない」「普通は1歳を過ぎてから」と言われました。そしてライトで目を照らして、「斜視があります」と言われました。
    そのあと、授乳してから「瞳孔を開く目薬」をさして、2時間後に眼底の検査をすると、先生とは別の人から説明を受けました。赤ちゃんは検査でミルクを吐くので2時間あける必要があるとのことでした。また目薬は30分おきに4回さしました。さすたびに瞳をライトで照らされ、瞳孔が開いているかチェックを受けました。目薬についての詳しい説明はありませんでしたし、他の患者さん(高齢の方ばかり)も同じものをさしていて、乳児用のものを使っている様子でもありませんでした。さした直後は目をぎゅっと閉じていましたが、幸い、今のところ変わった様子は見られないのでとりあえず安心していますが。

    2時間後、診察台に寝かされ、動かないようにバスタオルでぎゅっと強く包まれて、二人がかりで抑えて、先生が眼底の検査をしました。「お母さんは外に出てください」と言われましたが、出ずに見ていました。なぜ見てはいけないのか分かりません。検査の後、先生から「この子は斜視です」と言われましたが、眼底に異常はなく、網膜も正常のようです。それから1歳半になったら視力を出すためにメガネをかける必要があること、また3歳くらいにならないと視力検査ができないからどれくらい見えているのか分からないとも言われました。手術については何も説明がありませんでした。

    そして脳に異常があるかどうかも見るので、2ヵ月後に頭部CTを受けてもらうと言われました。その際、子どもが動くと検査できないので「トリクロールシロップ」を飲んで眠らせるそうです。
    (情報提供者:ムーミンさん - 2004/11/15他 掲示板より)
和歌山県の病院事情
  • 和歌山のつらいところは医療機関が少ないところですからねえ。しかも中身の充実度も。。日高にいるときに斜視が見つかったのですが、市内にまわされ1時間半かけてかよっていましたが、それでも納得できずに県外へ
    まず斜視をあつかっている所だけでも数カ所しかないです。子供の扱いにも小さい子には慣れてなかったし。

    私は行ったことないですが、田辺の駅前に有名な個人眼科さんがあるらしいです(斜視専門かどうかはわかりません)参考まで
    (情報提供者:たまさん - 2004/11/16 掲示板より)
天理よろづ相談所病院 (奈良県)
!病院のサイト
  • 小児科でもお世話になっていることから、天理よろず病院へ行って来ました。

    [初診の様子]
    初診の場合予約はできません。朝11時までに受付へ行って順番をとります。斜視弱視外来は一応ありますが、再診のみだそうです。息子は眼科受診したことがあったので再診でしたので、確かではありませんが、とりあえず、初診は、普通の眼科へ、たぶん初診眼科があったように思います。間違っていたらすみません。とりあえず、初診も、再診も予約ですごい人なので、かなり待つ事になります。ただ、息子は1歳だったため、院内で何時間も待つのは少しつらかったので、受付の方にお願いして、外で時間を潰させていただきました。 検査の方も、詳しい内容はあまりわからなかったのですが視力検査や他にもいろいろしていただき、かなりの時間がかかりました。ちなみに、斜視外来は眼科外来よりも待たなくて良いそうです。火曜日の午前午後完全予約制(再診のみ)です。

    今回見ていただいた先生は斜視専門の先生ではなかったようでした。次回は、外斜視外来なので、専門の先生なのかと思っているのですが・・・

    所在地は奈良県天理市です。奈良では結構有名です。病院はかなり古いですが、かなり綺麗に掃除してると思います。看護婦さんも優しく、目薬でかなり泣きたおしていた息子をあやして下さいました(笑) 
    (情報提供者:ぴよさん - 2004/06/5他 掲示板より)
滋賀医科大学附属病院 (滋賀県)
!病院のサイト
  • 大阪のある病院の医師が通院だとかを考えると地元に滋賀医大があるし
    そこには斜視にはかなり研究されてる先生がいると言う事で結局二度目に行った滋賀医大に行く事に
    最初行った時と違いなんと準教授の先生が診てくれました。
    今回僕の手術を担当してくれる先生も斜視にはかなり力を入れてる医師だと聞きました、でもその先生でも目の位置を正位に戻すのはちょっと難しいかも知れないよと言われました
    ただいま約一週間の入院から帰ってきました、5日からの入院で手術が8日の朝でしたが手術までの3日間は入院生活や手術の打ち合わせと検査でちょっと退屈でしたけど看護師さんや病院職員の皆さん本当によくして頂き不安などは無かったです。メスとかもしっかり見えたけど怖さは全く無かったですし、先生も
    優しく言葉をかけながら手術して下さったのでしっかりと頑張れました。
    医科大学病院なので何名かの学生さんも勉強の為に見学されてたので緊張しました。もちろん最初に学生さんの見学は了承済みでしたし勉強になれば僕も見学は大歓迎でした。滋賀医大は口コミが少ないようですが僕はかなり良い病院だと思います。(情報提供者:kuniさん - 2008/09/01他 掲示板より)
      
  • 3才の娘が斜視だと診察を受けました。
    地元の眼科へと娘を連れて行きました。で、滋賀医大に斜視外来があるので、そこを紹介してくれました。そこなら機材があるということでした。このとき、斜視外来をやっている病院が少なく、あってもまじめにやってくれるところは少ないように言われました。翌週の指定された日に、滋賀医大へ行って来ましたが、担当の先生は休みでした。一通り検査をしてもらったようですが、町医者と同じようだったと嫁は言っています。で、次にちゃんと検査するということで、3ヶ月後に来るように言われました。

    [滋賀医大]
    助手の方による診察
    ○Y眼科と同じような検査
    ○懐中電灯みたいな機械で何の動物が見えるか?
    ○赤・緑眼鏡をかけてボードをみる
    ○蝉がかかれたボードをみて、羽がどこにあるか 等

    紹介された(外斜視専門ではない眼科の先生)先生による診察
    ○ペンライトを使い斜視がでてるかの検査
    「うーん」と唸った後、外斜視専門の先生の診察を受ける為の予約。
    予約がいっぱいで次の診察が9月になるといわれびっくり。
    症状が急激に進行することもないから大丈夫といわれました。
    心配になったので聞いてみました。

    私「眼鏡による方法になるのか手術になるのか?」
    医「専門の先生でないと何とも言えない」
    私「9月まで時間があるので家で気を付ける事はありますか?」
    医「普段合ってなかったら声をかけて、直すようにする」

    Y眼科・滋賀医大とも対応にどうしても「???」が残り不安になりました。
    (情報提供者:秀麗さん、秀麗の妻さん - 2004/06/27他 掲示板より)
三菱神戸病院 (兵庫県)
!病院のサイト
  • 娘(3歳)なのですが、今現在、近所の眼科と三菱神戸病院に通院しています。兵庫県立こども病院は、診察まで3ヶ月待ちだそうで、出来るだけ早く治療をという事で、近所の眼科の先生から紹介して頂きました。
    予約診療なので、待ち時間が少なくて、スタッフの皆さんもとても親切です。
    山本先生は、兵庫県立こども病院 前院長 との事で、診察までの時間を出来るだけ短くした方が良いとの事もあって、近所の眼科の先生が三菱神戸病院を紹介してくださいました。視能訓練士のスタッフの方も大勢いるので、とても丁寧に検査をして下さいました。(情報提供者:あーちゃんママさん - 2004/11/5他 掲示板より)
西崎眼科医院 (兵庫県)(兵庫県神戸市東灘区岡本1-8-3)
  • 初め保健所の紹介で湖崎先生を初診。ペンライトを当てられ「乳児内斜視…手術が必要になるがウチでは2歳でするよ」と。アイパッチの使用の説明を看護婦さんに根気良くしようと励まされ帰りました。次回3ヶ月後の予約。

    待てない思いで親戚に聞いた兵庫こども病院へTELして院長山本先生が出られて「廻っている眼科で診てあげよう」と西崎眼科へ行きました。眼底検査は異常なし、アイパッチ使用。ウブレチド眼滴で筋肉調整しよう。月に1度の診察だったので3回目の時に、「あまり効果がないようだから手術に向けて兵庫こども病院か大阪に住んでいる私が通える大阪総合医療センターを紹介しようか」の話になったと言う事です。

    そんな状況で、湖崎眼科2回目診察。眼滴の事を伝えると「やめなさい。かえって悪くなる。主治医は私だ」とビックリ!しました。
    2つの眼科をかけもった事で、どちらの先生も信頼してるゆえ、混乱し悩み不安になったしだいです。(情報提供者:えみママさん - 2006/03/17 掲示板より)
     
  • 三菱神戸病院の眼科に来ている前兵庫こども病院 院長の山本先生ですが、西崎眼科にも第2,4土曜日に来られているそうです。診察時間は午後2:00〜4:00。三菱病院もいいですが、場所がちょっと不便なんですよねぇ。三菱病院に行くよりこっちの方が便利な人も多いと思うので。(あの病院は眼科にいい先生(千葉先生)がいるので眼科で有名なんです。)
    (情報提供者:のりまるさん - 2004/11月 メールより)
!病院のサイト
  • [初診の様子]
    私には今、七ヶ月の娘がおりますが四ヶ月検診のときに目の動きが鈍いので一度眼科で見てもらってくださいといわれ、その翌日さっそく総合病院で診てもらいました。すると先生は、「この時期(四ヶ月くらい)はまだ視線が定まらない時期だからどこ見てるか分からないのはよくあることですよ、だからお母さんそんなに気にしなくてもいいですよ、まぁ一応二ヵ月後来てください」と言われ帰宅。
    ようやく二ヵ月後(この頃は視線が定まってる時期)診察。
    するとやはり内斜視。しかも二ヶ月も待ったのに、「斜視外来が毎週月曜日にあるのでまた次回予約して来てください」と言うだけで診察は数分で終了。
    それでようやく斜視外来で診てもらったら、今度の先生はハキハキ色々説明してくれるので前の先生とは大違い。そして診察では間違いなく内斜視と。交代性の。ただ斜視が筋肉の異常からなのか、遠視近視乱視からの影響なのか調べるために、五日間アトロピンを点眼して翌週また診察うけました。

    交代視についてですが、私の娘の場合は斜視外来で初受診の時ドクターに診て貰うまえに、先に視能訓練士の方だと思うのですが多分(名札を見るゆとりがなくてハッキリ分からないのですが)その訓練士のほうに向かって私のひざの上に娘を座らせます。(情報提供者:にこにこぷうさん - 2004/04/14他 掲示板より)

兵庫医科大学病院 (兵庫県)

!病院のサイト

  • 普段の診察(ベテランの訓練士さんがいたところ)は近所の眼科ですが、手術を受けたのは兵庫医科大学付属病院です。
    紹介してもらっての外来の予約でも数週間、手術までは数カ月かかりましたが、看護を含めて、体制は確立されているように思えましたので、満足でした。
    (情報提供者:すずむしさん - 2010/2月 掲示板より)
     
  • 9歳の長男が間欠性外斜視で3歳の時から通院治療中です。うちの子は現在、兵庫県の「兵庫医大」でお世話になってます。2年前に手術もして頂きました。

    現在息子は3種類の訓練(色鉛筆を使ったり、ヒモにビーズを通した物を使ったり)を毎日するよう指導されています。

    息子の訓練を少し詳しく説明させてもらいますと・・。
    一つは、遠く(2メートル位離れた所)にある小さな物に視点を合わせて、急にエンピツを目の前に差し出して、その先に集中させる。
    二つ目は、色鉛筆2本を目の前に縦に並べて差し出し、近くのエンピツを見てる時は遠くの方が2本に見えるように、遠くのエンピツに焦点を合わせてる時は、近くが2本に見えてるように・・・ってな感じで焦点を合わせる練習でしょうか?
    三つ目は2m位のヒモにビーズを一つ通して、ヒモの先端を息子に持たせて、目と目の間に付けさせて、そのビーズを私が急に動かし、止めた位置でビーズに焦点を合わせる・・・といったような感じの訓練です。
    とにかくこれを1セット20回程度して、1日2セット位するよう指導されているのですが、三種類を1セットずつするだけでも、30分は十分にかかるので、1日1セットが限度です。(情報提供者:わかさん - 2004/01/29他 掲示板より)

兵庫県立こども病院 (兵庫県)

!病院のサイト

  • 10歳の時、兵庫県立こども病院で外斜視の手術を受けました。家から片道1時間以上もかかる病院へ母と二人で術後の訓練に通いました。訓練士さんはとても素敵な方で、つらい訓練も楽しく受けることができました。
    30代後半から、偏頭痛と肩こりに悩まされ続けました。コンタクトを処方してもらうべく訪れた眼科で「斜視」の診断。(ベテランの)視能訓練士さんに、こども病院でオペを受けたことをいうと、なんと、こども病院の訓練士さんはベテランさんの「先輩」だったことがわかりました。こども病院の訓練士さんは技術的にも人間的にもすばらしい方だったようで、そんな方と訓練ができた私は幸せだったんだ、と思いました。普段の診察(ベテランの訓練士さんがいたところ)は近所の眼科です。
    30年後の再手術は近くの大学病院で行いました。
    (情報提供者:すずむしさん - 2010/2月 掲示板より)
     
  • 娘の手術について投稿したものです。セカンドオピニオンを受けるため、岡山大学と兵庫こども病院にいってきました。

    まず、こども病院から。
    前日からホテルに泊まって、行きました。須磨駅からバスも出ていて、便利でしたね。以前見てもらっていた野村先生に見てもらいました。相変わらず冷静で感情をださない感じの方でしたが、こちらがあまりいろいろ質問するので苦笑いされていました。昔から見てもらっているのに、全然知らなかったのですが、かなり有名な先生だそうですね。(情報提供者:るなっちさん - 2005/08/29 掲示板より)
     
  • 内の息子も 乳児性外斜視です。小児科の3ヶ月検診で見つかり
    兵庫県立こども病院を5ヶ月で受診し、そのときに「1歳になるまでに手術しましょう」と言われ11ヶ月で手術しました。

    手術を受けたのは兵庫県立こども病院で、手術前日には麻酔科のドクターから30分くらい説明を受けました。その中でなるほどと思ったというか信頼出来ると思ったのは「生まれたての本当に小さいお子さんでも、この病院では手術をします。それに麻酔が無ければ不要な恐怖心を心に残す可能性もあります」と言う一言でした。
    それに 眼科の先生にも「手術が出来るかどうかは、麻酔科のドクターの診察結果による」と言われたので、こども病院の麻酔科の先生を信頼しなくては手術はすすまないのだ と思った次第でした。
    (情報提供者:のりまるさん - 2005/06/04他 掲示板より)
     
  • 娘が間歇性外斜視だと診断されました。兵庫県内の眼科に行っての診断でした。そしてそこで、兵庫県立こども病院を紹介するからと言われ2ヵ月後に行く予定です。先週受診して、眼科での電話予約でそれが一番早い受診可能な日だと言われました。(情報提供者:karenさん - 2004/08/08他 掲示板より)
     
  • 管理人のアールです。息子が通ってます。詳細はサイト内各ページで読めるので、兵庫県立こども病院のサイトからつかみにくい内容をいくつかあげました。

    病院の敷地内(正面玄関前)に公園があります(よく住宅街でみかけるタイプの公園です)。病院内には子供が遊べるプレールームがあります。会計窓口の横には大きなテレビがあり、NHKの幼児番組などが流れています。

    眼科ですが、私が把握している限りでは3つの検査室と1つの診察室があります。
    診察室には2名の医師(2つのデスク)がいて、診察室の中にも待合の椅子があります。この診察室の中は電気が消されていて薄暗いです。隣のランドルト環で検査をする部屋にも1名医師がいます。

    検査室ですが、1つ目の部屋は乳幼児がPL法で視力検査が出来る真っ暗な部屋です。2つ目の部屋は、小学生位の理解力のある子供達がランドルト環(小学校等で私達も使ってきた視力検査器)を使って視力検査をしている部屋です。
    3つ目の部屋は、シノプトやオートレフケラトメーター等の検査機器がある部屋で、眼位や斜視角・両眼視機能(ステレオフライ)や屈折異常の検査を行っています。この部屋で行っている検査は他にもあると思いますが、私の息子の年齢がまだ3歳前で幼いという事もあり、他にどのような検査を行っているのかは把握していません。
    (情報提供者:管理人アール)

     
  • アールさんの通っている病院は超有名ですよね。私は神戸市に在住しています。実は娘が乳児検診で斜視を疑われてときに、役所の方から病院一覧をいただいて、こども病院も勿論載っていて真っ先に電話したのが兵庫県立こども病院です。予約とろうとしたのですが、三ヶ月先まで空いていないと言われました。
    (情報提供者:にこにこぷうさん - 2004/04/14 掲示板より)

home >病院くちコミ情報INDEX >近畿

!