!
home >病院くちコミ情報INDEX >中国・四国

[中国]

[四国]

 

広島大学病院 (広島県)
!病院のサイト
  • 広島大学病院 眼科の斜視・弱視外来(毎週月曜日13時から)

    [初診]
    月曜日の午前中に行くように個人医院の先生に指示されました。(助教授が専門だそうでその医師が初診を担当している日だとか)最初に医師から質問をされてその後視力や他の検査。最後に斜視専門の助教授に診察。月曜日は眼科の初診の受付日のようでかなり混んでます。うちの場合ですが、病院自体の初診受付開始が8時半からだったので8時前には病院に行って書類を提出。最後に院内薬局でアトロピンを処方されて終わったのが12時前でした。

    [毎回の検査・診察内容]
    矯正視力検査・細隙燈顕微鏡検査・両眼視機精密検査・立体視検査・網膜対応検査を視能訓練士の方(5〜6人います)にしてもらって最後に斜視外来の担当医が診察・説明をしてくれます。検査内容はその都度違うかもしれません。上記のは息子が今回の診察で受けた検査のないようです。

    [待合の様子・混み具合]
    全員が1時の予約で受付順に診察です。ものすごく混むという事はありませんがみんな早めに来てるのでギリギリに行くと待つことになります。
    眼科の待合室には感染防止ということで本・雑誌・テレビ・子供用のおもちゃ等は全くありません。

    [雰囲気]
    斜視・弱視外来は子ども中心ということで訓練士の方はみんな優しいです。担当医は数ヶ月おきに変わっている(だから行く度に担当医が違う事もある。大学病院だからしかたないのかな?)けど、どの医師も丁寧で親切に話してくれました。

    私が紹介状を書いてくれた先生は広大にいた先生なので 広大を紹介してくれたようです。(情報提供者:KANさん - 2004/05/14他 掲示板より)

広島市民病院 (広島県)
!病院のサイト
  • 息子が内斜視で広島市民病院に通っていましたが、斜視の山根先生が2008年3月末で転出されるそうで、今後は広島大学病院に行くように言われました。
    (情報提供者:松村まきさん - 2009/3月 掲示板より)
     
  • 私も最初いろいろ情報を集めた時に市民病院がいいと聞いたので候補にしてました。結局開業医の先生に大学病院を紹介されてそこがよかったのでそのまま通っていますが。広島市民病院は岡山大学系のドクターが多い病院と聞いています。(系列病院?とか聞きましたが)だから市民病院が斜視弱視がいいと言われてるのかもしれませんね。(情報提供者:KANさん - 2004/05/19他 掲示板より)
岡山大学医学部付属病院 (岡山県)
!病院のサイト
  • 大型弱視鏡(シノプトフォア)はもちろんあります。これがない病院は斜視の手術はすべきではありません。他に、斜筋異常からくる回旋偏位の測定できる暗室とか、とにかくあらゆる種類の斜視の診断がくだせる設備が整っています。
    教授の大月先生は、水平斜視(外斜視、内斜視)より上下斜視に興味がある先生で、後進の人たちも上下斜視に興味がある人が多いようです。もちろん、水平斜視も扱ってますよ。上下斜視に比べたら、水平斜視の治療は比較的簡単なので、ここの病院のオピニオンは信頼できます。
    注意すべき点は大月先生の診察日は曜日が決まっていることくらいです。初診だと、学生の問診に付き合わなければいけないので、時間がかかります。視力検査、眼圧検査もたぶんあると思います。紹介状に大月先生を御指名されるよう、現在のかかりつけ医師に頼むといいと思います。
    JR岡山駅からバスで15分くらいで着きます。
    斜視・弱視の専用検査室があり、視能訓練士の方も毎日常駐されています。
    (情報提供者:moonlight magicさん - 2009/9月 掲示板より)

     
  • 初診の時は、朝9時頃行って帰りは3時前でした。
    (春休みに行ったので参考にならないかもしれませんが)

    検査・・・いろいろやったので全部は覚えてませんが、先生も視能訓練士の方もとても親切だったのは印象に残っています。春休みということもあり、子供さんがとても多かったです。(情報提供者:鷲津さん - 2009/9月 掲示板より)
     
  • 私は今年五月に斜視手術を岡大で受けた こころんといいます。
    私の場合は、いきなり岡大へ出向いたのですが、紹介状が無かったので
    朝一番に行って(電車で二時間かけて)一番最後の受診でした。
    でも覚悟で行ったので想定内です。

    私の場合は初診日に手術の日を決めました。
    絶対にその日に決めなければいけない訳ではなく、先生のお話をよく聴いて
    よく考えてから(誰かに相談されたりして)決めてもいいようですよ。
    先生が分かりやすく説明してくれます。
    手術は予約が多いようで、私は初診日から七ヶ月後が手術でした。

    手術の一月前に、再検査がありました。
    一週間前には MRI を撮りに行きました。(これは私だけかも?)
    私は三日入院しましたが、日帰りの方もいらっしゃるようです。
    術後は一週間後、一月後、四ヵ月後、一年後っとなる予定です。
    先生は優しかったし、丁寧でした。先生や看護婦さんには大変感謝していますし、これからもずっと診てほしいと思っています。
    (情報提供者:こころんさん - 2009/9月 掲示板より)
     
  • 娘の手術について投稿したものです。セカンドオピニオンを受けるため、岡山大学と兵庫こども病院にいってきました。

    岡山大学。
    あさ八時についたのに終わったのは二時過ぎでした。さすがに疲れました。長谷部先生にみてもらいました。すごく患者さんが多く、忙しそうでしたが、大変にこやかに爽やかに接してくださいました。初めてで不安な気持ちの患者にとってはなにより有難いですね。はっきりした口調も気に入りました。たくさんの症例をおもちで自信がおありなんでしょうね。早いうちに手術しようとは思うけど、だれにお願いするか迷いますねー。はっきりいって結論でてません。
    (情報提供者:るなっちさん - 2005/08/29 掲示板より)

     
  • 私がお世話になっているのは岡山大学付属病院です。
    私は近所の病院に斜視の検査にこられたORTに手術がしたいと伝えると、岡大か川崎医療大学しかないからどちらに行かれますか、と言われたので、岡大を選びました。特に大きな理由はありません。でもORT(堀川先生という方)も親切だし、手術をしてくださった長谷部先生もとても信頼できるまじめな先生で、良かったと思っています。主治医は大月先生ですが、私がVパターンの斜視なので、長谷部先生が執刀してくださったようです。
    11月に手術の予約をして、3ヶ月待ちでした。
    手術当日(2月7日)長谷部先生が執刀してくださることを知り、よろしくお願いしますと言うと、先生は私の眼をじっと見つめて「はい、握手。頑張りましょう。」と言ってくださいました。私は先生の熱い思いを感じて、驚きました。こんなに真剣に手術をしてくださるのだなあと思い感動しました。信頼してすべてお任せしようと思いました。手術前にもう一度一通り眼の検査、斜視の検査を行いました。
    (情報提供者:シャロームさん - 2005/02/18 掲示板より)
     
  • 42歳男性です。兵庫県南西部在住の者ですがこの度内斜視の手術を岡山大学医学部付属病院にて受けてきました。斜視専門クリニックといううのがあってとっても入りやすかったです。また先生、看護婦さん、視覚療法士さん、みなさん親切丁寧な方ばかりでした。10月25日に日帰り手術して11月2日検診に行きます。

    新患は火曜日の受け付け、初診ですから予約の患者さんの後になりますのでその日は1日潰れます。問診、検査、一般診察、そして手術となれば執刀医の先生の説明(私の時は長谷部講師とっても優しい先生です。)、その後手術日の予約(私の時は約2ヶ月後)、手術の前に1回視覚療法士の先生の検査のため病院へ行きました。(情報提供者:星一徹 さん(大人の方の治療) - 2004/11/02他 掲示板より)
     
  • 母親が斜視で手術を控えている者です。当時(小学5年の時)、内斜視の手術を受けました。30年以上経って内斜視だった目が外に向いていることに気づき、近くの総合病院に行ったところ岡大の先生に診察していただき、2度目の手術になるので岡大で診察し、手術を受けることになりました。母も日帰り手術です。
    (情報提供者:みくさん(大人の方の治療) - 2004/10/01他 掲示板より)
     
  • 岡山大学の病院を受診しました。
    病院の駐車場が込むと聞いていたので鳥取を朝4時半に出発。
    病院には八時前に到着しました。受付開始は8時半でしたが1階の総合受付に入ると人・人・人。番号札を取るとすでに81番でした。(もちろん眼科だけではありませんが受付番号を呼ばれるまでに待ちました。)

    [初診の様子]
    9時には4階の眼科外来に着いて眼科受付をすると看護婦さんは
    「予約外ですと相当待ち時間が長いです。覚悟してください」と言われホントに長かったです。

    ようやく呼ばれ岡大眼科長の大月教授の診察だと思ったら長谷部講師(たぶん3番目くらいに偉い人かな。斜視は専門です。)の診察でした。
    ようやく斜視弱視クリニックに呼ばれ女性の先生に検査。10ヶ月の息子も女性の先生の上手なあやし方にキャッキャッと喜んで検査を受けられました。

    「もし両眼視機能が得られなくてもこの先生にすべてを託せば後悔はしない」心からそう思いました。文章で伝えるのはとても難しいですが長谷部講師の病状説明、世間話を含め暖かい人間性、とても信頼できます。お勧めです。

    ちなみにすべての診察が終わったのは2時半です。8時に病院に着いてから計算すると6時間半。「甘いな」と思われる方もいるとは思いますがそうとう長いです。
    とは言え、核家族の私にとってはたくさんのおばちゃんと世間話に華を咲かせ、長時間たわむれたひと時に時間の経つのも忘れてしまっていましたが。待合は座る所がないぐらいずっと満席です。
    (情報提供者:びぃくんママさん - 2004/06/8 掲示板より)
     
  • うちの子ども(6才・男)は外斜視(+上斜視もあり。恒常性で交互視)で、生後6ヶ月の時から岡大に通院していて、去年左目を手術しました。

    [外来]
    初診時は…昔の事なので忘れましたが、とにかく待った覚えがあります。たぶん、朝一番に行って、終わったのが昼の1時過ぎだったと。いっそのこと初診受付終了ギリギリに行ったほうが、トータルの待ち時間は少ないかもしれません。

    再診は時間予約制なってから、ずいぶん待ち時間が少なくなりました。
    視力検査室→斜視弱視クリニック→教授診察室で、2時間弱といったところでしょうか。(ただ、自家用車で行かれると、駐車場に入るのに待ち時間が相当かかりますので注意してください。受診の場合は無料になります。)

    子どもの場合は、ほとんど大月教授が診察されるようですが、手術の前には長谷部講師の診察も受けました。夏休みなどは術後の小学生で一杯になります。斜視弱視クリニックにはORTが2人いらして、どちらかが担当になります。受診の時には、この部屋にいる時間が一番長いです。

    [手術入院の事]
    手術が決まったら、入院予約を取ります。子ども(小学生まで)の場合、全身麻酔で行い、入院期間は1週間。病棟編成が変わったので現在はどうかわかりませんが、当時子ども用のベッドが4床しかなかったので、最短で3ヶ月先の予約でした。夏休みなどは「2年先まで埋まっている」そうです。

    斜視手術はクリティカルパスに沿って行われ、火曜入院→金曜オペ→月曜診察後退院でした。火曜から木曜までは、術前のチェック(心電図とかレントゲン)や、連日長時間の斜視検査があります。この検査で手術量?を決めるので、かなり粘られます。子どもの機嫌が悪くなって大変でした。
    病棟での診察も、病棟主治医、研修医、教授回診、がそれぞれあって、結構忙しかったです。研修医の診察はいかにも不慣れなため、不安を感じました。申し送りもちゃんとできていなかったので、何度も確認し訂正しました。病棟の看護婦さんは入院時に担当が決まるので、その人を頼りにしたほうがいいみたいです(汗)

    手術は大月教授か長谷部講師がされるようです。どちらになるかは前日のカンファレンスで決まるとか。
    退院後の受診は、異常がなければ1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、以後半年に1回のペースで、術後4年は経過観察に通う事になっています。

    あと、気になったことが一つ。
    他の人はどうか知らないけれど、うちの場合、手術の説明を入院中に受けたのです。そこで初めて、治癒率や手術内容を聞き、その上「手術をしても両眼視機能は得られない、外見上の違和感をなくすためなので、本当はいつ手術しても構わない」と言われたのです。ものすごくショックで、部屋に帰ってから涙が出ました。
    それまでの受診の際に、度々尋ねたのですが、はっきり答えてもらえず、曖昧にしておいた私も悪いですが、何しろ混んでいるし、ぐずる子どもを連れて食い下がって質問する事が出来ませんでした。
    だからといって手術をしない訳ではないけれど、普通こういう話は入院予約を取る前に、診察とは別に話をする機会があるべきだと思います。

    長々書きましたけど、別に悪い病院という事じゃありません。症例数が多い事は安心材料の一つです。うちも、それが受診を決めた一番の理由ですから・・・。

    [岡大の斜視弱視クリニック]
    岡大の斜視弱視クリニックは専門外来です。診察の予約の前にクリニックの予約が入ります。検査室は一般の検査室とは違い、別室で専門のORTさん(女性)が2人いらっしゃいます。
    息子は最初のプリズムの検査が大嫌いで、毎回ごねまくります。でも、ORTさんはどちらも優しいので、何とか機嫌をとりながら検査をしてくださいます。
    (情報提供者:どるちぇさん - 2004/05/27他 掲示板より)
岡山医療センター (岡山県)
!病院のサイト
  • 旧国立病院の時に受診しました。
    当時は有名なORTの方がいらして、斜視弱視訓練室があって、たくさんの乳幼児が訓練を受けていました。
    うちの子も診察を受けて、医師は「外斜視だから手術しましょう」と言われたのに、そのORTの先生は「まだ小さいから、しっかり両目を使う訓練をして治しましょう」とおっしゃって・・・。頭が混乱したのと、その訓練室が狭くて暗くて、子どもがいっぱいで、当時感染に弱かった我が子を毎週ここに連れて来る気にはなれず・・・次の予約を取りませんでした。でも、「九州から通っている」と言う方もいらして、有名だったようです。そのORTの方が定年退職された後、その部屋は無くなってしまいました。

    それと、斜視手術の場合、岡大から大月教授が来られて執刀される場合もあるそうです。(現在も続いているかは知りません)
    (情報提供者:どるちぇさん - 2004/05/27 掲示板より)
川崎医科大学附属病院 (岡山県)
!病院のサイト
  • 岡山県倉敷市にある総合病院です。

    [検査や診察の内容]
    初めてだったので、一般の検査室での普通の視力検査の後、立体視(ハエの羽など・汗)とプリズムを使った検査をしました。
    この検査室とは別に「視能訓練室」の看板がある部屋もありましたが、中に入る機会はありませんでした。

    その後、瀧畑先生の診察を受けました。
    瀧畑先生は川崎医療福祉大学感覚矯正学科の教授です。
    http://www.kawasaki-m.ac.jp/mw/gakubu/index.html
    診察は女性らしい和やかな雰囲気ですすめられ、お話もわかりやすかったです。
    他のスタッフの方たちも優しくて、雰囲気は良かったです。

    [待合の様子]
    診察が午後なので、学校帰りの小学生が多く見受けられました。予約がなかったので「かなりお待ちいただきます」と言われましたが、2時半に入って、会計が済んだのが5時半。意外にすんなり・・・という印象です。

    [眼科の雰囲気や情報等]
    病院全体は立派ですが、診療棟は古い建物です。視力検査室が狭いので、視力検査は2人づつしかできず、(上手く説明できませんが→)頭のななめ上に設置された鏡に映った表を見て検査をしていました。(部屋の奥行きが取れないからかな?こんなの初めて見ました)問診もその部屋でされたので、すぐ横に他の患者さんもいらして・・・ちょっと気をつかいました。診察室は3つでした。
    視能訓練室の事は、中に入らなかったのでわかりません。

    あと、驚いたことに・・・この病院は玄関で「スリッパ」に履き替えます。下足預かりの窓口があって、係の人が靴を預かってくれます。これにはとても抵抗がありました(汗)小さい子どもは危ないので、上履きを持参するようです。
    (情報提供者:どるちぇさん - 2004/06/9 掲示板より)
河原眼科クリニック (岡山県)(岡山県本町6-36第一セントラルビル3F)
病院のサイト
  • 私は現在中四国唯一の神経眼科専門クリニックを行っているので御参考になればと思います。今月のホームページ更新の時にボツリヌス治療Q&Aを新しく作りましたので御参照ください。
    (情報提供者:眼科専門医さん - 2005/01/29 掲示板より)
鳥取市立病院 (鳥取県)
!病院のサイト
  • 通院しているのは鳥取市立病院です。三ヶ月頃にした予防接種の時に斜視を指摘されて現在の病院に通院するようになりました。
    病院の情報ですが、一応お世話になっている病院なので悪く書き込むのはあれですが斜視に関してはまだまだといったとこです。待合で斜視治療らしき子供を見たことがありませんし、先生の説明も不十分でメガネを作ったお店の店員さんの方が丁寧に病気のことを教えてくれました。
    (情報提供者:びぃくんママさん - 2004/05/17他 掲示板より)
鳥取県立中央病院 (鳥取県)
  • 鳥取県で「育成医療機関」に指定されている「鳥取県立中央病院」に行ってみましたが、「診る先生がいなくはないが、日赤病院のほうがよい」ということで診療を受ける前に「日赤」へと移動?しました。鳥取で「斜視」を診てくれるのはどうやらここだけのようです。(情報提供者:ホクさん - 2006/03/22 掲示板より)
鳥取県の病院事情
  • 鳥取に住んでいてますが鳥取には小児眼科、斜視眼科がなく近くの市立病院に通院しています。なにせ鳥取は田舎なもので、病院の数が少なく斜視外来があると期待していた大学病院まで二時間。しかも数年前に閉鎖されたと聞いていて県内では一箇所もないと思います。
    (情報提供者:びぃくんママさん - 2004/05/15他 掲示板より)
高松赤十字病院 (香川県)
  • 間歇性外斜視の1歳二ヶ月の男のコのママです。
    今年の九月に香川県高松市の高松赤十字病院に行きました。
    町医者と、もう1件大きな病院に行きましたが、赤十字病院が一番しっかり検査や説明をしてくれたので、通院することにしました。
    赤十字病院は斜視外来があり、訓練士さんもいます。私が行った日はお年よりが多く、子供は私たちだけでしたが、先生もとても優しく丁寧に説明してくれました。息子はずれる頻度が少ないので、とりあえず三ヶ月ごとの検査通院ということになりました。(情報提供者:けっきーさん - 2004/11/13 掲示板より)

home >病院くちコミ情報INDEX >中国・四国

!