!

成長記

育児日記 P.2

写真:京都 比叡山延暦寺

育児 2
育児日記 9 8 7 6 5 4 3 2 1
 

お父さんの初孫だよ!
孫の顔が見たいって言ってたお父さん。だけど息子が産まれる前に天国に行った。お墓まで遠くて息子を連れて行ける距離じゃないから、まだ会ってなかったんだよね。お父さんも宗教の信仰は無い人だったけど、お父さんやうちの先祖が代々入ってるお墓は天台宗。

お父さんのお墓のあるお寺のお坊さんが、「京都の比叡山延暦寺は天台宗の総本山だから、延暦寺へ行っても同じことですよ」って前に言ってた。だから今日、息子を連れて旦那と3人でお父さんに会いに行った。
今までのことを全部報告した。遅くなっちゃってごめんね。
でも分かってくれるよね。やっと報告できたね!やっと初孫の顔を見れたね!やっと初孫に会えたね!!

アルバム
アルバムを整理する気になった。息子が斜視とは無関係だった生後5ヶ月頃の写真、内斜視だった頃の写真、内斜視が治ってから今日までの写真を一気にアルバムに貼った。

発達など
2本の足で階段を1人で昇り降り出来る・降りる時はたまにしゃがんで手をつく・公園の滑り台の階段を手を使いながらも一人で昇れる。(念のため必ず私が後ろにつく)。

公園で同じ位の年齢の男の子達と、木についてる葉っぱをバンバンたたいたりして笑いあって遊んでた。
今までも今も同じ場所に居ても個々に遊んでるって感じだけど、今日はほんの短い間だけど友達と一緒に関わって遊んでた。嬉しいな。

1歳6ヶ月検診
体重11.2kg 身長81.8cm 虫歯無し。斜視無し。
2ヶ月位前に歯が一気に生えたなぁとは思ったけど、後上下2本ずつ生えたら乳歯は生え揃って完了との事。どうりで歯が増えたはず(笑)。

食中毒未遂
朝旦那のお弁当に冷食のカレーコロッケを2個入れた。
夜帰ってきて旦那はゴミ箱に捨てた。ってゆうかそこに捨てんなよ。。。翌朝息子が1つゴミ箱から拾って食べ終えた時に私達は気付いた。こりゃ食中毒起こすな。。。って覚悟した。
だって育児書読むと”夏は食中毒防止の為まな板を消毒しましょう”とか書いてある位なのに(してないけど)、息子が食べたのは24時間前に解凍したカレーコロッケ。しかも日中35度前後になる暑さの中、密閉された弁当箱の中に16時間位入ってたコロッケ。
その上、捨てた場所はエアコン無しで夜でも30度近い気温で無風状態の場所にあるゴミ箱。

症状が出たらすぐに病院に行くつもりだった。
旦那は反省してる様子で息子を心配してたから、いつもの私は危険なことに対してうるさく言うけど、今回は旦那を責めなかった。
菌の種類によって発症するのは数時間以内〜3日後。1日3回ご飯の後に排便する事が多い息子は、それから4日間1日1回の排便が下痢って感じで5日続いたけど、たまにぐずる位でとっても元気で熱も出ず吐きもせず遊びまわってた。病院も結局行かなかったから薬も飲んでない。
ほんと食中毒にならなくて良かった〜!
まだ1歳6ヶ月の息子の体だけど結構しっかりしてるのね〜。
でもゴミ箱の概念を理解してないなぁ。。

視力検査
術後初の視力検査。視力は正常。良かった。
でも乳幼児、というか1歳半ってほんっとに検査に非協力的だよね。。。私の想い、届いてよ。いつになったら協力してくれるんだろう。。。

独り言
最近ブツブツ一生懸命モゴモゴしゃべってる。なんだか理解不明な宇宙語を言ってる。ようく聞いてると、その状況に合わせて私が言ったことを繰り返して言ってる時がある。
まぐれ的にいろんな言葉を口にする様になった。ちゅき(好き)、おうち、かして、何で、あえっ(あれ)、へんだな、マジ、ないな、いや、かーいっ(かわいい)etc。嬉しいな♪

ゴミ箱
先月、息子に替え終わった捨てるオムツを渡して、ゴミ箱に捨ててって行ったらポイッて捨てた。けど又拾ったりしてた。ゴミ箱がどんな物かって説明したけどゴミ箱について理解してなかった。だから「拾ったらダメ」って強い口調で言って取り上げてゴミ箱に戻した。そしたら寝転んで大泣きしてぐずられた。

そして今日、同じことを試してみた。替え終わったオムツを渡して、「ゴミ箱に捨てて」って言ったら、ゴミ箱にポイッって捨ててしばらく拾いたそうにゴミ箱を覗いてたけど、「終りだよ。ゴミ取ったらダメだよ」って言ったら普通に戻ってきた。その後はもちろん誉めまくった。

ご飯の前に、「椅子に座って待ってて」と言うとその通りにする。
寝る前に、「くまさんのタオル持ってきて」って言ったら、隣の部屋に取りに行って戻ってくる。嫌な時は頂戴と言っても渡さないし聞こえてないフリをする。他にもetc。。。急にいろんなことを理解出来る様になった。
私の言うことを頭で理解して行動してる。嬉しい。

脳外科的な治療終了。
6ヶ月ぶりのA病院でのCTの日。
CTの結果、水は減ってないけど悪くもなってないし脳も成長してるから大丈夫でしょう。だからCTは終りでいいって診察結果が出た。本当に良かった。だって、私は今後の出産を考えて自分の体に放射線を浴びたくなくて、CTを撮る部屋に入るのもなるべく避けて、旦那に入ってもらってる。
なのにそれを息子に浴びさせなきゃいけないということが本当に嫌だった。息子に対してひどい事をしてるって気分だった。
だけど必要あるからCTが続いてるんだし、もし何かあったら怖いっていう気持ちで続けてきた。でもCTは今日で終り。やっとCTが終わった。やっと医療被曝も終わった。脳外科的な治療は終わった。本当に嬉しい。
息子が転落してから1年。本当に長かった。
これからは事故には気を付けて脳のことは気にしない様に息子を病人扱いしない様に気を付けて普通にゆったり育てていこう。

医師の繋がり
今までの脳外科の担当医が転勤し、今日は脳外科の部長が診てくれた。診察前は待たされたけど、看護婦さんの話によると、「トリクロの処方は別でも出来るけど、顔を見にくるつもりで病棟で処置をがんばって終わらせてる」という話だった。
診察で脳外科部長に会い、今までの経過を話した。
脳外科部長の話ぶりから、やはりこの病院は小児科や眼科など横の繋がりがしっかりと出来ている素晴らしい病院だと思った。
だって初めて会ったのに、息子のことや小児科・眼科の担当医まで把握してたんだもん。

内斜視の手術を兵庫県立こども病院の野村先生にしていただいたこと、息子のことで野村先生と眼科部長のA先生が話したと言ってたことを話すと、脳外科部長は「兵庫県立こども病院は脳外科もいいですよ。こども病院の前脳外科部長の○○さんが良かったから、その流れは受け継いでると思いますよ」みたいなことを言ってた。
話を聞く限りでは親しい間柄って印象を受けた。

以前野村先生に、B病院のB先生にも診てもらった事を話したら、B先生ね。ではなくBさんね。って感じで親しげな知り合いっぽい口調だった。
でも息子の斜視や状態のことで話をしてたっていうのが嬉しい。大人の斜視で有名なA先生と子どもの斜視で有名な野村先生。ってことは何度も顔合わせてる親しい仲なんだろうなぁ。っていうかみんな割と近い場所でつながってるよね。息子を診ていただいた先生方が繋がってたって何か嬉しいな。
横の繋がりがある先生の方が情報を多く持ってるって気がするし、今の立場に溺れないで新しいことを吸収出来る人って気がする。

脳外科のCTの結果は本当は明日の診察で聞くはずだったけど、明日は脳外科部長はいないって事で、今日の午後の予約は入ってなかったのに急きょCTを撮った1時間後に結果を教えてくれる流れになった。
午後の診察時には、さっき撮ったばかりで出来たてのCTのフィルムと転落した頃からのフィルムがあった。
診察ではたっぷり時間をとってくれて頭の形をした模型や、図が書いてあるものを使って丁寧に時間をかけて解説してくれた。
息子のCTとかも10年はあると言っていた。私達が診察室を出るときもずっとカルテに書きこんでいた。時間を気にしない丁寧な診察でとてもありがたく思った。

斜視になる前の顔に戻った
手術して内斜視が治ってから顔が大人っぽくなったと思った。
成長して見えたっていうか。旦那も、おじいちゃん・おばあちゃんも皆そう感じた。あれから2ヶ月。デパートの子供美容院に行って初めてカットしてもらった。初カット。私が抱っこで一緒にケープして小さいテレビが1人1台あって、”お母さんと一緒”のビデオ流してもらっておもちゃ持たせてバタバタ。たまにぐずられたけど何とかカット・シャンプー・ドライヤー・ムースをちょっと付けてベッカムヘアにセットしてもらって終了した。息子はまだ髪が少なくて柔らかいからドライヤー1分で乾いた(笑)。
髪が短くなってから、息子の顔が斜視とは無関係だった生後6ヶ月頃の顔に戻ったとたまに感じる。
ベッドから転落する前日までに撮った、沢山の何枚もの写真と同じ顔をしてるってちょこちょこと感じてた。旦那も同じことを言った。

発達など

  • 1人でコップで牛乳を飲める。
  • 片手で麦茶を飲める。

証拠隠滅
最近私の顔を見て試す様になった息子。小さいチェストの1番下の段に入ってるのはハンカチだから、そこを開けても私は笑ってる。
だけど、他の段には触って欲しくない小物類が入ってるからダメっていつも言ってる。ふと見たら息子がハンカチじゃない段の引き出しを開けてて、目が合った!その瞬間息子は超ーあわてて、引出しをパッと開けて中から出した小物をパッってしまってササッと閉じた。
その一連の行動が超ーー早かった!ばれてんのに(^^;
たけど気付かないフリをしといて、「どーしたー?」とか言って普通に接した。まだ1歳ちょっとなのに、自分で考えて行動してるってことにびっくりした。証拠隠滅。笑っちゃう(笑)。

泣いたんじゃなくて涙が止まらなかった
さっき寝室をギギッって開ける音がしたから、見たら息子が必需品のタオルとパイルで出来たむいぐるみ持ってまぶしそうな 顔して立ってた。だから寝かしつけるために息子の隣で横になりながら、お願いだから”斜位斜視”も治って障害物が何も無い私と全く 同じ眼になって!!!って願いながらほっぺにチュッてしたら涙が出てきた。何滴も何滴も。止まらなかった。
涙が出ただけで泣いたわけじゃないから泣き声も出てないし真っ暗な部屋だから息子は涙には気付いてなかったけど。
その後息子にヘヘヘッって笑いかけたら息子も 笑い返して来たりしてちょっとふざけたりして過ごしたから息子は何も気付いてない。

夜中のトイレ
夜中ちょっと目が覚めてトイレに行った。洗面所のドアがギギッて開く音がしたからふと見たら、 必需品のタオルケット持って息子がまぶしそうな顔して立ってた。寝室には旦那もいたのに私を追いかけて電気が全て消えてる 真っ暗な家の中を歩いて来たなんて!洗面所からもれた明かりを頼りに来たのかな?寝てたんじゃないの!?なんてかわいいのっ!て思ってぎゅーっって抱きしめた。

息子の脳
内斜視が治って両眼視が出来る様になったら、今度は息子の脳が心配になってきた。どっかのサイトで水腫があったところに血腫が溜まることがある って書いてあった。顔では笑ってても、ほんとにすんごい気を付けて外では見張るって言った方がいいような精神状態で過ごしてる。息子に手が伸びる距離でついてても、転んで頭を打つことは何度かあったし本当にすんごい心配。
水腫が消えてて欲しい。血腫も無いで欲しい。医療被曝なんて嫌だよ。 医療行為って名のもとで実際には残虐な行為してる様なもんじゃん。
しかも、息子の脳に何かあったら早期発見しなきゃ、経過を診るのはまだ大事な時期だって医者に言われてるから怖くてCT撮ってるけど、そうは言っても私だって無抵抗な息子に残虐な行為をする片棒を担いでんじゃん。もう終りにしたい。障害物が何もない事故に合う前の健全な脳の状態になって!!!

内斜視が治った
息子が内斜視になってから私はほんとに必死ですっごいはまりまくってたけど、内斜視が治ってからは精神的にゆとりが出来たっていうか、片が軽くなった。暖かい環境で親の愛情を感じながら伸び伸びと明るく育って欲しい。このまま治療追加の必要性も無く、私や旦那みたいに当たり前に両眼視が定着して裸眼で過ごせる状態で完全に治って欲しい。
息子が年老いて人生が終わるその時まで斜視が出ないで欲しい。脳も完全に治って欲しい。

内斜視の手術
先月(6月)息子の後天性内斜視の手術をした。不安だった。
でも、「私が決めた息子の先生」が斜視の手術をしてダメなら、どの先生がやっても同じだっていう気持ちがあった。信頼してたから。だから手術を息子の先生に託す事には全く迷いはなかった。 それでも、斜視の手術後に外に向いたらどうしよう、内斜視が残ったらどうしよう、お願いだからぴったり治って!!!事故に合う前の状態になって、私と全く同じ普通の目になって!!!って何度も強く願った。手術は経験と感覚でやるって聞いてたから、 こんだけ技術が進歩してんのに、何で手術中正確にズレを補正するような機械とかが無いわけ!?と思ったりもした。願いながら何度も泣いた。

内斜視の手術をして、退院前の息子の先生の診察で斜視角は0〜1度と言われた。びっくり した。だって人間の手でやる手術だから5度以内の誤差は難しいかもなぁ、って薄っすらと覚悟してたから。
でも見た感じ 内側に寄ってる様には見えたけど。
手術後9日目では斜視角8〜10度って言われた。もう戻ってんの!?って不安で心配になったけど、今後の筋肉のバランスを考えると丁度いいって言われた。 そうは言われてもズレは0度の方がいいよ。だって0って事は完治したって事でしょ。でも、息子の状態は”斜位斜視”で 眼位は素晴らしいし今は斜視では無いって言われた。息子はピタッと両眼視してるって言われた。

息子の両眼視機能が9ヶ月ぶりに復活した。良かった。私や旦那や周りのみんなと同じように両眼視してるって事が本当に嬉しかった。
両眼視機能が復活したことが本当に嬉しかった。中枢の成長が再開したんだよね? 嬉しい。今は私と全く同じ目ではないけど、私と同じ見え方をしてる。息子の目が回復したって事が嬉しい!!本当に良かった。
息子の先生に感謝の気持ちで一杯だ。息子の先生をあの先生に決めて良かった。今後もあの先生に付いて行く。

その後約1ヵ月後の診察(今月)で斜視角は変わらないけど、前回の診察ではたまにずれて斜視が出てたけどその意味では今回の方がいいって言ってた。斜視が出る 頻度が減ったって事だよね?お願いだから斜位斜視も完璧に治って欲しい。私と全く同じ普通の目になって!!!

 

 

斜視治療アール