!

成長記

育児日記 P.4

写真:サイパンの海。太陽の下で遊ぶ息子。

育児 4
育児日記 9 8 7 6 5 4 3 2 1
 
3歳2ヶ月
時期的には再手術が決定した頃。
毎回ではないがテレビを付けたばかりの、「さぁ見よう!」という時に、片目を隠す時があった。ただ、しまじろうを見る時はしまじろうの人形で片目を隠し、ウルトラマンを見る時はウルトラマンの人形で片目を隠していたから、人形にもテレビを見せていたつもりなのか、変な風に見えたりしていたのか何なのかは分からない。

どうした?って聞くとすぐやめたし理由を聞いても何も言わないので、目と関係あったのかなかったのかよく分からない。
この行動は5日位で終った。

客観的になると
再手術の話が出たり消えたりしていた今年の2月頃。
(検査上:外に外れる時の他角的斜視角(シノプト)-12度位、プリズムバーで45プリズム位)。

この時期は、毎日のように顔を合わせてきた長い付き合いの公園ママ達から、息子の顔が赤ちゃんぽさが抜けて大人っぽくなったと言われることがちょこちょことあった。あの様子では誰も斜視だとは思ってなかった感じ。
斜視の手術をしたことも経過も全ての流れを知っているママでも、彼女の言葉を借りて書けば、再発したとは気付かなかったって驚いてた。
客観的な書き方をすると、この時期の息子は「息子の視線が合っている時は斜視があるとは気付きませんでした」という状態だった。

でも3月頃には、私自身が明らかに息子の外れる頻度が増えたと実感してた。外れた時にその状態が継続する時間が増えたというか、ぼーっとしているのではなく、外れた眼位のまま”見てる”と思える時がちょこちょことあった。その頃は、「あれ?髪型変えた??ん?」って不思議そうな反応のママもいた。

今までの息子の経過を見ている限りでは、検査で外れる時の角度が大きいだけで実生活では気にならなかった。それが手術真近の5月頃は、視線が合っている時に写真を撮ったものなのに、出来上がってから、じ〜〜〜〜っと見てたら、「あれ?」って感じで視線が合ってないって気付いたものがあった。でもその写真は、一般人が見ても何とも思わないだろうなぁ。偶然的に拡大しても何とも思わないだろうなぁという感じの写真。

帝京大での検査
[視力検査]
視能訓練士による視力検査。
視力検査の部屋には学校で使うようなランドルト環があり、息子がやったことがあるか聞かれたが、使ったことがなかったのでそう答えた。
すると大きさの異なる蝶・犬・鳥などのカードを見て、何が見えるか答えるというタイプの視力検査をしようということになった。

視力検査で、「カードに書かれた動物が何か」を答えるために立つ位置は、ランドルト環をする人が答える位置と同じ距離(同じ場所)から。
検査では「蝶などの絵が書いてあるカード」を、ランドルト環の検査機の上に出していたので、カードの周りにごちゃごちゃしたもの(いろんな方向のC)が見える感じで、3歳になったばかりの息子が集中して答えられる環境かな?って思った。だけど、始まってみると普通に検査を受けていた。

両目開放の状態と、右・左の3回。
右・左の時は、数字が書いてある丸い眼鏡をかけて、片目の方には黒いものを差し込んでいた(おそらく眼鏡を作る前に検査で使うような眼鏡だと思う。レンズを差し替えて入れる事が出来る眼鏡)を使っていた。
息子は初めての場所で初めてのことで初めての人の中で、という初めてのことばかりだったからか、普段は大きな声で話してるのに小さな声で恥ずかしそうに答えてた。

息子の場合、魚を答える時は「魚」と言ったり「シモ(ニモ)」と言ったりするし、鳥を答える時も「とり」と言ったり「カラス」と言ったり、答え方に統一感がない事に気付いた(^^;

[シノプト]
シノプトをする時、いつもは私とかのひざの上に座らせてやらせていたが、今回は1人で座ってシノプトを覗けた。
背もたれのない丸椅子(確かクルクルまわるタイプの)だったので後ろに立ったが、ただ覗くだけとは言っても一人で座ってできるようになったんだね。ってしみじみ感じた。

視能訓練士による眼位の検査。
シノプトは兵庫県立こども病院で毎回使っていたが、いつも息子は”ただ動かずに覗いていただけ”だった。それが今回帝京では、「うさぎさん見て」「今度は男の子見て」って感じで、右と左のツツを交互に見るような検査をした。プリズムバーやカバーテストはしていない。シノプトだけ。
その後、視能訓練士の方が車庫と車の2枚のカードを重ねて手に持っている状態(車庫の中に車が入ってる状態)で、「おうちの中に車入ってるかな?」みたいな質問をしたが、息子は「入ってない」と答えていたし、質問の意味を理解していなかった。だからシノプトを使って「車庫に車が入るかどうかの検査」はしなかった。だが林先生の診察時にカルテを覗いた時、両眼視機能の欄に、「理解できていない」のような言葉が書かれていた。
そしてその部分を読んだ先生は、両眼視機能の検査を受けてそういった結果が出てきたと誤解されたので、検査自体を受けていないことを伝えた。

転院
旦那の急な転勤で東京へ引越すことになった。
野村先生のことも、視能訓練士のことも信頼して治療にあたっていたし、眼科全体が親切な感じだったので病院を転院するかどうか悩んだ。
3ヶ月に一度の定期通院を東京から通うとしたら新幹線てことになる。息子の疲れを軽減するために旅行気分で前日に出たとしても、大人でも疲れる東京から兵庫までの道のり。だから息子にとっては更に疲れた状態で検査を受けさせることになるって予想できたし、何かあった時にすぐ診てもらうのは難しい距離だと思い、転院することに決めた。

この病院に通い、息子は恒常性の内斜視状態から両眼視が出来る状態になった。残念なことに再手術をした方が良いという話が出たが、息子がより良い予後を得るため、そして適切な管理のもとで治療をしていくためにはどの病院が最善か野村先生に伺った所、帝京大を勧められたので帝京大に転院する事に決めた。

セカンドオピニオンを求めた時に出会った兵庫県立こども病院。
この病院で適切な治療が行われたという結果、息子は両眼視を得た。ここから先の治療は帝京大になる。
結果を出してくれる病院だと信じて転院することに決めた。
息子が手術をしてから2年近くが過ぎた今、残念なことに再手術の話が決まった。本心では再手術はさせたくない。
まだたったの3年しか生きていないのに、やっとお話が出来る年齢になったばかりなのに、何度も目を切ったり縫ったり、そんな思いを息子にさせたくない。これ以上息子の体に傷をつくるのはつらい。これ以上傷をつくりたくない。でも息子の両眼視機能を維持するためだから仕方がない。
再手術はより良い予後を目指す為に行うのに、手術を受けさせないで両眼視機能が手遅れになってしまったら、その方が可哀想だよね。
これから息子が幼稚園・そして学校生活を送っていく中で、斜視という外見的な理由で息子がいじめられるのは絶対に避けたい。
他人が斜視だと思わない位に良い眼位を定着させたい。
そうなるための再手術だと信じて再手術を決意した。

[ステレオフライテスト(ハエ)]
兵庫県立こども病院、前回の受診時にステレオフライ(ハエ)をやろうという話になった。2度目になる。まず検査を受ける前に、検査眼鏡をかけていない普通の状態で、ハエの下の丸と四角の中に、それぞれマークがあるかないかを答えさせた(LとRが見えるかどうか)。

検査眼鏡をかけていない状態なのだから、LやRが書かれているなら見えるに決まってるし、何も書かれていないなら見えないに決まってるのに、息子の「ある」とか「ない」という回答には、統一感がなくてバラバラだった。

忙しくて最近全然練習してなかったからか、息子は検査の意味を理解していなかった。。だから家で練習をした。練習をしたら、息子はLとRが見えるかどうかを、9割ほどは「ある」「ない」という形で答えられていた。たまに、書いてあるのに、「ない」と言ったり逆になることもあったし、言ったあとに、「違う違う、えっと」って訂正することもあった。

息子と遊んでいて(練習していて)思ったが、息子はまだ3歳になったばかりで「意思を口に出して普通に話す」という形でのお話がやっとできるようになった頃だし、「ある」「ない」という状態を目で見て判断して口で答えて、というのを何度も繰り返していると、頭が混乱しちゃうんじゃないかな?って思った。

詳しい検査を依頼した
兵庫県立こども病院12月の受診時、もっと詳しい検査をして頂きたいと先生に頼んだ。そして視能訓練士による追加検査(両眼視機能の検査であるステレオフライテスト(ハエ)とシノプト(自分で操作))をすることになったが、息子は質問の意味と、言葉が示す状態とが結びついていなかった。私や旦那から見ても、明らかに検査内容を理解出来ていなかった。理解力不足。
ラングは使っていないという話だった。

[ステレオフライテスト(ハエ)]
先日、総合病院で使ったものと同じものだった。
ステレオフライテスト(ハエ)というのは、眼鏡をかけた状態で、「羽をつかんで」と言われてハエの羽を掴むという内容。この検査をした息子は、家で絵本に載っているセミや虫を掴んで遊ぶように、ハネではなくハエ自体(胴体)を掴んでいた。

私はいつかするであろう、この検査を意識して絵本を見てセミや虫を掴むという遊びを取り入れていた。だから息子はステレオテスト(ハエ)に嫌悪感は感じていないし、虫を掴むという行動に抵抗感もない。
夏の公園でも、セミを捕まえるお兄ちゃん達にくっついてまわったり、ムシカゴをじっと眺めていたので虫には興味を持っている。

だけど私は、「ハネ」というのが体のどの部分を示すのか、ということを教えていなかった。何か息子に解る言葉はないかな?と思って、「飛び出してる部分を掴んで」「浮き出てる所を掴んで」とか言ってもみたけど、その状態の意味を教えていなかった。

だから、検査の意味が解る訳ないなぁ。って内心では思いながらも、他に言葉が見つからなかった。結果的には当然のことながら、息子は知らない単語や状態を示す言葉が混じっている質問の意味を、全く理解出来なかった。

次にもう一枚のカード(図形やキャラクターが並んだもの)もやったが、こちらも言葉の意味と状態が結びついていないのは明らかで、理解していなかった。

検査を受けるために、息子に何を教えたらいいのか、どう教えたらいいのかが知りたかったので、実際に私もやってみた。
眼鏡をかけてステレオフライ(ハエ)のカード(参照リンク先:米Stereo Optical社)を見させてもらった。実際に眼鏡をかけると、ハエのハネの部分だけがフワフワした感じで飛び出して見えた。さらにハエの絵の下の右端には丸・左端には四角の図形が書いてあり、丸の中にはアルファベットのRが見えて、四角の中にはアルファベットのLが見えた(両目を開けて見ている時)。
次に片目をつぶると"L"のアルファベットだけが消えて、逆の目をつぶると"R"のアルファベットだけが消えた。

次にもう一枚のカード(参照リンク先:米Stereo Optical社)を見た。
このカードの上半分には、ひし形の図形の中に丸い図形が4つ並んだものが9個描かれていた。横に3個並んでいるものが3列分あり、それぞれのひし形には1〜9の番号が書かれていた。1列目左端のひし形が1番で右隣が2番、という形で3列目右下のひし形が9番の番号だった。

眼鏡をかけてこのカードを見たら、それぞれのひし形の図形の中に書いてある4つの丸の中の1つの丸だけが飛び出した。
1番のひし形の中の丸が最も飛び出ていて9番は飛び出方が少なかったけど、どのひし形も1つだけ丸が飛び出した(さ〜っと見ただけなのでちょっと記憶が曖昧だけど確かそんな感じ)。

そしてこのカードの下半分にはA〜Cの3問という感じで、5つのキャラクターが並んでいるものが3列分あった。
眼鏡をかけたら、それぞれ5つのうちの1つのキャラクターだけが飛び出した。

[シノプト(自分で操作)]
シノプトは毎回斜視角を計るのに使っている。
と言っても他角的斜視角の検査なので息子は毎回アゴを乗せて動かずに覗いているだけ。今回この検査を試してみるにあたり、家のカードと人間のカードを入れたが、息子はシノプトのレバーの動かし方が解っていなかったし、質問の意味も理解していなかった。
シノプトから2枚のカードを抜き取って息子に手渡し、「2枚のカードを重ねて家の中に人を入れてみて」というような指示を出したが、その意味すら解っていなかった。

試しに私もシノプトを覗いてみた。家の中にはドアが2つあって、それぞれのドアの中に男の人と女の人が立っていた。
入っているカードは同じものだったと思うが、視能訓練士の方が操作するたびに、ドアが3つになったり、ドアから男の人が外に出たり(家の外に出たり)と視能訓練士の方との会話通りにいろんな状態に変化した。実際に覗いてみてシノプトってこういうものなのかぁ。とはじめて知った。

息子の両眼視機能、近見眼位、遠見眼位、輻輳力、その他目の状態を知る上で必要な細かい検査があるなら受けさせてあげたい。できるだけ正確な状態をもとに治療を進めたい。
でもそのためには息子を楽しませながら息子に教えなければいけないこと、働きかけなきゃいけないことがあると感じた。

[詳しい検査を受けるために]
ちょっと上のお兄ちゃん達の間ではムシキングが流行ってるから、”ハエのハネ”を教えるのに虫のおもちゃとか良いのがあるかも!と思ってトイザラスへ。カブトムシとかクワガタとかいろんな虫のフィギュア?おもちゃがあった。それらはすごいリアルで。。

私は子供の頃は大丈夫だったのに、今は昆虫系がほんっとに苦手。。だけどここは我慢して買うか。。って思ったりしたけど、「実際にコレが部屋の中にあったらぎょっとするよね(^^;」「持ちたくないよね。。」「体の一部だけおもちゃの隙間から見えたら他の虫みたいでびびるよね。憂鬱。嫌だなぁ。。」って感じで、旦那と意見が合って、買うのはやめた。

縫いぐるみコーナーを見たら、500円位で蜂の縫いぐるみがあった。
ハネの部分だけ薄い布がついてて、「まさにこれだ!」って思ったし、旦那も、「これだ!丁度いいね!」って意見。だけど何だか縫いぐるみ自体がリアルで、持つのも嫌な感じでちょっと気持ち悪かった。。
でも「息子を誘導しなきゃ」と思って、しっかりと手に持って、息子を呼んで楽しそうな笑顔で、「かわいい虫がいるよ〜!」なんて言いながら、我ながら女優だと思うほどにがんばった。なのに息子は嫌がった。。
旦那は慣れの問題かも。って感じで、自分の頭上に蜂の縫いぐるみを乗せたりして、かわいがってた(^^;

しばらくすると息子が、蜂の縫いぐるみを両手で持って、「どうぞ」って渡しにきた。旦那がママに渡してって頼んだらしい。でもその時の息子の表情が嫌なものを触ってる感じで手つきもそんな感じだったから、せっかく虫が好きで興味があるのに逆効果かも。って思って買うのをやめた。

・息子の見え方を知るために
まずはステレオフライテスト(ハエ)のカードに書かれているLとRが見えるか見えないか、という息子自身の見え方を私達に伝えさせる、という事が目的でステレオフライテストもどきのカードを作ろうと思った。

家に帰って早速ネット。ハエを探して適当に加工。モニター一面にでっかくハエが現れると気持ち悪い(T-T)。。だけども、その下にStereo Fly Testって書いて、文字の両脇に丸と四角の図形を書いた画像を作りプリンターで4枚印刷。

1枚目は丸も四角もそれぞれ空白。2枚目は丸の中にR、四角の中にLとペンで書いた。3枚目は丸の中にRと書き四角は空白、4枚目は丸の中が空白で四角の中にLと書いた4つのバージョン。

これらを100均で買ってきた画用紙に貼ってカードを作った。このカードを息子に見せたら、「わぁ〜!眼科〜!」なんて言ってさっそくハエ(ハネではなくハエの胴体)をつかんで好感触!さっそく4枚のカードを順番に使い、「このカードはこっちにマークあるね、こっちもあるね。このカードはこっちにマークないね、こっちはあるね」って感じでLとRのアルファベットが図形の中にあるかないかという状態を指差して説明した。

ちなみに私が作ったステレオフライテストもどきのこのカード、印刷してすぐ使える形でアップ・配布してしまうと”個人の趣味の範囲”っていうのを超えてしまうと思うので常識的に考えて配布は出来ませんが、セミのイラスト(私はそのつもり)で似たようなカードを作りました。よろしければダウンロードのページから印刷してお使い下さい。

・”飛び出す”、”飛び出してる”という状態を教えるために
次に、ステレオフライテストの、「複数の中から、1つだけ飛び出して見える」という検査を受けるために、”飛び出す”という状態がどんな状態を示すのかを、教えなければって思った。

本棚を見たら、仕掛け絵本でページをめくるとクマが飛び出してくるのがあったので、それを読みながらページをめくるたびに、「くまが飛び出したね〜!」なんて言ったりして読み方を工夫した。たまにこの本を読もうと思う。

あと、何かいいおもちゃないかなぁ〜って思った時、赤ちゃんだった頃に遊んでいたトイザラスのブルーインベアシリーズのおもちゃが目に付いた。このおもちゃで遊びながら各ボタンを押して、動物が出てきた時に、「きりんが飛び出したね〜!」なんて言ったりして”飛び出す”という言葉を使ったりした。しまっていて久しぶりに出したおもちゃだったので、息子も遊んでた。あとは、日常生活の中でチャンスがあれば”飛び出す”、”飛び出てる”という言葉を使うように心がけている。

・その他、ステレオフライを意識して取り入れた事
以前からムシキングのゲーム(参照リンク先:甲虫王者ムシキング公式サイト)に、興味ありげな息子だった。そこで虫に更に興味を持ってもらうために、ショッピングセンターやおもちゃ屋さんに行った時は、ムシキングのゲームを1回だけやらせることにした。今では出かける時に、「ムシする」って自分から言ってくるほどはまってる。息子は対戦自体には興味がない様子でルールも分かっていないが、カードを集めることにはまっているようだ。

並んでいる時もお兄ちゃん達と同じように100円玉を握り締めたり、自分の持ってるカードを沢山握ってる。この集めたカードを見ながら、「このコクワガタのカードだけハネあるね」「オオカブトはハネないね」「これは緑のムシにハネあるね」って感じで、さりげなくハネの存在を教えたりしてる。
 

ラングステレオテスト(両眼視機能の検査)で答えてた!
息子が風邪をひいた。休みに入るので、その間にこじらせるケースも考えて薬だけもらっておこうと思い、小児科を受診した。目も充血っぽかったし目をあっかんべしたら少し赤い感じもしたので、総合病院だったのでついでに眼科も受診した。その時、両眼視機能について聞いてみたら、両眼視機能の検査であるラングステレオテストと、ステレオフライテスト(ハエ)をやってくれた。

ラングステレオテストというのは、両眼視機能の検査で初めてやった。
A4の半分位の大きさのカードで、一面テレビの砂嵐のような白黒のカード。だが、ちょっと覗いてみたら右下に車・真ん中の上の方に星・左に猫が見えた。「何が見える?」「何がある?」とか、「何個ある?」って聞かれた息子は、「ほし、にゃんこ」「3こ」と答えた。質問の意味は単純だから理解出来ると思ったけど、猫にしても影絵のように形が浮き出て見える感じで、絵本で見るように目や鼻とか細部までペンで書いた色付きのイラストが見える訳ではないので、息子には難しいかもなぁ。って何となく思った。
でも息子はカードを見て、「ほし」とかハッキリと答えた。

通っている病院では両眼視機能の検査をした事は一度もないけれども、「検査結果から両眼視している」と手術後から言われてきた。
でも今回、初めて実際に両眼視機能の検査をしてみて、息子が両眼視機能の検査で答えられたことが本当に嬉しかった。

その後に、眼鏡をかけてステレオフライテスト(ハエ)をやったけど、絵本でセミを掴むのと同じようにハエを掴んでいた。そしてその後、5つ位のキャラクターが並んでいるのを見て、「立体的に飛び出てるのを1つ掴んで」「浮き出て見えるのを掴んで」とか言われたが、息子は明らかに質問の意味自体を理解していない様子だった。私の目には、息子は単純に絵本の虫を掴むのと同じように、いろんなのを適当に掴んでいるように見えた。こっちの検査は理解してない様子だった。

1つだけ浮き出て見える、1つだけ飛び出して見える、という状態と言葉の意味が結びつくように、どうにか工夫して教えてみようと思った。

今回、はじめて両眼視機能の検査をしている息子を見て感じたことは、ステレオフライテスト(ハエ)よりもラングステレオテストの方が簡単だってこと。

だってラングは、「何が見える?」っていう単純で短い単語の問いに、見えるものを答えるだけ。それに対してステレオフライ(ハエ)は、うちみたいに絵本をみてセミや虫を掴む遊びを取り入れていれば飛び出て見えるとか関係なしに、いつもの遊びって感じで掴むよね。それとも、つかもうとする位置によって飛び出て見えてるかどうかってことが判断出来るのかな??
5つ並んだキャラクターから1つだけ立体的に見えるものを教えるというのは正確性が高い感じがした。でも質問の意味と状態が結びつく形で理解出来ないと難しいよね。紙に絵でも書いて、そのうちの1つだけ切り取って立たせてみようか?状態と言葉の意味が結び付くように、どうにか工夫して教えてみようと思う。

この日は、視能訓練士の検査の後に医師も複数の検査をして下さった。まだ3歳前なのに3歳すぎでやるような検査も出来るし、理解力もあって賢いし、初めてなのにどの検査も上手に出来ていると言われた。
親ばかながら、本気でそう思ってる様子に見えたから、嬉しくなったりして。

両眼視機能の検査も他の検査も、初めてだった。
とはいえ、検査を受けるために息子に求める行動は似てるし、実際には眼科は生後6ヶ月から通ってるから、雰囲気や検査に息子も慣れてきてるっていうのもある。と感じた。

なに?何?なに?攻撃。。
最近、私がすることとか物とか、何かにつけて、「なに?」と聞いてくる。

これが欲しい!
今までは私達がおもちゃを選び、与えられたもので遊んでいた息子くん。特定のおもちゃを欲しがることはなかった。
今でも与えられたおもちゃでも遊んでいるけど、最近になってウルトラマンやデカレンジャーの武器やアイテムを見ると欲しがるようになった!

トイレでうんち
トイレでうんち完了!完了までの道のりは。。「トイレでうんち」がテーマのビデオや絵本を見せたり、日々の洗脳、何ヶ月か誘うのやめてみたり、足台置いたり、ご褒美のお菓子で釣ったり、キャラクターのパンツ買ったりetc。

そんなこんなで息子くん!晴れて、「うんち」って言って教えてくれてトイレでうんちが出来るようになった(^^)b

単語
単語の数が毎日増えている。って言うのに近い位に日々増えている。日常生活の中で、私が言った言葉を繰り返して言うことが増えてきて、その日から息子の中で常用単語になるものもあったりする。意思を伝えるために口にする単語も、増えてきた。

オートレフケラトメーター
1年2ヶ月ぶりにオートレフケラトメーターをやった。
以前やろうとした時は、じっと動かないで中を覗くってことを全然してくれなかった息子くん。でも今回は、何とかあごを乗せて、何とか動かず覗いてくれた!偉いぞ、息子くん!

オートレフケラトメーターでは、赤い風船が出るらしいってことはみんなの情報で知ってた私。で、うちの息子はほめられるとその気になるタイプだし、風船をボールって言うから、「じっと動かないのすごいねぇ!ボール見てごらん!動かないで見てるのすごいね!」とか言って、とにかく動かないで中を覗かせることだけに必死になった私(^^;

それでもニヤッとして横目で私を見てきたりしてた息子(^^;;;
だけど視能訓練士の方も息子がよそみをしたら分かるらしく、こっち見てね〜、って感じで優しく声掛けしてくれたので、私も息子に声掛けをするタイミングがつかみやすかった。そして視能訓練士の方も粘ってくれて、うちの息子くん、何とかオートレフケラトメーターが出来た♪

自分で考えて行動
手が汚れたら洗面所で洗ってタオルで拭くとか、TシャツがぬれたらTシャツ、ズボンがぬれたらズボンをタンスから出してきて着替えるとか(着替えは私が手伝う)、遊んでる時の様子にしても、自分で考えて行動してると思えることが増えてきた。

おなら
今まで無意識におならをしていた息子くん。でも最近おならが出るって事に気付いたのか、おならをする度に「プーって出た」って報告してくる。

すぐ実行
大きい子や、他の人がしてる事を見たらすぐに実行してみる息子(^^;
ジャングルジムに登ってる子を見たらすぐ登る、滑り台を頭から滑ってくる子を見たら息子も実行などなど。何でもやりたいんだね(笑)。

トイレトレーニング
おしっこすんなり完了。おしっこは教えてくれるし、トイレで出来るから普段はパンツ。うんちは1日1回だけどトイレじゃ落ち着かないらしい。食後にオムツはかせてほっとくと、すぐに隠れて部屋の隅でする。そしてデカレンジャー人形のおまたをオシリフキで拭いてたりする(^^;
まぁ、とりあえずうんちは今のままでもいいけど。

誕生日
息子2歳の誕生日。誕生日を祝って親子3人で乾杯した。息子が本当にかわいくてかわいくてしょうがない。息子が産まれた時から今日までずっとだけど、かわいいって思う瞬間が沢山あって、家にいる時は何かにつけて、「かわいい」って言ってる私。1日に何回言ってるか分かんない位。息子が2歳になっても相変わらず何かに付けて、「かわいい」って言ってる親ばかな私(^^;

今日はプレゼントが沢山届いた。みんなに祝福されてるね。私達からのプレゼントは12インチの自転車。2歳おめでとう。

いたずら
台所からフライパンや鍋を引っ張りだしたり、ダメって分かってる事でも好奇心でやってしまうことがまだ続いてる。その結果、鍋類が大きな音をたててなだれで崩れたりすると、事件でも起こったかのように大慌てで走ってきて、身振り手振りで必死に説明する。そして私に怒られる(^^;

 

!