斜視治療アール

成長記

育児日記 P.7

写真:Guam

9 8 7 6 5 4 3 2 1

 

電子教科書
電子教科書を使った授業が、2011年度から一部の公立小中高で試験的に始まるらしい。電子教材には電子黒板などの指導用と、生徒1人に1台ずつ配備する教科書的なものがある。文部科学省によると、子供が各自端末を扱い、教科書の内容を表示したり書き込みをして使うこともするらしい。

詳細がわからないから、小学生を持つ親の一人として?はてな?マークでいっぱいの私。どの教科で導入するんだろう?そもそも、子供がひとりひとり扱う電子教科書(端末)ってどんなもの?ノートPCみたいなもの??
だとしたら、よく物を落としたり砂とともに帰宅する子供たちは。。
不注意による衝撃はどう減らす?授業中にフリーズしたら再起動までどうする?授業妨害が人から機械へと変わるだけ?データの保存やバックアップは?外部メモリの使用は?印刷の使用はどうする?

国力にも無関係ではない学力。基礎学力の定着はどうなのかな?
PCに不慣れな子だと、端末操作や入力だけでいっぱいいっぱいにならないかな?それで授業内容に集中できるんだろうか?その状態での脳には、授業内容を定着させたり、考えを発展させる余裕はあるのかしらん?
子供だし端末の扱いにもすぐに慣れるかな?
授業は上の空で、PCの基本機能まで使って遊んだり、付属のお絵かきやらカスタマイズで遊ぶ子にはどう対応する?チャットは?地味なキー操作だし、素早く画面の切り替えをすれば先生も気付かないよね。。

視力や視機能への影響は?デジタルなものに囲まれて育った子供たち。PCアレルギーがなけりゃ、大人になってからでもPCは覚えられそうだけど。電子教科書導入の目的は経済がらみ?それとも学力向上が狙い?

はてなマークが踊ってる状態だと、どうも不安の方が大きくなる。。不安を打ち消すデータが欲しいと思う親心。電子教科書導入で子供の学力はどちらに転ぶか。実践例や今後の展開が気になるところです。2010.7月

  

新情報?
3月に受診。眼科はとっても混んでた。前回の受診時から電子カルテに変わっていて、入力はペンタイプではなくキーボードだった。林先生の診察時にはフラッシュをたいたデジカメで眼位の写真をパチリ。初めてのことです。それがすぐに電子カルテに転送され、モニターで確認ができた。

そうそう、視力検査のお部屋を坂上先生が横切ったのを目撃!退職はどうなったんだろう??受付で聞けば良かったなぁ。中途半端な情報になってしまいました(^_^);2010.3月

2年生も終わり
診察室で久しぶりにお会いした林先生は、少し歳をとられたような。休める時に休んでほしいものです。うちの息子くんも次は3年生だし、月日が流れるのはホント〜に早い。

2年生になってバレンタインのチョコをもらってきた息子くん。
親同士の付き合いからではなく、子供の世界でチョコをもらったのは初めてだった。斜視ということでの視機能の問題と、見た目による心の傷は出来る限り取り除いてやりたいと思ってきたから、そんな親心が混ざって特別に嬉しかった。

入学と同時に しまじろうから切りかえた公文だが、基礎的な計算が終わったのでやめることに決めた。丸々2年間本当によくがんばったね。体育の成績も良かった。担任の話によると球技も得意みたい。親の目で冷静にみると、息子の運動神経は標準ライン。いたって普通。ただ、体を動かすことは昔から大好き。それが良かったのかな?今のところ体育の授業も問題なくこなせて良かった。

低学年最後の通知表。頑張った足跡がわかるから宝物。次は3年生のスタートだ。サイトの性質上ふれていない下の子、こちらも補助りんが外れていよいよ年長!2010.3月
 

ぼやき
素人だからよくわからないけど。公共事業で景気対策っていうけどさ、結局道路や効率悪いものばっかり作ってさ、意味ないじゃん。使った費用に対しての恩恵があんまりないじゃん。って思う。どうして国は子供にお金を使わないの?どうして労働力を増やそうとしないの?って思う。強制的に搾取されながら、何十年も国にお金を運ぶのは子供達なのに。

5/4の総務省の公表によると、子供の人口は28年連続減少らしい。

うちの息子くんは公立の小学校に通ってる。教室には相変わらず扇風機しかないから暑かった。地球温暖化で昔と比べて平均気温だって多少は上がったわけでしょう。コンクリートジャングルだし、中国方向からの黄砂の影響だか何だかわからないけど、光化学スモッグの発生だってあるでしょう。教室で熱中症が起こっても不思議じゃないよ。これから夏にかけて気温だってぐんぐん上がるのに、子供達は扇風機だけで授業を受けなきゃいけない。私が小学生だった頃から何十年も経つっていうのに、いまだに扇風機だけ。日本て本当に先進国?

大人だって夏は暑いから会社でもエアコンをつけてる。エコ運転て言っても、しっかりと冷房を使ってる。冷房を使うのは当たり前だよね。それなのに何故、学びの場所があんな環境なの?おまけに、ゆとり教育というもので日本の子供達が手に入れられる学力も減った。ゆとり教育のせいで、義務教育の中で高度な学力を身につける権利までも奪われた。日本は何がしたいの?資源の取れない国なのに、こんなんでいいの?と思ってしまう。今までだって何百という言語が世界から消えてきた。日本語はメリットのある言語として選ばれるのかな?

子供達は、私達の老後を助けるために年金を払わされ、税金という抵抗する事が出来ないシステムで搾取しまくられることになる。それなのに、国はいつまでこの方針と環境を続けるつもりだよ。って思うとぼやかずにはいられない。
2009.7月

 
新病院
息子くんが斜視治療の定期検診で通院している帝京。5月からの診察は新病棟になるそうです。次回の検診からは新病棟。

3月に受診した時に、こんな素敵なパンフレットがロビー(会計待合)に置かれていました。

パンフレットの情報によると、眼科は3階。今までの診察券も使えるし、診察や入院の予約は改めて取り直さなくてもいいそうです。→詳細(病院サイト)
2009.5月

グアム

息子くん小1の夏。家族旅行でグアムへ行った。家族4人揃って初の海外旅行。グアムって、何度行っても全然変わらない田舎の南国でホッとする。

子供達も時計を気にすることなく、毎日海やプールで遊んで楽しそうだった。

パラセイルで鳥になったりイルカにあったり、いろんな経験もしたね。それに何といっても、伸び伸びと過ごすことができてよかった。

私も日常から離れて過ごし、美味しいものも食べられて大満足。

 

魔法の石

今の小学生は早いね。学校の授業で英語もスタートです。

オーストラリア出身の英語の先生は、話ながらも身振り手振りで表情が豊からしい。だから子供達も話を聞くのが(見るのが)楽しいらしくて、息子もはまってるみたい。とりあえず英語アレルギーにならなきゃオッケーだよね。

でも子供の発想っておもしろい。
息子→オーストラリアって魔法の石があるんだよ!!その石で車やビルが作れるんだよ!すごい魔法だよね〜!それに焼肉食べ放題だよ!!って得意げに話してた。なるほど。子供の感じ方ってストレートだね(^^)

 

斜視治療アール