斜視治療アール

成長記

育児日記 P.8

写真:実り

9 8 7 6 5 4 3 2 1
 
卒業
帝京大学病院の写真です。定期健診の際、予約なしだったので長時間待ちまして。。写メを撮っておりました。そして偶然にもこの日、卒業のお話がありました。

診察室で息子は、「今までの人生の半分以上だった」って言ってたなぁ。

空がうつっている建物の1階には、コンビニなどがあります。通路に沿ってガラス張りで、明るい雰囲気です。左側の建物1階には、複数の飲食店がオープンしていました。

↓屋上庭園です↓

2012.9月

武道必修。教えてるのは生徒?!
中学の体育で、柔道・相撲・剣道のどれかを選ぶ形で武道が必修らしい。
でも大丈夫?他のママたちも心配してるけど、この3種目は学校での死亡事故例が報告されてるんだって。さらに柔道は、競技人口あたりの事故発生率が特に高いらしい。

柔道未経験の先生が、生徒に教えるために講習を受けて、さぁ授業。
教師は、準備不足と経験値の低さに不安を抱えながらも、国の決定だからやるしかない状況。親も、望んでない人が多い状況。
シンプルに考えたら、柔道を習い始めた生徒が、生徒に教えるってことでしょう。
畳を用意したからって、親の気持ちを無視して、こんな乱暴なやり方で進めちゃっていいの?床に頭をぶつけなくても、頭が動く勢いだけで脳が傷つく場合もある。

強引に必修化して、残るものは何?
武道必修化を望まない声は多い。

2012.9月 

大空のリング
今年の5月21日は、太陽が月に隠されてリングにみえる金環日食が見られるそうです。国内での金環日食は25年ぶりらしい!ので、私も楽しみ♪

ただ金環日食の時間帯が、ちょうど子供たちの登校時間と重なるかも。。過去の日食でも、色ガラスやサングラスで見ちゃったり、日食専用グラスの代用品として使われてきた下敷きなどで児童に観察させたために、有害な光が目の奥に届いて目を傷つけてしまったなど、多数の報告があったようです。子供たちの目を失明や視力低下から守るためにも、注意が必要かも。 

関連:レーザーポインターにも注意(リンク先:国民生活センター)  2012.3月

はじめての眼鏡

2011年の後半。息子君、初めて眼鏡を作りました(9歳)。

メガネを作るにあたり、調整のことも考えて近所のメガネ屋さんを数件たずねたけど、子供用メガネって、どこのメガネ屋さんでも種類が少ない。少なすぎるよ。。以前アンファンのサイトを見て、テンプルとか作りが良さそうな気がして気になってたけど、アンファンの店舗以外では置いてないらしい。見たかったな。
息子くんとメガネ屋さんを決めて、眼鏡処方箋をもとに注文。

メガネ選びでは、店員さんのお話を聞いて決めました。
[その時の店員さん情報]

  • レンズは、ガラスの方が傷が付きにくいが、プラスチックの方が衝撃やケガなどには強い。
  • この店舗での子供の眼鏡注文では、オーダーの98%以上はプラスチックレンズ。大人も90%はプラスチックレンズ。プラスチックの方が軽いので、鼻眼鏡になりにくい。鼻眼鏡になったり、曲がってしまった時は調整が必要。
  • この店舗でのオーダーとしては、レンズは左右の度が違う注文が多いが、初めての眼鏡の場合はいろいろ。片方が素通しの人もいる。
  • サイズの目安として、黒目がレンズの中心よりも外側にきたら小さい。

息子くんの場合はレンズの度数が低いので、薄型加工は付けても付けなくても。という感じでしたが、眼鏡を掛けている時は目の一部なので、薄型も追加。

レンズに薄型加工と非球面をつけて、31,500円。高いですね。
学校での扱いは大丈夫かな〜。大事に扱っておくれ〜、と心のさけび。 2012.1月
 

ぼやき。
政治家の関心が政治劇にむかう時、いつも思ってた。だからぼやきたい。

政治家同士の足の引っ張り合い、もうウンザリ。。
言った言わない・女がどうの。。ってもうやめようよ。
街の声聞きなよ。国民にとっては、どこの党っていうのは重要じゃない。政治劇を演じてもらうために、出演料払ってるんじゃない。

震災復興進めようよ。除染技術の開発しようよ。

福井県、茨城県、そして福島県での事故。。
今、多くの人が水と食、そして空気に不安を持ってる。原子力発電のゴミ、定検工事のたびに出る大量の汚染水、それを流している場所。考えると恐ろしいね。原子力発電を使い続けるのは狂ってる。

せっかく生まれた技術だから、捨てるのはもったいない?
管理できない技術のせいで、振りまわされてるのに?

発電して終わりじゃないじゃん。。。  2011.09月
 

9歳3ヶ月(再手術後6年1ヶ月後頃)
息子くん。視力:裸眼で右0.3 , 左0.6 矯正視力(近視性乱視のレンズ入れて)が右1.0で左1.2。目の位置は真っ直ぐ。  2011.6月
 

視力回復

カナダの研究グループが、人工的に合成した角膜で「角膜移植が必要な患者」の視力を回復させたらしい。(8/25付 米医学誌サイエンス・トランスレーション・メディシンに発表)

患者10人のうち6人の視力が2年後に改善し、残りもコンタクトレンズを使えば、他人の角膜を移植したのと同程度に回復したんだって。しかも人工角膜への拒絶反応は起きていないと。

目は大切。更なる発展に期待です。    2010.11月
 

 

斜視治療アール