!

育成医療の申請

育成医療って何?
育成医療とは、18歳未満で体に障害や病気があり、放置すると将来体に障害が残る可能性があるが、手術等の治療で障害の改善が期待出来る子供に対して、医療費の一部が公費で負担される制度です。斜視も育成医療費の支給対象です。

#このページは、2003年に私の息子が内斜視手術を受けた際に作成しました。ページ内では、その当時の育成医療制度について説明しています。また、その後に起きた障害者自立支援法案の経緯については、2005年8月に書き加えました。

#最新の情報は、コチラ(参照リンク:厚生労働省)でご確認下さいね。

 

育成医療の支給対象は?

育成医療支給対象者

  • 視覚障害(斜視、眼瞼下垂、白内障など)
  • 肢体不自由
  • 聴覚、平衡機能障害
  • 音声、言語、そしゃく機能障害
  • 心臓障害
  • 腎臓障害
  • 呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸機能障害と、それ以外の先天性内臓障害
  • 免疫機能障害
育成医療費の支給対象疾患(例示)
<視覚障害>
斜視、眼瞼欠損、眼瞼外反症、眼球癒着、瞳孔閉鎖症、牛眼、眼瞼内反症、兎眼症、眼瞼下垂症、角膜白斑、先天性白内障、網膜硝子体出血

<肢体不自由>
斜頚、先天性股関節脱臼、拘縮、切断及び離断、クル病、骨髄炎、各種関節炎、大腿四頭筋拘縮症、内外反足、顔面奇形、O脚、分娩麻痺、変形治癒骨折、不良肢位強直、弾撥膝、ペルテス病、先天性側彎症、病的脱臼

<聴覚、平衡機能障害>
外耳奇形、感音系難聴、中耳奇形、慢性中耳炎

<音声、言語、そしゃく機能障害>
喉頭腫瘍、口蓋裂、唇顎口蓋裂

<心臓障害:手術をするものに限る>
心室中隔欠損症、フアロー四微症、心内膜床欠損症、肺動脈狭窄症、心房中隔欠損症、動脈管開存症、大血管転位症

<腎臓機能障害:人工透析療法及び腎移植手術を行うものに限る>
慢性腎不全

<呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸機能障害及びその他内臓障害:手術する物に限る>
食道閉鎖症、巨大結腸症、胆道閉鎖症、腸回転異常症、巨大臍帯ヘルニア、腸閉鎖症、肛門閉鎖症、尿道上・下裂、横隔膜ヘルニア、脳炎・硬膜下水腫、膀胱腫瘍、直腸腫瘍

<ヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能障害>
ヒト免疫不全ウィルス(HIV)病

#保健所の育成医療担当者によると、上記で支給対象疾患として挙げている病名は例示であり、ここに載っていなくても医者の意見書があれば育成医療の支給対象になるとのお話でした。要は医者次第ってとこでしょうか。ですが、中にはこういった資料を読んだことがない先生もいるというお話でした(^^;

 

上記で触れたように、育成医療の制度によって、障害を抱えていても、どの子供も皆平等に治療を受ける事が出来ます。ですがこの育成医療の制度が無くなろうとしています。ご存知でしょうか!?

育成医療の制度を廃止して、障害者自立支援法案に変更してまとめようという動きがあります。「障害者自立支援法案」という名前だけ聞くと素晴らしい法案だと勘違いしそうになりますが、法案の中身は、病気を抱えながらも治療によって改善の見込みがある子供達にとって厳しいものとなっています。

育成医療を使うと医療費がかなり軽減されますので、治療内容を考えると医療費はかからないと言ってもいいような支払い金額で済んだ方が多いと思います。ですが障害者自立支援法案が通ると、医療費1割負担+食事代を負担する事になります。この法案は、増え続ける医療費をどうにかしなきゃ!という事で出されたもので、結果的に患者の負担が増える仕組みであり、医療費をおさえるために障害者の負担までもが増える仕組みです。そしてこの法案は1度通りましたが、今回の解散(2005年8月の郵政解散)に伴なって廃案となりました。ですが、厚労大臣は廃案になったままの法案を再提出するそうです。この法案が通ると、障害を持っている方が安心して治療を受ける権利も奪われます。

病気を持っていても、治療によって改善が期待出来る子供達が沢山います。そして、その子供達には未来があります。この法案の根本にある考え方が通ってしまったら、安心して子供を産めますか?又、この法案によって障害を抱えている人が安心して治療を受ける権利も奪われます。結果的にこの法案は、難病や慢性疾患で生活に困っている人を困らせる法案です。

厚労大臣は廃案になったこの法案を再提出するそうです。何かがおかしくありませんか?障害を抱えながらも、体を張って必死でデモ行進をしていた人達。国会前で必死になって訴えていた、1万人以上の方を見て何も感じないのでしょうか。

参照リンク:
http://hodanren.doc-net.or.jp/iryoukankei/seisaku-kaisetu/050701syougai.html(全国保険医団体連合会)
http://allabout.co.jp/career/careerwelfare/closeup/CU20050706A/index.htm(All About)
http://www.normanet.ne.jp/~jadh/75action.html(ノーマネット)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20050716ik02.htm(読売新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20050729ddm013100085000c.html(msn)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-4328-storytopic-11.html(琉球新報)
http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/00021289ss200607181000.shtml(神戸新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050705-00000188-kyodo-soci(yahoo)

医療費総額、厚労省が7年間計算ミス。実際より年間約670億〜2400億円多い値を出していた(asahi.com)

2005.8月

 

では再び、現在の育成医療費の説明に戻ります。
育成医療の利用条件は?
健康保険を使って指定された病院を利用することです。
育成医療の手続きに必要な書類は?
  1. 育成医療給付申請書(保護者が記入)
  2. 育成医療意見書(主治医が記入)
  3. 世帯調書
  4. 前年分の所得税額を証明するもの(源泉徴収票や確定申告の控など)
  5. 健康保険証

#必要な書類の内1〜3の用紙は保健所でもらえます。無料ですので書き間違えた時の為に1セット余分にもらってもいいでしょう(^-^)

育成医療申請の流れは?
  1. 必要書類の用意。
  2. 入院時に育成医療意見書(病院によっては育成医療給付申請書も)を提出し主治医が育成医療意見書の必要部分に記入します。
  3. 全て記入された必要書類が揃ったら管轄の保健所に必要書類を持って行き申請を出します。
  4. 申請をすると引き換えに受付票をくれます。受付票には育成医療券の出来上がる日(大体1ヵ月後位)が書いてあるので、その日以降に取りに行きます。保健所からハガキ又は電話で給付が決定した旨連絡が来ることもあります。
  5. 育成医療券を病院に持って行きます。日にち的にギリギリの時は郵送します。
私達が実際に払う金額は?

<公費が負担する医療費について>
育成医療は、公費が負担する医療費の部分に対して適用されます。
つまり、健康保険を使って治療した場合の自己負担額の一部です。ですから私達が実際に支払う金額は残りの一部自己負担金です。

自己負担額がいくらになるかは世帯の所得額で決まる地域もあり、又、育成医療の申請により自己負担額が無しになる地域もあります。つまり、住んでいる地域によって違いがあります。

例)健康保険で斜視の手術をすると私達が支払う金額は3割負担ですが、育成医療を申請すれば、3割負担の中の一部又は全額が公費(育成医療)で負担されます。

育成医療を申請すると・・・!

  • 医療費の部分の自己負担額がかなり軽減されます。
  • 入院中の食事代は自己負担額ゼロです。
  • 差額ベッド代(部屋代)は支給対象外です。
  • 病院によっては、入院中に着る乳幼児の被服は治療がしやすいという理由で貸し出しと決められている場合がありますが、この分も支給対象外です。オムツ代も支給対象外です。

<私の息子が入院した時の話>
小学生位の子供は各自持参のパジャマでしたが、乳幼児が着る服は病棟に置いてある、前開きの白い肌着(短肌着)と白い肌着のズボンを借りるという風に決まっていました。息子も病棟で決められた被服を借りることになりました(当時1歳3ヶ月)。

被服代等の料金は年齢によって違いがありました。
息子の年齢では、被服代とオムツ代で1日1100円、オムツを持参する人は被服代のみで1日700円という2つのプランがありました。

オムツ込みのプランにした方が看護婦さんもケアしやすいかな?と思って、オムツ代込みの料金プランにしました。5日間の入院だったので 1100円 x 5日=5500円。病院で使っていたオムツのメーカーは、確かマミーポコかメリーズのどちらかでした(どっちだったか思い出せませんが、肌触りも吸収も息子には合いませんでした)。いつも家で使ってるオムツのメーカーはムーニーだったので、最終日頃には病院のオムツではオムツかぶれになってしまい、家からムーニーのオムツを数枚持っていきました。

退院時、会計でもらった請求書は育成医療扱いで計算されていました。

  • 食事代(おやつ含)は育成医療の支給対象なので食事療養費の覧は空欄
  • 数字が載っていた欄は、被服等貸与料5500、保険点数11,987の2ヶ所だけ

区役所の担当者に話を聞いた所、保険点数というのは単純に言うと医療行為に対してかかってくる金額、という感じなので、ある程度の範囲で決められているそうです。ですので、どの病院でも近い範囲であり、極端にこの点数と違うという事はないと思います。

私が受け取った請求書の保険点数11,987は単純に考えて119,870円位。これが健康保険適用前の金額(10割負担)です。健康保険を適用すると、この中の3割(又は2割)が自己負担の金額ですが、育成医療を申請すれば3割(又は2割)の中の一部は公費で負担してくれます。ですから自己負担がある地域に住んでいるとしても、3割負担の一部なのでお金の心配は要りませんね♪

自己負担額の一部を公費で負担してくれると言っても、自分の子供が手術となった時、2割の中からなのか3割の中からなのか気になりますよね。これは使っている保険証(健康保険)によって変わってくると思います。

我が家の保険証は、旦那の会社の健康保険組合のものです。この保険証では、3歳以下の子供は2割負担になっているらしく、保険証の注意事項にその旨説明書きがありました。今は我が家の保険証も1人1人のカードに変わってしまったので注意事項を読む事が出来ませんが。

そして我が家は2割でしたが、私達家族が住んでいる市では、所得に関係なく育成医療は公費負担してくれる事になっています。ですから医療費の自己負担額はゼロでした。よって支払った金額は、元々健康保険の対象外である被服等貸与料の5500円だけです。

育成医療を申請しても、所得によって3割(又は2割)の一部を自己負担金にしている地域の場合、支払う金額はどれ位なのか、という質問もしましたが、私が住んでいる市の区役所や保健所では、公費負担にして自己負担額はゼロにしているので、そういった事務手続きがないため、詳細は分からないという回答でした。ですので、自分の市ではどうなっているのか?という事は、住んでいる市の市役所・区役所や保健所に聞くのが良いでしょう。

保健所で育成医療の担当者に聞きました! 〜育成医療の耳より話〜
<育成医療券が発行される仕組み>
保健所の育成医療の担当者は、申請があった分を1ヶ月に1度本庁(市役所)の担当官にまとめて送ります。すると2週間位して本庁の担当官から出来上がった育成医療券が保健所に届き、それを私達が取りに行く訳です。

例)保健所の担当者が1か月分の申請書を締め切って本庁に送った直後に、アールさんが申請を出しに行ったとします。でも保健所が次に申請書を本庁に送るのは1ヵ月後で、育成医療券が出来上がるのはそれから更に2週間後ですから、この場合アールさんが育成医療券を受け取るのは約1ヶ月半後となります。このパターンだと育成医療券を受け取るまでの日にちは最長ってことになりますね。とは言っても、場合によっては急いで追加で送ってくれることもあります(^-^)

育成医療というのは、通常必要があるから申請するというタイプの書類なので、半年前とか極端に過去の分だと受理は難しいです。と言っても、絶対に6ヶ月遅れたらダメとか明記はないので保健所の担当者は市役所の担当官に聞いてくれます。それでOKが出れば受理されます。その場合、遅れた理由を書いた書類を合わせて提出します。理由としては、病院の事務の都合で遅くなった、自分が入院してて出しにいけなかった、担当医が学会等で留守だったので意見書がなかなかもらえなかったなどがある様です。

育成医療の支給対象となる具体的な病名に関しては、意見書を書くのは医師なので保健所よりも医師や看護婦に聞いたほうが確実です。
斜視が支給対象になる理由は、”育成医療支給対象者”の”視覚障害”に該当しますし、”体に障害や病気があり、手術などで治療効果が期待出来る子供”という部分にも該当するからです。

私の息子が一時的に3ヶ所の病院で診て頂いていた頃に、保健所の育成医療の担当者に3病院が指定病院に入ってるか聞いた所、リストの様な物を見て確認してくれました。3件中2件の病院は他府県でしたがその2件も含めた3件とも育成医療の指定病院でした。

#病院によっては、手術入院が決まった時点で育成医療に関する説明が書かれた書類をくれます。細かい事は管轄の保健所や区役所で聞くと良いでしょう。管轄の保健所というのは、大抵の方は予防接種や○ヶ月検診などのハガキが送られてくる保健所が該当します。
保健所に行けば育成医療のパンフレットも置いてあります。
電話で問い合わせる場合は、月曜日は育成医療の担当者がつかまりにくい様です。担当以外の職員でも育成医療の事が分かる方もいますが、受け答えが明確ではないので担当に聞いた方が確実です。又、病院の医事課には育成医療に詳しい人や担当者がいます。育成医療について分からない事は電話や窓口で教えてくれると思います。

#年齢によっては、手術の際に育成医療を使うという選択の他にも乳幼児医療を使うという選択も可能です。ちなみに育成医療と乳幼児医療費はお金の出どころが違うそうです。

育成医療は申請が遅れると受理されない場合があります。
うちの場合は、退院後その足で保健所に向かう形でしたが支給されました。ですが病院や地域によっても違いがあるようですので、育成医療の申請予定がある方は出来るだけ早急に申請を済ませて下さい。

 


#このページは、2003年に区役所・保健所の担当者に話を聞いて作成しました。
作成するにあたっての参考資料は、区役所・保健所にある育成医療のパンフレット、区役所でもらった資料のコピーです。また、その後に起きた障害者自立支援法案の経緯については、2005年8月に書き加えました。

斜視治療アール