斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >あやこさん
 
あやこ - 2004/06/09(Wed) 09:04 No.1340 , 2004/06/09(Wed) 21:36 No.1347 , 2004/06/10(Thu) 09:30 No.1350より
はじめまして。3歳と2ヶ月の娘がいます。
娘は2歳半くらいの頃から首を傾けるようになって、地元の慈恵医大の眼科に通っています。といっても、やっているのは視力検査だけで、それも娘がまだそんなに集中できないので、行ってもハッキリと視力が分からない状態です。
2ヶ月に一度だけ行っていますが、早い段階で先生から、「この子の斜視は難しい、手術しても治らない」といわれました。
普通にしているときはすこし焦点があってないかな?程度なのですが、左の方を見るときに右目が横ではなく斜め上にあがってしまうのです。
うちの子が通っているのは慈恵医大附属柏病院です。他の病院の眼科から紹介されていきました。
小児専門の検査技師がいるという話をきいていましたが、実際はとても混んでいるし、後ろで人が沢山まっているところで、3人並んで検査するので、子供がリラックスして検査できる環境ではないです。
娘の場合、初めて行ったときは割と優しい検査技師の方で娘のペースに合わせてくれましたが、2回目に行ったときは「3歳くらいになれば練習すればできるはず。手で示してくれないと時間がかかって仕方がない。」とか言われ、さっさと検査を切り上げられてしまい、怖い口調に娘は萎縮してできるものもできなくなるし、散々でした。別に病院を中傷するつもりは全くありませんが、事実そうだったのです。これから少しでも娘の斜視を治してくれる病院を真剣に探して行きたいと思います。
セカンドを探しつつ、今度の検診(今月末にあります)ではもっと自分から沢山質問できるよう準備をしようと思います。
娘は先生の前では恥ずかしがってしまい、うまく斜視の出ている目を見せられなかったので、写真もどんどん撮って持参しようと思いました。

 

 

あやこ - 2005/04/22(Fri) 15:34 No.2994 , 2005/05/22(Sun) 23:44 No.3139より

こんにちは。1年くらい前に一度書き込みをさせていただいたことのあるあやこといいます。4歳になる娘が外斜視(きちんとした診断名を医師にきいていないですが)で、もう1年半病院に検査に通っています。
娘の場合は、近くにいればそんなに感じないものの、ちょっと離れたり、左方向を見ると、右目が斜め上に上がってしまう斜視です。
それで、通っている病院に2ヶ月に一度くる斜視専門の先生には「就学前に手術」といわれ、先日の診断では「そろそろメガネを作ってみましょう」といわれて、今度メガネを作ることになりました。
ですが、医師の説明がほとんどなく、一体なんのためにメガネを作るのか、今娘の目の状態の診断(斜視の程度・両眼視力)はどうなのか、はっきり言ってわかりません。視力検査では結構答えられているように思えます。

先日かかりつけの病院でとうとうメガネの処方箋をもらってきました。
でもどうしても腑に落ちないので、来週セカンドに行くつもりなのです。というのは、メガネの処方箋をもらう当日の検査のとき、検査担当の方が、こんなことを言っていました
・この子は視力は全く問題がない(両方とも1.0から1.2程度あるそうです)
・だからメガネをかけても見え方が良くなるわけではなく、両眼視機能を育てるつもりでかけてください
・しかし斜視角が20度のところ、メガネでは最大10までしか矯正できないから、両眼視機能が良くなるかどうかも定かではない。
その検査担当の方はベテランの方で、その人に「あんまり意味ないかもしれないけど先生に本当にこのメガネを作るかどうか相談してくださいね」みたいなこと言われてしまって、とても迷いの気持ちが強くなりました。
そこで、先生に「本当にメガネをかける必要があるのでしょうか」と聞いたところ、どうも的を射ない説明で、納得できなかったのです。

娘は近く(1メーター以内)くらいでは斜視にはなっていなくて、遠くを見ると必ず斜視になります。また横を見ると右目が斜め上に上がってしまうという感じですが、斜視角度20度のうち10度しか矯正できないメガネをかけて、治療になるのでしょうか??

また、両眼視機能について、先生にどの程度うちの子があるのか聞いたところ、「今のところ検査結果ではほとんどないけど、まだ年齢的に検査を理解できているか疑問」とのことでした。
確かに、ハエみたいなのの羽を掴むのはできますが、その次の丸が飛び出てるのとか、動物が飛び出てるのとかは答えられていません。でも答えられないだけでなく、違うものを指差したりして、ちゃんと検査できているか私も疑問なのです。
ちなみに子供は運動が得意で、幼稚園の遊具では高いところのも器用によじ登ったり飛び降りたりして遊びます。

 

あやこ - 2005/05/26(Thu) 13:57 No.3151 , 2005/05/31(Tue) 18:44 No.3207より

こんにちは、4歳の外斜視の娘がいる者です。
先日こちらの掲示板にメガネについての不安を書かせていただきましたが、今日とうとう丸尾眼科に行ってきました。

<丸尾眼科>
診察1:検査前に1回丸尾先生に診ていただきました。ニコニコと「はいいらっしゃーい」という感じで、リラックスできましたよ。
検査:検査も担当の方(女性でした)は慣れた感じで、うちの娘はリラックスして検査できたので、いつもより上手にできたような気がします。
診察2:検査を踏まえての診断、うちの娘は外斜視と上下斜視が混ざっているとのことで、私が漠然と感じていた「メガネは必要か??」の質問には「メガネでどうのという問題ではなく、手術するしかない、メガネは不要」とのことでした。両眼視機能も、ちゃんとあるとのことで、早く手術したほうがいいみたいです。手術は子供のため、帝京大学病院の坂上先生を紹介していただきました。帝京には初回は主人も休暇を取っていってきます。

結果的に他の眼科に行ってみてよかったです。ずっと疑問を持ち続けながらの受診では意味がないので、納得のいく診断をしていただけて本当に良かったです。今後は帝京大学に私も娘と通うことになります。
私の書き込みの中で、両眼視できているけど早く手術したほうがいいと書いて、ちょっと意味不明だったかもしれませんが、先生いわく「両眼視できているから逆にずれている時に二つ見えてかわいそう、斜頚も少しあるね」とのことでした。自分であとから読み返して変かな、と思ったので追記させていただきますね。

 

あやこ - 2005/11/21(Mon) 00:14 No.4282 , 2005/11/21(Mon) 17:35 No.4305より

6月くらいに4歳の娘の斜視(上斜筋麻痺と外斜視)のことで、T大学病院への転院のこととか手術予約をしたこととか色々ご報告させていただいたあやこです。

その後、2回ほど受診をして、とうとう手術の日まで数日を数えるほどになりました。

先日術前最後の診察のときには、教授診察の部屋に入ると学生さんが4人もいて、いきなり先生が「この子をみてごらん、首が変だろう。」と娘の斜頚について話始めたのです。大学病院だから仕方ないのですが、娘はもう4歳半、「変だ」なんていわれて大丈夫かしら、、と思うあまり、そっちばかり気になって、また大したことを質問できないまま終わってしまいました。
手術については、外斜視については右目を1方向、左目を1方向、上斜筋麻痺については右目の斜めの筋肉を2方向緩める、とお話がありました。

転院後すぐ手術をきめたところまでは順調だったんですが、ここへきてなんだか不安になってきてしまいました。
 
あと、教授が「この子は今右目だけが上に上がっていくが、手術後左目にも症状が出る可能性がある。今は疑いがある状態です。もし症状がでたらまた手術することになるかもしれない」と言っていました。

 

あやこ - 2005/11/24(Thu) 17:21 No.4358より

先日書き込みさせていただいたのですが、先ほど娘(4歳、上斜筋麻痺と外斜視)の手術が終わりました。
 
朝から何も食べれないし、11時からは何も飲めないのに、娘はけなげにも文句一つ言わず、手術までがんばりました。
終わって部屋に戻ってきたときも、静かに寝ていたので寝てるのかと思ったら、我慢していたみたいで私や主人が声をかけると一気に泣き出してしまい、しばらくは「痛いよー」と泣いていましたが、その後寝てしまい、今も寝ています。
手術は最初外斜視については両目という話だったのですが、今朝の助教授診察で、左目は手術するほどではないということになり、急遽右目のみになりました。私もとりあえず終わってホッとしました。

 

あやこ - 2005/11/25(Fri) 22:16 No.4364より

本当に、手術が終わるとホッとしますね。でもまだ目が腫れてるし、娘は開けるのが嫌みたいでなるべく薄目で見ている感じです。
親としては早く結果を確認したくて、「ちょっと開けてみて〜」とリクエストして、ちょこっと開けてくれたので娘の了解を得てフラッシュ撮影したところ、黒目の真ん中にフラッシュの光が2つとも映っていたので一安心しました。
あと、いつもは左を見ると上に上がってしまっていた右目ですが、一回だけ左を見たときに確認したら、ちゃんと普通の目の位置をキープしていました!!ウレシイ♪
明日の退院が楽しみです。

 

 

あやこ - 2005/11/26(Sat) 20:28 No.4373より
その後も娘の目の腫れはどんどん引いています。
目薬を差すのは嫌みたいで、ちょっとぐずりますが、もう4歳8ヶ月ということもあり、「これは必要なんだ」と自分でも理解してくれているようで、頑張っています。
ところで、さきほどとても感動した一言を娘が言ってくれました。
私が「目薬も頑張ってさしてるからどんどん良くなってるね、良く頑張ったね」というと、娘が急に「ママのおかげだよ」と言ってくれたのです。
「そんなことないよ○○ちゃんが頑張ってるからだよ」というと、さらに「ママも頑張ったでしょう?」と言われました。本当に涙が出ました。うまくいえないのですが、娘のその言葉は、本当に心に響いて嬉しかったです。
まだこれからも治療を続くと思いますが、頑張っていこうと思います。

 

 

斜視治療アール