斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >kopiyoさん
 
kopiyo - 2005/05/14(Sat) 22:30 No.3113 , 2005/05/17(Tue) 22:06 No.3124 , 2005/05/17(Tue) 22:37 No.3125 , 2005/08/22(Mon) 18:41 No.3632より

3歳の発達遅滞の娘がいます。1歳の健診で「外斜視」と診断され2歳くらいから北里大学病院に通っていました。
 
たぶん最初の検査でアトロピンを一週間点眼しなくてはいけなかったのだけど、やっぱり熱が出て中止しました。注意書きみたいなものに年齢(月齢)が低いと発熱する場合があると書かれていたような。病院に電話したら中止してくださいと言われました。自宅で1週間点眼はそれ以降ありませんでした。
病院で15分おきに4回?点眼してその後時間を空けて検査するのは受けました。そのときは発熱はなかったです。目薬や検査の目的が違うのかな?
うちは最初女医さんでしたがそれから3回くらい変わりました。小さいうちは4ヶ月に一回くらいで検査慣れさせるため、と言われました。2歳を過ぎて3ヶ月に一回、2ヶ月に一回になりました。目の状態にもよるでしょうから一概には言えませんが。
 
まだ視力検査にならないからということで2歳くらいから定期的に受診しました。最初の病院では「交代で見ているから左右の視力に差がないので経過を見ましょう」とのことでした。担当医も何度か変わってそのたびに言われることも違うし、待ち時間も長く子供が待てないこと、発達に遅れがありますので3歳過ぎても視力検査がうまくできないこと、そのためか経過観察が続き、発達のこともあるので今年1月に「神奈川こども医療センター」の方に病院を変えました。
 
運動と言葉が遅く過敏なところ(音や感覚)があります。診断名は特にありません。歩き始めは1歳半でしたが、足が地面につくのを嫌がり、靴を嫌がりなかなか進みませんでした。2歳半過ぎてやっと自分で「地面を歩く」ようになったような。うちの娘はとてもお痩せで、ずっと内科的な病気の疑いがあったので、最初は運動面の発達が遅いのは筋力がないからなのかなと思っていました。運動面は今も転びそうな感じで歩いたり走ったりします。実際転ぶことも多いです。抱っこして〜も多いです。言葉は単語とはっきりしない二語文にジェスチャーです。療育に通園しています。
 
神奈川こども医療センターでは二回受診しましたが二回目には先生が「近くを見るときも目の位置が外にずれているので両眼視できていません」と言われてすぐ手術になりました。それからすぐ手術の日、それに伴う検査や説明の日程が組まれました。入院は二泊三日でした。外に外れる角度も大きく、まず「外のずれを正しくして両眼視機能を獲得する」のが目的だと言われました。娘は上のずれもあるのでそれも聞いてみたのですが、「今の段階ではどのくらいのずれがあるのかがはっきりしない。下手に触ってひどくなる場合もある。今回の手術では外向きのぶんだけ行います。」とのことでした。手術してみないと上のずれがどんな風にでるのかがわからないみたいです。目立つ場合もあるし、逆もあるそうです。それから目の位置の戻りも個人差があるので目の位置をずっとキープしている人もいればすぐに戻ってしまう人もいると聞きました。それも一人一人違うので手術自体は難しいものではないが、医者を悩ませているのはそこだそうです。

手術前日 尿検査、採血(指先からちょっとだけ)を受けてから眼科で診察を受けます。入院する子供が呼ばれ、まとまって病室に案内されます。病室でオリエンテーション、問診、身長体重、血圧など測定。後は自由に過ごします。

手術当日 年齢の低い子供から順に30分おきくらいに手術が組まれていました。手術の進行具合で若干のずれがありました。うちは二番目で8時半に手術室に入りました。朝から絶食、水分は朝6時半まで可。7時に麻酔の前のシロップを飲みますが娘は嫌がって飲みませんでした。手術室に入って出てくるまで約1時間半。手術後すぐ吐いたようです。回復室で麻酔を覚ましてから出てきます。娘は眠って出てきました。目が覚めて水分が摂れたら食事ができます。おしっこが出たら点滴も取れました。肘が曲がらないように(患部に手を持っていかないため)関節帯というものをつけています。眠るときにはつけておくようにします。起きている時は手で触らないように言い聞かせておくことができればはずしていいそうです。

退院 眼科の診察を受けます。先生が点眼と軟膏のつけ方を教えてくれます。退院して二日後に外来で診察があります。

 

kopiyo - 2005/05/17(Tue) 22:06 No.3124より
3歳の娘が先週外斜視の手術をしました。両方とも外斜視です。基本は交代性なのですが両方外れていることもあります。今回は外れる角度の大きい左目を手術しました。

 術後の娘の目の位置ですが、まだ目の腫れがあるのではっきりはしませんがかなり内側になっています(戻りを考えてだと思います)。上のずれも残っている感じです。穴あきのあてがねをしているので手術したほうの目でも見えるようになっているのですが、あてがねをしていると右目(手術していないほう)は上にずれることもなく目の位置もいいのですが、あてがねを外すと若干両方とも上にあがります。今後どうなっていくのかが少し心配です。

先生によって意見も違うので難しい気がします。うちの場合、最初の病院では視力に左右差が出て弱視になると早めに手術したほうがよいという意見だったような感じです。手術した病院では両眼視(物を立体に見る力)を得るためには6歳くらいまでには手術したほうがいいと聞きました。

 

kopiyo - 2005/08/22(Mon) 18:41 No.3632 , 2005/08/23(Tue) 08:16 No.3637 , 2005/08/28(Sun) 08:20 No.3666より

4歳の娘の母です。5月に左目の外斜視の手術を受けました。
おかげさまで経過は今のところ良いです。天気の良い屋外は若干ずれが見られますが、室内では目の位置も良いです。うちは上のずれもあるのですが、手術では外向きの分だけ動かしていますから上のずれは残っていますが、それも思ったほどではなく(外を動かしたことによって目立たなくなったような気がします)来月外来で診察があります。

子供の目の状態も眼科に通いだした頃は「交代で見ているから大丈夫」だったのですが、手術を決めた頃は「両目とも視点があっていない」といわれました。

 

 

斜視治療アール