斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >ゆっきさん
 
ゆっき - 2003/10/20(Mon) 17:05 No.95より
 
先週、2歳9ヶ月の息子を斜視外来へ連れて行きました。
以前から「斜視かなぁ?」と思っていたので、初めて斜視外来というものを知り、連れて行くことが出来ました。右目が外を向くようです。また、来週検査のため病院です。詳しい検査はこれからだそうです。

 

ゆっき - 2005/05/27(Fri) 21:30 No.3152 , 2005/05/27(Fri) 23:51 No.3156より

2度目の書き込みです。
2歳10ヶ月だった息子も、4歳5ヶ月です。
その後、間欠性外斜視で、約15度の傾きがあるとの診断で、3ヶ月に一度、
検査と訓練を兼ねて通院しています。

最近では、病院の器械を使って遠くのものを両目で見る訓練もしています。
普通に眼科に行ったときに、検査をする機械に似ていて、あごと額を固定して、2つのレンズ(?)に両方の目で覗き込みます。
覗き込んだ右目にライオン、左目に檻が見えるようになっていて、訓練士さんに「ライオンを檻にいれてね。」と言われ、ライオンや檻の位置を子どもが操作するための、ハンドルのようなものが左右についています。
ライオンや檻の絵は、器械の中で距離が遠くになるようにセットされているようで、もし、両目で遠くのものを見れないときは、息子は「ライオンしかいない。」と言っています。でも、本人がだいぶん意識して、両方の目を使えるようになっているので、しばらく覗き込んでいると、「檻もあった」と言っています。
「ライオンと檻」の場合や、「車と車庫」、「ウサギとそのしっぽ」という組み合わせがあって、ゲームのようで楽しそうです。
訓練は、検査や他の訓練があって、息子が飽きてしまうので、5分くらいです。
外斜視なので、寄り目の練習もしています。
息子は幸い、遠くを立体に見れるときと、見れないときがあるものの、
視力に影響はなく、今のところ傾きだけの問題のようです。
治療の方は同じペースで進んでいます。

訓練士さんに家庭でできる訓練を聞いてみたところ、
寄り目にして、近くのものを見るときの目の位置を鍛える事はできますが、
遠くのものを見る時の訓練は、病院の器械を使うしかないとのことで、
3ヶ月に1回訓練して、あとは大きくなったら自分で意識して、見れるようになるでしょう。と教えてくれました。

 

ゆっき - 2005/06/12(Sun) 22:19 No.3256より
先週病院へ行って確認したところ、息子が訓練で使っているものは、
やはり、シノプトでした。

今回の検査では、だんだん斜視の角度が小さくなってきており、
近くのものを見る時の立体感はちゃんとあるようで、
遠くのものを見る際には、両目で見ることができたり、できなかったり。
ということで、遠くのものについては、また、病院のシノプトで
訓練していきましょう。ということでした。

実は、今回セカンドオピニオンをどこかの病院へお願いする旨を、
今の病院の先生に伝えようと思っていましたが、
斜視の角度が小さくなってきていることや、現時点で発達に問題がなく、
訓練にこれからも頑張っていきましょうね。と、言ってもらったことから、
なんとなく私が安心してしまって、言わずに帰ってきてしまいました。
今になってやっぱりセカンドオピニオンは必要だったか?と、思っています。
また、この辺も勉強していこうと思っています。

 

 

斜視治療アール