斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >あやママさん
 
あやママ - 2005/06/08(Wed) 09:45 No.3237より
書き込みは初めてです。

うちの小1の娘も今月18日に間歇性外斜視の手術予定です。
全身麻酔で行うため前日から入院し2泊3日の入院になります。
そして娘の場合、両目の外直筋を調整します。
半年ほど前から右目が外にズレる状態がかなり多くなり、先日の小学校の眼科検診でも右目の視力が少し落ちていると言われました。
やはりズレている時間が長くなった事が影響しているのだと思います。
今は10日後の手術に向け、不安な気持ちの一方、「手術をして良かった」と思える結果になる事を心から願っています。

 

あやママ - 2005/06/19(Sun) 14:43 No.3304より
今日、無事に退院して来ました。

手術は昨日の午後3時頃から始まり、(麻酔導入、手術を含めて)1時間ほどで病室に戻ってきました。
前日は特に検査も無く、執刀医の先生の診察と手術の方針・術後の経過などを含めてお話を頂きました。うちのあやの場合、(前回書いたとおり間歇性外斜視です)、35〜40プリズムのずれがあり、両目の外直筋を調整しました。
昨日(手術当日)は朝食はウエハースとポカリスエットのみ、昼12時までは水のみOKでした。

手術室の横の待合で手術の様子をモニターで見ますか?と看護婦さんに尋ねられ、迷いましたが夫と一緒に拝見しました。(実際は途中で見るのを止めて病室に戻りましたが・・・。やはりずっと見ているのは辛かったです。)
実際の手術時間は40分くらいだったと思います。麻酔の導入に20分ほど掛かり、麻酔から覚めてから病室に戻ってきたのですが(4時10分頃)、まだウトウトした状態でした。そのうち「痛い」と言ってシクシクと泣いたりまた眠ったり・・・。「ママ、痛いの直して!」「なんでこんなに痛いの?」と聞かれた時はもう胸一杯で、代わってあげられるものなら代わってやりたかったです。。。でも、暴れて点滴を外すといったことはありませんでした。一方、同室の男の子はかなり泣いて暴れていたようです。看護婦さん曰く、本当かどうか分かりませんが「男の子より女の子の方が痛みに強い」そうです。
午後8時頃にはかなり落ち着き、のどが渇いてきたようです。目も開けてTVも見られるくらいになり午後9時より白湯で様子を見て、午後10時に食事(おかゆ、消化の良いおかずなど)を取れる様になって点滴を外して頂きました。
目が落ち着いたとたん、点滴を外して!と娘はかなりしつこく訴えて困りました(^^;)
夕食が軽く取れましたので抗生物質を食後に飲み始めました。
今朝起きた時は「めやに」がまつげにべったりと付いた感じで濡れたタオルで軽くふき取らないと目が開けられないほどでした。
でも朝食はモリモリ食べて、トイレもスタスタと歩いて行けたし半日で随分違うものだな、と改めて感じました。
朝の診察で退院のOKが出ましたので、無事に退院して参りました。退院時、目薬を頂いてきました。
気になる目の位置についてですが、今まで遠くを見るときにズレがかなりありましたが、今のところズレることもなくほぼ真っ直ぐです。(術後ずっとこの位置をキープ出来れば良いのですが!)目の充血については黒目の両端(目尻側)がかなり赤いですが、目がまっすぐに向いた状態ではほとんど分かりません。左右に黒目を向けた時はその赤い部分が目立つような状態です。
複視については先生からも年齢が大きい(7歳)なので多少あるかもしれない。。。と説明されていましたが、やはり聞いてみると「ママが二人いる」→「一人になる」という2重に見えていたものが数秒後重なって一つに見えるそうです。これも時間が経てば無くなるとの事です。
最後になりましたが、手術を無事終えてやはり「やってよかった」という気持ちです。

29日に術後検診に行きます。

 

あやママ - 2005/07/09(Sat) 21:50 No.3412より
先月6月中旬に、小1の娘が同じ間歇性外斜視の手術を受けました。私も仙台に住んでおります。
仙台医療センターは斜視では県内では有名な病院のようです。
(ちなみにうちの娘が行っている病院は青葉区にある「平成眼科病院」です。)
私も娘の手術日程が決まってから、医療センターにセカンドオピニオンに行こうか、随分悩みました。結局、今診て頂いている病院を信頼し、再診はしませんでしたが・・・。

私は子育て雑誌などを見たり眼科などの評判を聞いて「斜視外来」があり予約制で診て頂けるということで、今の病院を選びました。うちの娘と同じ日に手術を受けた男の子のお母さんは「3歳児検診」で保健婦さんに薦められたそうです。同日手術を受けた他のお子さんで横浜へ転勤後も転院せず新幹線で通っていた方がいらっしゃいました。

さて手術に関してですが、間歇性外斜視は、両眼視・視力が比較的良好なため、手術の時期をそれほど急がない場合が多いようですが、やはり間歇性→恒常性への移行の恐れ(年齢と共に人間の目は外側にいく傾向にある)、学年が上がってきた時、お友達から指摘されるかもしれない、・・・などを考え、私たちは今の時期に手術を決めました。年齢が小さいほうが、術後の回復の早さ・複視などの後遺症が少ないなどあるようです。
先生からは、もしかしたら術後戻りの可能性も説明されています。(近い将来かもしれないし、ある程度年齢がいってからの場合もあるそうです。)今後戻りがあった場合は再手術も可能で、その場合次は内側の筋肉を調整するそうです。
現在術後3週間ですがとても経過は良く、充血もすぐに消えて目の位置もちょうど良い位置にあります。本人も「やって良かった」と言っていますし、私自信もそう思っています。

 

あやママ - 2005/08/24(Wed) 22:13 No.3643より

我が家の娘(7歳)は今年の6月に間欠性外斜視の手術をしましたが、斜視かな?と思い始めた頃から外の明るい場所へ行くと、ズレるほうの片目を瞑っていました。
術後も以前よりは少なくなりましたが、まだ瞑る事もあります。(今のところ眼位は良好です)
本人に聞くと「眩しいから」との事でした。「2重に見えて見えずらいから?」と聞くとそれはないそうです。(もしかしたら本人が意識していないうちに見えにくいのを防いでいたのかもしれませんが・・・。)

 

 

斜視治療アール