斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >のりまるさん
 
のりまる - 2005/06/04(Sat) 22:33 No.3227より
内の息子も 乳児性外斜視です。
小児科の3ヶ月検診で見つかり
兵庫県立こども病院を5ヶ月で受診し
そのときに「1歳になるまでに手術しましょう」と言われ
11ヶ月で手術しました。
確かに えらいはやいなぁと 思わないこともなかったのですが・・・。

子供病院に紹介状を書いてくれた小児科の先生に報告がてら伺ったところ
「歩き出す頃までに、有る程度視線をそろえてやれた方がいいんだよ。だから出来る限り早めに手術するんだよ」と言われました。
それで何となく納得したのです。

そして全身麻酔ですが 全身麻酔は気道の確保が大切だそうです。
ちょうど手術前日の検査で息子は鼻水を垂らしていたため、
「明日の手術は、明日にならないと分からない」と言われたのでした。
(中耳炎の切開を入院前日にしたのですが 「それは関係ない」と言われたことも 付け加えておきます)

手術して7ヶ月たちますが、手術前のような「どこ見てるか分からない、カエルのような」雰囲気は無くなりました。
そして、後 もうちょっとのずれを矯正するために今月末に眼鏡を作ります
伊達眼鏡にプリズムシールというのを貼り付けるのだそうです。だだ、1歳7ヶ月の男の子が黙って眼鏡をするとは思えず 高いおもちゃになる覚悟はしてて欲しいとのことでした。

 

のりまる - 2005/10/08(Sat) 23:06 No.3940より
内の息子は乳児性外斜視で生後3ヶ月で見つかり
去年の今日(2004/10/8) 11ヶ月で手術しました。
(めでたく1年! なのでいつも読むだけなのですが 出てきてしまいました)

手術を受けたのは兵庫県立こども病院で、
手術前日には麻酔科のドクターから30分くらい説明を受けました。
その中でなるほどと思ったというか信頼出来ると思ったのは
「生まれたての本当に小さいお子さんでも、この病院では手術をします。それに麻酔が無ければ不要な恐怖心を心に残す可能性もあります」と言う一言でした。それに 眼科の先生にも「手術が出来るかどうかは、麻酔科のドクターの診察結果による」と言われたので、
こども病院の麻酔科の先生を信頼しなくては手術はすすまないのだ と思った次第でした。(息子は入院前々日に中耳炎で耳を切開し、洟も垂らしており、麻酔の先生には「当日にならないと手術出来るか分からない」と診察されていたのでした・・・気道の確保のため鼻水は出てないほうがいいみたいです)

手術前には「こんな小さい子に手術かぁ」といろいろと思い悩み、涙が思わず出てくる 様なこともありましたが
今思えば、「抱っこしていれば何とかなる」時に手術してもらえてて良かったと思います。もうすぐ2歳ですが、しゃべり初めで自我が出てきた息子を見ているとつくづくそう思います。

 

 

斜視治療アール