斜視治療アール

書庫蔵TOP >ももAさん
 
もも - 2005/02/21(Mon) 16:15 No.2664より

現在小4の娘は小学校入学と同時に間歇性斜視とわかりました。
近くの眼科で帝京大学病院を紹介していただき検査をしましたが
色々考えて別の病院を探し以来四年間がすぎました。
娘が通っているのはお茶の水にある井上眼科で眼科専門で
小児眼科もあります。3〜4ヶ月の定期検診をする以外
たまに寄り目の練習を自宅でする程度です。
が最近頭痛もよくすることや、女の子なので外見的にイジメられ嫌な思いをするなら・・・と思い手術を考えるようになりました。娘の担当医は神崎先生という女医さんです。

 

もも -2005/07/12(Tue) 06:37 No.3426より
現在小五の娘は入学前後から間歇性外斜視の症状がでて
それ以来定期的に眼科で検診をしていました。
いつも先生には変化なしということで
様子を見ていきましょう。といわれていましたが・・・
先日手術を相談したところ執刀医(今までとは違う先生)から
「十歳か・・・ぎりぎりだな」と言われ、ショックを受けました。
もっと担当医に追求して聞いておけばよかった、
とかセカンドオピニオンをもてばよかった・・・
などとても後悔しています。
が、はっきり執刀医の言葉のおかげで迷っていた手術も
必要不可欠と判断できたので手術のことを切り出して
よかったと思っております。
とにかく控えめで待っていてはだめなんだなあ・・・
と今回のことは勉強になりました。
自分からどんどんアプローチすることが大事だと思います。

 

もも - 2005/08/23(Tue) 00:18 No.3635より
今日は術後検診に行ってきました。
娘は遠いところを見る時複視になるのですが
遠方を見ることで脳に早く慣れさせると
次第に複視がなくなるとおっしゃっていました。

 

もも - 2005/09/04(Sun) 13:51 No.3715 , 2005/09/27(Tue) 23:31 No.3876 , 2005/10/15(Sat) 07:58 No.3982より
八月半ばの娘の手術からもちょくちょく拝見しております。
戻りの恐怖が常にあり、 娘の眼位をしょっちゅうチェックしています。
うちの場合は間歇性から外斜視に移行していたらしいので 戻りやすいかしら?とか今小五ということで 勉強や塾などで眼を使う頻度が高く眼が疲れやすいので 戻りやすいかしら?とか特に術後の訓練などは言われてないので
このままだと戻りやすいかしら?など本当に本当に毎日落ち着きません。小さいのに一生懸命がんばった手術を無駄にしたくないのに・・・なぜ斜視って完治しないのでしょうね (T_T)

入院中は病院は個室でしたので、 とにかく退屈で死にそうでした・・・。

娘は手術の前の日、気分が高ぶっており
なかなか夜も寝付けませんでした。
当日は午前中、11時頃の手術の予定で、
やはり眠いのにねむれず・・・。
眠たくなる薬を飲んでからしばらくして
やっと眠ることができた、と思ったら手術になりました。
ですので「眠りながら」手術に向かいました。 帰ってきたときも、麻酔が効いてるというよりも 眠くて仕方ない、という感じで爆睡していました。 麻酔が切れてからも暴れることなく とにかく延々眠っていました。
「寝不足」が結果的に良かったようです。
食欲もあったのですが、夕食はとても少なく足りなかったようです。
また、術後少し微熱が続いていました。

 全身麻酔はとても不安でしたが、今は結果が良好なので、本当に手術してよかった・・・いや・・・こんなに簡単に終わるのであればもっと早くにやってあげればよかった・・・と思っています。    うちの場合・・・先日手術した娘は、6歳前後に外斜視の症状が出始めたので、歩行と斜視の結びつきの有無はわかりません。 が、歩き始めたのは一歳三ヶ月ととてものんびりでした。でも歩き始めたら転ぶことなく、すごく上手に歩けました。 実は斜視の長女の下に妹がいますが、彼女は斜視ではありませんが・・・歩き始めたのは一歳五ヶ月と、更にのんびりしていました。

 

もも - 2005/09/13(Tue) 08:18 No.3789 , 2005/09/15(Thu) 09:19 No.3802より

お久しぶりです!
先日術後三週間検診に行ってきました。
「ぴったり真ん中だね」と娘に先生が満足そうに
おっしゃる様子で、手術の成功に改めてほっと一安心。
また心配していた両眼視機能の有無を尋ねると
「おっ!すごいなあ」と先生がびっくりされていました。
というのは両眼視機能がなかったのに今回の検査では出てきたようです。小さいお子さんならともかく10歳という年齢では手術しても両眼視機能の獲得は難しいようでしたので「すごい!」と驚かれたのだと思います。
そして先生のお話から両眼視機能の獲得には脳の働きがとても重要に思われます。だから(私が思うに)やはり手術の時期は脳が完成する前のほうが有効なのかなあ〜と改めて感じました。

今は良好ですがやはりこの先不安です (^_^;)
娘の場合をお話しますと・・・・
小学校入学前後に間歇性外斜視の症状が出始めました。
それ以前は全くと言っていいほど目が外れたことがなかったので、あくまで私の考えですが両眼視機能があったのだと思います。斜視の症状があらわれてからも担当医によると両眼視機能があるということでしたので安心していました。外れていない時はあるんだろうなあ〜と漠然と思っていました。
そんな感じで五年近く過ごしておりましたが
外見的なことを考え手術をお願いすることになり・・・。
そして今年4月に執刀医から「ある」と思っていた両眼視機能が実は「ない」と、更に「10歳という年齢では獲得は難しい」と言われ大変ショックを受けました。

脳の確立が10歳ではされている可能性が高かったのですが、幸い娘の脳はまだまだ発達段階にあったらしく機能が出てきたのだと思います。先生が検診で娘に「どんどん脳を使ってね。(娘は公文をしていますが)公文どんどんやるんだよ」と笑いながらアドバイスしていました。
また術後、遠くのものを見ると複視になるのですが
「どんどん遠くを見て脳を慣らすんだよ」ともおっしゃっていました。
また術前術後の寄り目の練習も特に必要ないということです。

・・・余談ですが・・・・
術前、両眼視がないと言われていましたが
娘はTDLの「ミクロアドベンチャー」などは飛び出して見えました。全くなかったのではないのか??と疑問にも思うのです。
が・・・・術後娘に寄り目をさせたところ突然
(指の向こうが)「二つに見えるう〜」と驚いていました。
その姿に私も「えっ?」とびっくり!
おそらく術前に寄り目をさせて眼位は寄っても実は抑制されていて、近くの物も両眼視していなかったんだなあ・・・と改めて思いました。本人でないと見え方ってわかりませんね・・・。

 

ももA - 2005/10/24(Mon) 06:45 No.4053より

私もももでしたので
ももAにしますね。

うちの10才の娘は今年の夏に外斜視の手術を受けました。
退院後、複視がでているとわかりました。
複視といっても全てが二重にみえるわけではなく・・・・
角度、距離、体調などで変わるようです。
特に歩きづらかったり、不自由さは感じていない様子でした。
術後三ヶ月がたっていますが、今複視があるかどうかは
本人に確認していないのでわかりませんが・・・。

執刀医のおっしゃるには・・・・
小さい2〜3歳くらいの子は、術後の適応能力が高いので
複視が出ることはあまりないらしいです。
(大人の方で一年以上複視の方もいらっしゃるようです。)
娘の場合は年齢も高いので複視がでたようですが
この3ヶ月くらいで治るだろう、とおっしゃていました。
また先生のお話だと、娘の場合特に遠方が複視になるので
「遠くを見て脳を慣らしてください。
どんどん脳を使って下さい」とのことでした。

私も綺麗に治った娘の目を見ては
「本当に手術してよかった」と思っております。

 

斜視治療アール