斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >転勤族さん
 
転勤族 - 2005/10/30(Sun) 10:56 No.4105 , 2005/11/07(Mon) 23:49 No.4181 , 2005/11/09(Wed) 19:08 No.4190 , 2005/11/09(Wed) 19:08 No.4190 , 2005/12/16(Fri) 19:41 No.4424より

先天性内斜視の6歳になる息子がいます。うちは転勤族で2.3年ごとに引越しをしてきました。今年の夏に大阪に来たのですが湖崎医院が近いので行きました。すぐに手術を言われなやんでいます。

今までは東京の帝京病院で看ていただきました。3歳4ヶ月のときに「逆さまつげのため光を取り入れるときに屈折するのではなか?」ということで手術をしました。全身麻酔をするのでついでに内筋肉を3mmずらしました。今は、プリズム20.手術をするかどうかぎりぎりのところだそうです。見た目はあまり気になりませんが、近くを見るとき斜めを向いてみたり、疲れがたまったときに口がいがんできたりしてきています。帝京病院の先生は「将来外斜視になる可能性があること、母親がみていて気にならなければ手術はしなくてもいいのではないか。」と、いわれました。「また湖崎先生は斜視の第一人者なので先生にお任せしてみてもいいのでは・・・・?」ともいわれました。

私としては、小学校3年生までが視力を形成する時期だと聞きました。少しでも視力が回復するのであれば手術したいと思います。
6歳という年齢で手術をして視力は伸びていくのでしょうか?
これぐらいの年齢で手術された方がいたらアドバイスをお願いします。
見た目だけなら、私は気になっていないのでやめておこうとおもいます。

ちなみに、湖崎先生に内斜視は手術が早ければ早いほど両眼視できるようになる確立が高いといわれました。アメリカでもそうです。うちは転勤が多く、また、手術に対してすごく躊躇してしまったのでその時期をのがしてしまいました。今悩んでいる方がいたら私みたいになる前に、是非手術をしてあげてください。(ただし、メリット、デメリットをしっかり聞いてしっかり納得をしてくださいね。)

みなさんの参考になれば・・・と、思い経過報告させてください。
6歳という年齢は視力がほぼ確定してしまっていること・斜視の手術と視力の向上は別のものである。ということでした。ただし、小さければ小さいほど脳の発達段階であるため、両眼視できるようになる確立は高いそうです。

やはり、「手術しないと何もはじまらないんだ。」といわれました。そこがスタートみたいな考え方でした。手術に納得できないわたしに看護婦さんが丁寧に説明してくれました。もう少し早く出会っていたらきっと、手術をしていたと思います。


知人の紹介で、母親が納得するまで、訓練をしてくださる病院にいきました。そこの先生は混んでいるのにもかかわらずじっくり説明してくださいました。
ハイビジョンの目とアナログ(斜視の方の目)だと、いいほうの目でしかみない。だから、手術をしてもきっといいほうの目でしか見ないだろうから訓練はやったほうがよい。もう少し訓練をしてからでも手術は遅くないだろう。  とのことでした。

しばらく、そこで訓練をしてみようかと思います。
年齢が二桁になるまでは、視力は伸びる可能性があるそうです。
引越しがなければとりあえずそこでがんばってみます。

本当に病院によって、ぜんぜん考え方が違うことがわかりました。

視力と斜視手術は、「鳥と卵のどっちが先」論だといわれました。
  
 そこの先生は、「アイパッチだとか目薬をさしたり、めがねをかけさせたりするのはお母さんなので、お母さんさえがんばるのであれ納得するまでしましょう。私はただやってくださいというだけなので簡単なことですから。」と、おっしゃりました。
「ただ、あてもなく(目標)もなくやっていくと大変なのでひとまず6ヶ月を目標にがんばってみましょう。」とのことでした。

その病院は、多根記念眼科病院です。
水曜日の午後が小児眼科をやっています。 ほかの病院にいっていたこと、紹介状がないセカンド(サード)オピニオンであることを前もって伝えてもすごく丁寧に検査してくださいました。ただ、やはり初診には時間がかかりました。
私も病院によって意見がぜんぜん違いいろいろなやみました。

はじめの病院は「母親が見ていて目のより具合が気にならないようならそのままでよい。視力も自然によくなっていく場合もあるので様子をみましょう。」といわれました。他の病院の先生にきくと、ここの病院ではアイパッチには否定的な意見だそうでした。

次にいったところでは、「今までこのままでよくほっておいたね。手術をしなければ何もはじまらないんだよ。」とすぐに手術をすすめられました。

手術に納得をいかなかった私は知り合いに聞いた病院にいきました。そこでは、「訓練(主にアイパッチ)をしてみて、眼球の位置が固定してから手術をしましょう。」と言われました。

病院によって本当に意見がちがいます。
うちの息子も両眼視もできていません。
二つ目の病院で手術後の治療方針を聞くとやはりアイパッチをしていくとのことでした。

私もいろいろあり、即、手術を決めましたが、ご主人が外斜視の友人に「体にメスを入れることはいつでもできるのだから、できることをやってからでもいいのではないか?手術をした後のフォローをしっかりしてくれるのなら手術はいいとは思う。小学生の高学年ぐらいになれば話すときなど筋肉を使って自分で目の位置を真っ直ぐにはできるようになるよ〜(外斜視と内斜視はちがいますよ〜〜(先生談!!))といわれ、今はアイパッチの訓練をがんばっています。

 

転勤族 - 2006/06/28(Wed) 23:42 No.5023 , 2006/07/10(Mon) 15:21 No.5070より

お久しぶりです。転勤族です。10ヶ月で先天性内斜視がわかりました。4歳ごろに東京に転勤になり帝京病院に通い治療をしていましたが、「斜視治療はそろそろ終了です。」と、言われ、「0・4という視力のままかな〜。」と、思っていました。去年の夏、大阪に引越しし、進められた病院で手術といわれ、納得がいかずに多根眼科医院にかよい半年という年月で1・0という視力に回復しました。ずーっとアイパッチをしていましたが、今日で終了!!すっごくうれしいです。4月に小学校に通いどうなるかと思いましたが、事前に教頭先生にお話をしていたため、先生方はじめ皆さんに理解していただいて、全校生徒の前で抱きかかえられ、説明していただいていたそうです。
今後は、アトロピン点眼液で視力がが落ちないようにしていくそうです。

また、三男が遠視という診断をされていましたが、なんと、大丈夫だったそうです。低年齢のため適当に答えてしまったのがえんしではないか?という診断を受けてしまったそうです。
4歳で逆さまつげと、外側の筋肉をとける糸で3mmずらすという手術を帝京病院でしました。

視力はあがったものの、両眼視はできていません。

余談ですが、次男、三男の視力がよくなって喜んでいたら、長男が近視で0.4に・・・・仮性近視なので、目薬で治療中です。
全く・・・・・・ふう〜  目薬だらけです。

 

 
転勤族 - 2006/09/27(Wed) 20:58 No.5303 , 2006/10/03(Tue) 13:56 No.5318より

次男が先天性内斜視で帝京で手術をして、その後、転勤で転医しましたがそこでアイパッチ、アトロピン点眼液などで1・0という視力をもてるようになりました。
 
 「ただ、今のままだと、眼位の関係などから両眼視は難しく手術を考えてみては?。」と、言われ悩んでいます。 私としては視力が上がったというだけでかなり満足しています。

 先生には、「医療は、必要でないことまでしてしまう傾向があるので、よく考えてみてください。」といわれました。

 ここまでよくなったので、さらに・・・よくしてあげたい。とい う気持ちと、手術のリスクを考えると、このままでもいいのでは ないか。という気持ちで揺れ動いています。

 親としてできること・・・。子どもにとってよいこと・・・・。 考えると斜視の治療って本当に難しいと改めて思いました。してもいいけど、しなくてもいい手術。なんですよね〜〜〜 
 実は、帝京病院では、0.4の視力のまま経過観測するようにいわれていました。成長と共に視力が上がる可能性もあるので治療としては終了でした。

 転居して、近くの眼科ではすぐ手術!!を言われ、納得できなかったので今の病院にいたっています。

うちの息子ですが、自転車に乗っていてよく電信柱や壁に激突していたので距離感がつかみにくいのだろうと思い、バトミントンやキャッチボールなどをしていました。ちゃんと、ボール、シャトルにはあてることができます。また、アイロンビーズ、レゴなどの細かい遊びもより目になって首を傾けながらも集中してやります。飛び出す絵本は飛び出さないようですが、アトラクションの3Dは飛んでくるといっておりました。
 ・・・このような状態です。

 

転勤族 - 2007/02/15(Thu) 12:12 No.5764 , 2007/02/15(Thu) 22:19 No.5768 , 2007/02/20(Tue) 20:14 No.5789より

小学校1年生の先天性内斜視の男の子です。

何度か書き込みをさせていただいてご存知の方もいると思います。
一度手術をして、弱視治療のアイパッチを半年間がんばり、両眼とも1.0という視力をもてるようになりました。

そこで・・さらにステップアップとして、両眼視へ向けての手術を考え検査してきました。・・・・が、両眼視の機能は思っていたよりよくなく、手術をしても健常者ほどの両眼視機能は戻らないといわれました。
見た目だけを求めるなら手術はしたほうがよいけれど、そうでないのならリスクもあることだしもう少し考えてみたほうがよいといわれ、悩んでいます。

手術をするかしないか大きく揺れ動いています。

1回目の手術は逆さまつげがメインでせっかく全身麻酔をするので少し目もいじる(3mmのみ)という手術でした。4歳という年齢と5・6ヶ月から斜視がでているのでたぶん両眼視は無理という判断でされたのだと思います。

転勤して今の病院では、弱視が治ったこともあり、同時視は現在でもできているようです。ただ、融合、立体視となると疑問です。

子どもの話すことなのでどこまでが本当だかわかりませんが、両目を交互に使いわけているらしいです。両目を同時に見るとやはり2つに見えるそうです。

小さいころからボール遊びはよくしたし、外でも遊ばせていたので木登り、塀の上を歩いたり体育関係は得意(感覚でやっている部分もあると思います)で、男の子なので見た目も気にはしていません。

今、それなりに心地のよい眼位を保っているようで、私達が片目をつむった見え方ではなく、片目ずつで距離感などわりと正確に判断できているそうです。今の生活でも特に困ることはないようです。

手術後、今の病院では両眼視の訓練などはしていないそうで経過観測だけになってしまいます。手術をしなくても同じように、弱視だった目の視力が落ちないように経過観測していくだけだそうです。

今なら両眼視機能の発達をうながすことができるかもしれない。
でも、できないかもしれない。
将来、外斜視になる可能性が高いらしいです。
なら、あわてずに経過観測して、位置がずれてから手術をしてはどうか?
大きくなれば、部分麻酔でできるので、自分にあった位置を確認しながらできるそうです。(今日ご相談してはじめて知りました。)
 

湖崎眼科も阿倍野と梅田で雰囲気がちがうようですね!
本音だと、家から近いので湖崎眼科で手術をできれば楽なのですが・・・

「訓練など努力して大変なのは母親、眼科医はその経過などを見て、判断指導するだけ。」とりあえず、目の位置を真っ直ぐにしてあげて、その後は人間が持つ機能の可能性に努力してみたいと思います。

ネットでいろいろ調べたら運動能力にもよいみたいなのでビジョントレーニングのグッズを少しずつ、母も一緒にやってみようと思います。

 

転勤族 - 2007/04/10(Tue) 05:28 No.5958より

皆さん、ご無沙汰をしております。
先天性内斜視の小2の男のこの母です。アイパッチで弱視治療がうまくいき、両眼とも1.0という視力を持つまでにいたりました。「ここで、治療を終わらせてもよい。」とのことでしたが、両眼視ができていないということで、明日、手術を受けてきます。年齢的なこともあり、「両眼視については期待できない。主に見た目をよくする。」という手術になります。
「してもよいし、しなくても日常生活にさしさわりがない。」という手術です。

 

 
転勤族 - 2007/05/11(Fri) 23:09 No.6052より

手術を終えて、約1ヶ月たちました。
内斜視の顔に慣れていたせいか、目の位置が外にいったのではないかとしばしば心配になり、息子に何度も確認をしてきましたが、やっと今の眼位になれてきました。
「外斜視に・・・・?。」と心配するたび、「やっぱり、やめておけばよかったのかな〜???。」などと後悔の気持ちになりました。
充血していた真っ赤な目も白い部分が増えてきて少し落ち着いてきました。

二度目の手術で要領はわかっているとはいえ、やはり心配で胸が張り裂けそうになりました。本当によくがんばったと思います。
術後、すぐに、「二つに見える。」といっていましたが、半日ぐらいで一つに見え出したようです。

・・・とりあえず、今の経過は順調です。
術後の訓練としては、目の筋肉をきったり、張ったりしているので目をしっかり動かすことをするように言われています。
個人的には、ネドベトさまに教えていただいたカイロスコープで簡単な絵をかいています。
手術前には、絵をかく位置が私のかく位置よりかなり内側だったのが、今ではほぼ同じ位置にきました。
両眼視も本人は私を喜ばすためか、「少し見えている気がする。」といっています。
野球をしてバットにあてることもできました。これも私を喜ばすためか、「前よりよくみえるようになった気がする。」といっています。
寄り目をさせると、少しの間は両目とも内側にあるのですが、しばらくすると、片目がパーンと利き目と同じ角度だけ外にずれていたのですが、両目でキープできるようにもなりました。「これから、少しずつでもあせらず楽しみながら両眼視の訓練をしていけたらいいな〜。」とおもいます。

さて、病院の様子ですが、今まで古い病院ばかりでしたので、きれいで清潔な印象をうけました。
眼科専門で、ひとつの建物なので看護婦さんも総合病院に比べゆったりしていて気にせずなんでも頼める感じです。患者さんも眼科の方だけなので寝たきりという方は少なく、お元気な方が多かったように思います。食事もおいしく、うちは利用しませんでしたが、最上階に入院患者さん専用の食堂があり、元気な方はそこでたべていたようです。
ただ、子供用の遊びのスペースはなく、談話室が食堂の横にあったのでそこで遊びました。
手術には部屋のベットで行き、帰ってきました。術後、痛みをうったえたので点滴に痛み止めをいれると思っていたのですが、軟膏を目にさし、それで痛みがとれたようです。

せっかく弱視治療で1・0まで見えるようになったのに、今度は近視がでてきて、また、下がってきました。「はあ〜〜!!」(泣)

 

 

 

斜視治療アール