斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >ひとみママさん
 
ひとみママ - 2005/09/29(Thu) 22:09 No.3891 , 2005/10/05(Wed) 00:16 No.3928 , 2005/10/15(Sat) 18:45 No.3991 , 2005/10/15(Sat) 23:09 No.3992 , 2005/11/01(Tue) 23:11 No.4122 , 2005/12/04(Sun) 00:57 No.4397 , 2006/01/04(Wed) 23:06 No.4469より
ひとみはハイハイをしなかったので斜視になり「見る」事がうまくできなくなったということです。ひとみの斜視の原因が少しだけ低体重で生まれたのと6ヶ月検診で股関節の音があり寝返りやハイハイをしなかったからという事のようです。
実は私、山口県に住んでいてかわばた眼科には行った事がなく、
ただ神戸のビジョントレーニングの先生の本にかわばた眼科の
紙が入っていたことと、HPのリンク集にひとみの行っている
名古屋のビジョントレーニングの先生の眼のサイトがでていることと、
かわばた眼科が視力とともに視機能に重点をおいた診療を
されているのでとても信頼できるんじゃないかと思ったのです。
ひとみの様に今まで「視力がいいから大丈夫」といわれていたのに
ちゃんと見えていなかったと思うと母として胸が痛みます。
ひとみは、両眼のチームワークに問題があるために時々斜視になり、それが間歇性外斜視になったのです。ひとみも、受験と高校進学という環境の変化で斜視がひどくなりました。
眼科にも行ったのですが、先生の言われることに納得いかず
その時にビジョントレーニングの事を知りオプトメトリストの先生をたずねました。そして、両眼のチームワークに問題があることをおしえていただきました。
私はずっとかかっている眼科も何度も行き、セカンドオピニオンで3件の眼科をたずね、主人のいとこが眼科医なので相談したり、親戚の子が視能訓練士なのでそうだんしたりしたのですが
ひとみは視力はいいので「みえてるのにみえてない」この事がわかってもらえませんでした。オプトメトリストの先生に出会った事で
ひとみの目の状況もよくわかったし良くなる方向でトレーニングしています。

 

私も最初は半信半疑でした。ひとみは今もそうです。
でも眼科の先生も術後の戻りがぜんぜんないとびっくりされてたし
両眼視が出来るようになって頭痛がなくなったし
いつも学校から帰ったら疲れて寝ていたのに最近は起きています。
目からのストレスで顎関節症にもなっていましたがよくなりました。
ひとみは間歇性外斜視で近くは視線があっているのに
両眼視機能はないし網膜対応異常があります。
外見は斜視とわからないくらいなのでたいしたことないようにみえますが
眼球運動 見るものに視線を素早く正確に移動する
両眼のチームワーク 両眼を使ってしっかり物を見る
調節 近くや遠くの物に素早くしっかり焦点を合わせる
これらのことがうまく出来なくて時々斜視になるので
トレーニングはとても効果がありました。
私は山口県に住んでいるんですが名古屋のオプトメトリストの
先生にお世話になっています。
本もだされているしHPもあるのでみてみてはどうですか。
外斜視だとより目の練習をして
ブロック・ストリングとエキセントリック・サークルという
トレーニングをしています。
内斜視だと離れ目の練習で後は同じだと思いますが
離れ目の練習がよくわかりません。
ビジョントレーニングといっても目的が両眼視機能だけなら
家でできます。
最初に視機能の検査をしてもらってトレーニングのやりかたを
ならいました。

ひとみは眼科の先生にずっと「視力がいいから大丈夫」と
いわれていたのに目はよくても機能を果たしていないために
ちゃんと見えていなかったのがわかったので
オプトメトリストの先生に診てもらったのは良かったとおもいます。
名古屋の先生の「眼は脳刺激でグングンよくなる」二見書房
この本は視機能とトレーニングについて書いてあるので
参考になるので読んでみて。
ひとみは本の中の「跳び箱がとべない」「ころびやすい」
「本を読むと行を飛ばす」などたくさんあてはまることがあり
全部目のせいだと書かれていてびっくりしました。
ひとみも術後の複視がありました。
前に神戸のオプトメトリストの先生に診てもらったときに
ひとみから1メートルくらいの所まで
両眼視してないといわれました。
ひとみの術後の複視は両眼視しているのとしていないのとの
さかいめあたりでした。
テレビを見ても画面は2重でテレビ本体はそのまま
私の顔を見ても顔や頭はそのまま目鼻口は2重という感じでした。

 

ひとみママ - 2006/06/03(Sat) 23:05 No.4947より

下の子が学校の視力検査で左がBということで眼科に行きました。
まだ0.9なので0.6になったらメガネを考えましょうと言われ
紙には近視性乱視にまるがついてました。
念のため名古屋の先生に診てもらった所
近くのものを見た時に外斜視になる事がわかり
乱視は無いといわれました。
視力は小さい子ではないのでそんなに下がる事はないそうです。
姉妹だから似ていると言われました。
結局二人でビジョントレーニングすることになりました。

最近のひとみですが疲れてくると二重に見え
眼が外れているのがわかるので
寄り眼にして眼の位置を直しているそうです。
そしてトレーニングですが
間歇性外斜視なのでより眼ばかりしていたら
なめらかに離していくトレーニングもするように言われました。
眼の動きを自分でコントロールできるようにするんだそうです。
術後10ヶ月ですが眼科でも戻りはないといわれ
視力も右1.2左2.0だったのが今は両方とも2.0です。

 

 
ひとみママ - 2007/03/15(Thu) 00:06 No.5872 , 2007/03/19(Mon) 23:58 No.5898より

2月に名古屋の先生の所に行きました。
去年の5月から、時々ということでトレーニングをお願いしました。
9月に先生の所へ行った次の日、学校の体育でドッチボールをして、いつもよりボールが遠くに飛ぶようになり、先生に「今日は大活躍だったね」といわれたと言うので、見え方がどんなか聞くと、うちの中を見回して「奥行きを感じる」といいました。
この日から急に見え方が変わったようです。
家でのトレーニングを始めてちょうど1年たったころです。
そして先生の所でのトレーニングも2月で終わりになりました。
結果として
ひとみの遠視はもともとあったもの。
(初めてメガネを作りました。)
疲れると二重に見えるのは戻し方がわかっているので戻すように。
人ごみで気分が悪くなるのは斜視が出ているのかもしれない。
いずれも両眼視できて良くなって感じることなのである程度は自分で調整するようにといわれました。
ひとみは小さい頃からの間歇性外斜視で片目で見る癖がついていて、そのことが勉強や運動、そして日常生活にすごく影響していたと思います。
トレーニングしたことでその1つ1つが改善していき、ひとみの自信回復につながったと思います。
斜視は治ってないので片目を隠すと外れますが、両目で見ることが出来るようになったので外れなくなりました。
これからもひとみは間歇性外斜視ですが、これで斜視とうまく付き合っていけると思います。

家でのトレーニングはブロック・ストリング(ひもに3個のビーズを通したもので生理的複視トレーニング)、エキセントリック・サークル(立体視のトレーニング)を中心にやっています。先生の所でのトレーニングはレンズを使って平行法と交差法の立体視のトレーニングを主にやっています。
紹介していただいた所でのトレーニングは眼から脳へ、そして手足体全体の動きへとつなげていくいろいろなビジョントレーニング、右脳トレーニング、メンタルトレーニングをしています。

家でのトレーニングは内斜視、外斜視でトレーニングのやり方が違うようなので指導を受けられたほうがいいと思います。
小さいお子さんだと内容も少し違うと思います。
紹介していただいた所でのトレーニングは、子供たちすごく気に入っていてまだまだ続けるそうです。
ビジョントレーニングでいったん視機能が改善できると自転車に乗るようなもので元に戻るということはないそうです。

ひとみはブロック・ストリングを始めて40日位で、1本のひもが2本になりきれいにクロスして見えるようになった時、いつも学校から帰ると疲れて寝ていたのが寝なくなりました。
アチーブは、糸が伸縮自在でいろいろな角度でトレーニングできるので使いやすいです。
ビーズが小さいので大人向きです。
トレーニングされるときは、眼の状態がそれぞれ違うので、トレーニングの指導を受けたほうがいいと思います。
時々、検査しながらトレーニングしていました。

 

 

斜視治療アール