!

書庫蔵TOP >上下斜視とDVD

上下斜視とDVD

斜視治療経過  tani - 2012/09/03(Mon) 21:32 No.10990

42才、男性、鳥取県在住です。
手術により上下斜視の治療を受けた経験があります。
症状は各個人により異なりますが、ご参考になればと思い、手術を受けるに至った経緯、その後等について、書き込みます。

【概要】
上下斜視と複視の症状があり、岡山大学病院(岡山市)にて2009年4月に右眼を手術(当時39才)、2010年2月(当時40才)に左眼を手術。2011年4月(当時41才)に治療を終了しています。
右眼、左眼の手術により眼位はかなり改善されました。
複視の症状にも改善がみられました。
(2つに見えていた像が随分近づきました、距離によっては一致しますが、未だ2重にぶれている感じです。複視が完全に改善されたわけではありません。完全な立体視能力を獲得したわけでもありませんが、条件、距離によっては立体視できるようになりました。)

以下、手術前の症状、経過等について記載いたします
斜視治療経過 つづき1  tani - 2012/09/03(Mon) 21:33 No.10991

1.【手術前の症状等】
幼いころから、時折、複視の症状があったように思います。高校卒業以降、出現頻度が多くなったように記憶しています。20代半ばからは日常的に複視状態でした。
10才ごろに眼位が不自然ということで、眼科を受診したように記憶しています。
(その際、「ひどくないので、そのままにしましょう」「手術してもよくなるかわからない」ということだったように記憶しています)
手術前は複視の症状がひどく、パソコン作業や読書の際には片目を閉じていなければならないほどでした。もちろん、立体視はできず遠近感というものもわかりませんでした。

2.【治療、手術のきっかけ】
テレビ番組でテリー伊藤さんが、斜視手術について「20年間の悩みが、20分の手術で解消」とお話しされているのを拝見して、斜視症状がひどいこともあり、眼科に行ってみることとしました。

斜視治療経過 つづき2  tani - 2012/09/03(Mon) 21:34 No.10992

3.【岡山大学病院で手術、治療に至った経緯】
2008年7月7日
自宅近くの眼科(開業医)を受診
診断「上下斜視の症状、手術はできない。手術をしても2年ほどで眼位は元に戻ってしまう。」
(→なぜかしら、納得できず、他の眼科を受診してみることに)

2008年7月8日 職場近くの眼科(開業医)を受診
診断「上下斜視の症状、眼位はかなりずれてる。
手術はできない。手術しても改善するかどうかわからない。
ただし、複視がひどくなっているなら眼の病気だけでなく、脳の病気も疑う必要がある。
MRIなりの設備のある総合病院を一度、受診した方がよい。」
(→地元の公立総合病院の眼科を紹介いただいた)

2008年7月15日 地元の公立総合病院眼科を受診
診断「上下斜視の症状。
手術により眼位および複視症状は改善するものと考える。
ただし、当院では技術的、設備的に手術を行うことができない。
手術による治療を考えるのであれば岡山大学病院を紹介する」
(→岡山大学病院の眼科を紹介いただきました)

2008年7月22日 岡山大学病院眼科を受診
診断「上下斜視の症状、手術により改善が見込まれる。」
(直近の手術可能日ということで、2009年4月の手術日を予約しました。
手術(右眼)後の経過をみる中で、左眼手術の予約を入れ、2010年2月に左眼を手術しました。その後、2011年4月まで通院しました。)

4.【手術】
2009年4月20日  右目手術(入院、翌日退院)
2010年2月15日  左目手術(入院、翌日退院)
斜視治療経過 つづき3  tani - 2012/09/03(Mon) 21:35 No.10993

5.【手術後の症状等】
治療後は複視状態については完全には改善しておりませんが、手元および遠景については、かなり改善し、ステレオフライテストでもハエの羽が浮き上がって見えるようになりました。遠景でも山や雲が立体的に遠近感をもってみえるようになりました。(体調により複視の出現や立体視にはムラがありますが、、、、。)
斜視の治療効果といえるかどうかわかりませんが、肩こりと頭痛が少なくなりました。また、パソコン操作、読書にも集中できるようになりました。
眼位も改善され、見た目の不自然さもなくなりました。これまで写真に撮られることが苦痛でしたが、いまでは気にならなくなりました。

不具合として、車の運転の際、特にバックするときに、これまで長年慣れていたものの見え方と違うので、車体がまっすぐなのか、斜めなのか、現在、つかみづらい状態です。かなり慎重な運転操作を行っています。また、遠近感、立体感がでてきたためか、高速道路の高架や、高い橋梁を運転する際には高さを感じて、少し怖さを感じるようになりました。

6.【その他 眼鏡屋さんについて】
2011年4月の治療終了時には、以降、プリズムレンズにより、さらに複視状態を解消するという指示を主治医からいただきました。しかしながら、処方して頂いたプリズムレンズは中距離の複視解消を主にしていたらしく、手元が見えづらい等したため、2ヶ月ほどは、複視状態の改善のため、訓練的に自宅にいる間はかけていましたが、以降、かけていませんでした。プリズムレンズを使うことなく、プリズムなしの眼鏡を日常的に使用していました。
 2012年4月に、きっかけがあって、それまでお世話になっていた眼鏡屋さんではなく、別の眼鏡屋さんで眼鏡を作る相談をしました。斜視治療の経過を話し、視力や左右の見え方のずれ等を検査いただき、改めて左右にプリズムを入れた眼鏡を作りました。その結果、複視状態はかなり、改善し、遠近感、立体感もこれまで以上に実感できるようになりました。
斜視治療経過 つづき4  tani - 2012/09/03(Mon) 21:36 No.10994

【おわりに】
斜視を治療して本当に良かったと思っています。
できることなら、20年前に治療できていれば良かったと思います。
これまで目にしてきた風景が、実際にはもっと雄大で遠近感、立体感あふれるものであったことを知らずに過ごしてきたことに、最近、気がつきました。
治療ができていれば、ボールの遠近感が判らないために、避けてきた球技も素直に楽しむことができ、眼位が不自然なため引っ込み思案に過ごした日々、ひいては、これまでの人生も違ったものになっていたのかもと、少々、センチメンタルに考えます。
十分な治療と成果を得るには、いろいろな情報を得ながら、眼科医も眼鏡屋さんも探していかなければならないのかもしれません。

【治療経過まとめ】
2008年7月7日 眼科A(開業医)受診
2008年7月8日 眼科B(開業医)受診
2008年7月15日 地元の公立総合病院受診
2008年7月22日 岡山大学病院受診
2009年3月19日  岡山大学病院診察
2009年4月20日  岡山大学病院 右目手術(入院、翌日退院)
2009年4月22日  地元の公立総合病院受診(手術後の経過観察)
2009年4月28日  岡山大学病院 診察
2009年6月2日  岡山大学病院 診察
2009年9月8日  岡山大学病院 診察
2010年1月19日  岡山大学病院 診察
2010年2月15日  左目手術(入院、翌日退院)
2010年2月17日  眼科C(開業医)受診(手術後の経過観察)
2010年2月20日  眼科C(開業医)受診(手術後の経過観察)
2010年2月27日  眼科C(開業医)受診(手術後の経過観察)
2010年3月13日  眼科C(開業医)受診(手術後の経過観察)
210年3月16日  岡山大学病院 診察
2010年6月15日  岡山大学病院 診察
2010年11月9日  岡山大学病院 診察
2011年4月12日  岡山大学病院 診察。治療の終了。プリズムレンズ処方

Re: 斜視治療経過  るる - 2012/09/03(Mon) 23:41 No.10995

taniさんの投稿が少し自分と重なる点があり、斜視について手術のことまで書いていてとても参考になりました。
私は目の疲れやストレスで日によって複視が酷かったりするのですがtaniさんはどのようにして目の疲れはとっていますか?
上下斜視とDVD Page 2 1

書庫蔵TOP >上下斜視とDVD

斜視治療アール