!

 

書庫蔵TOP >めろんさん
 
めろん - 2003/09/11(Thu) 00:44 No.4より
 
はじめまして。3歳児健診で斜視を指摘され、通院をはじめ、この夏で娘は4歳になりました。横浜在住です。
乳児の頃より、ちょっと黒目が外にいくことがある、と健診で相談したことも何回かありましたが、その度に「赤ちゃんにはよくあること」と軽く受け流されていました。最初は比較的大きな病院の眼科に行っていましたが、老人が多く、何となく検査も信頼できず、小規模ながら、こども専門に看てくださるところに今は行っています。
間けつ性外斜視で、両目とも外にずれることがあり、春から眼鏡もなるべくかけていますが、視力が矯正で0.6とか0.8くらいで、これって弱視ということでしょうか。だんだんひどくなっているような気もしますが、できることなら全身麻酔の手術なんて避けたいという気持ちがありますが、先生には、眼鏡をしばらくかけても、これ以上視力や両眼視能力がのびないようだと、手術したほうがいいといわれています。
今手術することが、外見上のことだけでなく、今後の視力回復のために必要ということなら、やはりするべきなのでしょうね。ただ、食物アレルギーもあるため、麻酔や入院中の食事などの心配もあります。

 

めろん 2003/11/08(Sat) 00:37 No.259 ,  2003/11/13(Thu) 23:41 No.304より

4歳の間歇性外斜視の娘をもつ母です。
さて、先日今度は手術の話だな、と覚悟していった検診で、フライテストをはじめ、動物や二重丸が飛び出す検査で、これまで4割程度しかできなかったのが、全問正解してしまいました。これには先生も私もびっくりで、両眼視機能が出てきているので、急いで手術しなくてもよいかな、という感じになってきました。ただ、子供のことですから、検査結果を鵜呑みにはできませんが、もうちょっと様子を見ましょう、ということになりました。視力は0.8です。夏休み以降、眼鏡をほぼ常時かけていたのがよかったのでしょうか。
検査が丁寧で雰囲気がよいので、相変わらず同じ病院に行っていますが、検査結果が良く、手術の猶予がちょっと伸びただけで、少し心に余裕ができたような気がします。
でも、肝心なのはこれからですよね。はずれている以上、視力に問題がなくても、いつかはやらなくてはいけないでしょうし、最適な手術ができるよう、準備しなくてはいけないと思います。

子供にはめずらしく、近視と乱視を理由にかけています。視力は0.8というのは、もちろん矯正視力で、4歳くらいだど、もう少し見えてもいいのです。私も最初、眼鏡をかけたほうがいいと言われたときは、かなりショックで、できることならかけさせたくない、と思ってしまいました。実は最初に言われたのは別の病院で、そのときは眼鏡をかける説明に納得がいかないかんじがして、それまでの不安もあって、今の病院に変わりました。でもそこでも結局眼鏡をかけたほうがよいと言われました。近視を乱視があるのは事実で、左右の目に視力差もあるでの、なるべく両方の目で見やすいように、常時眼鏡をかけていることが、斜視の治療にもなる、というのが今の先生の説明です。手術をするにしても、それまでにあらゆる手段を講じて、できるだけのことをやっておく、つまり目をしっかり使って、視力や両眼視機能を可能な限り育てましょう、ということです。最初は幼稚園にはかけていけなかったのですが、常時かけて、どういうふうに機能が伸びるかだから、常時かけないと意味がないといわれ、夏休み以降は園にもかけていった結果があの検査だとすれば、先生のおっしゃるとおりということになります。最近、黒目のはずれが、安定してきて、前ほどではなくなったと先生もおっしゃいますが、残念ながら眼鏡で斜視がなおるわけではないのですよね。弱視を避けるというか、機能を維持するためということでしょうか。

 

 

斜視治療アール