!

 

書庫蔵TOP >メイシーさん
 
メイシー - 2003/10/29(Wed) 14:24 No.182より
 
間歇性外斜視のことでひろさんが書かれていらっしゃることが
とてもわかりやすくありがとうございます。
私の子供(二歳)もこの病気ですが,なんとか一度の手術で
治したいと自分なりに戻りについて勉強しています。

 

メイシー - 2003/11/06(Thu) 15:51 No.250より
 
私の子供は二歳半です。
屈折異常はなく、両目ともランダムに外れ,角度は15度、
頻度は一日のうち一割程度外れます、両眼視もおおよそできているようです(ハエの絵が飛び出て見えるようです)

現在の主治医は抑制がかかってるかどうかの検査はしてませんが
子供の脳は柔軟なのですでに抑制がかかってる、
手術は就学前(四年後)にすれば良いとの診断。

 

メイシー - 2004/01/09(Fri) 21:39 No.508 , 2004/01/14(Wed) 00:11 No.526 より
間欠性外斜視の子供(二歳七ヶ月)の最近の状況なのですが、外れる頻度が多くなってきました。
現在うちの子供は、室内で外れるのは一割程度ですが
屋外ですと半分以上は外れるようになりました。
これは間欠性外斜視の特徴である”遠くを見ると外れる”に当てはまるものですね。(ですので下を向いて歩くと外れません。)
半分以上も外れていたら早く手術したほうがいいのではと思い
ますが室内ではほとんど外れませんし、判断に困ります。
視力が伸びるこの年齢の時期に、屋外で五割以上も外れていて
視力が伸びなくなってしまうのではと心配です。
室内でも窓から遠くの景色を見ると外れてしまうためカーテンを閉めっぱなしにし、外出も外れるのが心配で非常に憂鬱です。車、バス,電車の窓から景色を見ても外れます。
 
好奇心一杯の子供なので野外では遠くを見たり近くを見たりあちこちキョロキョロしすぎて一箇所をじっと見ていません。ですので目線を一点に集中できないのでよく外れるのだと思います。特に近方から遠方に目線を変えた瞬間に外れます。そのままぼーっとすると外れたままの状態、何か見たいものが見つかると一生懸命目線を合わせるので外れた状態から正常な眼位へと戻ります。また歩きながら遠くを見たり、車窓というのは景色が流れるため目線を一点に集中しずらいのでしょうね。おっしゃる通り、室内よりも野外のほうが目線を集中しずらい状況が多いです。何か見たいものが決まれば遠方の景色でも立ち止まって目線を一点に集中できるので外れません。

また輻輳力は遠方と近方とで違う場合もあるのですね。 
うちの子の場合、近方では両目とも黒目が真中にくるのですが
遠方は外斜視になっていな場合でも片方の黒目が若干外側にあり中央には来ません。遠方時での輻輳が弱いのでしょうね。

 

メイシー - 2005/05/28(Sat) 16:23 No.3161より
間欠性外斜視にも三種類タイプがあるそうで、その中でうちの子は遠くを見る方がズレやすいタイプです。シノプトは三歳半からしてるんですが、訓練ではなく単なる両眼視の検査としてしているようです。うちも一通りの検査の最後にやるものですから四歳児としては五分くらいしかできないです。飽きちゃって。
うちは本人が見ようと意識して見れば遠くも立体的に見れますが、ボーっと見る(視線はそこにあるのに本人の意識はそこを見ていない状態)だと外れてしまいます。うちも家庭で寄り目の練習をしています。
ボールの投げ合い、これは良い訓練になると主治医から言われてるのでうちでもしてますよ。テニスなんかがとても良いそうです。(年齢的に無理ですが。)テニスボールのような小さ目の対象物を遠くまで両目で集中して見続けられるし、あちこち速く移動するボールを両目で追いつづけるのは訓練に有効かもしれませんね。

私も子供の目がそれてぼんやりした表情かわいいです。
でも最近はそのままの状態が続く時が目立つので心配が募ります。近くを見るときはあまり外れないんですが遠くが外れやすくて、この春から入園したんですがそれまでの室内中心の生活から屋外中心の生活に変わったため現在はとてもズレが目立ちます。

 

メイシー - 2005/06/22(Wed) 20:14 No.3330 , 2005/07/06(Wed) 13:33 No.3406 , 2005/07/11(Mon) 09:10 No.3421 , 2005/07/11(Mon) 10:16 No.3424 , 2005/07/17(Sun) 17:07 No.3478 , 2005/07/18(Mon) 22:47 No.3495より
うちの子はこの春から年少なのですが、外れる頻度がとっても多くなってきて遠くは外れっぱなしだし遅くても年中の夏休みには手術する予定です。年長でしたかったんですが、今の頻度もだんだん増えていくだろうし年中で終えておいた方が良いみたいな感じです。年中の夏までまだ一年ありますが、それまでに頻度がもっと高くなれば手術も早めなくてはならないし今は頻度や角度を私が毎日チェックしてる日々です。うちも寝る前の歯磨きでよく外れてます。それから今暑いでしょ、園から帰ってくるとクタクタに疲れて外れてます。
現在の主治医にうちの子供がもし手術して戻りが出た場合を想定してもらったんですが,戻りが出ても6度や8度なら一般人にはわからないし
そのくらいの戻りは手術が成功したと思ってよいといわれました。うちの主治医の話では10度以上からが手術対象となるとのことでした。うちの子供も小さな角度のズレの時は私しかわからないようです。(寝起きの大きな角度の時は誰でもわかると思います。)
デジカメで撮った写真をパソコンで見てて、どれが斜視になってる写真かわかる?と主人に見せて聞いてみたら、小さい角度でずれてる写真はこれはずれてると思わないと言い,ぜんぜん斜視になってない単なる横目の写真をこれがずれてる?と言ってました。一緒に住んでる父親でもこんな感じなので他人にはもっとわからないんだろうなって思います。
近所のママさんは、小さい角度でずれてる時の息子の顔を見て,
今の時期はどんどん顔が大人びてくるね!と言ってったし、
他のママさんは寝起きでしょ!と言ったし。
親戚のおじさんは、今何だか目の焦点合ってないよ!と言いましたが、いつもは大体合ってるので、うちの子が斜視でそれも病院通いしてて手術予定してるなんて思ってもないでしょう。  うちの子供は一歳半の時に間欠性外斜視と診断されました。今は四歳です。成長とともに子供の理解力もついてきて、何度もやるうちに検査に慣れて来て正確な結果を得られるようになります。うちの子供は追々検査内容を増やし、検査内容も高度になっていって、今どの検査も大抵はこなせますし正確な検査結果も出ています。当時私も一歳半の子供にこんな検査だけで治療も無いし、先生は何もしないけどこのままでいいのかと不安だったので先生に聞きました。先生の回答は、間欠性外斜視で寝起きの時くらいしか斜視にならないレベルなら視力も両眼視も正常に発達すると一般的に医師の間で言われてるし自分の経験からもそう言えるとおっしゃいました。その通りうちの子供は視力、両眼視ともに正常の範囲です。
だから最初は正確な検査結果が出なくても、定期的にきちんと病院で検査を受けることに意味があるそうです。
しかし当時はそれでも不安でしたので、サイプレジンという目薬を差して瞳孔を開かせ近視,遠視,乱視などの屈折異常がないかを調べる検査をお願いしました。結果は正常でしたし、結果的にはその検査は必要なかったのですが、当時の私にはその検査のおかげで納得と安心が得られました。
 うちの子供の場合こんな感じでした。

ラングステレオテスト 
訓練士さんと子供がやってたのを私が側で見ていたのですがその頃の理解力というか集中力では、できたりできなかったり、やってみたり寝転んでしまったりで、この検査から両眼視力があるかどうかという結果は得られませんでした。

ステレオフライ
二歳半くらいの時に初めてしました。最初眼鏡をかけずに見せた時、ハエの絵に対しうちの子は何の関心も無くチラッと見ただけで知らんふりしました。次に眼鏡をかけて見させると、何じゃコリャ!という表情になりのけぞって、怖いハエを必死で手で払いのけてました。その手が空中で払いのけてたので、本人が飛び出してるという表現をしなくても飛び出て見えてるのではと何となく判断できました。

いくつか動物が書いてあって、眼鏡をかけるとその中のひとつだけが飛び出るように見える検査。三歳頃しました。
先生が子供に、この中でどの動物がピョーンと飛び出してきて、xxちゃん(うちの子の名前)のところに遊びに来ようとしてる?と聞きました。子供は飛び出してる動物の絵を指差しましたので、検査として成立しました。

シノプト
4歳になり最近やっと車を車庫に入れられるようになりましたが、全問はできません。恐らく近見の問題はできるが遠見はできないのだと思います。

うちの子の間欠性外斜視の症状は、近見は本人が意識的に見れば外れにくく、遠見は本人が意識的に見ても外れやいです。(意識的に見るというのは、本人がその対象物を見ようという意識があり見てる状態です。)最近の検査では子供も集中力がついてきたため、検査に協力的です。そのためボーっとしないて訓練士さんが見てと言った物を本人が意識的に見ながら検査をします。意識的に物を見るときで尚且つ近見なら斜視にならず正位で見ますのでフライテストなどのように近見の両眼視を検査する検査方法では両眼視できるという結果が出ます。しかし遠見は意識して見ても外れやすいのでシノプトで遠見の両眼視を問われるとできていません。これはどの日の検査も同じ結果です。ですので斜視角を調べるカバーテストの時は最初5メートル先くらいの遠見の物(キティちゃん)を見させて、斜視を出して先生がプリズムで遠見の角度を測ります。そして斜視の状態を保ったまま近見に視線を変えさせて近見の斜視角を測ります。うちの場合、意識的に見るかボーっと見るか、近くか遠くかで両眼視ができるかどうかも変わってきて何だかややこしいです。ですので自宅の狭いベランダでのビニールプールの水遊び時は外れにくいですが、海での水遊びは広くて眩しいので外れっぱなしです。
それに斜視角もその時々で変わります。寝起きの思いっきりボーっとしてる時や犬に吠えられてかなりの恐怖で目線が定まらない時などは角度が大きく、遠くだけど一生懸命本人が見ようとしてるときは斜視角は小さいです。
今通ってる幼稚園を選んだポイントは、園庭が狭い(遠くを見なくても良いのであまり斜視が出にくいだろう。)日当りが悪い(眩しくないので斜視が出でにくだろう。)等でした。(それだけではありませんが。)

うちの子、ラングはまともにしたことがないですね。興味が無い物は私がどんなに見て!と頼んでも知らんふりしてました。それよりごほうびのおやつを先にくれ!と言い、子供の手にお子様せんべい握らせて私も必死でしたが、子供はせんべいだけさっさと食べ始めて訓練士さんも諦めモードでした。

フライテストも最初は空中でハエをはらいのけようとしてましたが、実際に手に当たらないものですから、最後は紙までバンバン叩いてました。子供は飛び出して見えるかどうかの検査をしてるということを理解してませんから、ハエが手に当たるまでハエの感触を求め続け、結果紙まで触ってしまいます。
この検査ではそこに見えてるのにそのものが掴めないという子供にとっては理解しがたい現象なわけで、見てるものを掴みたいけど掴めない、結果紙まで触ってしまうのだと思います。

 

 
メイシー - 2006/07/21(Fri) 18:53 No.5098 , 2006/08/09(Wed) 12:35 No.5168より

最近やっと訓練や治療の方向が決まったのでご報告させて頂けるようになりました。まず訓練をしてる病院を通える範囲で探したのですが、やはり見つからず、主治医に現状と私の要望をお伝えし、その病院では訓練をしてないのですが、特別お引き受け下さいました。熱心で優しい訓練士さんが担当になり順調です。ただ子供の訓練を日常的にする病院ではないため、毎週通いで子供用の訓練室で訓練をするというスタイルではなく、家で毎日訓
練ができるよう指導してもらいます。うちの子のようにまだ理解力が少ない場合、かえってこの方が負担にならず良いです。ちなみにうちがしてる訓練はこちらのブログの説明とほぼ同じです。http://blogs.yahoo.co.jp/swdsn/26243454.html?p=1&pm=l
(このブログの訓練士さんもとても親切です)
またビジョンセラピーにも行きました。これも、ひとみママさんのように定期的な通いでOKで宿題をもらい、毎日根気良く続けることが大切です。面倒になる事もありますが、効果が出る事が支えで続けてます。外れるのが少なくなり、最近は遠くも楽に両眼視してて訓練効果が非常にあります。

kikiさん、娘さんの訓練、とてもよくフォローしてくださる病院なんですね。うちも同じ訓練内容なのでお互い頑張りましょうね。ビジョンセラピーも病院の訓練と内容的には同じ感じがします。(同じ病気を治すんですからね。ただ道具の種類が多いような。)

 

 

斜視治療アール