!

 

書庫蔵TOP >ざっしゅさん
 
ざっしゅ 2003/12/01(Mon) 14:22 No.371

長男(3歳)と次男(1歳8ヶ月)の息子がおります。今年の10月、次男の1歳半健診で「斜視の疑いがあり」といわれ、地元の総合病院に紹介されました。その後、大学病院へ紹介され、今は大学病院に通っています。

大学病院に転院してからもう3回通院していますが、大病院の雰囲気にのまれて(プラス次男がいたずらするのを止めるのに必死で)医師の話をきちんと聞けなかったり、わからないことがあっても質問できなかったりしています。

 

ざっしゅ - 2003/12/02(Tue) 00:00 No.375より

次男(1歳8ヶ月)は内斜視です。先天性のものか、遠視が原因かはまだはっきりわからないようです。特に右目の寄りが目立ちます。大学病院に転院してから三回目の通院の時、通院日の四日前からアトロピン点眼をしました。その日の検査と診察のあとに遠視用のメガネの処方箋を渡されました。処方箋に書いてあるレンズの度数は遠視が右+3.5、左+2.0、乱視が左右とも−0.5でした。

その日した検査は、プリズムと、たくさんの種類の丸いレンズを変えながら目に当てる検査と、双眼鏡のような(うろ覚えなので違うかもしれません)手持ちの機械を目に当てる検査と、ペンライトを目に当てる検査です。診察室では医師が手に持って光を目に当てる、コードのついたペンライトのような機械でも目を見てもらいました。

 

治療の経緯をまとめました ざっしゅ 2003/12/17(Wed) 23:50 No.413より

昨日病院へ行き、医師にしっかり質問をしてきましたのでやっと治療の経緯をまとめることができました。また長文になってしまいますが、ご報告いたします。

今年3月頃(満1歳の前後)
右目が内側に寄り始める。

10月初め 
一歳半健診にて右目が内側に寄ることを相談。隣市の市立総合病院へ紹介される。

10月初め〜10月末 
市立総合病院へ通院
行った検査:ペンライト・プリズム・屈折検査・ウブレチドを点眼して以上の検査・眼底検査(記憶違いがあるかもしれません)
生まれてから今までの写真を提出。自宅で2週間くらいウブレチドを点眼して眼位を観察。
医師「ウブレチドを点眼しても眼位が変わらないので先天性かと思うが、自分は斜視専門ではないので専門の先生の診察・治療を受けるために大きい病院に行くことを勧めます。」
三回目の診察の時に大学付属病院への紹介状を書いてもらった。

10月末〜現在 
大学付属病院の斜視弱視専門外来へ通院
行った検査:ペンライト・プリズム・屈折検査・アトロピンを点眼して屈折検査・瞳孔間距離測定・頭部CT撮影
生まれてから今までの写真を提出。
12月より、遠視矯正のメガネにて治療を行っている。

昨日の診察時の医師への質問と答え
Q 病名は?
A 「内斜視」
Q 斜視の原因は遠視か?(遠視の度数は右+3.5、左+2.0)
A 現時点では不明。遠視かもしれないし、それ以外の可能性もある。
Q 斜視は右目だけか、両目か?
A 斜視は両目のバランスの状態なので、どちらかだけが斜視という言い方はしない。両方。
Q 右と左の目を交代で使っているか?
A まだ小さいので検査ができないため、わからない。
Q 治療の予定
A メガネでの治療を数ヶ月続け、眼位が治らなければ早い時期に手術。こういうケースの手術は早いほうがよい。
Q 両目で見ることが出来るようになるか?
A (先天性?)内斜視の場合、完全に両眼視出来るようになるのは10人に1人ぐらい。両眼視にはいくつかレベルがあるので、少しでも上を目指して治療をしていく。結果が出るのは12歳頃。

医師に質問する前は、勝手に「遠視があるから調節性内斜視かな、だとしたらメガネで数年間治療して手術はその後かな」などと考えていたので「数ヶ月後に手術」のところで真っ白になりました。
また勝手な考えですが、次男の場合、内斜視の発症が1歳前後と早かったので、両眼視ができるようになる前に発症しているのなら早く手術をした方がよい、という判断ではないかと思っています。
でも、これも素人の想像に過ぎないですよね。同じ内斜視でも治療の方法は千差万別だということはわかってはいるのですが、つい自分の知識内であれこれ考えてしまいます。とにかく、次の診察の時にしっかり納得のいくまで聞いてきます!
両眼視機能のことについても「100%無理」と言われなくて良かったと思っています。文の最初に(先天性?)とあるのは、話の流れで医師が先天性に限ったこと、として言ったことかもしれないので入れておきました。
今、私達家族が次男のためにできることは、少しでも長い時間メガネをかけさせることです。手術の事も心配ですが、今はメガネ治療に専念したいと思っています。

 

 
ざっしゅ - 2004/02/14(Sat) 21:44 No.734より

約2ヶ月ぶりに次男の受診に行って来ました。
メガネをかけるようになってからは初めてです。
メガネをかけ始めてから少し眼位がよくなっているように見えるのですが、もしかして気のせいかも、などといろいろ考えながら行きました。
検査では今回初めて行うものが二つありました。ひとつめはカバーテストでした。黒いカードで片目を隠してペンライトなどを目で追わせるという方法でした。結果、交代視ができていることがわかりました。この事はすごく気になっていたことだったので、一安心しました。
それから、うさぎの絵(ミッフィーちゃんに似てました)が描いてあるカードを見せて、「目はどこ?」と尋ねて指ささせるという検査もしました。このカードは何枚かありだんだんうさぎの目が小さくなって最後はなくなってしまいます。何の検査なのか聞きそびれましたが、おそらくどのカードまでうさぎの目が見えるかということで視力を検査しているようでした。

医師の診察ですが、やはりメガネをかけ始めて少し眼位がよくなったそうです。あと2ヶ月ぐらいメガネをかけて完全になおれば手術は必要ないそうですが、なおりきらなければ手術の可能性があるそうです。
次の受診は4月中旬なのでそれまであまりよけいな心配はせずにメガネをかけさせる事に専念したいと思います。

 

ざっしゅ - 2004/04/14(Wed) 23:57 No.1052より
 
きのう2ヶ月ぶりに次男の病院に行きました。検査結果をご報告しますね。
眼位のズレ:20〜25プリズムで、メガネ治療を始める前の35〜40プリズムよりだいぶ良くなりました。
視力:森実ドットカード(ウサギちゃんの絵)にて検査。矯正視力で両方とも1.0でした。今回は、初めてシノプト検査を行いました。両眼視の検査ではなく眼位のズレを測るためだったそうです。

メガネ治療の効果が順調にでているということで、「すぐに手術」は避けることが出来ました。主治医からは「今後、眼位ズレが残っている状態で眼位が安定してしまったら手術の可能性があります」と言われていますので、まだまだ安心はできませんが。次の診察は6月中旬です。

子どもの斜視を得意とする病院の情報って本当に少ないですよね。私が通っている大学病院はどうなんだろう...。今までは斜視で通っているお子さんに会うことがほとんどなかったんでちょっと心配になっていたんだけど、きのうは同い年ぐらいから小学生まで5、6人の患者さんに会いました。実は、通っている病院の隣に別の大学病院があって、近くにも有名な眼科医院があるんです。

私は今のところセカンドする予定はないので、どんな治療方法になるにしろ、次男の眼位が正位になって治療が一段落したら病院名をお知らせしますね。いつになるかわかりませんが...。大体の場所は「東京駅から電車でそれほど遠くないところ」です。(私の家は23区外のイナカです)

 

ざっしゅ - 2004/06/16(Wed) 23:10 No.1404より

昨日、二ヶ月ぶりの診察に行って来ました。

○今回初めて、一人で椅子に座って検査を受けました!シノプトも一人でやりましたよ。大きくなったもんだ...、と母一人で感激しました。
○ペンライトでの検査の結果、黒目の動きについて
 1.右目が右側に動きにくい 2.時々フッと上に行くことがある
 ことが新たにわかりました。内斜視だけだと思ってたのに...。
○眼位は20〜25プリズムで、ほんの少しずつですが良くなり続けているそうです。

主治医の先生に手術の可能性や時期について質問したところ、以下のように説明を受けました。
「眼位が良くなっている途中で手術をすると、後で外側に向いてしまうことがあり、もったいないので、今は眼鏡が最適な治療法です。」
「小学校入学までに、視力が出ていることと、見た目(眼位の事)があまりおかしくない程度を目指し、その時々に最適な治療をするので、手術をするかしないか、またその時期については現時点ではわかりません。」

以前に、主治医には「両眼視機能がどこまで育つかの結果が出るのは12歳頃」と言われていて、この治療は長い道のりだなーと思っていたのですが、その前に小学校入学時という中間目標を設定してもらえて少しホッとしました。もし、手術をするなら小学校入学前だろうという覚悟もできたし、聞いてみてよかったです。

 

 ざっしゅ - 2004/09/07(Tue) 22:17 No.1880より

今日、三カ月ぶりに次男の検査と診察を受けてきました。

前回に引き続き、少しずつ眼位が良くなっているようですがまだ正位までは戻っていません。そしてズレが残ったまま安定し始めているようです。
いよいよ手術か?と思ったのですが、医師からは「このままメガネ治療を続けてもズレが残るようならば、幼稚園の間に手術をしましょう」と...。幼稚園ということは、まだ半年以上先なので「安定してしまったのならば、幼稚園まで待たずに手術をしてまっすぐにしなくて大丈夫なのですか?」と質問しました。
医師からは「この子はメガネで治るタイプなので手術は急がなくて良い。メガネで治らないタイプや、小さいなどの理由で検査が出来ずに数値がとれない場合は手術をして直してしまって、二度目の手術で調節することもある」と言われました。
(医師の話を思い出して書いているので、細かい言葉は違う可能性があります。それに、手術時期については医師の意見と患者の状態によって様々だと思うので、参考程度に聞いて下さい)

ということで、今回もすぐに手術、ということにはなりませんでした。一安心したのと、「じゃあいつ手術になるんだろう」という気持ちと半々です。

そういえば、やっと病名が「内斜視」から「遠視・調節性内斜視」になりましたー。遠視が原因(の一部)と医師からはっきり言ってもらえるまでずいぶんかかったなあ...。次回診察は三ヶ月後です。

 

ざっしゅ - 2004/12/14(Tue) 22:38 No.2394より

今日三ヶ月ぶりの受診に行ってきましたのでご報告します。

眼位ズレですが、前回の20プリズムから、今回一気に10プリズムに減りました!治療を始める前の35〜40プリズムに比べるとかなりの変化です。主治医に聞いたところ、6プリズム以下になったら、プリズム眼鏡での治療になる可能性があるそうです。

それにしても、眼鏡治療を始めてからもう一年経ってるのに未だに眼位ズレが減り続けてるって、他の子に比べるとうちの子の目はずいぶんのんびり屋だなあと思います。ま、主治医の先生も「その子によりますから」と言っていたのでいいんだけど。

もうしばらくの間、気長に眼鏡治療を続けます。焦っちゃだめだよね。

 

ざっしゅ - 2005/06/16(Thu) 21:12 No.3288 , 2005/06/18(Sat) 20:53 No.3301より

前回、三月の受診では検査結果に大きな変化がありませんでした...。三ヶ月ぶりに調節性内斜視の次男の受診をしてきましたのでご報告しますね。

視力は、前回までは左右とも1.0だったのですが、今回は右0.6左0.8と大幅ダウンしてしまいました...。
主治医先生によると、「大人に近い検査ができるようになったのでより正確な視力が測定できるようになった。そのため」とのことです。
確かに今までは森実ドットカードを使っていましたが、今回は初めて絵指標を使ったのでした。これが正確な視力か、とちょっとがっくりしてしまいました。

斜視角は前回までの10プリズムから、なぜか25ぐらいになってしまいました。理由はわかりません。またもがっくりです。

次男は左目を使う(右目がずれる)事が多いようで、写真をとってもほとんどのものが右目がずれています。そのため、右目の視力が少し低く、その事が気になったのでアイパッチをしなくてもよいのか主治医に聞いてみたところ、「それほどの視力差ではない」と言われました。
ただ、テレビや絵本を見ている時に手で左目を隠し、30秒ぐらいでもいいので右目で集中して見させる事をして下さい、と言われました。これをやっておくと、視力の差が改善される事や、手術を受けた場合の術後にもいいそうです。
でも!3歳の次男の片目を30秒隠したまま、なんて無理です〜。声を出してカウントダウンしてあげながら10秒が限界。そのうちもっと長くできるようになることを祈りつつがんばります。

 

ざっしゅ - 2005/09/09(Fri) 21:14 No.3771 , 2005/10/13(Thu) 22:26 No.3978より

調節性内斜視の三歳の息子を持つ母でざっしゅと申します。

先日、三ヶ月ぶりに受診してきました。
検査の結果、今年3月まで10プリズムだった斜視角が6月以降はずっと25プリズムになっており、12月頃にもう一度検査して角度が変わらなければ春休みに手術、と言われました。
眼鏡をかけ始めてから約二年、ついにこの日が来たか、という感じです。

手術のことは覚悟していたんですが、実は...、
三人目がお腹にいるんですよ、予定は来年の一月なので春休みには生後三ヶ月頃になっているのですが、入院の間、その子をどうしようと今から悩んでいます。事情があり親には預けられないので、連れて行くか、公的施設に預けるとか...。うーん、今から悩んでもしょうがないですよね。とりあえず無事に産むことを考えようと思います。

うちの次男は長男と同じ小規模の園に入れようと思ってます。ゴーグルの件、うちは今年、オグラメガネのアンファンで2.0と3.5のゴーグルを買いました。

 

ざっしゅ - 2005/11/17(Thu) 13:43 No.4234より

斜視治療の話ではないので恐縮なのですが...、
一ヶ月ほど前から次男(調節性内斜視治療中)の指が「腱しょう炎」になり、治療を続けていたのですが、今日受けた診察の結果、近々手術をすることになりました。
大人だと部分麻酔で済むらしいのですが、3歳ということで全身麻酔を受けて二泊三日の入院になるそうです。

手術の可能性あり、とは聞いていたのですが、まさかこの時期になるとは思いませんでした。妊娠9ヶ月のお腹で付き添い入院か〜、はあ〜...。
ま、斜視手術の予行練習と思って行ってきます!

 

 
ざっしゅ - 2006/03/04(Sat) 17:55 No.4635より

おひさしぶりです、ざっしゅです。
先日の受診で、次男が6月頃に調節性内斜視の手術を受けることになりました。(部分調節性内斜視、ということになるのかな?)
初受診から2年あまり、とうとうきたか、という感じです。
日にちが決まって手術について詳しい説明などを聞きましたら、また
ご報告しますね。

 

ざっしゅ - 2006/05/17(Wed) 21:22 No.4864より

4歳の調節性内斜視の息子がおります、ざっしゅです。
とうとう手術が決まりました。6月末に東京医科歯科大学医学部付属病院で受けます。
手術の目的は、外見が主ですが、まだ4歳ということで同時視までならできるようになる可能性もあるそうです。
初通院から2年8ヶ月、治療の最初の山場を迎えたな〜という感じです。
入院中は泊まり込みで付き添うつもりなので、家に残す小一の長男と5ヶ月の長女が心配なのですが、家族の力を借りて乗り切ろうと思っています。
またご報告させてください。

 

ざっしゅ - 2006/07/01(Sat) 22:44 No.5036 , 2006/07/08(Sat) 21:15 No.5064より

4歳の部分調節性内斜視の息子がおります、ざっしゅです。

息子ですが、昨日手術を受けまして、今日無事に退院してきました。本人は家に帰って来たのがとてもうれしいらしくはしゃぎまくっていて、主人に「手術前より元気になって戻って来た」と言われている始末です。
手術の内容は右目の筋肉の前後転術で、術前は眼鏡をかけた状態で斜視角が25プリズムあったのをまっすぐにして頂きました。術後時々複視が出るらしいのですがすぐに直っているようです。また、白目の充血がすごく、幼稚園への登園許可は出ているのですが、しばらく休ませようと思っています。

息子は、まだ時々複視が出るみたいです。それにどうみても外斜視になるときがあり、どうやらその時に複視になっているようです。
手術したばかりということもあり、今あれこれと心配してもしょうがないのですがやはりちょっと心配です。今度は10日後に受診するので、そのときに質問するつもりです。

 

ざっしゅ - 2006/07/21(Fri) 22:06 No.5099より

4歳の部分調節性内斜視の息子がおります、ざっしゅと申します。

以前の書き込みでもご報告しましたが、先月末の手術以降、息子の目は遠くをぼーっと見ているときなどに外向きになっており、本人も複視を訴えていました。
今週火曜に受診したところ、「外向きになっているので、2週間眼鏡を外してみましょう」と指示され、息子は2年半ぶりに眼鏡無しの生活を送っています。
眼鏡を外してから外向きはみるみるうちによくなりました。息子本人も、見えにくかったり、複視が出たりすることはないようです。
今度の受診はまた2週間後です。それまでに視力が落ちたり、眼位がよくなかったりすればまた眼鏡をかける事になるのかもしれません。

 

ざっしゅ - 2006/08/04(Fri) 22:06 No.5146 , 2006/08/11(Fri) 22:41 No.5175より
上記の書き込みから2週間後の受診で、やはりまた眼鏡をかけることになりました。眼位はまっすぐと外向きの状態があるということです。
あと、右目に抑制する癖がついていて、視力が落ちているようなので家で抑制をとる訓練をすることになりました。
朝昼晩、毎日やってくださいと言われ、かなり大変なのですが、なんとかがんばろうと思います。また報告させてください。
息子ですが、訓練は続けているんですが、右目の視力が前より明らかに落ちているようです。根気よく訓練を続ける事で良くなる事を願いつつがんばります。

 

ざっしゅ - 2006/12/08(Fri) 21:52 No.5504より

4歳の部分調節性内斜視の息子がおります、ざっしゅです。
先日数ヶ月ぶりに受診して視力検査をうけたのですが、右目の視力が落ちてきているそうで、次回受診の時も引き続き落ちているようならアイパッチをすることになるそうです。
6月末に手術を受けた後、右目を抑制する癖がついてしまい、抑制をとるための訓練を毎日がんばって行っていたのですが,,,。厳しいですね。
息子が眼鏡での治療を始めてからちょうど3年が経ちます。手術を受けた事で少し安堵感があったのですが、まだまだ治療は続くんだ、と改めて気合いを入れ直している所です。これからも、家族でがんばります!

 

 
ざっしゅ - 2007/09/04(Tue) 21:01 No.6435 , 2007/09/07(Fri) 17:54 No.6450より

部分調節性内斜視の幼稚園年長の息子がおります、ざっしゅです。
いきなりですが、11月あたまに再手術が決まりました。
昨年7月の一回目の手術の直後から、交代視で使っていない方の目が外向きになっており、その状態が一年以上変わらないという事で再手術となりました。来年に小学校入学を控えているので、それまでに眼位がいい状態に落ち着いてくれたら、と願っております。

前回と同じく東京医科歯科大です。

息子に再手術の話をしようと思い、「前に病院にお泊まりしたときの事覚えてる?またお泊まりするけど大丈夫?」と聞いてみました。本人曰く、「いいよ〜」とのことで、嫌な思い出はあまりないようで安心しました。個室をとって私がずっと付き添っていたからかもしれません。

 

ざっしゅ - 2008/07/30(Wed) 22:26 No.7450より

小1の斜視治療中の息子がおります、ざっしゅと申します。
先日、術後のプリズム眼鏡を作ってからは初めての受診に行って参りました。検査の結果はとてもよく、眼位のズレは「検査できる最小の数値」だそうで、視力も問題なく、次の受診は5ヶ月後の冬休みになりました。この5年間、2〜3ヶ月に一度は受診していたので、これだけ間を空けても良いほど状態が安定したのかと思うと、とてもうれしいです。
さっき、今までの受診記録を見ていたら、受診した回数は30回にもなっていました!子どもと自分に「おつかれさま〜」と言いたいです...。といっても、まだまだ治療は続きます。これからも気長に頑張りたいと思います。

 

 

!