!

 

書庫蔵TOP >るるさん
 

るる - 2003/12/27(Sat) 22:51 No.454より

うちの長男も3月生まれです。
その長男(現在3歳9ヶ月)が、間欠性外斜視です。
大きな病院の小児眼科と、開業医の
2箇所で診てもらって、両方で早期手術を勧められましたので、
一応、手術の決心はつきました。
現在は、手術の順番待ち(大きな病院で来年春ごろ予定)の状態です。
問題は、どちらで手術するか、ということで悩んでいます。

はじめ、アトピーなどでお世話になっている小児科の主治医(開業医)に、斜視の相談をして、大きな病院の小児眼科に紹介状を書いてもらって、受診しました。そして、そこで手術を勧められました。
診察に不信感があったわけではないのですが、
セカンドオピニオンを求めたくなっていたところに、
知人の話から、偶然にも近所に、名医の本にも載るほどの小児斜視を専門にする開業医が居ることを知り、さっそく「セカンドオピニオンをお聞きしたいので」と正直に話して、診てもらいました。
そしてその結果、やはり同様の結果でした。

小児科の主治医に紹介状を書いてもらって、はじめに受診した以上、
大きな病院のほうで手術を受けるのが「すじ」なのですが、
「近所」「名医」しかも「専門が小児斜視」(入院設備あり)という
開業医が居ると知った今では、こちらで手術したい、
という方に気持ちが傾いています。

その一方で、息子はアレルギー体質で(食べ物でショック症状になったことがあります)、抗生物質にも強く反応してしまうので、手術で使う薬には、不安があります。もちろん、事前に医師にそのことは伝えるつもりですが、もし何か起こってしまったときのことを考えると、
大きな病院で手術したほうがいいのかな、という迷いもあります。

夫が単身赴任で、そのうえ、下の子ができたばかりで、
助けてもらえるジジババもいないし、
私ひとりで赤ちゃんを抱いての見舞いや通院・・・ということを考えると、
電車とバスを乗り継いで片道1時間、長い待ち時間の、大きな病院へ
かかる負担が大きくて・・・。

 

るる - 2004/06/05(Sat) 16:53 No.1326より

去年12月に、間欠性外斜視の長男(現在4歳3ヶ月)のことで
書き込みさせていただいて以来、ごぶさたしていました。

息子の手術、ようやく7月に総合病院で受けることが決まりました。

セカンドオピニオンを聞くために受診した開業医は、2ヶ月ごとの検査をしてくれるので、それ以来、通院を続けていました。ここ数ヶ月、斜視の顕在が増え、開業医は「手術を急がなければ」と。その矢先に総合病院から、順番が回ってきた旨の連絡があり、ホッとしています。

 

るる - 2004/07/13(Tue) 14:33 No.1620 , 2004/07/14(Wed) 03:07 No.1627より

間欠性外斜視の息子(4歳4ヶ月)にも手術のことをきちんと話すことができました。いよいよ明日入院となりました。

ところがひとつ、問題発生です。
病院で、手術前1ヶ月以内に本人が伝染病などにかかった場合のほか、保育園や近所で発生した場合も、手術を受けられないという旨の説明を受けました。

息子は、アトピーで肌が弱いためか、かきこわした傷が必ずといって良いほど「とびひ」になってしまい、ほとんど1年中ガーゼを貼っている状態。
それに、保育園ではいま「おたふくかぜ」が流行しているとのこと。
主治医にも相談してみましたが、当初の説明と同様、発症者との接触が考えられる場合は、手術できない、という見解でした。
夜になって急に、息子が高熱を出してしまいました。

 

るる - 2004/07/17(Sat) 14:53 No.1653より
入院前夜にいきなり、38度台後半の発熱で手術もあきらめかけていましたが、当日の朝、自宅で検温すると37度ちょうどまで下がっていました。
主治医に電話でそのことを伝えると、
「来られそうだったら、いちおう診せてください」とのことでしたので、
念のため入院の用意もして行きました。
そして、医師は舌圧視して「扁桃腺が腫れてるから、やはり手術は無理」とのこと。医師の説明によると、鼻水や咳もないので、喉さえ腫れがなければ、様子を見て手術の可能性もあったそうです。
麻酔のときに気管内送管すると、ただでさえ気管に炎症を起こしやすいそうです。発熱そのものより、風邪などで初めから喉に腫れがある場合は、塞がってしまう危険があるので、やはり手術は受けられないとの説明でした。

そして、手術は9月に延期になりました。

息子の発熱は、その後も3日間38度台が続きました。
たぶん、ただの風邪だと思いますが、
手術は無理して受けなくてよかったって思っています。

 

るる - 2004/10/28(Thu) 15:11 No.2191より

間欠性外斜視の4歳7ヶ月の息子を持つ母です。

先日、大阪の総合病院で手術を受けました。
経過も良好で、明日、退院できそうです。

手術後、麻酔が切れかけたときに暴れましたが、
こちらのサイトであらかじめ得ていた情報で、
親は覚悟もできていたので、特に心配はせずにすみました。

翌日には、ガーゼも外されて、
外見上、白目が赤いこと以外は、腫れもなく、
翌日からは痛みもないそうで、
体調もとっても普通な感じで、ピンピンしています。

目の向きは、また外に向いてくることを見越して、
いまのところ、内寄り気味になっています。

入院以前は点眼を嫌がっていたのに、
1日4回の点眼に慣れることができたようで、
おとなしく受けられるようになっていました。

本人は目のことよりも、夜、ひとりで寝なくてはならないとか、
入院生活そのもののほうが苦痛のようです(笑)。

小児病棟には、さまざまな病気の子供たちがいます。
子供たちは、一瞬で打ち解けて一緒に楽しく遊んでいます。

子供たちの明るさ、笑顔に、勇気付けられて、
私たち親のほうが、大切なことを学んだ1週間でした。

1歳半のころ、斜視に気づいてから3年。
「片目をほとんど使っていないようだから早く手術をするように」
とすすめられて、手術の予約をしてから、1年。
長かったです。

入院当日に体調不良で2度も延期になりました。
3度目の仕切りなおしで、ようやく手術を受けられました。

今後、また手術が必要になるかもしれないけれど、
いまは、ほっとしているところです。

 

るる - 2005/01/20(Thu) 12:18 No.2507より
我が家の場合も、
4歳の息子が間欠性外斜視で、
昨年秋、手術を受けましたが、
両親と双方の親戚の中に斜視はいません。

妊娠中・出産時についても、特に思い当たることはありません。
でも、気にしだすと、不安になることはいくらでもありますね。

うちの息子は斜視のほかに、
アレルギー体質・アトピーで、
食べられないものがたくさんあるので、
親子で大変な数年間を過ごしてきました。

手術から3ヶ月経ちました。
2週間ほどで、目の赤いのはほぼとれ、
そのときの検診では、「角度もばっちり」
と言われたのですが、
2ヵ月後、(手術したのとは別の医師に)
「また、ちょっと戻ってきちゃったね」
と言われてしまいました。
「え?もう?手術したばかりなのに早すぎない!?」と、
がっかりしています。
今は、経過観察中です。

親から見たかんじでは、手術前と比べるとすごく良くなっています。
上目遣いのときに大きく外れていたのが、いまはほどんどないので。
ただ、やはり、親にしかられたりしてプイッとすると、
斜視が現れています。そのときだけですが。

それから、疲れている時は、手術した目が充血しやすいようです。

術後3週間くらい、白目のところに青い糸がくっついていたので、
親としては少々気になっていたのですが、
医師の説明どおり、いつの間にか取れてなくなっていました。

また、進展ありましたら、書き込みいたします。

 

 

斜視治療アール