!

 

書庫蔵TOP >きょんママさん
 
きょんママ - 2003/10/27(Mon) 12:36 No.149 , 2003/10/27(Mon) 20:33 No.160より
 
間歇性斜視の6歳の男の子の母です。
2歳半ぐらいの時に、何か目が変だなと思い眼科へ行きました。
個人病院でたまにずれるが視力には問題なさそうなので、大丈夫でしょう。との事でした。
ずっと気になっていたので、3歳になって本で調べて大学病院へ行きました。ここでも視力に影響がでていないので、手術は必要ないとの事で、鉛筆をだんだん目に寄せていく訓練をしてください、との診断でした。ただこの時一週間目薬(アトロピン)をさして検査をしたのですが、その目薬の量を多く間違えられてしまい、聞いたところ「大人はこの量なので大丈夫」とごまかされた事で不信感をおぼえて、病院を変えました。
そして今は総合病院へ行っています。
「視能訓練士」なのかはわかりませんが、いつも検査や訓練を教えてくださる先生と状態を説明くださる先生と2人で診てくれます。
今年の8月に行った時に視力が落ちていました。そして両目とも落ちていたので、斜視からきてるとはいえないが、斜視の角度も悪くなっているので手術したほうがいいでしょうと言われてしまいました。ただ緊急ではないので、夏休みや冬休みがよいのでは。との事でした。
それと二泊三日の入院で、4歳の妹がいるのですが二人ともに寂しい思いをさせたくないと思ってしまいます。
 
ひろさんの話を聞くと、うちは間歇性でもひどい方なのかもしれません。
近くで話をする時は感じませんが、少し離れると左眼が外側に寄ったままになります。それと光に弱くかなり眩しがり左眼を閉じてしまいます。

やはり病院の先生が言うように、今、手術をしたほうがいいのかもしれませんね。

 

きょんママ - 2003/11/01(Sat) 11:38 No.210より

先日、病院へ行ってきました。
朝から眼帯をしてひろさんのおっしゃっていた最大偏位量を調べようとしたのですが、子供がかなり緊張していて、先生に「全然外れないので調べられない」と言われてしまいました。
一応手術を前提としての検査だったので、再度調べることになりましたが、以前最大で50度でていたのが30度くらいしか測れなかったようです。それでも先生方は、この位でやったらどうかしら?とかでもこれだけ違うと1ミリ違いますよ、という会話をしていたので、この手術ってほんとに感覚とか手探り状態でやるんだなと思ってしまいました。
心配になって「手術で中に寄り過ぎてしまう事はないんですか?」聞いたら「それはありうるけどそこまではしません」と言われました。
もし手術となった場合小児科病棟になるというので、子供の不安を取り除きたいということもあり、病棟を見学させてもらいました。

 

きょんママ - 2004/01/14(Wed) 13:44 No.528 , 2004/01/17(Sat) 13:18 No.542より
 
7歳の間歇性外斜視の息子ですが、今月の6日にさんざん悩んでいた手術を受けました。全身麻酔、初めての入院など不安な事も多かったのですが、主治医の先生の説明で納得したのとやはり子供よりも親が決断しなければ始まらないと思いました。

前日入院で他の感染症の子供(インフルエンザなど)から離すということで個室になったので、夜は大丈夫かな?と心配でしたが、面会時間を過ぎても眠るまでそばにいてあげていいですよ。と言ってくれたのでそうさせていただきました。朝も起きるころに行って大丈夫だったので、子供はだいぶ安心できたと思います。手術時間は40分くらいで出てきた時はまだ眠っていました。病室に帰ってから起きたのですが、そこから痛がり始めて両目とも開けられない状態でした。うなされるように起きては目が痛いと泣いて、開いてもいない目から涙が出てきて。朝一番の手術でしたが夕方5時くらいまで泣いては起きての繰り返しでした。見ている私もとても辛く涙がでました。痛み止めの座薬を一回入れてもらいました。6時の夕ご飯の時にはだいぶ痛みが弱くなってきて、目は開けられませんでしたが半分くらい食べられて点滴も抜けました。これで明日退院できるのかな?と思いましたが次の日には目もだいぶ開き無事退院となりました。

入院中は看護士さんにはほんとに助けられました。手術前や後に子供にかけてくれる言葉や、私に対する言葉などに大きな優しさが感じられ安心して3日間を過ごせました。主治医の先生や麻酔科の先生も手術前と後に説明にきてくださり、この病院で手術して本当に良かったと思いました。
一週間経った今では痛みもなくなり、白目の赤みはありますが普段どおりの生活をしています。

手術後、少し内斜視ぎみになりましたが、今はこれくらいでないとまたすぐに戻ってしまうという説明を受けました。その時子供が二重に見えると言うので聞いたところ、今まで外にいった時中に戻そうとしてた力がまだ残っているので慣れてくれば治ります。との説明でした。一週間経った今はどちらの症状も消え、正常な位置、見え方になっています。ただ早ければ一ヵ月後、三ヶ月後には戻る子は戻ります。と言われていて、訓練はずっと続けるようにとのことです。私自身手術を受けて良かったと思いますが、あんなに辛い思いをさせてもし戻ってしまったら、その時はまた考えてしまうかもしれません。でもこの手術で子供もとても成長したように感じます。一人で泊まったことのない子が入院をして、辛い手術に耐え(前後の不安や緊張もすごかったと思います)痛みを乗り越えて、自分でも自信がついたようです。それだけでも受けた価値はあると思います。

訓練というのは今のところ前に書いた家で鉛筆などを近づけるというものです。うちの病院ではとにかくそれをやるように、と言われています。
それと太陽の光の事ですが、うちは年齢的なこともあって自分で太陽が苦手というのがわかっているので、わざわざ見ることはありませんが、天気の良い日などは外で遊んでいる時に目をつぶることがあります。
アールさんが言われるように、他の子の様子もみたりしますがやはり他の子はつぶってなかったりします。なので今はあまり影響はないですが、大きくなって体育やスポーツの時どうなるかはすこし心配です。

 

斜視治療アール