!

 

書庫蔵TOP >秀さん
 
- 2004/08/25(Wed) 00:07 No.1819 , 2004/08/25(Wed) 23:00 No.1821より

初めまして。秀と申します。
私の長男1歳2ヶ月が内斜視と言われました。

実は5ヶ月頃から気づいてはいたのですが、娘(3歳のお姉ちゃん)が偽斜視だったため治るかも・・・と期待していましたが、10ヶ月検診で指摘されて近くの総合病院に行きました。が、患者はほとんど大人の病院だったため、近所の人気のある眼科へ・・・。そこでは1歳6ヶ月まで何も出来ないと言われて・・。

今度は斜視専門の先生がおられるという病院に。そこでとりあえず6ヶ月間メガネをかけて様子を見ましょう。もし半年後に治っていなければ、手術をするかもしれない。ということでした。

この4ヶ月間ココにいたるまで、アトロピンを3回(内2回は総合病院にて)しました。はじめの目薬1週間内は肺炎になり入院。検査ができませんでした。
身内の中からはこんなに小さいうちからメガネかけるなんて可愛そうに・・・。もっと大きくなってからでも・・・。と言われてきました。なんで斜視になったの?切迫流早産での薬の服用でと違うの?っと責められるような言葉も受けてきました。

 

- 2004/08/27(Fri) 23:46 No.1832 , 2004/08/31(Tue) 22:19 No.1851 , 2004/09/05(Sun) 02:11 No.1868 , 2004/09/07(Tue) 04:22 No.1876より

今日メガネを取りに行ってきました。京都市内のお店ですが、とても親切な眼鏡屋さんで、息子のように小さい子供のメガネもたくさん作られている方だったのでアドバイスとして色々教えてもらいました。

初めてのメガネをかけた息子は1秒も持たなく上手に外しておもちゃにしていました。(フレームを曲げたりしていました。)買った初日に壊れるのでは・・・っと親の私たちがヒヤヒヤしていました。っということで初日の今日は結局かけられませんでした。
 
我が家の息子は1歳2ヶ月で内斜視でメガネです。息子が生まれて1年2ヶ月、気の抜けない毎日でした。生まれた時に頭蓋内出血があって、出血が消えるまで音の反応がありませんでした。(今はぜんぜん大丈夫です)
息子の病気に関しては、出産後すぐ私はおかしいと気づき何度も何度も言い続けました。しかし、なかなか検査してくれず産後の入院中、私自身がおかしくなり助産師さんが小児科医に頼み続け退院前日にやっと検査をしてくれたのです。しかし頭部をエコーで見るだけで異常が見つからず「大丈夫です」の一言でした。で、1ヶ月検診でもう一度「この子の目と耳がおかしい」「本当に大丈夫なのか」聞いてみても同じ答え。「3ヶ月検診まで様子を見ましょう」という答え。
3ヶ月検診でいつもの担当医が出張中で研修医が見てくれて「この子耳が聞こえてないかも。すぐに検査(MRI・ABR)をしてください」と言われ慢性硬膜下血腫が見つかったのです。それからというもののずっと小児科で毎月1回は検診してもらっています。
生まれてすぐ(?)の慢性硬膜下血腫から検査の多い一年。肺炎での入院。多い時は病院に週2回は通い、斜視も見つかり、今は運動面での訓練を病院と自宅でする毎日。
 
それと筋肉が弱いということでその小児科の紹介で別の病院に月2回程度行き、筋トレ?を教えてもらって自宅で訓練するような生活をしています。これは1歳2ヶ月になってもまだ一人で立てないのです。つたい歩きが出来ず、つかまり歩きになっているのです。息子は若干の遅れはあるものの個人差の範囲で医師(今は担当医が変わりました)からも大丈夫と言われていましたが、やはり心配で何度も検診のたびに、そして受診のたびに「まだ立てない。大丈夫か」と相談していました。そこで発達やリハビリなどをメインにされている病院に紹介されたのです。そこでは背中の筋肉が弱いから上手におすわりできないこと。立つことが大変なこと。そして小指が浮いてしまう病気?癖?などを指摘されました。
医師からは「麻痺などはないから大丈夫。ただこれから息子が大きくなって筋肉が弱いと運動面で若干遅れてしまう可能性がある。リハビリを今してみますか?」ということでリハビリもしているのです。病院に受診するまではすごく不安でしたが、なんだか安心しました。

リハビリの先生に「斜視の子は若干遅れる子もいる」と言われました。けれど今遅れていても、今息子もつらいだろうけど幼稚園に入園するころには他の子供たちと一緒に跳んだり、走ったり出来ればと頑張っているのです。
だから?と言うことではないと思うんですが息子には気の抜けない状態が続いています。

 

- 2004/10/01(Fri) 23:13 No.2050より

メガネを作って1ヶ月。息子(もうじき1歳3ヶ月)は未だにメガネをまともにかけないまま診察に行ってきました。

検査中はただでさえ嫌がるメガネをかけさせて手を押さえ込み、片目にガーゼを張るということでグズグズ・・・。まともに検査出来たのかな?

診察結果はまた2ヵ月後。とにかく他のもので気を紛らわせてでもメガネをかけてください。と言われました。

 

- 2005/01/01(Sat) 03:48 No.2429より

息子も12月に入ってから急にメガネを外さずにかけてくれるようになり、やっと少しの間(5〜10秒)一人で立つようにもなりました。
成長は他の子と比べるとチョット?のんびりしていますが、確実に伸びてきてるのでうれしいです。

12月の眼科検診で「少しメガネでマシになったような気がする」とDr.にも言ってもらえたし・・・。これから半年後結果が出ます。(手術をしなければいけないか、どうか・・・)

 

- 2005/04/13(Wed) 03:29 No.2891 , 2005/04/14(Thu) 21:20 No.2909より

今日診察でした。車で片道2時間。本当に疲れました。(その間息子は車の中でグッスリ寝ていてくれて助かりましたが・・・)

検査ではグズグズ。片目をふさがれたことが気に入らないらしく検査技師さんとなだめたり褒めたりおもちゃをつかったり・・・。見てほしい方になかなか向いてくれず、別の技師さんにも手伝ってもらったり・・・。

検査が終わって診察の待ち時間が今日は1時間以上!(2時間あったかな?)

診察中は機械にさわるし・・・。(先生がスイッチ切ってくれたのでほんとに助かりました。)診断は「もしかしたらちょっと遠視が良くなっているかも・・・。検査しないとわからないが・・・。」とのことで、予定では6月に検査だったんだけどアトロピンが1ヶ月しかもたないことから来月アトロピン点眼後検査することになりました。

眼鏡、最初は全然かけてくれず1歳6ヶ月のときから毎日自分でかけてくれるようになり、眼科のDr.から「これから6ヶ月間このままのメガネの度数で様子を見て、6ヵ月後にもう一度検査をする」ということでした。ということで今は様子を見ている段階で2ヶ月に1回診察に行っています。

 

- 2005/04/14(Thu) 20:57 No.2906 , 2005/04/20(Wed) 13:45 No.2962より
息子は弱視ではありません。内斜視で右目が寄ったり、左目が寄ったりしています。今はまだ原因がわからず(遠視によるものか、筋肉の緊張によるものか・・・)とりあえず遠視があるらしく、メガネで遠視を矯正しています。そして予定では6月でしたが、今日の診察で来月になりましたが・・・もう一度アトロピンを点眼しての検査をします。その結果でメガネの度数を変更したり、手術になったり・・・と決定するようです。

今は信頼できるDr.に出会うことが出来たので目に関しては足ほど心配していません。(足と成長に関しては未だに毎日パニくった状態ですが・・・)。
息子は今1歳9ヶ月です。まだ歩きません。ハイハイはとても上手です。つたい歩きもします。運動のことでは1歳から専門の病院で診察・訓練を受けてきています。そこではマヒはないという診断です。発達が他の子よりも遅れているだけ・・・。ということです。

そして昨日近所の小児科医院に行ってきました。そこで軽度の脳性マヒとの診断でした。「訓練が早かったからここまで成長した。この先も訓練を続けたら歩けるようにもなるし、わからない位になるのでは・・・。」とのことでした。その時に「斜視もあるし・・・。」と言われネットで調べると二次障害としてある。ということはわかったのですが・・・。

 

- 2005/08/20(Sat) 20:52 No.3622 , 2005/09/25(Sun) 22:37 No.3857 , 2005/09/29(Thu) 10:52より

10月20日に手術することが決定になりました。
息子はまだ2歳の為、個室で2泊3日の入院です。
手術の入院は病院の指示で2泊3日ですので退院時私が一人で連れて帰るのは不安ですが・・・。まだ2歳になったばかりの息子が手術なんて・・・・。と決定した時は落ち込むこともありましたが、視力的には順調に発達しているみたいなので、とりあえず頑張ってみようと思います。

手術をしても斜視は残ってしまうこと、手術での後遺症の事など担当のDr.からわかるまで説明を受けました。

10月は毎週診察で車で1時間半〜2時間通うことになります。
不安いっぱいですが息子と一緒に頑張ります。

私は自分の地元で病院を2件行った後にパブテストに行きました。
息子はパブテストの中島先生にお世話になっています。
前の病院では眼科診察の時に色々と大変で、質問も出来る状態ではなかったのですが、初診時に先生の方から「何でも質問してくださいね。」と笑顔で言われて安心した覚えがあります。

手術が決まった時も診察が終わった後、聞きたいことがあった時、もう一度診察室でお話を聞かせてもらいましたが、わかりやすく説明してもらいました。だから納得して先生に手術をお願いすることが出来るのだと思います。

また検査でも息子の出来るペースに合わせて検査の方がして下さっているので、息子も嫌がらずにしてくれるし、「イヤイヤ」期で検査が思うように進まない時も「みんなこんな時期があるからゆっくりやっていきましょう」と言われたり、少し成長して出来る検査が増えた時も褒めてくださったり・・・。と親も子も嬉しい状態でした。

評判は正直わかりませんが、私は中島先生も検査の方も信頼しています。

 

- 2005/10/14(Fri) 22:28 No.3981より

昨日、手術前最後の健診に行ってきました。

麻酔科のDr.と面談では全身麻酔の理由や麻酔の切れる時にパニックになること、麻酔や点滴の仕方、術後の痛みの事、術後の状態のことなどを解りやすく教えてもらい安心して手術に向けて頑張ろう!!と思えるようになりました。

年齢的に個室という決まりがあり、息子の場合私が見えないと不安になってしまうという理由でバス・トイレ付の個室をお願いしました。

手術前日からの入院で2泊3日!前日の10時からは水分もダメと聞いて・・・”朝起きてすぐに「ご飯!」と言うくらい食欲旺盛の子が・・・。どうしよう。発狂するかな〜”と不安ですが、頑張ります。

 

- 2005/10/18(Tue) 23:50 No.4018より
明日(今日?)から入院です。
20日の手術、息子と一緒に頑張ります。
(なんとか無事に息子も風邪をひかずにここまでこれました)

 

- 2005/10/30(Sun) 16:35 No.4106より

10月20日に無事に手術が終わりました。

麻酔が切れた時の大泣きには聞いていたもののビックリしましたが、一度寝て起きるといつもの息子にもどり一安心。

前日からの入院で環境が変わったせいか、夜中に大泣きをして心配でしたが・・。(入院の患者さんが少なかったとはいえ、本当にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。ごめんなさい)

健診でも順調にきているようで、もう手術の必要はないようです。
もう少し眼の位置が落ち着いたら視力を測るみたいです。
あとはメガネで治すだけでありますように・・・。

息子は手術が終わってから、今まで以上にヤンチャ息子になりました。笑顔も増えたように見えます。

元気な息子を見ていると正直こわく悩んだけれど、やっぱり手術して良かった・・・。

色々とアドバイスをくださった皆様、私たち親子を支えてくださった皆様、パブテスト眼科の中島先生、中井先生、麻酔科の先生、スタッフの方、本当にありがとうございました。

 

- 2006/01/15(Sun) 23:29 No.4482より

なんか術後からPTやOT・療育などでバタバタでした。(体調も壊しまくっていましたが・・・)

息子はとても元気に療育に行ったり、訓練を頑張ったりしています。
術後の経過は眼の位置が定まらず経過観察中です。今月も26日に健診です。 どうか良い結果が聞けますように・・・。

 

 

斜視治療アール