斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >マヤさん
 
マヤ - 2004/07/02(Fri) 21:38 No.1555 , 2004/07/09(Fri) 21:51 No.1593より
 
 今8ヶ月になる息子がいます。4ヶ月のころから、時々遠くをぼんやりと見ているとき目の焦点があってないよう気がしていていました。今も目がしっかりと合っているとわかるときと「あれ、どこ見てるのかな」と思うときがあります。先週初めて眼科へ行ったところ先生も「ちょっと右目が外にずれるかな?」といいましたがその後おもちゃを振って見せて息子の目がおもちゃを追う様子を見ると「こういうときは両目とも視線があってるね〜」とのことでした。主人が外斜視があり小さいときに手術していることもありとても心配しています。来週さっそく屈折の検査というものをすることになり、明日から5日間瞳孔を開くアトロピンという目薬をすることになりました。これで斜視かどうかがわかるわけではなく近視や遠視、乱視がないかを調べると聞きました。
先日、屈折異常の検査を受けてきました。8ヶ月の息子に検査ができるのかと不安でしたが、手持ちの機械で視能訓練士の方が息子の目を覗くというかんじでした。暗室でピカピカと光りながら音がなる機械に息子も興味を持ったようで、とてもスムーズにうけることができました。結果は遠視があるがこの年齢なら今のところはあまり心配しなくてよいとのことでしたが、日頃の様子の写真も何枚か持っていったので写真を見た医師からは、すぐに「右目が外斜視ですね」と言われました。医師から小児専門の眼科のある病院を紹介していただきそちらで診てもらうことになりました。

 

マヤ - 2004/09/28(Tue) 23:20 No.2001 , 2004/09/29(Wed) 19:37 No.2014より
 
息子は8ヶ月のとき、家の近くの眼科で外斜視と言われました。小児専門の眼科を紹介してもらい昨日、その眼科へ行ってきました。まだ現在11ヶ月の息子ですが、先生に「できるだけ早く手術をしたほうがいい」と言われ、あまりに突然のことと、まだ小さいということで、手術をすることが息子にとって本当にいいのかに悩んでいます。
7月に息子は、右目が外斜視と言われ、その後、右ほど大きくはないが左もずれると言われました。初めは時々ずれる感じだったのですが、だんだん、ずれている時間のほうが多くなってきました。しっかりと集中して見ているときは両目とも視線は合っているのですが、ぼんやりしていると片方の目でしか物を見ていないような感じがします。
 診察では患者さんがたくさんいるせいか、先生の雰囲気も、せかせかした感じでした。詳しく説明をされないまま、手術と言われ、あまりに突然で何を聞いたらいいのかもわからずオロオロとしてしまいました。先生の話の内容から、ずれている角度が大きいこと、集中してみているとき意外は両目を使って見ていないということ、私が思っている以上にずれている時間がかなり多いだろうということを言われました。
先生はもう一度診察して、その後手術をするなら日程を決めると言われました。とても混んでいるので診察予約も11月上旬まで入れず、手術も9月現在で2月までいっぱいなので、11月のときでは何月にできるかわからないとのことでした。次の診察で手術するか決めなかったら、またしばらくは診てもらえないため、あせりを感じます。
  先生の話では恒常性に近い外斜視なんだと思いますが、きちんと言われたわけではないので、このことも、もう一度聞いてこようと思います。

 

マヤ - 2005/02/03(Thu) 15:25 No.2586より

かなり、前に8ヶ月の子どもの外斜視のことで、書き込みさせてもらいました。今、1歳3ヶ月になり、1週間後外斜視の手術を受けることになっています。こんなに小さい時に手術をすること、本当に迷いましたが、医師から詳しく目のことを教えてもらい、子どもにとってはこの時期にすることがきっといいことなんだと思えたため決断しました。

 

マヤ - 2005/02/14(Mon) 15:31 No.2637より
先週、1歳3ヶ月の息子が両目の間歇性外斜視の手術をうけ、無事終わりました。間歇性といってもほとんど恒常性だったのですが…

入院は2泊3日で付き添いが出来る病院でした。前日に麻酔科の先生からの話や眼科で主治医の先生の診察がありました。朝9時から手術でした。前日の夜12時以降は食べては駄目で明け方4時半以降は水分が駄目でしたが、どちらも寝ている時間だったのでさほど辛い思いをさせずにすみました。手術自体は30分くらいで終わるそうですが、麻酔で眠らせたり、術後すこし覚めてから手術室から出てくるということで全体で1時間半ほどでした。私が手術室に迎えにいったときはすでにしっかり目が覚めていました。腕に点滴をしてとれないよう包帯でしっかり固定してありました。痛み止めの座薬をうってもらっていましたが、手術後は眼帯が1〜2時間取れないのでその間中、いつもと違う様子に驚き眼帯を取りたがったり、眼をこすりたがったりして泣いていました。点滴に気をつけながら落ち着くまでしばらく抱っこしていました。起きては泣く、泣いては疲れて寝るを繰り返していました。
 眼帯を外すと、はじめはびっくりしたように泣きましたが、だんだん落ち着き、手術後、3〜4、5時間後には目が赤いだけで、落ち着いてベットの上でおもちゃで遊んでいました。水分は、術後4〜5時間は取れないので喉の渇きが辛そうでした。水やお茶のほかベビーイオン水も飲ませてよかったので了解がでてからは、お腹もすいており、甘いイオン水を喜んで飲んでいました。
夕食はおかゆとおつゆ、煮物でしたがペロリと食べていました。半分以上食べれたら点滴を取ってもらえることになっていたらしく、夕食後点滴を外してもらえました。夕方ごろ主治医の先生が様子を見に来てくれました。術後座薬をいれてもらっただけで、その後痛みを訴えることもなく、機嫌よく過ごし夜も疲れたのかぐっすり寝ていました。次の日に主治医の先生が診察してくれ、麻酔科の先生が様子を見にきてくれ、午前中には退院できました。目の痛みもないらしくケロッとしていました。
 今も、目は赤いですが、とても元気にすごしています。一日4回の目薬は泣いて暴れるので大変ですが。
 終わってみて、やっと手術を受けて本当によかったんだと思いました。

 

 

斜視治療アール