斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >Mikoさん
 
Miko - 2004/01/18(Sun) 02:09 No.547 , 2004/01/19(Mon) 00:06 No.556より
 
息子の手術が決まり落ち着かずウロウロしていたらこちらに行き着きました。息子は外斜視です。今、息子は10歳です。小さいうちからボーっとしてるときや写真を撮ると視線がはずれていて、最初に診せた医師は「訓練で治る」と鉛筆を渡され顔の正面の遠くからだんだん近づけより目になるよう指導を受けました。が、年々ひどくなるような気がして、移転したのを機に別の病院に通ったところ「手術は一回しか出来ないから思春期になってから受けた方がいい」との事で、訓練だけは続けていました。が、去年、他の用事で眼科に行ったところ「外斜視に気がついていますか?」と聞かれ今までの経歴を話したところ「手術は何度でも出来る。」と大きな病院の紹介状を書いて下さり診察を受けに行ってきました。そこで「ここまで待ったのだから10歳まで待って”局部麻酔”にしましょう」と言われました。春休みに予約を入れてきました。・・・気がついてから8年以上経っているのに本当に何をしてきたんでしょ?というくらいわからない事だらけで。外遊びがとても好きな息子なのですが、サッカーや野球・ドッチボールなどの球技になると難色を示し途中で戻ってきてしまいます。息子は左右関係なく大きくはずれます。ですので「両目いっぺんに手術をする」と医師は言っていました。麻酔は点眼で行うそうで、「注射に耐えられれば大丈夫だよ」と医師は息子の前だったせいか気軽な感じで説明を。だからでしょう。初めての入院に楽しみな様子で。私は息子が一緒だったので不安にさせてはと思い手術の詳しい手順や局部麻酔の利点・難点などは聞けませんでした。この後二回診察がありますが主に手術前の精密検査と教授診察になるとの事です。担当医に話す機会があっても息子の前では聞けません。
 
確かに大学病院を紹介して下さった町の眼科医の先生は”局所麻酔”は「精神的にツライんじゃないか」と難色を示していました。幸いというか手術まで日があります。皆さんのアドバイスを生かして聞いて回ろうかと思っています。

 

miko - 2004/09/18(Sat) 05:01 No.1954 , 2004/09/25(Sat) 01:35 No.1983より

手術を終えて。手術のその後のことですが・・・。
うちの子が間歇性外斜視という事は一歳半検診で言われわかっていたのですが、はずれる頻度・角度も少ないし、視力は出ているので訓練で治そうと、より目にしてみたり遠くを見たりと素人訓練(?)で7歳まで過ごし、その後、引越しした為、他の病院で検診を受けると「来るのが遅い」と怒られすぐ大学病院を紹介されました。
大学病院のS先生の(斜視では権威との事)診察を受け「局所麻酔が出来る10歳まで待とう」経過観察を続け、10歳になった今年にS先生の執刀で手術を受けました。局所麻酔の方が微調整がきくとのお話でした。
手術翌日には、S先生が病室を訪れ、診察をしてくれました。
その際、先生が「お母さんはどう見える?二人になったりしなかった?」と聞き、「さっきした・・ような感じ」とあいまいに答える子供の話に「いい兆候だ。今まで片目で見ていたのが、今は両目で見ているって事なんですよ」と。おっしゃっていました。
・・・・が、退院間近に助手で主治医の先生から「お子さんは、手術前の検査では両眼視機能がマイナスの数値でしたので、両眼視はありません」と。
「は?」目が点の私。
「はじめからナイものは回復出来ないでしょ?」と。
S先生の話しと違うし合点が行きません。

その日のうちにS先生に再度説明を求めましたら「両眼視機能はある」とのお返事。ん〜?????。思い切って「実は主治医の先生が・・」と言うと、カルテを持ち出し「正常だね〜」。一安心しました。

が、その後、弟がやはり集団検診で「間歇性外斜視」と言われ、そこの保健婦さんに「両眼視は小さいうちに習得しておかないと育たないのよ」と。
え!?じゃ、やっぱり兄は両眼視の機能がなかったの?・・・と不安になり手術後の経過を見る時期と重なったので、S先生に兄弟一緒に見てもらいました。保健婦さんの言葉を伝えると、S先生「ナーンセンス!昔の人はそう言ってたみたいだね」と一蹴。
でも、兄は紐を受け取り損ねるし(本当にスッカっと感じで違う場所を掴むんです)、球技は苦手。もちろんしつこいくらいに「両眼視は出来ているのか」と訪ね、検査も受けました。大丈夫との返事を頂きましたが・・・本当に息子は両眼視機能はあるんでしょうか?
 
弟と一緒に見てもらった時にも(8月の終わり)全ての検査を終え、診察で「両眼視は出来ていますか?」との問いに「検査では良い結果は出来てますよ。」と朗らかに答えていたS先生。
思いきって「紐を受け取り損ねるので距離感がないんじゃないかと思うんですが?」と言うと「それは見えない?って事じゃないですか?」と別の検査を急遽してくれました。もちろん、息子一人で検査室に入ったので何をしたかわかりません。再度、診察で「大丈夫ですよ」と。 

両眼視機能の獲得について、やはりS先生も「6歳までに・・なんて言う事はない」と断言しておりました。ただ、行く病院(医師)によって意見が違うのは、私のような”迷える子羊”にはつらいところです。
今度、また、違う病院に行こうとしてるので、その時はどうなるのか?もう、開き直った気持ちで、冷静に聞いてこようと思います。
球技の件ですが、怖い」と言う段階までいかず、完全拒否です。
ボールが出てくると、その場から離れていました。
小学校の今では、そういうわけにはいかず、体育などで球技をしておりますが、やっぱり苦手なようですね。もちろん、学校以外でもサッカー・野球などは相変わらず避けています。

先月の訴えにもすぐその場で検査を入れてくれてり、聞いた事には全て答えてくれます。・・残念なのは、私の質問のポイントのズレ・・・。
すごい込み具合で、疲れてしまって「もう、帰りたい」状態の親子でした。やっぱり聞きたい事はメモに書いておくといいかも知れませんよね。

私もすごく悩みました。全身麻酔か局所麻酔。
結果だけ見れば、とても良い位置に収まり(ほんの少し、内側気味ですが、気にならない程度です。先生曰く、”戻り”を考えての位置だそうです)。
けれども、息子の精神的苦痛が・・・。もともと、そんなには強くはない子ですので、恐怖を与えないよう、充分配慮したつもりでしたが、これほど?と思うほど、憔悴して戻ってきました。そして一言も話さず、食事もとらず昏々と眠ってしまいました。
痛み的には、麻酔が一番つらかったらしく(とてもしみると聞きました)片方の目に点した時に少し泣いて、もう片方をなかなか点させなかったようです。
動くと危険だからと念押しされて、指示された方向を見続けていたのもプレッシャーだったようです。

 

 

斜視治療アール