書庫蔵TOP >ネドベドさん
 
ネドベド - 2004/09/16(Thu) 22:38 No.1944 , 2004/09/17(Fri) 16:30 No.1947 , 2004/09/17(Fri) 22:41 No.1953 , 2004/09/19(Sun) 20:10 No.1959 ,2004/09/27(Mon) 13:42 No.1998 , 2004/09/30(Thu) 15:19 No.2030 , 2004/10/06(Wed) 21:26 No.2081 , 2004/10/08(Fri) 10:30 No.2091より
うちの娘は生後3ヶ月くらいから目が寄っているのに気づき、5ヶ月で近所の病院に行き斜視が発覚、8ヶ月から治療を始めています(現在10歳)。斜視の原因は遠視ではなく、先天性内斜視です。手術は1歳でしました。2泊3日でした。

娘は手術と訓練のおかげで、両眼視機能もだいぶ出てきました。もう10歳で完璧には治らないかもしれないけれど、元気に学校に通っています。ボール運動などもだいたいは大丈夫だそうで学校生活に支障はありません。
 
私はセカンド・オピニオンを取った経験がありません。
うちの娘は手術は(いまのところ)1回ですんでいます。確かに内斜視の手術のあとはどちらかというと外斜視気味になるようです(眼には外側に引っ張る力が働くらしい)。娘もたまに外にそれ気味になりますが、私以外の人にはほとんどわからないようです。お医者さまは「ほぼ真中ですからまあ大丈夫でしょう」という診断です。(「より目を練習するように」という指示は出ています)
 
うちの娘は先天性の内斜視ですが、1歳すぎの手術後から寄り目の練習をするように言われました。
内斜視で寄り目の練習??と思われるかもしれないですが、内斜視の手術後は目が外に引っ張られやすい(外斜視になりやすい)ので、それを防ぐため。また目のあいだの筋肉を鍛えることになりますから、両眼視機能の獲得にも役立っているようです。1歳すぎの子にどうやらせたのかはっきりとした記憶がないのですが、最初は幼児が興味を持ちそうなキャラクターをだんだん近づける、というようなことをしていたと思います(いまは鉛筆)。
うちの子もなかなか出来るようにはなりませんでした。やらせてみて寄る頻度が高くなってきたと思ったのが小学校に上がったくらいですから、5年はかかっていることになります。娘に聞くと、より目にするのは結構疲れるらしいので、1度にあまりたくさんはやらないほうが言いと思います。うちは他にもやらなければならないことがあるので(両眼視の訓練)、寄り目はせいぜい3回です。より目をさせたほうが、親は子どもの目の状況を把握しやすいかもしれません。うちの子は何とかより目らしくなるまで5年くらいかかっています。でもこれができるようになったら、両眼視の検査結果もよくなりました。

ところで、ネドベドというHNはサッカー観戦が趣味の娘に因み、彼女が好きなサッカー選手の名前からとっています。元気な娘の一面がわかれば、と思いました。
 
私が先生から聞いた話では「健常児は生後4〜5ヶ月ごろに両眼視を自然に身につける。先天性内斜視の子はその時期に両目でものを見ていないので、両眼視機能の発達が遅れ、獲得が難しくなる」ということです。

娘の場合、3歳半ごろから両眼視の訓練を始めて、小学校入学くらいには何とか見え方が普通になってきた(遠近感が出てきた)ようです。保育園のころはドッジボールが怖くて怖くて(いきなりボールが飛んでくるので)しょうがなかったそうですが、小学校に入って、ボール運動も大丈夫になった、といっています。ボールをとったりするのはやはり苦手ですが、小さい頃、遠近感がなかったために「ボールを取る」経験が少なかったからではないかと思っています。うちは、小さいボールだとさらに苦手になります(キックベースボールは何とかなるが、ラケットベースはダメだそうです)。

なお、両眼視機能の獲得は、うちの娘の病院は「小学校卒業くらいまでは伸びる」という考えで(実際、小学校に入ってからも検査結果はよくなっています)、訓練も引き続きがんばるように言われています。
1.昆虫(せみ?)の絵。立体視ができているなら羽が浮き出てみえるので、それをつかませる。
2.ブランコに乗った人の絵。前にこいでいるか、後ろに下がっているかを答えさせる。
3.動物が何匹か並んだ絵。どの動物が前にいるか、答えさせる。
4.お皿に豆が並んでいて、どの豆が飛び出ているか答えさせる。

ちなみに1は一番簡単。これができないと、立体視はまったくできていない、という診断になると思います。うちの子も最初の検査(3歳半くらい)の時はさっぱり要領を得なかったらしいです。2はまあまあで、3、4は結構難しい、とのこと。うちは4がちょこちょこできる程度なので、完璧に両眼視ができているわけではありません。
 

 

ネドベド - 2004/10/20(Wed) 16:58 No.2159 , 2004/11/09(Tue) 12:20 No.2244 , 2004/11/12(Fri) 12:13 No.2254 , 2005/01/17(Mon) 18:31 No.2488 , 2005/05/30(Mon) 13:28 No.3179 , 2005/05/31(Tue) 12:42 No.3205より
うちの娘は最近になって、眼がそれるのを指摘されたようです。これまでは私しか気づくことがなかったのですが、小学校高学年ともなると、女の子は他人のことに過敏になるようですね。娘は「眼の病気があるから」と説明した、と言っていました。

しかし、話はそれだけでは終わらず、ちょっと意地悪な女の子が「○○(うちの子の名前)とは眼が合わない気がする」と言い出したとか。さらに「病気があるの?」と聞かれたそうです。最初の友達との会話を聞いて言い出したようだ、と娘は言っています。「気に障るけど、そういう子だからしょうがない。気にしてもむだ」とのこと。こういうお子さんはどこにでもいますから、それに負けないように、親が導いてやるしかないと思います。
ただ外にそれることの防止のため、寄り目の練習を術後(1歳過ぎ)から指示されています。

両眼視訓練はカイロスコープを利用しています(病院の紹介で購入)。この器具はいたって簡単なつくりですが、2枚1組のカードを、片目は鏡の像、もう片目は実像を見るように工夫されていて、両目を使わないと絵をなぞったり、絵を合わせたりという作業ができないようになっており、両眼視の機能発達を促すというものです。小さい子では使用は難しいかもしれません。

両眼視訓練ではうちの病院はこれを使うように指示されるみたいです。調節性内斜視のお子さんも使っているようです。また、うちのような先天性の内斜視の場合だけかもしれませんが、小学生までは使うよう言われています。(そこまでは両眼視機能は伸びる、という考えらしいです)
なお、たまたま昨日弱視のお子さんを持つおかあさまとお話したのですが、この子も寄り目をさせるようにいわれているそうです(斜視はなし)。うちの娘と同じ10歳ですが、このお子さんは「まだ寄らない」そうです。
そう言えば、診察の時は必ず「目が寄るかどうか」はチェックします。

うちの娘についても原因はわからないです。私も夫もまた長女も、斜視はないですし、親戚にもいません。また長女は難産で帝王切開だったのですが、次女は自然分娩。分娩時の状況から言えば、長女のほうが何らかの障害が出やすいでしょうが、こちらはまったく何もありませんでした。(完治しましたが、次女にはさらに「外反足」という病気もありました)


神奈川県立こども医療センターに通院しています。
病院からは「同時視→融像視で練習して、慣れてから絵をなぞってください」と言われました。娘は3歳10ヵ月ではじめて、同時視、融像視は割とすぐにできるようになったのですが、「絵をなぞる」がまったくうまくいかず、(あまりのできなさに)娘もいやがるので、初めの2年半くらいは同時視、融像視ばかりやっていました。

でも小1の時の検診で、「『絵をなぞる』のをやらないと、伸びないですよ」みたいなことを言われ、それからはひたすらこればかりです。

>カイロスコープでの訓練目的
私ははっきりした説明を受けていないですね。「立体感が出ていないようだからカイロスコープを使って下さい」ということでした(ハエの羽をつかむテストができなかったらしいです)。
娘は当時、両目は使っているけど、両眼では見ていなかったようです(両目の視力は出ていたし、アイパッチ経験もないのです)。「ものを見るときは両目を同時に使うんだよ」ということを教えてくれたのがカイロスコープだったように思います。

 

 
ネドベド - 2006/11/18(Sat) 13:29 No.545より

「術後内側によって見える」というのは、ある程度仕方がないことのようです。目には外側に引っ張られる傾向があるので、手術できちんと正しい位置にしてしまうと、時間が経つとまた外側に外れてしまうことになります。それを見越して少し内側にするもののようです。
うちの娘は先天性内斜視なので、少し事情が違いますが、内斜視だったにも関わらず、時たま外に外れることがあります(人にはほとんどわかりません)。

うちの場合、手術から11年経過していますが、再手術はありませんでした。たまに外に外れることはあっても、ほぼ眼位は安定していますので、手術としては成功だったと思います。娘については手術以外の選択肢はなかったので、かわいそうだけど、その点は悩むことはありませんでした。

 

 

斜視治療アール