斜視治療アール

書庫蔵TOP >紀沙穂さん
 
紀沙穂 - 2004/12/13(Mon) 22:29 No.2389より

はじめまして。4歳4ヶ月の娘が遠視から来る調節性内斜視と診断され、8ヶ月のころより眼鏡をかけています。4歳をこえてやっとランドルト管が出来るようになりました。そんなわけで、娘の視力はどうやら、右が0.6、左は1.0は出ているだろう・・・という話ですが、集中力がいまいちなため、これで確定という視力ではまだないようです。しかし・・・先日主治医の方からいきなりの手術を勧められて、正直戸惑っています。今年の一月に最初から診察していた主治医が変わり、どうも以前の先生は引っ張って様子を見るタイプであり、今回の先生はすっぱり手術を・・・と考えているようです。視能訓練士の先生もやっぱり眼鏡をかけても斜視が残っている今の状況では手術を考えるけれど、すぐにというわけではないし、最近になっていろいろな検査が少しずつだけどできるようになったから、今スタートラインに立ったという感じかな?ということでした。4年近く通っていたにもかかわらず、こればっかりはうちの子の性格がものを言ってるのかなぁと思い、突然の手術という話も無理もないことなのか、はたまたもう少し様子を見てもいいのでは?という感じでかなりゆれています。ただ、5歳で手術では眼球が固まってしまうから立体視させるには遅いと言う言葉にとても戸惑っています。最初の主治医が変わり、病院は変わらずにセカンドオピニオンを受けたという感じです。

 

紀沙穂 - 2004/12/18(Sat) 15:10 No.2410より

今日、視能士さんが私の不安に思った気持ちをくんで先生の説明という形で、手術の補足に関する説明を受けてきたのですが・・・
先生は「多少でもお母さんに不安があるのなら、そんなすぐにでもしなければならないものでもないし、それは取りやめにしましょう。それ以上に気になったのが左目は0.9〜1.0は出ているけど、右目の視力が0.6と、弱視傾向が見られるので、アイパッチをしましょう」・・・というわけで、1日6時間のアイパッチをいきなり始めることになりました。・・・なんだかわけがわからず、すごく不信に思ってしまったものの、頭の中が整理できず、何をどう説明して話を聞いてもらえばいいのか判りませんが、主治医はとりあえず「5歳までで遅いって言いましたよね。でもそれよりも視力の方が大事ですから・・・」「先生によっても大きく見解が分かれますが・・・」と言っていました。最初の説明と今回の説明がまるきり違うし、本当にこの先生を信じて突き進んでもいいものか、迷ってしまいました。もう一度、先生と話し合ってみて、納得がいかないようだったらセカンドオピニオンも考慮する覚悟で行こうと思います。

 

斜視治療アール