斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >きゆみさん
 
きゆみ - 2004/10/07(Thu) 15:25 No.2090 , 2004/10/09(Sat) 22:37 No.2096より

小学1年の娘が外斜視との診断を受け、手術を受けることが決まりました。寄り目の練習を続けるように主治医から言われ、しているのですが・・・なかなかできません。鉛筆や指を使うより少し大きいものの方が見やすいと聞き、ぬいぐるみを使って、時々私も実際にやって見せているのですが・・・。
20回、30回して、できるのは1回とかです。全然できない時のほうが多いです。全然できないと娘も嫌になってきて、機嫌も悪くなり・・・半分怒りながらしています。

それから外斜視の手術について、主治医からは、どんな手術をするかと言う説明と、傷の完治には2ヶ月かかること、埃よけと掻いてしまうことを防止するため眼鏡をかけること、手術後目が真っ赤に充血すること、手術前後に目薬をさす必要があること、手術は1回で終わる場合と何回か受けなければならない場合があるが今の時点ではその判断はできないこと。これだけの話は聞いています。

手術は今年12月の予定で少し間があるので、1ヶ月に1回の受診です。受診のたびに「何か疑問や質問はないですか」「なんでも聞いてくださいね」と先生から言われます。ちなみに、手術は日帰りで全身麻酔です。

お恥ずかしい話ですが、今まで娘の外斜視には全然気づかず、今年5月の学校の眼科検診で通知をもらって外斜視が判明した次第です。
過去ログの中に細かい手作業が良いと書いてあったので、娘の好きなビーズのアクセサリー作り等もさせてもいいかなと思いました。誰でも怒られながらするより、楽しく続けられる方がいいですものね。いろいろ工夫が必要ですね。「眼鏡をかける」という話ですが、「埃よけ」が主な目的のようなのでだて眼鏡だと思います。

 

きゆみ - 2004/11/16(Tue) 16:33 No.2269 , 2004/11/22(Mon) 11:03 No.2302 , 2004/12/06(Mon) 10:33 No.2355 , 2004/12/13(Mon) 08:19 No.2383 , 2004/12/13(Mon) 09:07 No.2384より

10月初めに初投稿して、今回2回目の書き込みをさせていただきます。

先週土曜日に娘の検診に行ってきました。その時に主治医からちょっぴり嬉しい言葉がありました。「目のずれる角度が今までよりすくない」と言うのです。「寄り目の練習の効果が出てきたのかもしれない」とのことでした。家では寄り目の練習を何回してもできるようにならず、こんなことしてて効果なんてあるのかなぁ…と思いながら、でも前回書き込みさせていただいた時に「練習の効果が出てきたのは5年後ぐらいから」とお返事下さった方もいらしたので、今回の主治医の言葉は嬉しかったです。

‘恒常性’か‘間歇性’かを確認しましたら、間歇性外斜視とのことでした。

手術まであと一ヶ月程となりました。娘が手術を嫌がっていて、娘の斜視は普段はあまりわからない程度なので余計に困りましたが、娘と手術について話をしました。どうして手術をするのか、どのような手術なのかということも含めて・・・。そうしたら最後には娘の口から「頑張る」と言う言葉を聞くことが出来ました。ほっとしました。そして、娘をぎゅ〜っと抱きしめてやりました。

娘が大阪市西区にある近江眼科でお世話になっています。自宅近くの眼科で近江眼科を紹介していただき通院しています。うちの1年生の娘も間欠性外斜視で、日帰り手術の予定が12月17日に入っています。(娘は右目だけなのですが。)今度15日に小児科の検診があり、麻酔医の説明もあります。そして17日にいよいよ手術です。

 

きゆみ - 2004/12/22(Wed) 13:56 No.2416より

12月17日、娘の日帰り手術が予定どおり行われ、無事に終わりました。とりあえず、ほっとしています。今までの経過を報告したいと思います。

娘の外斜視は小学校の眼科検診でわかりました。通知をもらってきた時は「何かの間違いだろう」というのが正直な気持ちで、近所の眼科に行きました。「大丈夫ですよ」と言う先生の言葉を期待していた私の耳に入ってきたのは「子供の斜視の先生を紹介します」というものでした。紹介状をもらい、電車でその眼科へ行きました。
いくつかの検査の結果、「訓練をしばらく続けてみて、効果がないようなら手術をしましょう」と言われました。病院でも3回程機械を使った訓練をして、家でも一ヶ月ほど寄り目の練習を続けましたがあまり効果はなく、「手術をするかどうか微妙な斜視角なので、別の病院を紹介します」ということで、近江眼科江戸堀診療所へ行くことになりました。
家から1時間半ぐらいかかるので、夏休みに入ってすぐ近江眼科を受診しました。結果やはり手術を受けることになりました。先生のお話では手術をするかどうかの目安の角度は10度で、娘の斜視角は10〜15度くらいだとのことでした。毎週金曜日の午前中に住友病院の日帰り手術センターへ近江先生が行って、日帰りで手術をしているそうです。
手術の説明や、手術前後の注意点等も聞き、8月31日に住友病院で手術の日が12月17日に決定しました。手術まで日があるので、一ヶ月に一回近江眼科を受診することと、家で寄り目の練習を続けることを言われました。
その後、12月6日に住友病院で術前検査、15日に住友病院で小児科受診と日帰り手術センターでの面談(手術前日〜当日〜翌日の注意点や経過などの話)がありました。
12月16日はいつもどおりに過ごし、夕食は20時までに終わり、飲み物は寝る前までOKでした。21時ごろ布団に入り朝までぐっすりでした。当日は6時過ぎに起きて、朝食を食べられないことに文句を言いながら着替えて、病院へ向かいました。8時15分頃着いて日帰り手術センターへ。手術衣に着替えて体温、血圧測定、洗顔、トイレをすませて看護師さんと手術室へ入りました。手術は9時からで、麻酔を含め1時間余りで終わりました。手術室から右目に眼帯をして出てきました。麻酔が切れてきても気分が悪くなったり激しく動いたりということはなく、割と穏やかでした。目が覚めて第一声は「手術、もう終わったの?」「お腹すいた〜」でした(笑)。でも手術後2時間は食事は出来ず、その間空腹で機嫌が悪かったです。痛みや痒みは全く無かったようです。16時前に眼帯が取れて、目薬と飲み薬の処方を受けて、無事退院となりました。
翌日、近江眼科受診。遠方の斜視はほとんどなく、近方で8度あるが、寄り目の練習で治していきましょうと言うお話でした。
娘は体育を見学しなければならないのが不満な様子ですが、目の傷が治るまでの二ヶ月ほどの我慢です。寄り目の練習はまだまだ長く続きそうですが、頑張りたいと思います。

 

きゆみ - 2005/01/18(Tue) 14:20 No.2495 , 2005/01/20(Thu) 14:25 No.2508 , 2005/01/21(Fri) 19:39 No.2513より
娘が手術を受けてから、一ヶ月が経ちました。目の充血も思っていたより早くよくなり、手術の傷も順調に治ってきていると言う主治医の言葉にほっとしています。うちの娘も、見た目には充血はほとんどわからなくなっていますが、手術の傷の部分より外側の上瞼で隠れる部分には、まだ少し赤みが残っています。斜視角も近方で8〜9度残っているので、寄り目の練習に必死です。でも時間がとれず、主治医のおっしゃる1日75回はなかなか出来ていないのが本当のところで、困っています。

手術前にはほとんど出来なかった寄り目も、その時の娘の状態(疲れ具合や集中力)により差はありますが、できるようになってきました。最近まで娘は自分で目が寄っているのかいないのかわかっていなかったようなのですが、最近になってようやく寄り目のときとそうではないときの見え方の違いがわかったようです。どんな風に違うのか聞いてみたら、嬉しそうに話してくれました。

手術後の斜視角は、遠方で4度、近方で8〜9度だそうです。遠方の4度は全く心配ないそうで、近方のずれを寄り目の練習で治していきましょうという主治医のお話です。その寄り目の練習の時間がなかなか確保できないのですが、なんとかがんばっています。

次の受診予定は2月19日です。少しでも近方の斜視角が少なくなるよう寄り目を頑張らせようと思います。手術したことを無駄にしないためにも…。

 

きゆみ - 2005/04/14(Thu) 17:41 No.2903 , 2005/04/15(Fri) 13:03 No.2912より
間歇性外斜視の娘を持つきゆみです。

最初に間歇性外斜視と診断された時にめがねでの治療について主治医に聞いてみたところ、娘の場合、斜視角が大きいのでめがねでの治療は出来ないと言われました。それで昨年12月半ばに手術を受けました。娘は手術でゆるめに戻し、現在の斜視角は8〜9度で、あとは寄り目の練習で斜視を治していくという主治医のお話です。寄り目についても医師によって意見が分かれるようですが、娘には効果があるようなので頑張っています。(寄り目の練習をさぼって病院で検査を受けると斜視角が大きくなります。)でも一日75回という主治医の言葉に対し、出来るのは60回ぐらいなんですけどね…。

寄り目の練習の「75回」の根拠はわかりません。一度に75回は出来ないので、お風呂で20回、お風呂を出て20回、寝る前に20回という感じで、分けてしています。あと朝に15〜20回出来れば一応75回は達成できるのですが、朝は登校準備で精一杯の状態で時間が無くて…。今度の受診の時に75回の根拠を聞いてみることにします。

 

きゆみ - 2005/09/01(Thu) 09:41 No.3700より

今週月曜日に、娘の斜視手術後の定期検診に行ってきました。検査の結果、斜視角に変化なしとのことでした。遠方3度、近方12.5度でした。遠方の3度は、斜視ではない人でも3度程のズレはあるというお話で、全く問題はないそうです。近方の12.5度はやはり寄り目の練習をしてくださいと言われてしまいました。

実は、手術後、しばらくは寄り目の練習を一生懸命していたのですが、最近は100%できるようになったこともあり、すっかり安心してさぼっていました。(加えて近所の眼科で「寄り目の練習はしなくて良いです」といわれたこともあって…。)今回、主治医から寄り目の必要性を説明頂いたので、また頑張ってみることにしました。
寄り目にするためには目の内側の筋肉を縮めますが、斜視角が12.5度あるということはその縮める力が弱いので、寄り目で鍛えるという説明でした。家で寄り目をするのと斜視角の検査時との違いを聞いてみましたら、検査の時は寄りにくいということでした。この説明の流れで寄り目の練習「75回」の根拠もお話下さいました。本当は100回でも200回でも出来るのならすればいいのだけれど実際無理だし、75回ぐらいで筋肉を鍛えるという効果が期待できるそうです。只、確実に効果があるかどうかは、やってみないとわからないともおっしゃっていました。

とりあえず、次回の検診が冬休みなので、それまで頑張ってみようかと思います。また報告しますね。

 

 

斜視治療アール