斜視治療アール

 

書庫蔵TOP >ひろみさん
 
ひろみ - 2004/06/24(Thu) 22:17 No.1473 , 2004/06/25(Fri) 13:39 No.1479 , 2004/06/26(Sat) 10:39 No.1492 , 2004/09/20(Mon) 18:06 No.1961 , 2004/09/30(Thu) 10:53 No.2029より

小学2年の子どもが間歇性外斜視で帝京大学病院で診察を受けております。数か月前に携帯で子どもを撮影したら、右目が外に寄っていて「!!」初めて気が付いたという本当にうっかりな母です。最初に診察を受けた地元の眼科の先生の「斜視は先天性のものだから…今まで気が付かなかったですか?」との言葉に何よりも私自身がショックで今まで何してたのだろうと自分を責める日々でした。
帝京大の坂上先生が「10歳になれば局部麻酔でもできるし、今すぐ手術をしなくても」とおっしゃるので、とりあえずそれまで待ってみようかと思いました。
家に帰って考えてみたら本当に10歳の子どもが局部麻酔できるのか逆に心配になってきました。

初診の診察は6番の部屋で担当の先生がライトを当て、「ずっとお母さんは気が付きませんでしたか」(あちこちで何度も言われるとさすがに辛いです。)など聞かれ、その後は廊下の長イスで待ちます。
その後、検査専門の女性に誘導され視力検査。
別の部屋で検査。この後は子どもからの聞き取りです。
1 車庫と車の絵が右と左から出てきてうまく車庫に入るようにレバーを動かす。
2 耳のないネコとしっぽのないネコが出てくるので、耳としっぽがあるようにレバーを動かす。
その後待つこと約1時間で坂上先生(助教授)の診察でした。

最初に診察を受けた眼科はさいたま市の「大竹眼科医院」といいます。HPもあります。3件目で初めて斜視をずばりと診察したお医者さんです。帝京大出身で斜視について詳しい女の先生です。検査も一通りしていただきました。学校の視力検査でC(0.3-0.7)の紙をもらいましたが、実は1.2と0.9で学校の視力検査は当てにならないんでしょうか?

次回の診察は一年後とのことです。子どもは目を寄せる力はかなりあるので手術するとしても「美容面」と強調されました。ただし、「斜視の知識のない人が見ても、はずれている時にはしっかりわかる角度」とも言われました。10歳程度の局部麻酔がどれだけあるか…他の病院では12歳、15歳以上だそうです。帝京大の基準は最年少みたいです。
家族で局部麻酔について考えてみました。
一年後の定期検査までには家族でしっかり考えて、全身麻酔なら今から一年半後の春休みにでもと考えています。先生の診察で娘は「斜視の頻度や程度によってはすぐに手術をするケースもあるが、緊急性がないので10歳まで待ってもいいし気になるのであれば全身麻酔ですぐに手術も可能。よくお考えになってください。」と言われました。

10歳まで待とうか、それとも来年の春休みあるいは夏休み(8歳)にしようか、考えがやはりまとまりません。子どもが「寝ている間の手術じゃないと絶対いやだ!」とごね始めまして…。先日乳歯を抜いた時の歯科の局所麻酔ですっかりこわがりになってしまいました。

娘もボールを蹴ったりするのはよいのですが、飛んできたボールを受け取るのはやや苦手でした。最近ではドッチボールが好きになってきたので、よく見えないのか球技が嫌いなのか判断はつかないです。

 

ひろみ - 2004/11/09(Tue) 00:37 No.2240 , 2004/11/09(Tue) 16:39 No.2246より
私の8歳の娘も間欠性外斜視で帝京に通っています。外れる角度は「中程度以上でしろうとの方でもはっきりわかる角度」(先生の言葉通りです)です。実は娘が最近よく顔を傾けているので、斜視が進んでいるのかと診察を受けたら、半年前までは視力は1.2あったのが、0.5と0.7になっていました。
先生は近視と斜視は特に因果関係はないようなことはおっしゃていましたが、近視の矯正がまず先決とのことでメガネをつくることになりました。

うちはゲームもテレビも大好き!ですし、父母、祖父母全員近視という遺伝的要素もあるのかとは思います。私の頭の中は「斜視」のことでいっぱいで全然近視に気が付かなかったのです。

手術は来年の夏休みを予定しています。先日、診察を待っている間に術後一週間のお子さん(2歳)がいらっしゃいました。元気ですし目も充血していません。娘もその元気な様子を見て「来年手術をしたら治るよね」と言っています。

うちでは特に目のためには何もしていません。視力が下がったので、とりあえず「暗い所で本読むな」「ゲームの時間を減らそう」「姿勢よく勉強しろ」等々です。先生からも特に何の指示もありませんでした。「手術をしないことには治らない」と初診の時も今回もはっきり言われたので、手術の時を待とうということにしました。

当初は一年後に診察ということでしたが「変化があったり気になることがあれば」という言葉通り、一年待たずに再診を受けました。そそりんさんももし気になることがあれば時期を見て診察を受けられてもよいのではないでしょうか?最もあの混み合った外来に子供を何回も連れて行くのは一苦労ですよね。
あくまでも私見ですが主治医の先生は「10歳になれば局部麻酔でできるから、できればそれも考えて下さい」と局部麻酔を強くお勧めになります。もちろん斜視の頻度や角度などお子さんの年齢によって手術の時期はケースバイケースとのこと。

外斜視で全身麻酔の場合はやや内斜視気味になるし、局部麻酔のように位置の調節がぴったりとはきかないこと。そのため、全身麻酔の方が戻る年数が短いこと。例えば局部麻酔なら10年は戻らないのに、5年で戻ることもある。2回目の手術も考えて全身麻酔でのぞんでほしいと言われました。

それでも全身麻酔でと考えたのが、インフルエンザの予防接種でさえ今だに泣きそうになる弱気な娘なのでとてもあと1年半で局部麻酔は無理だろうと…家族で決めたのです。

 

 

斜視治療アール