斜視治療アール

書庫蔵TOP >モモやんさん
 
モモやん - 2004/06/13(Sun) 23:29 No.1370 , 2004/06/15(Tue) 10:22 , 2004/09/29(Wed) 23:35 No.2021 , 2004/09/30(Thu) 22:54 No.2043より

1歳5ヶ月の子どもが先天性内斜視です。うちは4ヶ月の健診で追視をしないことをきっかけに斜視がわかりました。2歳になったころに手術と最初言われたんですが、片方が頑固なタイプ(先生いわく)なので普通より奥を手術するとのことで、2歳の終わりころに手術予定です。で、それまでアイパッチを毎日3時間です。病院では「普通の内斜視なので2歳頃に手術」ということを1月の診察で言われました。

先日5ヶ月ぶりに病院に行きました。「再発しやすいタイプ。外に動きにくい。そのため、普通より少し目の裏のほうをさわるのでもう少し大きくなってから、3歳ごろに手術にしたい。両眼視機能も普通よりでにくい」といわれました。すでに完全な立体感は期待していなかったので、「今は片方ずつで見ているが、手術してもそのままの可能性もあるということですか?」ときくと、立体感の段階はいろいろあるが、まったく出ないというわけでないが、確立が少し落ちるようなことをいわれました(ちょっとこのへんの私の理解に自信はありません・・)。
目の位置が前よりよくなっていることも指摘され、それも手術を遅らせる一因かなあと思わせる言い方でした。

アイパッチは1月の診察で指示されて片方3時間を続けていました。
今回の診察でまた白黒しましまのテストをして両方視力が出ていることがわかり、それをキープするために1日交代でアイパッチの指示が出ました。
アイパッチ、ものすごく苦労してます(涙)。実は3時間できないことがほとんどです。けっこう人を見ていて、祖父母やパパがいるときははずさなくて、私と一対一の時でちょっと目を離したほんの瞬間にはずすんです。もう。脱力です。よくないなーと思いつつビデオを見せて集中してるときに手を押さえて貼っています。

 

モモやん - 2005/03/20(Sun) 21:58 No.2777 , 2005/03/28(Mon) 23:11 No.2807より

こどもが先天性内斜視のモモやんです。
3歳の誕生日に近い今年の秋か冬に手術と言われていたのが、「両目も使ってるし、大きくなってきたからもうできるでしょう」と前の診察で言われ、予定が早まって4月の手術の予約になりました。ところが、空きが出たとのことで電話があり、入院となりました。入院3日目に手術、5日目に退院してきました。

麻酔からなかなかさめませんでした。飲み物は無理に起こしてぼーっとしたまま進めました。朝11時頃に病室に戻ってきて、まともに起きたのは次の日の朝でした。目を覆っているのを完全にはずしてから(髪の毛もテープでがちがちに貼られていたのをはがされたので痛かったのもあり)、やっと動きがでてきました。飲み物も吐くこともなく、暴れることもなく、とてもラクだったんですが、起きないのは心配させられました。

目をあいて、黒目がまっすぐなのを見たときは涙が出ました。本人がどう見えているのかわかりませんが、家に帰ってからフラッシュをたいて写真をとったら両目真ん中に光が入っているのには感動しました。まだすぐには両眼視できることはないと思うので、???ですが、手術前にはなかったことなので、うれしいです。
そして術後1週間の診察に行ってきました。
「そうならないようにはするが、1年後に微調整の再手術の可能性はあります」と手術のときに言われていたんですが、「いい位置にあるから、1回でいけそうですね」と言われました。「え!?1週間でわかるの?」と疑いつつ、うれしかったです。

このまま先生のおっしゃるように1回で終わればうれしいんですが、斜視との付き合いは先が長いと思います。両眼視の可能性を信じつつ、疑いつつ、見守っていきたいと思います。

 

斜視治療アール