お越し頂きありがとうございますm(_ _)m

何かの役に立てば、斜視の情報が欲しい、医療現場での話が知りたい、という思いからこのサイトを作りました。掲示板は斜視や治療の話、治療経過など情報交換の場です。それぞれの経験や情報を交換する事により、お互いに何かを学んだり参考になったりするといいなぁと思っています。皆様の投稿を反映させて、より良いサイト運営を行いたいと思っていますので、皆さんお気軽に参加して下さいね(^-^)

”斜視の治療 書庫蔵”のページは、いろんな立場の方々から寄せられた治療経過や情報が沢山詰まっている貴重なページです。是非一度はお読み下さい。得られるものも大きいかと思います。

又、ワタクシゴトですが、私は今まで息子が通った病院名を公開しませんでした。メールでもお答えしませんでしたが、旦那や身内、親友に意見を求めると、今通ってる病院名の公開によって不利益になる者はいない。という共通の意見がかえってきました。そして患者同士の病院情報の交換は、今の時代は珍しい事でも新しい事でもないという意見。息子を巻き込みたくないという気持ちの件でも、息子が内斜視だった頃の写真(赤ちゃん時代)は、今の息子の顔と違うから、あの目だけの写真から特定できないと言われました。そこで、私達家族が信頼して納得した上で通っている病院名を公開する事に決めました。

私達家族がお世話になっている病院は、兵庫県立こども病院です。その後転勤に伴ない、帝京大学医学部附属病院に転院しました。セカンドをした頃に選ばなかった残り2件の病院名ですが、こちらは今後も公開しません。メールでもお返事は出しません。こちらについても、私が意見を求めた身内や親友から共通の意見が聞けました。選ばなかった残り2件の病院名を公開するのは、いろんな立場の人がいるし、webサイトを管理しているんだからやめた方がいいという共通の意見。それに、私達家族が残り2件を選ばなかったというだけで、その2件がナンバー1で斜視治療をしている家族が本当に沢山いる事、その2件の先生方自身も斜視の分野で有名という事、そして1件目の病院の先生2人は症状が出た当時からの付き合いからだからか、人間的な母親の気持ちの部分も理解して下さった事、そういった理由が選ばなかった病院名を公開しない個人的な理由です。

こうした周りの意見を受けて、息子の斜視治療に選んだ病院名だけを公開する事にしました。

私達は、医師の診察を受け、視能訓練士や眼科の様子を見て、納得した上で息子の斜視治療をする病院を選んだという経緯があります。これから病院を決める皆さんも、それぞれの家族の方針に合う病院を選んで下さい。

そしていつの日か、皆さんの病院情報も掲示板にお寄せ下さい。今通っている病院でも、セカンド・サードオピニオンで行った病院でも構いません。医師の治療方針や視能訓練士・病院の様子など、感想や情報をお寄せ頂ければ幸いです。

私達家族の斜視治療に関する体験談や、斜視で有名な先生方から得た知識や情報が皆様のお役にたてれば幸いです。皆さんが納得して治療を受けられる最高の病院と出会えますように。

2005年7月10日
アール

斜視治療アール