斜視治療アール

皆さんは授業の中で小児保健や障害児保育について学んでこられたと思います。そしてその中では斜視についても触れられていたと思いますが、実際の教育現場で斜視の子供達と接する上で役立つ情報の記載が少ないと感じられたことと思います。

「眼位の異常で、両眼の視線が一致しない。内斜視、外斜視、上斜視などがある。乳児では鼻根部が扁平で広いために眼位は正常であっても、見掛け上内斜視に見えるものが多い(偽内斜視)。懐中電灯を顔の前でつけたとき、両方の瞳孔に光が当たれば、真の斜視ではない。真の斜視は自然には治らないため、手術と視能矯正訓練が行われる。」(新・小児保健より)

斜視について教育者や保育士の皆様に理解を深めて頂くことで、各家庭と連携しながら子供達が安心して健やかに集団生活を送れるように願っています。

 

斜視って何?
一言で斜視と言っても、目の状態やずれる方向、屈折異常の有無によって病名は細かく分類されています。

見た目の問題としては右図のように左右の目の位置がずれていること。機能面での問題は距離感・遠近感・立体感を掴みにくいことです。

左右の視線がずれる頻度ですが、常に目の位置がずれているケースと、ずれる頻度がごく稀なために目立たないケースとがあります。又ずれる角度ですが、こちらについても左右の目の位置のずれ幅が大きくて右図のように目立つ場合や、ほとんど目立たない場合とがあり、個々の目の状態で症状にも違いが見られます。

斜視の状態

 

両眼視機能 〜見え方の違い〜
ほとんどの人にとって「見る」という行為は当たり前に行われているので、それについて深く考えたことはないと思います。普段私達は何も意識しなくても両目で一つの物を見ているので、遠近感や立体感のある生活を当たり前にしています。
遊園地やテーマパークで3D映画を見れば、飛行機が自分に向かって飛んできたり岩にぶつかりそうになったりして、思わず避けたり叫んでしまったりと臨場感あふれる体験が出来ますね。ですが実は3D映画が飛び出して見えるのは、両目を同時に使っているということであり、”両眼視機能”という目の力が働いているからなんです。

ところが斜視の子供は左右の目の位置がずれているので、視線が一致せず両目で同時に物を見ることができない、その力が弱いという状態です。
両眼視機能には、両目で同時に物を見る→それを1つにして見る→立体的に見えるといういくつかの段階があり、個々の状態や治療の成果によって、子供達が持つ両眼視機能のレベルには違いが見られます。このため斜視であっても立体感のある見え方をしている子供もいますが、絵を見ているのと似たような見え方をしている子供もいます。

又、普段は視線があっているのにごく稀に目の位置がずれてボーッとしてるように見える、という種類の斜視を持っている場合は、普段視線が合っている時は私達と同じように両眼視機能が働き立体的な見え方をしています。この事から日常生活で困る事もなさそうに思いますが、目の位置がずれた時に物が二重に見えるケースもあるので、階段の昇り降りや高い遊具で遊ぶ時など注意が必要です。さらに、斜視であっても屈折異常(遠視・近視・乱視)がなくて視力が良好な子供もいますが、屈折異常のある子もいます。遠視が原因の場合は、眼鏡をかけることで矯正されています。

斜視だと何が困るの?
  • 遠近感・立体感・距離感が掴みにくい。
  • 物が2重に見えることもある。
  • 目の位置がずれている事から、いじめの対象になりやすい。
  • 集合写真や卒業アルバムの正面写真などを撮られるのが苦手。
  • 球技や体育、高いところが苦手、等々。
斜視の治療方法は?
両目で物を立体的に見る力(両眼視機能)が育つのは幼少期だという点から、斜視は早期発見・早期治療が大事だと言われています。そして両眼視機能にはいくつかの段階がありますので、子供達は両眼視機能の向上・そしてより良い予後を目指して斜視の治療に励んでいます。

治療方法ですが、斜視の原因が遠視の場合は基本的には眼鏡で矯正します。また症状によっては、眼鏡の上から縦線の入ったシールのようなもの(プリズム)を貼る場合もありますし、常に片方の目だけがずれているという場合は、ばんそこうのような物(アイパッチ)を片目に貼って、もう片方の目だけで見るという治療もあります。薬物を使用する治療もあります。そして手術で治す場合もあります。

いずれの場合も眼位を矯正し視機能の発育をうながす事、そして両眼視機能の向上を治療の目的としていますが、手術をして見た目が良くなっても年月の経過とともに目の位置が戻ってしまうケースもあります。

斜視の子供達の訴えをご存知ですか?
  • 黒板も先生も2重に見えると訴え始めた。
  • 子供が学校で、友達に”ドコ見てんの〜?”と言われ帰って来た。
  • 小学校に上がり友達に「目がずれてるよ。」と言われた。
  • 小学校に入学して娘が同級生に「どこ見てるかわかんない!」と言われ、その言葉にショックを受けている姿を見た。
  • 首を傾けてモノを見る癖がある。
  • 字や絵を書くときには首を傾けている。
  • テレビの前にいるときは気がつくといつも首が傾いている。
  • 年齢的なこともあり自分で太陽が苦手とわかっているので、わざわざ見ないが、天気の良い日などは外で遊んでいる時に片目をつぶることがある。
  • いつもは目の位置も正常だが、眠い時・起きた時・ぼーっとしてる時・体調のすぐれない時に目の位置が外にずれる。
  • 外遊びがとても好きな息子だが、サッカーや野球・ドッチボールなどの球技になると難色を示し途中で戻ってくる。球技は「怖い」と言う段階までいかず完全拒否。ボールが出てくると、その場から離れていた。小学校の今では、そういうわけにはいかず体育などで球技をしているが、やっぱり苦手なようです。紐も受け取り損ねます(本当にスッカっと感じで違う場所を掴む)。
  • 娘は3歳半ごろから両眼視の訓練を始めて、小学校入学くらいには何とか見え方が普通になってきた(遠近感が出てきた)ようです。保育園のころはドッジボールが怖くて怖くて(いきなりボールが飛んでくるので)しょうがなかったそうですが、小学校に入ってボール運動も大丈夫になった、といっています。うちの子はボールをとったりするのはやはり苦手。それは、小さい頃、遠近感がなかったために「ボールを取る」経験が少なかったからではないかと思っています。うちは、小さいボールだとさらに苦手になります(キックベースボールは何とかなるが、ラケットベースはダメだそうです)。
  • 10歳の間欠性外斜視の息子。最近(因果関係はわからないが)よく頭痛を訴えますし、夕方になるとずれることが多い。戻すのですが、ずれると角度が大きいので疲れもあるようです。また一点をじっと見つめることができなくなってきたと言います。
  • 娘も斜視で辛い経験をしていたと、最近になっていろいろ話してくれた。娘の斜視が頻繁になったのが親から見ると大学へ入ってからのように感じているが、中学生ぐらいから症状は出ていて学校でクラスメイトに指摘されてもいたようだ。

  • 3Dの世界って未知の世界。
  • 3D映画が普通の映画に見える。
  • 部屋でちょっと時計を見ようとかすると複視になる。
  • 距離感などは、物心ついたころから片目で世界をみてるので、多分自分なりに他の情報で判断しているんだと思う。ただやはり疲れる。
  • 黒板の字を読む時、目がすぐ疲れていた。今思うと黒板まで遠かったので無意識に両目で一生懸命字を読もうとしてたからかな〜とか思う。
  • バスケット、ドッヂボールなど球技は苦手。距離感がよくわからない(運動神経がにぶいだけかな〜)
  • 球技は私にとって拷問でした。球技は相手が存在するものですから、いつも取れないと、笑って許してもらえなくなる。
  • 子供の頃から、球技は両眼視機能がだめですので全く駄目でした。それと飛び出るという?立体映像が見れないのが辛い。電車の中で、怖いお兄さんにガンを飛ばしたと言いがかりをつけられた事もある。
  • 球技の中でも真上からボールが落ちてくる球技はとても危険だった。野球のフライとか、天井近くまで上がって降りてくるバレーのボールなんか特にです。自分に向かってくるボールが、今どのくらいの距離にあるか判らないのでボーっとみてしまう。気が付くと良い方の目を直撃というのを、私は何回もやりました。本人は、ただボーっと見ているわけではないんです。片眼で距離を測る為には、見える中から少ない情報を必死で集めます。無意識にです。飛んでくるボールの、ほんの少しの影やボヤケ具合などをつい凝視してしまう。
  • 球技は苦手。テニスも部活やレッスンに通ったけどだめ。「ボール見て」といわれても、ボールの到着地点が上手く予想できないのでラケットをもっていけないし、あと、自分の腕の長さ+ラケットの長さとボールの距離を測れない。子供のころは、運動神経が良くないのかと思っていた。あと、食事中に口に入れる寸前でよく食べ物を落としました。
  • 写真をとる時にすごく気になる。まったく検討違いの方を見ているので。。。
  • 生徒手帳や卒業アルバムの正面写真を撮るのが苦痛でした…。
  • 写真嫌いだし、人の目をみて話すことが出来ない。
  • 小学校の頃から『お前どこを見てるんだ?』と友達に言われて育ってきた。
  • 学校でいじめられて、ホントに自分がイヤになった。
  • 眼位が変だと言われ、クラス全員から執拗にいじめられた経験。
  • 自分の目が何か違うと感じ始めたのは中学生ぐらい。これが何なのかはわからず、当然「斜視」という言葉も知りませんでした。(この言葉を知ったのは大学生になってから)自分だけが特別な目という劣等感から、人に言い出す勇気もなく「なんで俺だけ・・・」というやり場のない悔しさで学校の帰りに涙したこともありました。今まで一度も医者には行った経験がありませんでした。
  • 自分がした苦労を自分の子にとてもかけたくない。
  • 子供の頃はいじめらて辛かった。小学校が1番酷かったし辛かった。それが自分ではどうにもできない体のことだし、努力で直せないから本当につらかった。
  • 10歳位迄は、よく周りから目の件でいじめられた事を覚えており、特に小学3年生の時が一番ひどく一時期登校拒否していた。
  • 中学生の時にいじめにあった。気持ち悪いとか、ロンパリとか言われ登校拒否寸前までいきました。
  • 中学三年の男児。小学校中学年になって、目の位置が左目だけ内側に行っていることや、写真を撮ったときに顔の位置が曲がっていたり、ボール遊びなどもちっともできないことから立体視もできないことに気がつき、親に聞いてみると斜視だと言われました。また右目をつぶると左目が小刻みに振動したりもします。外見にもコンプレックスを覚えるし、ボールを使ったスポーツがちっともできないのが恥ずかしくて仕方ない。だからといって親を責めるつもりはありませんが、できるものなら直したい。
  • 友達とプリクラを取りに行っても出来たプリクラを見ると目が寄っているし、本当にそれが嫌。目が寄ることが気になって、あまり人の目を見て話せない。
  • 正直泣く事や片目の事をいらないとまで思った。そんな時僕はすべてに背を向けていたんだと思う。
  • 昔からのコンプレックスで、人には斜視の事が言えなかった。
  • 斜視は昔からのトラウマで、今まで赤裸々に語ることなどなかった!でも、昔から友達には恵まれてたおかげで普通の学生生活を送る事ができた。でも時には差別的な言葉を言われた。
  • 一回何も知らない他の大学の男の子に斜視のことを「障害」といわれ、それからは本当に人が怖くなった。しかし唯一の救いは、幼い頃から斜視のことでいじめられたりはなかったことと、大学の友達に手術の話しを相談したら、そのこに「私はあなたの目をみているんじゃなくて話してるときでも、あなたの心をみて話してるんだよ。だから片方の目がどっちをむいていても私やみんな気にしない」などと言ってくれた。
  • 中学三年生の女子。親は普通だよ〜って言ってくれてたの気が紛れていたのですが友達に言われてしまいもう気を紛らすことができなくなってしまいました。・・・なんで毎回顔見るたびに心底不思議そうに言うのでしょうか?そんなの言われて良い気がするわけないのに・・・。
  • 私は17才の女です。物心ついた頃から「お前どこみてるんだ?」と友人や知り合いにからかわれ非常に苦しんできました。
  • 僕自身の経験ですが、幼稚園のとき,先生の話を自分では聞く意思をもってきいていたのですが目がそれているために誤解されて家でちゃんとしつけてみたいなこと書かれたことがありますし、高校の時は柔道の授業で教師になぐられたことなどあります。
  • 高校1年生。普段の生活では物も立体的に見えているのですが、3D映像はわからないし、体育でやっているバドミントンは遠近感がうまくつかめなくて空振りが多い。他の球技は大丈夫なんですが・・・。たまにものが二重に見えるので自転車に乗るのが少しこわい。図書館の本を検索するコンピュータ(画面に指でさわって文字を入力するタイプ)で何回も思っているところと違うところに触ってしまい、捜すのにとても時間がかかることがある。
  • 高2。裸眼だと左目が内側に寄るが、眼鏡をかけると正常な位置になる。クラスの他の人より眼鏡が少し厚いので、友達に「そんなに目悪いの?」といつも聞かれます。視力はそんなに悪くはないので違うというと、必ずといっていいほど「眼鏡はずした顔みたーい!」と言われます。この言葉を言われるたびにとても嫌な気持ちになります。今年は修学旅行があるので嫌でも素顔は見られます。
  • 保育園に入ってからずっと眼鏡をかけていた。全園児の中で眼鏡をかけていたのは私だけ。当時の記憶はあまり残ってませんが、眼鏡だということを馬鹿にされたり、笑われたりした記憶は今でも覚えています。もう忘れられませんね;よく笑われましたね・・・・。
    『なんで眼鏡かけてるん?』とかはよく聞かれ、視力は良いので(今でも両眼2.0あります)どうして眼鏡をかけているか不思議でした。絵本等に眼鏡をかけている子が登場したら、『あんたいてるで〜。アハハハハハ』とか笑われました。あと『めがねザル』もいろんな人からいっぱい言われましたし、変な目で見られることなんかよくあることでした。小学校3年生ぐらいから、こんな生活が嫌になり、眼鏡をかけなくなりました。すると、みんなの馬鹿にする声や笑い声はなくなり、眼鏡かけないほうがいい!と思い、全くかけないようになってしまいました。母には『なんで眼鏡かけないの!!』とかよく怒鳴られてました。学校でみんなに変なこと言われたり、笑われたことは母には言ってなかったです。小学校4年生のとき家を引っ越すことになり学校も転校。眼鏡をかけている間は、眼鏡を馬鹿にされていましたが、次は斜視を馬鹿にされるようになりました。
    『どこ見てんの?』『だからどこ見てんの?』『ちゃんとこっち向いてよ』
    私は斜視ということは聞かされていましたが、斜視はどんな病気か知らなかったので、聞かれた疑問にこっちが聞きたいよ!って感じでした
  • 高校1年生。本当にたまに斜視になるくらいで、目がずれる自覚はあったが、斜視の知識がなく、親も気づかなかったので放置。高1の担任は斜視に気づいていたようですが、私自身は授業でバドミントンをして、以前は得意だったのに全然打てなくなってることに気付き、初めて遠近感がつかみにくくなったことがわかり斜視に気付いた。その後複視がひどくなって、本が読みにくくなったり、自転車に乗るのがこわくなったりしました。タッチパネルの操作も苦手です。
  • 生まれた時から内斜視。小さい時は病院に通っていたのですが、中学生になってからは一度も行ってません。よく目の事でいじめられた事があります。高校に入ってからはその事がネックになりコンプレックスを抱くようになりました。人と上手く目をみて喋る事が今でも出来ません。家族とも。
  • 仕事で、虹彩認証システムのテスト機を見る機会があった。最近はやりの生体認証セキュリティシステムの一つで、両目の虹彩で人物を特定するもの。メーカーの担当者は認識率はほぼ100%と自信満々でした。
    不安ながら試してみると、私はダメでした。
    最初の登録は何とかできたのですが、ずっと見てると右目がどんどん内側に寄るので、認識されずタイムアウトになってしまった。その担当者には、「あなたの眼に問題がある」と簡単に言われ、本当に悲しくなりました。
    私が試したのは、まだ一応試作段階でしたから実際に世に出る時はもう少し改善されると思います。その時に聞いたのは、虹彩を登録する時には黒目の面積の70%以上が認識領域に入ってないといけないらしく、アジア人の場合目が比較的小さく、上下のまぶたに隠れる部分が多いのでそれからさらに左右に寄ってしまうと、登録ができないみたいです。
先生方の温かい配慮報告
  • 家の中の階段ですら一人で昇り降りできない。階段の1段目の高さでさえ、いまだに飛び降りられない。保育園の階段では両手で手すりにつかまって一段づつでの昇り降り。根気よくみてくださる先生方には、ほんと頭が下がる思いです。
  • 授業のノートは大小の文字が波打って書かれていたと思います。救いだったのは、そんな状況でも国立大附属中学受験は突破しました。担任の先生の配慮もありクラスでもいじめにあうこともなく学校生活を楽しめたからだと思います。母が担任に治療の内容を話していたと思います。クラスでは特別扱い等はありませんでしたが、教科書を読むのにあてられないとか、やはり席が近くの友達がノートを見せてくれたり手伝ってくれたと記憶してます。
子供達が安心して集団生活を送れるように

授業で使うパソコンについては、目の負担を減らすために光が映り込まない向きにする、モニターの輝度を下げるなど、適切な環境で使えるように確認をお願いします。

斜視の子供の中には、視線が合わないために目つきが悪いとか睨んでいると誤解されるケースもありますし、反抗的な態度だと教師に誤解をされるケースもあります。そして目の位置のズレから、友達からのストレートな物言いを受けたり、いじめの対象になるケースもあります。

斜視であっても個々の状態は違うため、立体的に見る能力には違いがあります。もちろん斜視があるからと言って、特別扱いをする必要はありません。ですが保育士や幼稚園教諭、各学校の先生方には、斜視の子供は距離感・遠近感・立体感を掴みにくいという特徴を持っていること、外見の問題でいじめの対象になるケースがある、ということを頭の片隅でも意識して頂きたいのです。そして子供同士の集団生活の中で、目や眼鏡のことで問題が生じた時には適切な対応をして頂きたく思います。

 

私達は、教育の場と各家庭が連携しながら子供達が安心して健やかに集団生活を送れることを切実に願っています。

 

斜視治療アール